やってるゲームとかの雑記
2016-01-04_00066.jpg
ふよふよ飛んでいるアイボットの音声を聞くとマップに追加されるケンブリッジポリマー研究所へ行ってみようと思います。

2016-01-04_00068.jpg
入り口を入ると受付ロボットのモリーに話しかけられます。手順を簡略化するためその場で面接が始まり、
選択肢で研究員として入るかスピーチチャレンジで営業担当として入るかを選べる模様。
面接にパスすると会社の概要を聞くことができ、この会社はCITの学生たちが軍の支援金を受けて立ち上げた会社で
パワーアーマーの表面加工技術に関して研究を行っていた事を知ることができます。

2016-01-04_00073.jpg
言われるがままにクリーンルームに入ると
「なお責任者の方針により『特別残業』が発生しております。研究が完成するまで退出はできませんのでご了承ください」
と言われ、ロックをかけられてしまいクエストが発生。

脱出クエストには2通りのクリア方法があり、
1:研究を完成させることでロックを解除してもらい退出する
2:他の脱出方法を探す
となっております。

2016-01-04_00074.jpg
内部にはいくつかターミナルがあり、研究者たちが進めていた研究の情報と責任者による「特別残業」から
脱出しようとするメールのやり取りなどが記録されています。

2016-01-04_00075.jpg
フェラルグールになってしまった研究者たちを始末しつつ、サンプルを回収して回ります。
サンプル611が置いてある部屋はクリーンルームから出たら二階に上がり、天井が崩れた所からダクト内を通って
落下することでハッキング等なしでも入ることができます。
同様に、アイソトープ保管庫のロックを解除したらアイソトープ保管庫へと侵入し、配置されている
光し者を倒してアイソトープU238(棚にあります)を回収。

2016-01-04_00078.jpg
左に2箇所サンプルをセットする部分が、右にアイソトープをセットする箇所がある機械が置いてあるので、
上のターミナルのSSにもあるように中身が金と水素化リチウムのサンプル=サンプル3111と611を左にセット、
右にU238をセットします(サンプルの中身はターミナルの確認でチェック可能)。
セットしたらインプット済みの作業工程を実行をポチッと。

パワーアーマーの胴体が流れてきて自動的に加工が始まります。
2016-01-04_00079.jpg
完成品が出てきました。

2016-01-04_00080.jpg
これがユニーク品の「ピエゾ核パワーアーマートルソ」です。ユニーク効果として、RAD影響下でAPの回復増加がついています。

余談なんですが、Fallout3で登場したT-51パワーアーマーは胴体加工がポリマーというのは3/NVの時点で明言されておりまして、
T-51はそのおかげで耐久力が無限のパワーアーマーになっていました
(超レア装備なのでCNDニコイチ修理ができないというゲーム的な事情もあったんでしょうが)。
今回はその誕生の発端に触れる感じのクエストですね。

上の方でちらと触れましたが、ハッキングで無理やり退出する事もできますがそちらの脱出方法を選ぶと
外のモリーとタレットが敵対するだけで特に変わりはありません。PAのパーツも同じように作れます。

モリーに鍵を貰うか倒して鍵を奪い、管理者の部屋へ行くのも忘れずに。
2016-01-04_00081.jpg
管理者のフェラルグールがいるので、倒して机の上の医療ジャーナルを頂いちゃいましょう。

2016-01-04_00082.jpg

2016-01-04_00084.jpg
このターミナルを読むとここで起こったことの真相が分かります。

1:グレートウォー勃発により、EMPで本部との通信不能に
2:無線機を見つけるために外に行った責任者、撃たれて負傷。同時にRADによりフェラルグール化し始める
3:無線機で助けを求めるが、軍部は「有用な成果がある場合のみ救出チームを送る」と拒否
4:責任者、ラボを閉鎖して「特別残業」を発令。
 しかし、同時に震動でアイソトープ保管庫に亀裂が生じ、RADが研究室にまで漏出
5:科学者たちは異変を感じ、脱出の方法を探しだすがフェラルグール化or死亡。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2226-e1c623ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック