やってるゲームとかの雑記
随分前から欲しいと思っていたSwitchをやっと購入できました。
ニンテンドーダイレクトの販売開始のタイミングでたまたまモニタの前に座っていて、
何度かF5キーを押してみたらカートに入れる事が出来たのでそのまま決済で〆。

現物を触った感想。
まず大きさは8インチタブより一回りぐらい大きい感じ+コントローラーの長さ。
携帯ゲーム機としてはちょっとでかい&重いかな。
画面はきれいで視野角も非常に広いですが、それ故に電車の中とかで
プレイするのにはあんまり向かなさそうな気がします。

ウリであるコントローラーの分離機能。ゲーム機としてみた時に、
携帯ゲーム機の弱点であるボタン潰れやスティックの摩耗・破損が起こった時に
コントローラーだけを買い換えれば使い続けられるのは良い点ですね。
コントローラーのボタンは押し込むとパチパチという手応えがある感じ。
下に入っているスイッチの耐久性がどれだけかは定かではありませんが、
簡単に変えられるので特に気にする程でもないでしょう。
(そういえば、PSPやDSの時代に自分で修理なんかもしたっけなぁ・・・)

本体裏面についているスタンドを開いて立てかけ、本体をモニタとしてプレイ可能・・・との
ことですが、このスタンドはペラペラで簡単に根本が取れそう。
大きな負荷がかかった時に折れたり本体が破損しないで根本が取れるためなんですかね?
まあこのスタンドが取れても、自作や百均のスタンドで立てかければいいだけなので
あまりなくても困らないと言えば困らなさそうではあります。

本体をドックに収納し、HDMIケーブルでモニタにつなぐと据え置きゲーム機になります。
今のところこの状態でドック→セレクター→PCと共用のモニターという具合で繋いでいますが、
据え置きゲーム機として考えると圧倒的にスペースを取らないのがいいですね。
作業していて詰まった時にちょっとゲームしたい・・・となったらすぐに起動できますし、
コントローラーもワイヤレスなのでダラダラした姿勢でゲームできるのがうれしいです。


最近ブログのエントリ投稿も完全にサボっていたので、
めっきり長い文章を書く機会が減りました。明らかに下手になってますね・・・。

現在でもインターネットは文章ベースな部分が多いので、
作文のうまさは自分の考えている事を伝える為にかなり大きく影響すると思います。
書き方がまずいせいで余計に問題を大きくしてしまったりすることもままあるので、
誤解を与えかねない文章に関しては気をつけないといけませんね。
(まあどう考えても誤読しようのない文章でも読んでない横槍を入れてくる人は居るんですが・・・)
20170627153751_1.jpg20170627153822_1.jpg
まず裸の状態。検証レベルは300、Perk全取得。
裸の状態でもDR100、ER100、RR40ある理由は各種Perkによる。
HPは2896、AP180。
全SPECIAL11なのだが、昼間に撮影したためSTRとENDが+2、V.A.N.SでPERが+2されている。

20170627154056_1.jpg 20170627154101_1.jpg
検証用の【強靭な】のついたコンバット一式と汚れた軍作業着、パトロールマンの
サングラスを着用したところ。バリスティックウィーブにしていないので、
DRとERはあと100ほど確保できる。
SPECIALはは20,14,19,11,11,12,11
HPは2896、AP220。
残念な事に【強靭な】のついたレジェンダリ装備ではHP上限は上がらないようである。
(END19だとして計算するとHPの最大値は3763になる)

20170627153913_1.jpg 20170627153903_1.jpg
裸でPAを着た時のステータス。
塗装でAGIが+1されている以外はSPECIALには変動がない。
流石に防御力はかなり高い。

20170627154142_1.jpg 20170627154138_1.jpg
先程の検証用装備をつけてPAを着た時のステータス。
装備の補正ステータスが無効化されるため、特にSTRとENDがごっそり下がってしまった。

