やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「俺センスないし・・・」って人でもある程度どうにかするための理屈のお話。

新しいビットマップ イメージ
色には「色相」という概念があります。
色相というのは上の図(saiのカラーピッカーですがわかりやすかったのでこれで)の円周部分を見れば
分かる通り、あらゆる色の要素を含んだグラデーションになっているのです。

めんどくさい講義は抜きにして本題です。
「カラーパレットを作る時に効果的な色の組み合わせがわからない!」時にどうすればいいでしょう?
まずはある程度イメージカラーを決めて仕上げてしまいましょう。

どこでもいいので上のリングの一箇所の色を基準として取ってみてください。

ここではとりあえず赤とします。そうすると、赤の隣にある~オレンジと~ピンクは非常に近い隣接した色ですね。
隣接した色はその色から直接グラデーションで変化しうるわけですから、違和感なく溶け込みます。(1)

次に赤を基準にして、円の真逆にある色を探してみます。この場合、青系がそれにあたりますね。
対角線上で向かい合った色は真逆の特徴を持っているので、非常に目立ちます(2)

次に、赤を頂点として図中に正三角形を書き込んでみます。
そうすると、緑と青紫のあたりに他の頂点が来ています。
正三角形を作った時に頂点に来る色は色相的にある程度離れていて、且つ目立ち過ぎないので
優秀なサブカラーとして機能します(3)

以上のことを踏まえてまとめると、
(1):メインカラーを決めたら悪目立ちさせたくないところには隣接した色相の色を使う
(2):逆に目立たせたいアクセサリーや靴、ワンポイントのアイテムは反対側にある色相の色を使う
(3):あまりにも一体化してしまっては困るが、浮いてしまっても困る場合(トップスとボトムスの色の組み合わせ等)は
  既に決まっている色から正三角形を作った時の頂点にある色相の色を使う
という3つの具体的な方針を立てることができます。
後はこの法則にしたがって各部位ごとの色を決定していき、最後には影色をつければカラーパレットのできあがり~。

モチーフの元ネタがあるならそれをパクっちゃってもいいんですけどね(身も蓋もない発言)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1873-5141fd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。