やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ADSいじり始めまして、懐かしの【墓守】を組んでCPUデッキと遊んだのでちょこちょことそこら辺のこととか。

・<<王家の眠る谷 ネクロバレー>>
【墓守】の根幹にして前提にもなるフィールド魔法カード。過去のルールでは相手がフィールドを発動すると
破壊されてしまったため、マスターズルール3でお互いのプレイヤーは別々にフィールドを発動できるようになり
これでフィールドを守ることに躍起にならなくて済むかと思ったら気のせいで
サイクロンが3積みできるようになった+ハーピィの羽箒の帰還などによりやっぱり躍起にならないといけなかった。

サーチカードはフィールド依存デッキのおなじみテラ・フォーミングがあるものの、墓守の場合は
<<墓守の司令官>>がその機能を内蔵したモンスターになっているため無理に司令官とテラフォーミングを3枚ずつ
積む必要はないような気がしたりしなかったり。そもそもネクロバレーは3枚しかないですし。

-下級-
・<<墓守の司令官>>
テラフォーミング内蔵レベル4モンスター。手札から捨ててネクロバレーをサーチしてよし、
更に墓地に落とした後に墓守用の墓地サポートで引っ張りだして再利用してよし、アタッカーにしてよし、
レベル4×2が条件のエクシーズに良し…と何時の時代になっても便利なモンスター。
2100という攻撃力は過去には群を抜いている感もあったものの、現在の高攻撃力のモンスターがボンボン飛び出してくる
環境だとそれだけでバシバシ殴り続けるにはやや頼りない感もある。

・<<墓守の偵察者>>
いつの時代も墓守を支える壁役&リクルーター。ネクロバレー展開時の守備力2500は上級・半上級モンスターの
攻撃すら防ぐこともある高水準だがいかんせんリバース効果封じや抹殺の使徒には弱い。仕方ない。
レベル4なのでレベル4×2に即繋げられるのは現環境での大きなメリットになる気もする。

・<<墓守の番兵>>
いつの時代も頼りになる壁役&バウンス要員。ネクロバレー展開時の守備力2400は(ry
エクシーズモンスターが乱れ飛ぶ環境になったことでバウンスの持つ価値は若干上がったと思われる。
レベル4なので(ry

・<<墓守の暗殺者>>
ネクロバレーさえあれば2000/2000という下級ギリギリのステータスに加え攻撃宣言時に
フィールド上の表向きモンスターの表示形式を変更できるというナイスなアタッカー(ただしネクロバレーがないと1500/1500のバニラ)。
上級モンスターキラーとして大活躍するのは今も昔も同じなものの、エクシーズモンスターのステータスは
2000/2000を上回っていて面倒なことも多い。

・<<墓守の異端者>>
はいはい異端異端。ネクロバレーがあれば攻撃力2300になると見せかけて完全耐性なので攻撃力1800。
完全耐性な点は評価できるものの戦闘破壊に対する耐性は無いので普通に殴り殺されることもしばしば。

・<<墓守の大筒持ち>>
バーン系墓守のキーカード。大筒持ち自信は射出出来ない、フィールドの大筒持ちを大筒持ちで射出できないという
縛りはあるものの墓守の召喚師によってバーン+ドローなどができるようになったので
ロック+バーン系の墓守デッキなら立派なダメージソースになりそう。

・<<墓守の呪術師>>
召喚された時に相手ライフにダメージ。バーン系墓守で手札に戻したり召喚したり射出したりを繰り返す用。

・<<墓守の監視者>>
相手が手札からカードを捨てる効果を発動した時に、手札から捨てることでその発動と効果を無効にして破壊する。
ここで言う手札からカードを捨てるというのは例によってコンマイ語で「コストではなく効果処理として手札を捨てる」効果の意。
wiki見て逐一確認しなきゃ(使命感)
手札から捨てるだけで無効、またはフィールド上のカードの破壊すら狙えるという条件に対する有用度が魅力。
サイドデッキに差しておくとマッチで良い仕事するかもしれない。私はシングルCPUで色々いじって遊んでるので知りませんが。

・<<墓守の使徒>>
相手モンスターの攻撃によって戦闘破壊されて墓地に行った時に墓守モンスターを無条件で召喚。
裏守備とはいえ墓守の上級モンスターすら召喚可能なのは魅力的なものの、何しろ発動条件が非常にキツく、
墓守相手に不用意に殴ってくる相手でも無いと活躍の場は得づらいのがネック。

・<<墓守の従者>>
このカードが与えた戦闘ダメージは効果ダメージ扱いになるのでバーン墓守で役立つかとおもいきや
700/500という始末なのでそうそうダメージが入ることがなさそう(KONAMI感)

・<<墓守の召喚士>>
墓守限定の黒き森のウィッチ。フィールドから墓地に送られた時というゆるい条件なのでエクシーズの素材にして良し、
ワンダー・ワンドの効果で墓地に送って2枚ドロー+墓守を手札に持ってきて3枚ドローして良しと何かと有能。
デッキピーピングされる時もあるというデメリットもあるがぶっちゃけ墓守のデッキ内容なんて(ry

・<<墓守の長槍兵>>
マシュマロンや死霊の全盛期には猛威を振るった、貫通持ちの下級アタッカーにしてネクロバレーがあれば
2000/2000という優良株…であったが、それ以上のステータスを持つモンスターが乱れ飛ぶ環境ではやや頼りなく
若干株を落としたような気がするモンスター。今から主力にするなら貫通ダメージを存分に与えられる工夫が必要そう。
トークン送りつけるとかなんとか。

・<<墓守の伏兵>>
1700/0という極端なステータス、リバースした時に相手の墓地のカードをデッキの一番下に戻す、
リバースした後に破壊された時は自分の墓地からネクロバレーを手札に回収というクセの強い効果。
リバース効果モンスターではないというのも特殊なところで、偵察者や番兵の中に一枚だけ混ぜておくと
たまに抹殺の使徒を空振りさせて働くかもしれない。ネクロバレーがある際の攻撃力は2200と高いものの、そのせいで
攻撃力が1500をオーバーしており偵察者から呼び出したり出来ないという点もネックになる。
墓守デッキはほとんどの主力モンスターが魔法使いなので迎撃準備と陽動作戦を差しておけば
それなりに活躍させることも可能…なのかなぁ。

・<<墓守の末裔>>
フィールドの墓守モンスターを1体リリースして相手フィールド上のカード1枚を種類を問わず破壊できる
1:1交換効果を持つモンスター。墓守の場合は墓地からの回収手段が豊富なことと、ロックが成立している限り
相手は墓地に落ちたカードを回収不能なことを考えるとそこそこの便利な効果であることに加えて、
召喚士をリリースすれば自分は墓守を手札に持ってこられるのは良い点。

・<<墓守の巫女>>
海神の巫女のネクロバレー版・・・と見せかけて密かに+200/200効果がおまけでついている。
ステータス的にやや頼りない感もあり、実際の用途は墓守サポートカードを無理やり使いたい時など?
ステータスの低さを活かして特殊召喚→地獄の暴走召喚で3体並べるコンボも面白いかもしれないが
地獄の暴走召喚は墓守サポートではないのでネクロバレーに引っかかたりして地味に面倒そう。

-上級-
・<<墓守の長>>
リリースして召喚成功時に墓守1体蘇生。アドバンス召喚でフィールドの頭数が減らないのは魅力だが
奈落の落とし穴が全盛な事や自身の墓地のロックを解除してしまうと死者蘇生を食らったりするのが地味に痛い。
墓守モンスターであれば縛りが無いため上級墓守を墓地に落とした後特殊召喚したりできる。
あとディメンジョンマジック要員。

・<<墓守の祈祷師>>
ステータスはやや頼りないものの相手のフィールド魔法封じや相手の効果でネクロバレーを破壊されない、
「墓地で発動する」効果すらもロックするというダメ押し効果を持つ上級モンスター。
特殊召喚に恵まれていることも良い点だが、墓守はモンスターの展開力が高いので普通にリリースして召喚も可。

・<<墓守の審神者>>
やや特殊な効果を持つ墓守の最上級モンスター。妥協召喚で墓守モンスター1リリースで召喚可能な点や、
墓守の偵察者+Sinスターダスト・ドラゴン+偵察者で呼んだモンスターやエクシーズの組み合わせなどを使えば
それなりのパンプアップ幅になる点は効果大。除去耐性を内蔵していないので運用するなら守る手段が必須?
幸いにして現在は良いサポートカードがあるので陽の目を見ることも少なくない…と、思う、多分。

・<<墓守の大神官>>
同じく墓守1体リリースの妥協召喚効果を持つ。破壊されそうになった時に
手札から墓守モンスターを1枚捨てる、墓地の墓守×200のパンプアップ効果を持つので
そこそこ優秀ではあるものの何しろ墓守の上級は自由度が高いのでライバルが多い。

-他-
・<<シャブティのお守り>>
たいへんテキストがわかりづらいで賞を貰えるお守りくん。手札から捨てると墓守に戦闘破壊耐性をつけるが
しっかりダメージは受けてしまう上にこいつ自身が回収不能なのであまり使い道はない。

・<<幸運を告げるフクロウ>>
・<<不幸を告げる黒猫>>
魔法・罠のサーチ要員。ネクロバレーが無い状況だとデッキトップに置かれるという微妙さと
展開の高速化により高確率でリストラされたであろうカード。

・<<スターダスト・ドラゴン>><< Sin スターダスト・ドラゴン>>
有能アンド有能アンド有能と言わざるをえないフィールドデッキのお供カード。
スターダストはスターライト・ロードでフィールドの全体除去や魔法除去を無効化しつつ召喚でき、
Sinも手札に来た際にエクストラにスターダストが1枚でも残っていれば特殊召喚できるので便利。

・<<召喚僧サモンプリースト>>
みんな大好き召喚じじい。生贄の儀式とか祭殿が腐ってる時に便利。

・<< No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル>>
ネクロバレーを守るのに便利なモンスター。レベル4モンスターが乱れ飛ぶ墓守では抜群に出しやすくて良かったです


以前自分が遊んでいた頃はグッドスタッフ型のデッキが全盛期だったのもあり
(スタンダードとかガジェとかサイカリバーンとか言われてた頃)
墓守もグッドスタッフ的に暗殺者と長槍を大量投入して展開、ゴリゴリ押しても勝てたが
エクシーズやシンクロなど高ステータスのカードが出やすい高速化した環境下では下級墓守を軸にした
グッドスタッフ的な展開は成立しづらい&非常に除去されやすくなったように感じる。
墓守専用のサポートカードには圧倒的にネクロバレー+墓守モンスターが居るときに相手の行動を妨害するものが
増えたので、現在はややロックデッキよりの傾向が強まって相手の行動の起点を潰していくほうが
勝ちやすく、ネクロバレーの王墓やスターライトロード、強制脱出装置や奈落の落とし穴などを多めに投入しても腐りづらい。
召喚士で司令官を引っ張ってきて、更にそこからネクロバレーをサーチ、先手先手を打って
ネクロバレーを守れる耐性を作って後は封殺しておしまい、となれば結構なデッキに勝てそう。
弱点としては墓守以上の打点でボコボコ殴ってくるデッキとか、ネクロバレーが来ない時、
しつこくフィールドに居座れるタイプのデッキとかの相手は相変わらずあまり得意ではないので
旗色が悪くなってきたらさっさと汎用4*2エクシーズモンスターを出してお茶を濁すしかないのはちょっとアレな点。
(それをひっくるめても汎用エクシーズモンスターの効果は本当に凶悪で何故「汎用」と呼ばれているのかを
 わけもわからず使っても実感できたりしてパワーカードっぷりがすごい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2093-f2254f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。