やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返る。



■2010年
2010年末、ニコニコ動画でのMUGENブーム(正確には2008年だか2009年ぐらいから動画が盛り上がってた)を
見てるぐらいのいち視聴者でした。当時はどちらかというとネ実とか見てたかな。
確かmoreroさんのゲジマユとかが連日のように投稿されてて毎日のように見てた記憶。

MUGENオリジナルキャラクターだと既に先輩として作ってる方がかなりの数いらっしゃいまして、
特にティーフさんのキャラクターとかを見て自分も作ってみたい!と思ったのが直接のきっかけ。
年末当たりからとりあえず何か作りたい!作ってみよう!と思って作り始めるにあたって
「どういうキャラを作りたいか」とか一切ありませんで、くじ引きで全てを決めるという暴挙に走ったりしました。
その際に何も考えずにくじ引きした結果が「オリジナルキャラクター(仮)」だったんですが、
要するに一二三の原型となるキャラクターです(一二三というネーミングは作業用フォルダ名の123からですね)。
恐ろしいこととに当時一切絵なんて描いたことすらありませんでしたし、
ドット絵なんかの知識も一切なし・・・という状態で作り始めたのが最初でしたね。



■2011年
始めて作り始めたキャラクターが一旦完成して(今から見ると恥ずかしい出来ではあったんですが)
動画投稿とかをしてたみたいですね。
twitterや各方面で様々な方と知り合ったり助けていただいたりしたのはありがたい限り。
MUGEN関係だとこの頃知り合った方が結構多いです。

今更隠すまでも無いんですがこの年に鬱病になりまして、
何もする気力がなくなりほとんど何も活動してない時期がずいぶん長く続きました。



■2012年
だいぶ症状が軽減したのか二作目のMUGENキャラクターを製作し始めてます。
この頃に製作したのが2作めキャラクターの飛鳥井絢。
ボトムズとかビッグオーにハマってたということもあってありったけの要素をねじ込んで
キャラを製作するという暴挙に走った、かつできるだけクオリティの高いキャラクターの動きを
真似するために某英国ボクサーのモーション等を真似するというすさまじい暴挙に走っています。
ココでも結構色んな人に手伝ってもらったり助けてもらったり・・・。



■2013年
ここで無理してまた鬱を悪化させる。
(当然そんなにすぐに治るわけもなく、当たり前の話ではあるんですが)
またほとんど何もする気力が起きなかったようで、
辛うじてマビのプレイログが残されているぐらい。
この辺りから一二三のリメイクのスプライトが部分的に製作されてる痕跡もあったりするんですが、
当然ながら無理なもんは無理ってことで製作は全然進んでないです。



■2014年
夏頃にだいぶ復調してきたのか一二三の製作が再開してます。
少し時間に余裕がとれたみたいでだいぶ一気に製作活動が加速しております。
特に夏頃に調子が良くなってきたみたいでだいぶ加速してますね。



■2015年
今年。一二三の製作がかなり形になってきてます。
というか、本格的にリメイク再開したのが8月~ぐらいなんでもう一二三リメイク版だけで
余裕で半年以上かかってる計算になります。



こうしてみるとなんやかんやでMUGENに関わるのも今年でもう5年め?ぐらいなんですね。
それにしたってキャラ製作のペースが遅くて一二三と絢、それからまた一二三のリメイクしか作れてないという。
あと改めて振り返ってみるとここ4年で鬱になってばっかで実質的に作業してるの3年ぐらいです。
2010年には絵すら描いたこと無かった人間が今それなりに作業出来てるので、恐らく調子よく
やり続けられる人なら3年ぐらいでそれなりに作れるようになるのではないでしょうか・・・って感じですね。

つまり今「キャラを作ってみたい!」と思ってるけど技術や実力的にちょっと・・・って思ってる方でも、
今から始めれば3~5年後ぐらいにはある程度思い通りのキャラクターが作れるようになるのではないでしょうか。
最初に作るキャラなんて多少ブサイクだったりどっかで見たようなモーションばっかでもええやんな~って
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1959-d0186db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。