さてここまで見るとPAは防御力が、ウィーブ+強靭一式アーマーは
攻撃力に軍配があがるように見えるが、実はもうひとつ落とし穴がある。
というのは、Fallout4のダメージ計算式では敵の攻撃力=DRの時に約50%の
攻撃をカットし、それ以上のDRは軽減率が鈍っていくという仕様になっている。
つまり、敵の攻撃力が極端に高い(例えば単発1000など)を除くと
実はDR1500~あっても実はDR300~400ぐらいとさして変わらないという
落とし穴が存在している(高難易度のときなどにはその誤差が重要だったりするのだが)。

もう一つ、重大な点としては【強靭な】の効果が無効化された際に起こる火力ダウンだろう。
本作の近接武器による攻撃力は1+(STR×0.1)というボーナスがかかるようになっており、
STR1なら1.1、STR10なら2.0、STR13なら2.3、STR20なら3.0倍のダメージを与えられる。
つまり、PAを着るとかえって攻撃力が落ちるというよくわからない事態に・・・。
う、うーん・・・。
こちらSteamにて発売開始されたゲーム、『ネコネイビー』のご紹介記事となっております。


まず率直な感想なんですが、このゲーム、面白いです。
お恥ずかしながら今までSTGという物をまともに遊んだ事がほぼなく、世の中のSTGを
EASYでプレイしてもクリアすらできない…という事がザラだったのですが、
そんな私でも楽しめるSTGです。

20170620104319_1.jpg 
まずキャラクターがネコです。
ネコを操作してゆるい敵キャラを倒しまくるという至ってシンプルなゲーム性。
ゲームのキモになっているのは青いネコアイテムを集めると繰り出せる「ボンバー」で、
このボンバーを使って敵を大量撃破すると大量の得点アイテムとネコアイテムが
画面を埋め尽くす…という爽快感のある展開が魅力。
また、敵をすぐ近くで倒すとブレイブという判定になり、多くのネコアイテムを得られます。
つまりボンバー→敵を大量撃破→次に出てくる敵を至近距離で撃破→またボンバー…と
慣れるにしたがって大量得点の方法が自然にわかってくるゲーム設計。
特におすすめなのが5面で、知能指数がなくなるぐらい面白いです。

難易度はEASY、HARD、DEATHとありますがEASYをクリアできるようになるまで
遊ぶだけでもかなり楽しめますので、初心者にも非常におすすめできる1本。
・ブーリアンでの統合処理がおかしい
・テクスチャを貼った時に正常に表示されない(覗き込むと表示される)
・Secondlifeやその他エンジン用に出力した時の様子がおかしい

BlenderだとSキーを押した時の拡大縮小を使って造形するのが便利だけど、
その拡大縮小時によく面が裏返ってしまうことがある。面が裏返ったまま作業を続けてしまうと
上述のようにブーリアンでうまく結合できない、テクスチャが正常に表示されない事がある。

これは単純に面が裏返ってしまっているだけなので、該当する面を選んで
Wキーで出せるスペシャルメニューから面の反転を選んで反転させておいたり、
ツールシェルフにある面の自動計算を選んで自動で表向きに揃えれば大体解決する。

そもそもそうならないための対策として、プロパティシェルフで面を片面だけの表示にしておけば
うっかり裏返してしまった時などにも非常にわかりやすい。

それから、SLやその他のエンジンに出力してうまくいかないときはSキーの拡縮で
サイズを小さくしすぎたために、スケールが負数になってしまっている可能性がある模様。
このスケールは「適用」して実スケールに直せば0リセットできるので、問題なく使えるようになる。

例によってトライアルバージョンですが公開しました。
動画ではパレットが治ってませんが、現在アップロードしてある物は修正済み。

fixed: eye & horn/ear pallet
download: https://onedrive.live.com/?id=211FFD1354C16C73%21435&cid=211FFD1354C16C73