やってるゲームとかの雑記
■Atlas社
『Borderlands』に登場した巨大企業。惑星パンドラに入植してDahl社と争いを繰り広げていたが、
最初に開けられたVaultがガッカリな代物だったことや前作DLC3でVaultハンターにクリムゾンランスを
壊滅させられる等の被害を被った結果『Borderlands2』では撤退しており、姿は見られなくなっている。

『Borderlands』ではハイスペックでバランスの良い武器を製造しており、
品質の良い武器やレジェンダリ武器などはこのAtlas社製品が多かった。

■Dahl社
前作『Borderlands』から登場している企業。元々惑星パンドラに入植していた会社のひとつであり、
Atlas社とVaultを巡って争っていた。かなり大規模に開発を手がけており、インフラ関連(ゴミ箱等)の
製品や乗り物などもこの会社の管理するものだった。
しかし、前作の開始以前に惑星パンドラは見込みなしとして撤退してしまっており、
惑星パンドラに大量に生息しているBanditたちはDahl社が連れてきた元犯罪者や技術工員、
研究者などのなれの果て、つまり元Dahl社員が大多数を占めている。

武器のデザインは迷彩パターンのミリタリ風が多く、CMでも堅実で信頼性の高いプロユースを売りにしている。
ゲーム内での特徴は右クリックでADS時に1トリガでn発の弾が発射されるバースト射撃になるというもの。

■Hyperion社
今作の悪役企業にしてNew-Uステーション等の設備を運営する会社。
Vaultが開かれた後、パンドラでの支配を急激に強めており逆らうものは皆殺しというような
暗黒メガコーポっぷりを発揮している。

前作では製品カラーは赤い物が多く、ハイスペックな高級志向。
CMではハンサムジャックが捏造した自らの武勇伝を語って自社製品をPRしている。
今作ではT.K.Bahaの銃の設計や技術を盗み、連続射撃時に徐々に精度が向上していく機能を備えた
エレメンタル銃を多数製造しており、特にハンドガンなどでは品質の良いものを手に入れやすい。

■Jakobs社
ガス・燃料タンクなどを製造するメーカー。前作DLC1ではJakobsが入植している島が登場しており、
それなりの規模で惑星パンドラに入植していたことが伺える。
なお前作のDLC1ではゾンビが発生して社員の97%が死傷したとい言われていたが
今作でも普通に武器や製品は登場するあたり健在らしい。

CMでは弾き語り風の渋い語り口でとにかく威力の高さをアピールしており、
実際威力を最重要視した無属性のリボルバー、中折れ式のショットガン等西部劇風の武器を製造している。
木製パーツのような柄に華美な装飾のついた銃や一風変わったドラムマガジンなど見た目も特徴的。
腰だめ撃ち時に発射速度が非常に高くなるという特徴もある。

■Maliwan社
企業としての実態は不明瞭(殆ど語られることがない)。

CMでは未来的な武器デザインの芸術性や高いエレメンタル効果を売りにしており、
実際全メーカーの中でもトップクラスにエレメンタル効果が高い製品を製造している。
エレメンタル効果を重視するあまり銃自体の威力はそれほど高くないことが多いが、
エレメンタル効果の高さがそれを補って余りあるという特徴がある。
前作で最高武器の一角だったヘルファイア(100%着火効果のある炎SMG)などもここの製品。

■S&S Munitions社
前作に登場した企業。理由は不明だがBorderlands2からは姿を消した。
装弾数の多さが特徴で、ドラムマガジン等の拡張パーツがついた銃を多く製造している・・・と、
今作で言うBandit製武器に特徴は引き継がれている。
製品は黄色と黒を貴重としていたが、これも2では別のメーカーに取られている。
ちなみに前作では装弾数が多すぎて装備すると表示がバグるというとんでもない銃も存在していた。

■Tediore社
企業としての実態は不明。前作ではリロードが早いという程度の特徴だった。
今作のCMでは往年のテレビショッピング風の形式でうっかり両方の親指を落としてしまった人や
女性でも簡単に扱える家庭用・護身用として手軽に使える銃であることをアピールしている。

今作での特徴では直線的な形の銃で、リロードする際に銃を投げ飛ばしてグレネードのように使い、
手元には弾倉がフルになった状態の銃が再び生えてくるという謎の変態技術の持ち主となっている。
結果としてリロードが非常に早く、更にリロードのたびに簡易グレネードを投げられる。

■Torgue社
前作では堅牢・堅実な武器を製造する平均的なメーカーで、武器の見た目は黒ベースだった。
2では社の方針がガラッと変わっており、爆発!高威力!を重視する黒や黄色のチェッカー模様の
武器が登場するようになった。

爆発を愛する創業者Mr.Torgueが自社製品を熱く語るCMを流しているが、
あまりにも熱意の溢れすぎるトークによりCMなのに社の公式見解ではありませんと注釈を入れられていたりする。
銃の特徴はほぼすべての武器がエクスプローシブ(爆発)に絡んでおり、とにかく爆発させろ!
グレネードなら分裂型で大爆発だ!!というある意味非常に分かりやすい企業。男性ホルモーン!!

■Vladof社
発射速度がウリのメーカー。前作ではオレンジ色っぽい製品カラーが特徴だったが、
2では製品のラインナップががらっと変わって誰がどこからどう見てもAKにしか見えない銃や
SVDっぽい銃など東側の武器っぽい製品が特徴となった・・・というか、露骨に
星のマークや鎌と槌のマークがつくなど共産圏じみたデザインになった。

CMは思いっきり共産圏じみた・・・というか、言い逃れのしようがないぐらいのソ連感を醸しだしながら
マンパワーと弾の数で敵を圧倒できる事をアピールしており、製品はほぼ全てフルオート発射。
他メーカーと比べると発射スピードなどにも優れている他、マガジン1つあたりの弾数もそこそこ多い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1896-d4b86806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック