やってるゲームとかの雑記
今Humble BundleでUbisoftのバンドルセールをやってまして、1ドル払うだけでも買えるゲーム
Call of Juarez Gunslinger』をここ2日ぐらい作業もほっぽり出してずっとやってました。

筋書きとしては

開拓時代のアメリカ、とある街のとある酒場に伝説の賞金稼ぎ
サイラス・グリーブを名乗る男が立ち寄る。
本当にサイラスなのか、ダイムノベル※に書いてある事は本当なのかとせがむ居合わせた人に
その男は自分が体験した事を語り出す・・・

※大衆娯楽小説。実在の犯罪者や賞金稼ぎを取り上げているものが出てくるが、脚色も多い。

という導入で始まる西部劇FPSゲー。
西部劇の時代なので銃はクイックシューター(リボルバー拳銃)とライフル、
ショットガンの3種類と固定配置で置いてある手回しガトリングガンぐらいのもので、
あとは道中に置いてあるダイナマイトと片手で数えられてしまう武器しか存在しない。
しかし、武器の種類が少ないというのは裏を返せばプレイヤーにとってもわかりやすいという話で、
状況に応じて武器を使い分けられるようになれば面白いように敵を倒すことが出来る。

20160527172211_1.jpg 

20160527172450_1.jpg 

プレイパートではサイラスを名乗る男が語る回想という体でゲームが進んでいく。
次々と敵が飛び出してくるが、プレイヤーはこれを様々なスキルを駆使しながら
かいくぐり、最後にはそのチャプターで追っていた強敵との対決・・・という流れになる。

敵がひっきりなしに複数でプレイヤーを殺そうと襲いかかってくるが、
Qキーを押す事で「早撃ち」を発動し、ゆっくりと進むようになった
時間の中でハイライトされた敵をじっくりと撃ち抜く事が出来る。
「コンボ」という概念もあり、敵を連続で撃ち倒せば撃ち倒す程早撃ちゲージも早くたまるし、
経験値が大量に貰えるようになる。この経験値を使い、スキルを取得して強化していく。

ゲームの難易度はノーマルでもそこそこ初見だと死んでしまうような場面があったものの
(単に私がFPSドヘタクソなだけだが)ある程度慣れてくれば敵が出たら素早く早撃ちで
始末し、次の敵でゲージを回復し・・・と流れるようなプレイを楽しめる。

演出もサイラスの語る内容を聞いているという体なため、中々独特で面白い。
例えばサイラスが「奴らはアパッチみたいに岩の上から襲ってきた!」というと
聞いていた人が本当に(ネイティブアメリカンの)アパッチ戦士たちが出たと勘違いし、
突如として岩の上にアパッチ戦士たちが岩の上から現れて攻撃を始める。
しばらく戦うことになるも、「『アパッチ』じゃない。『アパッチみたいに』だ」と訂正されると
アパッチ戦士たちではなく敵のガンマンが現れて再び戦う事になるなど
「語り聞かせ」という格好をフルに活かしたような演出がそこかしこで登場する。
ダイムノベルに書かれている内容と実話の齟齬なんかもネタにされており、
シングルプレイヤーのFPSとしてはかなり演出にも凝っていると感じた。

20160528094335_1.jpg 
章のラストで戦う賞金首たちはガトリング銃をぶっ放してプレイヤーを迎え撃ってきたり、
それを倒したと思ったら西部劇ならではの早撃ち対決で最終的に決着がついたりと
いかにも「それっぽい」雰囲気に浸れる要素が整備されている。

西部劇の時代の銃を持っているため、精度が低かったりリロードが遅いのではないか・・・と
心配される人も居るかもしれないが、そこは心配ご無用。銃の精度は全体的に高めに盛られ、
不自然でない程度に素早くリロードするようになっているためテンポの悪さは一切感じなかった。

FPSがあまり上手い方ではない、というか平均から見ると間違いなく下手な方でも
一応ノーマルモードはクリアでき、かつプレイ中にやけに弾丸が当たるなと感じていたら
各種スキルでADS時に違和感を感じない程度にスローになるスキルが補助として存在していたり、
敵が投げたダイナマイトを空中で撃ち落とす!という際に適当なエイムで撃っても
「当たったことになって」空中で爆発してくれ、逆に敵を倒す事が出来るなど
一人プレイのFPSとして割りきった作品ならではのアシスト要素もあり、非常にプレイしやすかった。

難しい事は考えずに凄腕の賞金稼ぎが悪党どもを執念深く追い、打ち倒していくという
筋書きを満喫出来る1本のため1ドルなら絶対におすすめ出来る1本。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2271-56a45d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック