やってるゲームとかの雑記
(以前このブログでも少し書いたことがあるが)私は今から大体4年前に鬱病と診断された。
その時からずっと、つい最近に至るまで「鬱になる前みたいな性格と生活に戻りたい」と思って
病院に通ったり、出された薬を飲み続けたりしてきた(薬自体の量はそれほど多くなかったが)。
4年という短くはない月日がたった今、やっと「鬱病になる前」には戻れない、という事に思い至りはじめた。
これは一度精神障害になったら一生終わりである、と言っているわけではなく、
単に人格上に起こりうるあらゆる変化は自分が好もうが好むまいが完全に不可逆だという事。

例えば、ある日何の気なしに出会った誰かの事を好きになったとか、サンプルで貰った物が意外に良かったとか、
偶然入ってみたお店が中々良かったとか、友達が好きと言っていたバンドの曲を聞いてみたらよかったとか、
そうした些細な事ですら部分的に忘れることはあっても完全に「知る前の状態」に戻ることはできないし、
こういう目線で見ればあらゆる変化は不可逆のものだ。
その変化がたとえ好ましかろうが、好まくなかろうが遡るという事はそう簡単にはできない。

確かに鬱になったことは非常に不幸だったと言えるし出来ることならなりたくもなかったものだが、
上に挙げたような視点で見てみれば私は鬱病が最悪死に至る病であるにもかかわらず今も生きているし、
鬱病になったという経験を通してなる前よりもかなり思慮深い性格になったということもできる。
(鬱病と診断される以前の私ははっきり言って自分からみても軽卒かつ思慮の浅い人間だった)
鬱になる前の自分に戻ることは出来ないが、鬱になった後の自分は間違いなく
鬱になる前の自分とは違う視点(これは恐らく鬱になったことのない人間には得られないだろう)を持った人間となった。

この小さな小さな一歩(開き直り・居直りとも言う)に至るのに4年という長い歳月はかかったものの、
こう考えると途端に妙に開き直ったような気分というか、一種のやけくそさが出てくるように思う。
「~すれば鬱は治る」なんていい加減なことを無責任に断言することはできないが、
一人の鬱病患者が4年間悩んだ末に考えた事を書くことぐらいはできるし、
それが同じように開き直りつつある人や開き直りたいと思う人の何かの役に立てば幸いと思いこれを記すことにした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/2007-1d59ddc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック