やってるゲームとかの雑記
■ゲーム開始~ブースター(FTLでない)の修理までは前回のエントリを参照のこと
■このエントリでは2015年1月末日時点での仕様に基づいたガイドを掲載しています。
 今後のアップデートで大幅にゲーム内容は変更される可能性があります



■FTLブースターを修理するため、クリスタルを集めに行く
・クリスタルは「採掘基地」にあるので、採掘基地へ行くために前提として酸素供給のテックが必要
・酸素供給のテックは前エントリのクエストを遂行すれば持っているはずなので、装着
テックの装着は船内のAIコンソール→左下のテックボタン→タブ切り替えで可能
Nano Suitとクエスト文中では表示されているが、要するにこのテックのこと
・酸素供給テックを装着したら酸素のない惑星でも活動が可能になる
テックを装備したらAIコンソールの会話画面で「Missons」タブ→採掘基地をクリックして下のボタンで出発
 (画面右側のクエストタブではないので注意!)

2015-01-30_00044.jpg
採掘基地へやってくると中は真っ暗、更に保護された建物のためアイテムを置いたり掘ったりすることはできません。
ですので、光源になるアイテム(フラッシュライトや背負ランタン)はしっかり持ってきたほうがいいでしょう。
このダンジョン探索に必要そうなものを以下に書いておきます。

・スチール装備一式
・光源アイテム(フラッシュライト、背負ランタンなど)
・包帯や食料(戦闘で必要になるので心配なら多めに)
・遠距離攻撃可能な武器
・盾(ボス戦であると便利です)

2015-01-30_00045.jpg
ところどころにある閉鎖された扉やエレベーターは近くにあるレバーや端末を操作するとロックを解除できます。
ロックを解除するともれなく肉塊宇宙人みたいな敵が出てくるので開けたら先を警戒して進むと良いでしょう。
こいつらは中距離になると肉を噴射して攻撃してきますが、これが多段ヒットな上にスチール装備で
一発20ダメージ~受けるためかなり削られます。弓矢や銃などの遠距離攻撃ができる武器で戦うと楽です。

奥へ奥へと進むとこの肉塊宇宙人に寄生された作業員が登場します。この作業員は歩いて近づく→武器を
振り回して攻撃するという単純なAIなのですが、攻撃力が結構高いので盾を使って戦うか
属性のついた槍をどこかで拾ってきて相手のレンジ外からチクチク攻撃すると楽に倒せます。
また、砂漠の惑星で拾えるタールを使って作れるタール玉をぶつけて動きを止める作戦もあり。

道中配置されているコンテナやロッカーの中にはたまにおみやげやアイテムが入っているので遠慮なくもらいましょう。
自分でベッドやテントを設置することはできませんが、道中にあるベッドで休むことはできます。

2015-01-30_00049.jpg
ボスの巨大クリスタルです。自分の周囲に時計回り/反時計回りに回転していくビームを出すので、
逃げながら外周にある4つのスイッチを押す→真下の採掘装置にエネルギーがたまるので、
採掘装置に4つのスイッチ全部のエネルギーがたまっている状態で採掘装置を調べると
採掘ビームが発射されダメージを与えることができます(通常の攻撃は一切聞きません)
ビームとビームの合間に肉塊エイリアンを吐き出す事がありますが、冷静に処理しながら逃げまわってスイッチを押します。

一段階ダメージを与えるごとにビームのパターンがかわり、ビームのスピードアップ→折り返した意地悪な軌道と
変化していきます。最終段階ではこのビームを避けながらスイッチを押して採掘ビームを発射するのが正攻法。
ビームは非常に継続ダメージが大きいため、盾でガードし続けることはできませんが
盾を構えてビームに飛び込むように一瞬で突っ切ればガードブレイクせずに横切れます。
どうしても攻略にこまったらこれでゴリ押し。

2015-01-30_00054.jpg
無事暴走したクリスタルを破壊したらそのまま奥へと進み、クリスタルの採掘機を調べると
20個のコアクリスタルを入手してFTLブースターを修理するクエストをクリアできます。



■FTLブースターの燃料を入れに行く
古いガイドには「燃料は石炭でOK」と書いてありますが、石炭は燃料にならなくなりました。
また、油(Oil)も燃料にはならず、他の星系に出発するには液体燃料(Liquid Erchius Fuel)が必要になります。

液体燃料はその星系の月に当たる天体の地下に大量に埋蔵されています
月は酸素がありませんが最初から地表に大穴が開いている+全体的にブロックがやわらかいので
ザクザク地下に掘り進むことができます。ある程度まで掘り進むと紫色に光る液体燃料が大量に溜まっている場所に
たどり着くので、それを吸い上げて持って帰ります。
一つの燃料溜まりに500以上の液体燃料が入っていることもあるので、すぐに燃料はいっぱいになるでしょう。
2015-01-31_00004.jpg
さあ、これでFTLブースターの修理が完了し、燃料も十分に確保出来ました。
鉱石の確保や装備の調達など、思い残す事がなくなったら次の星系へと出発しましょう!



以下、余談。
2015-01-30_00057.jpg
見た目が種族によって違うのでついついコレクションしたくなってしまう家具類ですが、
宇宙船の機能が復旧したらAIコンソールの「3Dプリンタ」機能を使ってピクセルを払って登録→欲しくなったら
ピクセルを払って呼び出しでいくらでも複製できるようになるので、はじめて見た家具は一種類を
持って帰ればそれで済むようになります。全部持って帰ってるとインベントリを圧迫しまくりますので、
この機能を活用してコンパクトに持ち歩いたほうが良さそうですね。

2015-01-31_00001.jpg
砂漠の惑星で見つけた採掘基地?のような建物。
アウトポスト系の家具があったのでありがたくお持ち帰り。
こういうサイバーなのから木製のあたたかみのある家具や藁など幅広く文化が入り混じっており、
自分の好みの建物を作れるところが嬉しいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1777-c849777b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック