やってるゲームとかの雑記
ボダラン2の大型DLC第四弾。
Vaultハンターたち6人(DLC含む)がとっ捕まえたハイペリオン社員をボコボコにして尋問している間に
別室でリリス、ブリック、モーデカイをプレイヤー、ティナがGM(ゲーム進行する人)としてプレイされている
TRPG(非電源の盤上で遊ぶRPGゲーム)という体で進行するDLCです。

2015-04-15_00004.jpg
ティナがGMをやっているという設定からか、その場その場で場当たり的にシナリオが変わったりします。
最初に訪れた時は花が咲き空には虹がかかったきれいな村が・・・

2015-04-15_00005.jpg
一瞬で死臭の立ち込めるダークファンタジーな世界に!
この他にも、ティナがうっかりどう考えても倒せない超強いボスを出してしまうなどのアクシデントイベントもあり。
TRPGを知らない人にはさっぱりかもしれませんが、知ってるとかなり楽しめるかも。

2015-04-15_00006.jpg
そしてTRPGに飛び入りで参加してくるDLC2の登場人物、Mr.Torgue。
DLC2のサイドミッションでもありましたが、彼も結構なゲーマーみたいなんですよね。
結局ゲームの進行に支障をきたすということで倉庫番に送られたりしますが・・・。

2015-04-15_00009.jpg
そして登場する『白騎士』ローランド。本編のネタバレになりますが、DLC4の時系列は本編の後なので
ローランドはすでに死亡しています。卓に付いている3人に指摘されても頑なにローランドを登場させるティナ。
ローランドが居ないと先に進むことができない、ローランドと協力してドラゴンを倒せ、ローランドと協力して・・・など、
時としてシナリオの整合性を無視してでも登場するローランドからティナがローランドをいかに
大切に思っていたかが伝わってくるシリアスな要素もあります。

2015-04-15_00011_20150415203212445.jpg
罠を乗り越えて進み、ドワーフと同盟を結んでハンサム・ソーサラーに立ち向かおうとした矢先
ブリックがまさかのドワーフを殴るという選択をし、更にクリティカルを出したせいで見事に殺してしまい敵対。
結局ドワーフの地下洞窟や地下住居の中を自力で脱出するために4つあるというドワーフのルーンを探すことに。
そして4つのルーンを入れ替えて出来たキーワードは「だ・い・べ・ん(大便)」という小学生並みのフレーズ。
(ちなみに英語版ではFart、放屁です)

2015-04-15_00014.jpg
そして辿り着いたハンサムソーサラーの塔。若干ダークソウルのアノールロンドっぽい雰囲気。
騎士系の敵が出てきたり細い道を歩いていると矢でバンバン上から撃ってくる奴がいたり。

2015-04-15_00019.jpg
そして激しい戦いの末、党の頂上にたどり着いてハンサムソーサラーと戦うVaultハンターとローランド。
何度も形態変化して復活するハンサムソーサラーを最終的にぶちのめすものの、
死んだかと思われたハンサムソーサラーは最後の力を使ってローランドに破壊魔法を放ちます。

「ティナ、ローランドは―」
「わかってる!お話の中でぐらい生きてたっていいじゃん!」
2015-04-15_00021.jpg
その破壊魔法を弾き飛ばし、ローランドの腕にとまるブラッドウィング。
戦いの中で命を落としたとしても、物語と仲間たちの記憶の中でローランドは生き続けるのでした。
本編のキャラクターがTRPGをプレイするということでコメディやギャグに寄ったものであると見せかけて、
ティナのローランドに対する思いが描かれるなどきちんとお話としても練られているシナリオです。

さて、忘れてはならないのはこのシナリオは「ハンサムソーサラーに誘拐された姫を救出する」という話であること。
2015-04-15_00023.jpg
2015-04-15_00025.jpg
!?

2015-04-15_00031.jpg
本編の一番最初、ハンサムジャックがなんか食いながら通信してきた時に言及されていた
「ダイヤモンドで出来た馬(作り物ではなくそういう生物)、チープStallion(英語名Butt Stallion)」がプリンセスだった!
・・・という。
しかしこのプリンセス、個人的にどこからどう見てもラリティだと思います。
(ダイヤモンド製ということでDiamond Mintであるという説が有力みたいですが)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1947-5adc6cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック