やってるゲームとかの雑記
昔は無線LAN環境構築するとかNASを設置するだけでもそれなりにめんどくさかった記憶があるんですが、
部屋を掃除してたら出てきた昔PC環境移行する時に買った外付けHDDを無線LANルータに繋げたら
それだけでNASとして使えるようになったりして結構驚いたり(節電設定とかセキュリティ設定はそれなりにありますが)。

最近のBuffaloの無線LANアクセスポイントだと対応してるHDDやUSBメモリをUSBポートに差しこむだけで
そのHDDやUSBメモリにはネットワーク上のどこからでもアクセス可能になるので、大事なファイルのバックアップ用や
ダウンロード販売で買った漫画や映画なんかもこっちにコピーしておけば容量をとらずに
ほかの端末からも見られて良い感じですね。

特にページ数の多い漫画なんかはタブレットで都度ダウンロードしたりしようとすると結構厳しかったりするので
こういう風に近いところのネットワーク上にアップロードしておけば助かるかなーという感じ。

検証として約90MB程度のPDFファイルの漫画をタブレットで開いてみると
-オンラインからのダウンロード:~5分程度(ダウンロードが全て終わるまではビューアの動作もガクガク)
-NAS上のファイルへのアクセス:~15秒程度
とまあ、当たり前なんですけどかなり大きな差が出る結果となりました。
映画(動画)はまだ試してないですが、恐らく似たような結果になると思います。

設定次第では出先からファイルバンクとして使うことも出来ますし、何よりデスクの前に座っていなくても
タブレットで漫画が読めたり映画が見られるっていうのがありがたいですね。
寝っ転がりながらでも読めるっていう紙媒体などの利点にねっとわーくぎじゅつで追いつくみたいな。
やってる人はとっくに導入してたことなんでしょうけど、ここ数年ぐらい何もする気力がなくなっていた私としては
導入してみてその利点にびっくりしちゃいますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1864-9a090896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック