やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム内容としてはやっぱり序盤が弾持ちの問題でキツい。
武器が揃ってくる&研究が進んでくるとダメージボーナスもかなりあるし、何よりトニックもそろって
プレイヤーも強くなるのでスプライサーぐらいなら割とサクサク潰せる感じ。
以下途中までのストーリーネタバレがらみのあれこれ。


ビッグダディの一体、実験体デルタは今から10年前にはエレノアを守る役目にあったが、
エレノアの母親であるソフィア・ラムによって催眠術をかけられ、拳銃で自殺するように仕向けられる。
(恐らくこの際ソフィア・ラムが使ったのは催眠術3と同じような能力であると思われる)

しかし何らかの理由によりその10年後に実験体デルタは「完全な死」から蘇生(あるいはそう見えている)し、
再び活動を開始。エレノアの呼びかけに応えてラプチャーの内部を突き進み始める。
デルタはラプチャーの中で自らの過去を知っている様々な人物と出会うが、彼らをどう扱うかは
プレイヤーの選択に委ねられている(具体的に言えば殺しても良い)。

・グレイス
エレノアの育ての親(乳母?)。デルタのやることが赤ん坊を母親から奪うことであると批判するなど、
ビッグダディという存在、そしてそれになったデルタに関しては否定的である。
しかし、デルタが彼女を殺害しなければ後にアイテムを送って支援してくれる。

・サイモン神父
元々は神父であったようだが、現在は完全なスプライサー。ADAMに対して崇拝にも近い感情を持っており、
ADAMを精製するリトルシスターを奪うデルタを殺そうとする。選択肢はなく、襲いかかってくるので殺すしかない。

・スタンリー
デルタを駅で足止めする男。先へ進ませる見返りにリトルシスターたちを「始末」することを要求する。
どうやらラプチャーが崩壊する前はそれなりの金持ちであったようだが、夜な夜な乱交パーティーへ参加しては
散財していたため破産。ADAMを利用して一攫千金を目指し、リトルシスターやエレノアを襲うが失敗。
ADAMを通した記憶の授受によって自らの悪事が露呈すること(リトルシスターの収穫したADAMが
誰かの体内に入ればその記憶が授受される)恐れた彼は排水バルブを意図的に破壊してラプチャーを浸水させ、
リトルシスターたちを「始末」する手段を講じていた。
しかし、その策略はソフィア・ラムに全て読まれており、全てのリトルシスターを「始末」してデルタが駅に戻ってきた時に
立てこもっていたチケットブースのロックを解放されてしまう。
彼を殺すか見逃してやるかはプレイヤーの判断に委ねられるが、個人的にクズの小悪党ではあるものの
あまり調子に乗っていないのであまり興が乗らないので放置した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2038-2b0e8e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。