やってるゲームとかの雑記
久々にMHをやろうと思い、Switch版のMHXXを購入してやっています。
先日集会所下位を一応クリアし、村・集会所両方とも上位に行けたので下位の際に
使った装備や選択肢に入る装備を少しメモとして記しておこうかと思います。


・ボーン装備一式
発動スキル:笛吹き名人、KO術
スロット数:5個

狩猟笛を使う人であればおなじみのボーン一式です。
村☆2で村の武器防具屋で完成品を売り出すので、そこまで進めればすぐに買えます。
メリットとしては最初から笛吹き名人がついているので、他の装備へのつなぎにしやすい事ですね。
KO術に関しては効果量が微妙なので、あってもなくてもという感じです。
上手い人であればボーンを強化するだけでも下位は乗り切れてしまうかもしれません。
そうでない人の場合はボーンで被ダメージが痛いと思ったら他の装備に乗り換えていきましょう。

・ベルダーベルト(腰装備)
付与スキル:笛+6
スロット数:1個
一式装備ではありませんが、装飾品を5個揃えられるまでのつなぎとしては役に立つ腰装備です。
最初から笛+6がついている上にスロットがあるので、装飾品で+2すれば
1箇所で笛+8の装備として重宝しますし、残りに1スロあれば笛+10にできます。
ただし防御力に関しては非常に低いですので、あまり頼りになるという感じではないですね。

・ジャギィファンゴクック混成装備
付与スキル:笛吹き名人、攻撃力アップ【小】
スロット数:
笛装備じゃなくねという声が聞こえてきそうですが、笛も剣士武器の1種類に過ぎません
なので、笛吹き名人がつけられる(スロットが5個ある)装備であればなんでもかまわないのです。
ジャギィファンゴ装備は組み合わせが色々あるようですが、序盤で手に入れやすく
笛を発動できる組み合わせとしては以下のようなものがあります。
頭:クックヘルム 攻撃+3、防御-2、火属性耐性+2
胴:ボーンメイル 笛+4、KO+2
腕:ファンゴアーム  攻撃+3
腰:ジャギィフォールド 攻撃+4、防御-2
足:ボーングリーブ 笛+6
発動スキル:笛+10、攻撃+10→笛吹き名人、攻撃力アップ【小】

・ブナハ+ベルダーベルト
付与スキル:業物、笛吹き名人
スロット数:4
見た目が良い事で人気のあるブナハブラの装備です。ブナハブラ素材は
毒けむり玉でブナハブラを落とすと剥ぎ取り可能なので、村クエの虫退治を回せば
数週で簡単に集める事ができます。
ブナハ一式の場合だと業物、火耐性マイナスというスキルが発動しますが、
腰を外す事でマイナススキルを抑え、笛のSPを稼ぎます。
装飾品が5個揃ってなくても笛吹き名人を発動させられるほか、
斬れ味が落ちにくくなる業物があるとただでさえ多い笛のやるべきことを
1つ減らせるというのはメリットがあります。
ただし、この組み合わせはお手軽な一方欠点があり、とにかく火属性に弱いです。
村クエ下位でも後半は火属性の攻撃をしてくる敵がどんどん出てくるので、
被ダメージに関しては覚悟する必要があります。

・ブナハギザミベルダー
付与スキル:業物、笛吹き名人
スロット数:構成による
上記の変形バージョンで、ギザミのパーツを混ぜ込む事で火耐性のマイナスを
目減りさせるという構成もありますが、組み合わせによっては斬鉄珠が必要になってきます。

・ナルガ一式
付与スキル:回避距離UP(装飾品で達人、笛吹き名人など)
スロット数:8
嫌いな人はいないであろうナルガ装備に無理矢理装飾品で笛吹き名人を詰めるのもありです。
スロット数の消費は5個なので、残りの3スロは達人珠*2で回避距離達人笛吹き名人を得られます。
なるほどカンペキな装備っすねぇ~ただしこっちも火・雷に弱い所と素材として必要な
迅竜の尻尾が笛だとメチャめんどくせぇってところを除けばよォ~ッて感じなので
まあ…無理して作る意味は薄いかもしれません。

・レウス混合装備
付与スキル:攻撃力アップ【小】、弱点特効、笛吹き名人
スロット数:組み合わせによりまちまち
レウスキャップ(ガンナー頭)と脚だけクックに換装するすることで
無理矢理スロット数を確保して笛吹き名人を発動。
高い火耐性と攻撃力アップ、おまけに弱点特効を併せ持つ事ができる装備です。

頭:レウスキャップ
胴:レウスメイル
腕:レウスアーム
腰:レウスフォールド
脚:クックグリーヴ

…など。
弱点特効っていうのは要するに(下位に限って言えば)頭ぶん殴ってれば会心率アップなので、
旨味がかなり大きい装備ですね。
ただこっちも問題点が1つありまして火竜の尻尾が必要になります。
このために集会所下位でレウス野良部屋を立てて斬ってもらったりしてもいいかもしれません。


以上、もっともらしい事をうだうだ書きましたが最初で述べたように
上手い人であればボーン装備で問題なくクリアできたりするようなので、
腕前に合わせて調整していけば良いかと思います。
随分前から欲しいと思っていたSwitchをやっと購入できました。
ニンテンドーダイレクトの販売開始のタイミングでたまたまモニタの前に座っていて、
何度かF5キーを押してみたらカートに入れる事が出来たのでそのまま決済で〆。

現物を触った感想。
まず大きさは8インチタブより一回りぐらい大きい感じ+コントローラーの長さ。
携帯ゲーム機としてはちょっとでかい&重いかな。
画面はきれいで視野角も非常に広いですが、それ故に電車の中とかで
プレイするのにはあんまり向かなさそうな気がします。

ウリであるコントローラーの分離機能。ゲーム機としてみた時に、
携帯ゲーム機の弱点であるボタン潰れやスティックの摩耗・破損が起こった時に
コントローラーだけを買い換えれば使い続けられるのは良い点ですね。
コントローラーのボタンは押し込むとパチパチという手応えがある感じ。
下に入っているスイッチの耐久性がどれだけかは定かではありませんが、
簡単に変えられるので特に気にする程でもないでしょう。
(そういえば、PSPやDSの時代に自分で修理なんかもしたっけなぁ・・・)

本体裏面についているスタンドを開いて立てかけ、本体をモニタとしてプレイ可能・・・との
ことですが、このスタンドはペラペラで簡単に根本が取れそう。
大きな負荷がかかった時に折れたり本体が破損しないで根本が取れるためなんですかね?
まあこのスタンドが取れても、自作や百均のスタンドで立てかければいいだけなので
あまりなくても困らないと言えば困らなさそうではあります。

本体をドックに収納し、HDMIケーブルでモニタにつなぐと据え置きゲーム機になります。
今のところこの状態でドック→セレクター→PCと共用のモニターという具合で繋いでいますが、
据え置きゲーム機として考えると圧倒的にスペースを取らないのがいいですね。
作業していて詰まった時にちょっとゲームしたい・・・となったらすぐに起動できますし、
コントローラーもワイヤレスなのでダラダラした姿勢でゲームできるのがうれしいです。


最近ブログのエントリ投稿も完全にサボっていたので、
めっきり長い文章を書く機会が減りました。明らかに下手になってますね・・・。

現在でもインターネットは文章ベースな部分が多いので、
作文のうまさは自分の考えている事を伝える為にかなり大きく影響すると思います。
書き方がまずいせいで余計に問題を大きくしてしまったりすることもままあるので、
誤解を与えかねない文章に関しては気をつけないといけませんね。
(まあどう考えても誤読しようのない文章でも読んでない横槍を入れてくる人は居るんですが・・・)
・ブーリアンでの統合処理がおかしい
・テクスチャを貼った時に正常に表示されない(覗き込むと表示される)
・Secondlifeやその他エンジン用に出力した時の様子がおかしい

BlenderだとSキーを押した時の拡大縮小を使って造形するのが便利だけど、
その拡大縮小時によく面が裏返ってしまうことがある。面が裏返ったまま作業を続けてしまうと
上述のようにブーリアンでうまく結合できない、テクスチャが正常に表示されない事がある。

これは単純に面が裏返ってしまっているだけなので、該当する面を選んで
Wキーで出せるスペシャルメニューから面の反転を選んで反転させておいたり、
ツールシェルフにある面の自動計算を選んで自動で表向きに揃えれば大体解決する。

そもそもそうならないための対策として、プロパティシェルフで面を片面だけの表示にしておけば
うっかり裏返してしまった時などにも非常にわかりやすい。

それから、SLやその他のエンジンに出力してうまくいかないときはSキーの拡縮で
サイズを小さくしすぎたために、スケールが負数になってしまっている可能性がある模様。
このスケールは「適用」して実スケールに直せば0リセットできるので、問題なく使えるようになる。
1_20170324153511ae4.jpg2_201703241535106c7.jpg

色々考えてたけど結局最終的になんか昔ながらのホーミングレーザーみたいになりますね
C39HoK7UoAAbt0v.jpg
最近輸入雑貨店カルディで取り扱われるようになったドイツ産チョコレート、ショカコーラでございます。
1缶525円(税込み)、左の赤いのがオリジナルで右の青いのがミルクチョコレート。

何と言っても目を引くのはこの缶のアバンギャルドなデザインでしょう。
1935年にドイツはベルリンで開発されたチョコレートで、その後ドイツの軍用糧食にも
組み込まれたため中央のロゴがナチスのシンボルマークになっている缶も現存するそうです。
日本人的には太陽の戯画化のようにも見えますが・・・。

味の方はというと、左のオリジナルは国内メーカーのブラックチョコレートと
高カカオのチョコレートの中間のような味。右の青缶はほぼ普通のミルクチョコレートです。
内容量は8枚×2段の16枚入り。昔は円盤状のチョコレートが2枚入っていたそうですが、
どうせ割って食べるかかじっている間に割れてしまうので今売っているものは最初から
8枚切りになっていて、中に仕切りの紙を入れた二段重ねになっています。
何故か外国製のゲテ菓子類と同じくくりで紹介される事がありますが、
これはごくごく普通のチョコレートです・・・ある1点以外は。

その1点とは、コーヒー、コーラ・ナッツパウダーが結構な量入っているという点。
裏面の成分表記曰く、全体量が100gに対してKoffein(カフェインのドイツ語表記)は200mg。
確かにここだけ見ると結構な量ですが、一気に1缶まるごと食べるとかよっぽどアホな事を
しない限りは特に健康問題には繋がりにくいかと思います。
(カフェインに弱い体質の人は気分が悪くなったりカフェインハイになるかもしれませんが)
言ってみれば「眠気覚ましになる」チョコレートというところです。