やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のぼやき系エントリ。

いきなりなんですが、私数年前に某電器屋で働いていた時期がありまして、
その頃によくお客様から「パソコンの調子が悪い」という持ち込み相談を受けることがありました。
それでお預かりしたパソコンを開けてとりあえず見てみるわけですが、もう目視でホコリがひどいというか
なにこれホコリの保管ボックスか何か?という状況になっているPCも多くございました。

まあ殆どの人は「パソコンは一度買ったらずっと使えるもの」として買った状態から一度もメンテナンス、
それどころか清掃もせずに使うという背景がある(調子が悪くなったら買い換える)という状況があるのでしょうが、
少しでもパソコンを長く使いたいならホコリ対策は重要になってきます。
また、意外な盲点としてBTOのパソコンなんかでもこうした症状で持ち込まれる案件が非常に多かったです。
元々BTOは自作erですとかパーツに関してある程度知識を持っている人がメインの商売相手だったジャンルですが、
昨今ではゲーム用PCとして「○○モデル」という形式でよく知らない人にもじゃんじゃん売られている、というのが
背景にあるのかもしれません。一時期某大手電器屋さんなんかは絶対にいらないだろそれみたいなモデルにも
水冷を付けて売っていましたが、もしかするとそういうズボラな運用をしてもホコリによる異常が出にくいという事情で
水冷を異様なまでに推していたのかも?と思ったり思わなかったり。
以下、具体的な対策になります。

・PC置く前に汚部屋は掃除する
仕事とはいえお金貰っても触りたくないPC大賞ぶっちぎりの第一位。
まずもって部屋が度を越して汚いとホコリとかそれ以前に色んなものが入ります。
私が仕事で担当したPCではうっかり迷い込んでしまったGですとかでかいハエが中で死んでいるという
超級のものがあったりしました。一体何をどうやったらPCの中に虫が入り込むのか謎です。

大半のPCは空冷式と言って空気を吸い込んで空気との熱交換でパーツの熱を逃がす仕組みなので、
その空気が極端に汚いとそれだけホコリや色々なものを吸い込みやすくなります。
PCを置く前に最低限の部屋の掃除をするようにしましょう。

・PCの前でタバコを吸わない
持ち込みPCのうち触りたくない大賞第2位なのがこれ。ヘビースモーカーの方がタバコを吸いまくり、
その空気を常に浴びせられる&吸い込まされ続けた結果白もの系の本体は茶色~黄色に変色し。
外装を触った感じで既にベタベタしていて、その時点でだいぶアレなのですが本当の敵は内部にあり。
というのは、タバコに含まれているヤニ(歯にもついたりしますが)が細かいホコリに対して接着剤のような作用を果たし、
ファンやヒートシンクの隙間、吸気口/排気口などにびっしりと詰まって
「断熱材かな?」と思うような脅威の厚みになっている事が多いです。
ヤニでベタベタになったホコリですので、単にガスブロワーで吹くだけでは取れない事も多いです。
(ショップでは仕方ないのでピンセットでつまんで取ってました)
結局パーツを外して清掃しないと取れない…など、めちゃくちゃ厄介な事になりがちです。
タバコを吸う方は作業中PCの前で吸いたくなるでしょうが、PCの事を考えると他の場所で吸うのが懸命ですね。

・BTOのPCケースは「手ネジ」が良い
意外と盲点になりがちなBTOのPC購入時の「ケースのメンテ性」。自分でメンテするときの事を考えると、
サイドパネルが外せてかつ「手ネジ」と呼ばれる手でゆるめたりしめたりできるネジのものが良いでしょう。
別名ローレットネジとかローレットビスとも呼ばれているものですが、いちいちドライバーを出さないでも
手で開け閉めできるのでメンテナンスが容易になります。エアブロワーで吹くだけでもドライバーを用意して
ネジを外して…となると結構な手間だったりしますので、道具無しでできるというのは意外と大きいです。
もしそうでないケースを使っている場合でもいけそうなら経のあう手ネジにしておくという手があります。

・床置きの場合は床から浮かす
人間が生活する上で出るホコリは最終的に床に落ちてきます。サイズ的にデスクの上などに置けないので
床に置いているという人も多いかもしれませんが、床に直置きするとこれを全て吸い込むことになるので
ホコリ対策をしないとえらいことになりがちです。ひどい例だとフロントパネルの吸気口を外から見た時点で
みっしりホコリがついてて中もお察しなことになってたり。
CPUスタンドやメタルラックなどを使って床から数センチ浮かせて置くだけでもかなりホコリを吸う量が変わってきます。
CPUスタンドなんかを買えば動かして周りの清掃なんかもしやすくなりますので、床置きをする上では
考えたほうが良いかもしれませんね。

・吸気口に換気扇用フィルター
自作erの友人に教えてもらったかなり強引な対策。吸気口に市販の通風口や換気扇用のフィルターを貼り付け、
吸気から入るホコリを軽減します。当然吸気量に若干の影響はありますが、吸気から入るホコリをだいぶカットしてくれるので
中々有効な対策のようにも思います。テープとかで止めるとベタベタしてしまうので、東洋アルミエコープロダクツさんの
貼るだけ換気扇フィルターを切ってくっつけて愛用中。ガンガンオーバークロックする目的だとちょっと怖いですけどね。

・一ヶ月に一回程度はメンテする
結局これに尽きます。ホコリは繊維質なので、放置していると新たなホコリを呼び…という悪循環があるので
毎日毎週は面倒でも、一ヶ月に一度ぐらいは定期清掃してホコリを吹くぐらいはしておきたいものです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2205-fe7e12ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。