FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記
積みゲーを崩そうとしていて私も今日はじめて気がついたのだが、
『Shoot many Robots』がどうやらSteamストアページが削除されているようだ。

このゲーム、元々10ドルを切る激安価格だったこともあり、私が
Steamを利用し始めた頃にはL4D等と並んで入門用タイトルとして勧められていたりした。
おっさんがアホみたいな格好をしてこれまたアホみたいな武器で
アホみたいに出てくるロボット軍団をひたすら倒し続けるだけという
シンプル極まるゲーム性ながら、なぜかだらだらと遊んでしまう魅力のあるゲームだった。
低価格ながら地味に音楽等の演出もよく、更にロボットの軍団に支配され
ただ一人生き残った人間っぽいのに全く悲壮感の感じられないおっさんと
おっさんのキャンピングカーなど、味わい深い世界観も印象的。

この記事を書くのにこれも今初めて調べたのだが、このゲームの発売元は
Ubisoftになっているが、開発元はDemiurge Studios。
あまり聞いたことのない名前だが、実はBioshock、Borderlands初代に
関わっているようで、そう考えると独特の世界観にも納得。
というか、堆積している廃材やゴミの表現が言われてみると初代ボダランに激似。
(日本国内ではボダランというと圧倒的に2の方が有名なせいでそちらのイメージが強いが、
 1は結構雰囲気の違う部分もあって、本作はそっちに近い)

個人的には結構好きなゲームだったのだが、全く何のアナウンスもなしに
Steamでの販売が終了していたので結構驚いた。
ストアページから消えた時期は2018年頃のようだ。
どうも調べると、他にも何本か同時にSteam販売を打ち切られたソフトがあり、
いずれも発売元はUbiらしい。まあその時点でさもありなんという感じである。
現在でも、一応鍵屋では在庫ありになっているが、在庫分が無くなったら終わりだろう。
2020年になってもまだ遊んでる人が少なからずいるみたいなので、
このまま埋もれて忘れ去られていくというのもなんとも勿体ない話である。

ちなみにXbox360版、PSストア版以外にもAndroid版があるらしく、
この記事を書きながらストアで探してみたが
そちらも関係ないゲームばかりで本作のAndroid版は確認できず、既に削除されているらしい。
Shoot Many Robots: Arena KingsというPVPをウリにした続編があったらしいが、
これもオープンβから先の話が無い。会社自体もSEGAに買収され、
モバイルゲーム部門に吸収されたようなので、稼働する事は無かったようだ。

当時はまだSteamを利用している人が今のように多くなかったこともあり、
インターネット上においてもやけに情報が少ないShoot many Robotsだが、
小粒ながら味わい深い、正しい意味で駄菓子のような良さがある
ゲームだった事はここに記しておこうと思う。

ありがとうおじさん、ありがとうHangtimeのついてる装備くん・・・
2
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2399-a554a2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック