FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記

舌破壊してやろうか?雀


古代の、昔々あるところに謙虚なナイトのお爺さんとヒキョウでアワレなお婆さんが住んでいたらしいぞ?

謙虚なおじいさんは雀からもモテモテなので毎日庭にカカッとバックステッポでやってくる雀を

可愛がる優しさはまさに鬼の力といったところかな

しかしヒキョウでアワレなお婆さんは雀とかいらないですチュンチュン五月蝿いので(笑)という思考の持ち主というあるさま!


そんなある日お婆さんがひゅんひゅん洗濯をしてると、雀がダッシュでやってきて

選択糊をつついてつまみ食いし始めたらしい(リアル話)

謙虚なナイトなら笑って許してやる所だがヒキョウでアワレなおばあさんは怒りが有頂天になって

「盗み食いするならその舌は意味無いな後ろから破壊してやろうか?」と言ってきた

そして雀の舌をズタズタにしたらしいぞ?

ちょっとsYレならんしょこれは・・?

舌を破壊された雀はマッハで裏山の方へと逃げて言ったらしい


おじいさんが帰宅直後に力を溜めて怒りが有頂天したら多分リアルでビビったんだろうな、、

ガード固めてたからキャンセルしてカカッっとダッシュしながら裏山に一瞬で行ったらかなり青ざめてた


おじいさんは山道をカカッとダッシュしながら

「おいィ?おいィ?したきり雀はどこに居るか答えるべきでしょう?」とLS会話で叫んでいた

おじいさんが力を溜めてハイスラしながら竹林に突入したら舌を切られた雀が居たらしかった

「お婆さんがとんでもない事をしてすいまえんでした;」系のことを言っていたがもうだめ

「正直俺が悪かったと言っているサル 全力出して俺の家に泊まって行っていいぞ」

謙虚だなさすが雀謙虚

お爺さんは特に断る理由も無かったので雀と一緒にマッハで雀のお宿へと行ったらしい


そういえばお宿の雀たちがお爺さんを好きみたいだぞ?

ふもとで虫を狩っていたらリンクして追いかけているときに

すれ違っただけのお爺さんが可愛がってくれたらしい

雀のお宿ではおじいさんは謙虚なナイトで人気者

ちなみに大歓迎っぽいのは雀のお宿が持つと

黄金の鉄の塊の食事と鬼の踊りが両方そなわり最強に見える

結局その日はお爺さんは雀のお宿に泊まったらしかった


お爺さんは

「やはり自宅よりやはり雀のお宿だな・・今回のでそれが良くわかったよ>>雀感謝」と言って

帰ろうとしたが時既に時間切れ、ここもすでに雀のお土産の射程内

大きいつづらと小さいつづらがあったのだがおじいさんは謙虚にも

「9kgで良い」といって小さい方を選んで背中に背負って帰ったらしい。


やはり謙虚さ持ってないと駄目か

俺もがんばって手に入れようと思ってるがなかなか大変だぜ

一級善人の証っていうだけの事はあるよな

持ってる人憧れちゃうなー


お爺さんがマッハで家に帰って小さいつづらを開けてみると

ナイトの至宝グラットンやジュノ競売で値段を見たらあきらめることになる

ベヒーモスマント等の黄金の鉄の塊のように輝くお宝がぎっしりつまってたらしい

雀たちが謙虚なおじいさんに渡した宝の総額はまさに鬼の力といったところかな


しかしアワレにもヒキョウなお婆さんはこれに満足してなかったらしい

「おいィ?どちらかといえば巨大なつづらを選ぶべきでしょう?」系のことを言っていたがもうだめ

お爺さんが呆れてる間にマッハで裏山にむかったらしいぞ?


ヒキョウなお婆さんはおじいさんと同じように

「おいィ?おいィ?したきり雀はどこに居るか答えるべきでしょう?」とLS会話で叫んでいた

割としばらくすると竹林の中で雀をみつけたらしい

ヒキョウなお婆さんは「食事はいらないからすぐにみやげの用意をしろと言っているサル」というあるさま!

雀はマッハで大きいつづらを持ってきたらしかった

アワレにもお婆さんはその大きいつづらをひったくるように受け取ると貧弱老婆の力を超えているのに

執念で帰路についたらしい汚いなお婆さんさすが汚い


ヒキョウなお婆さんは帰り道で大きいつづらの中身を確認したくなったらしいぞ?

お婆さんが梱包をズタズタにしてつづらを開けるとあたりにケムリが充満して煙たが鬼なったらしい

しかも煙の中からはキングベヒんモスが沸き始めているらしかった

お婆さんは驚いて腰をぬかす寸前でマッハでとんずらしてきょうきょ逃げ出したらしい


お婆さんが命からがら家へと逃げ帰ってくるとお爺さんは

「やはり強欲よりやはり謙虚だな・・今回のでそれが良くわかったよ>>雀感謝」と言っていた

お婆さんはヒキョウでアワレな忍者をやめて謙虚なナイトを目指し始め手になって

それからは小さい生き物にも優しくするようになったらしいぞ?


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/42-c44ac262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック