やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*エントリ本文及び本エントリに使われた画像の転用・転載を禁じます*

一ヶ月前からやってたわけですが、Fallout4の日本語版が配信されたのでまたやっています。
いや、正確に言うとこの一ヶ月ずっとやってます。

私自身Fallout3やNVやTESに関してもそれほど気にしたことはなかったんですが
(むしろ至高のオーバーロードジャブスコとかは好きでした)流石に今回はちょっとうーんっていう箇所が見受けられたので
ちょろっとその辺に関して。

まず最初に言っておくと吹き替えに関してはすごく良いです。フライングして英語版を遊んでいましたが、
そのイメージとも近いですし、それぞれのキャラが立っていて臨場感があります。
TESやFOシリーズではおなじみの声優さんも結構居たりします。
ターミナルもキッチリ日本語化されていますし、そこに関しては全く文句が無いのですが。

ちょっと気になるというか「え?」となる部分がどうしてもありまして。
というのは、
1:吹き替えのクオリティに対して画面に表示される文字や字幕のクオリティが極端に低い
2:ひとつづきの会話の中で「それ」が何を指すのかが訳者に全く意識されていない
3:ちぐはぐすぎる敵NPCの発言

1に関してはエキサイト翻訳を使用したのか?と思ってしまうような不自然な部分すらあり、
法則性もなくちぐはぐなネーミングになってしまっている地名・敵などが散見されます。
2015-12-18_00028.jpg
2015-12-18_00014.jpg
一例。「大量の砂利と砂」を筆頭に機械翻訳にかけたかのように地名が不自然な名前で登場。
かと思えば「大量」に訳されているMassは他の部分では「マス」として登場。

synth=人造人間と訳した一方で、「ストライダー」は翻訳せず結果として生まれる
「人造人間ストライダー」なるヒーロめいた名前。

これ以外にもpip-boy内でのアイテム名やロードスクリーンの文章は整合性がなく、FO4やFOシリーズどころか
ゲームをやったことない人が翻訳したのでは?と思ってしまうような表現も散見されます。
訳でミスが出てしまうのは仕方ないとして、誰かそれを見直して指摘するというステップは無かったんでしょうか・・・?

2に関して。
スカイリムでもこれはありましたが、
例えばある対象についてNPCとプレイヤーが会話をするシーンで、NPCがその対象を呼ぶ際に
複数の名詞が使われている上に他の名詞の訳語と混同して使われている会話が散見します。
特に専門性の高い用語を使うNPCとの会話で顕著で、確かに訳すのは難しいといえば難しいのかもしれませんが
後から自分の訳した文章を見なおした時に「それ」が何を指すか、どういうシチュエーションなのか
一切わからないまま翻訳して声優さんに喋ってもらう台本を作ったのかな?という感じ。
モブキャラではなく名有りの女性NPCが男口調で喋るなどはよしとするにしても
同一人物との一連の会話の中で「それ」が何か、支離滅裂な部分が出てしまっているので、ちょいちょい混乱を誘います。

3つめ。支離滅裂な敵の発言。
2015-12-18_00024.jpg
全体的にレイダーやスーパーミュータントなど喋る敵のセリフは意味不明なフレーズが多いです。
ラリってるレイダーやお馬鹿なスパミュなので仕方ないのかもしれませんが、彼らがプレイヤーを発見すると
共通して口にする「着いた!」などに至ってはレイダーやスパミュがどういう生物なのかすら知らなかったのかとか、
どの環境で再生されるボイスなのかが全く訳者に伝わってなかったのか・・・という疑問を抱かせます。

2015-12-18_00029.jpg
aaaaaieeeeee!(スパミュの断末魔)などに至っては「ああああいいええええ!」のまま。ニンジャスレイヤーか何か?



Falloutシリーズは大好きなシリーズですし、例によってゼニマックスアジアさんの仕事なので大概の事は目を瞑ろうと思っていました。
くわえて、元々日本語版でなくてもいいやぐらいの勢いで購入したので心理的なハードルは下げに下げておいたはずが
ローカライズに関してはそのはるか下をくぐってきたな~というのが率直な印象。

・翻訳担当者がFallout4と舞台、登場人物について全く把握していないのではないか?(資料が渡っていないのではないか?
・翻訳した文章を見返す、チェックする担当者が存在せずそのまま製品にプレスされてしまっている?
・そもそもテストプレイやチェックを一切していないのではないか?
など、ゼニマックスアジア内での翻訳作業体制に問題がある事を思わず勘ぐってしまうFallout4日本語版。
遊ぶのに支障は無いといえば支障はないですし、TESやFOファンの間では誤訳珍訳に関してはよくある事、
むしろネタにするものという前提を踏まえても今後もTESやFOの日本語ローカライズは
全部ゼニマックス・アジアさんでこんなノリになると考えると若干うんざりする部分があるのも確かです。
(個人的にはスカイリムよりもひどいと思います)

繰り返しになりますが、吹き替えのクオリティは非常に高いですしFO4はとてもおもしろいゲームです。
日本語版ローカライズで褒めるべき点もかなりの数あります。
ゼニマックス・アジアさんが同じようにFOやTESの新作を担当することがあったらその際には
ぜひともこうした翻訳の諸問題を解決して手放しに絶賛できるようになってくれることを願います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2215-dc5ff692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。