やってるゲームとかの雑記
セールだったので前から欲しかったStarboundを買いました。
日本語wikiが乱立してる上にどこも古い情報orスカスカであまり役に立たなかったので
以下、序盤のプレイメモ。

■現在Starboundはアーリーアクセスタイトルのため、仕様の大幅変更やセーブデータのワイプ等が発生します。
■また、2015年1月30日現在アップデートにより多くの情報サイトに掲載された内容と異なる場合があります。
■以下のメモは2015年1月30日に書かれたものです。それ以降のバージョンでは仕様が変更されている可能性があります。



■種族選択
種族ごとに少しずつ能力が異なる模様。

・Human
我々のような外見のごく普通の人間。
種族特性としてアイテムインベントリにボーナスを持ち、他の種族よりたくさんのアイテムを持ち歩ける模様。

・Avian
鳥人のような種族。
自由にではないが、空中から滑空するように移動することができる。

・Hylot
両生類系の種族。
水の中で呼吸ができる+泳ぐのが非常に速い。

・Apex
猿のような種族。
走る速度やジャンプ高度など基本的な性能が高い。

・Floran
植物のような種族。
太陽が出ている(昼間でかつ雨などの天候でない)間、遠距離武器のエネルギーが回復

・Glitch
ロボットのような種族。
ブロックを掘る速度にボーナスがあり、掘削作業が早く行える。

・Novakid
エネルギー生命体カウボーイ種族。
寒い場所でも体温が下がりにくく、最初から銃を持った状態でゲーム開始する。


各種族それぞれ1箇所は得意な要素がある感じのようです。
と言っても、特定の種族でなければ進行不能になるなどの要素はなさそうなので
基本的には好きな種族を(見た目で)選んでも問題なさそうな感じでしょうか。
(迷ったらアイテムをたくさん持てるHumanか基礎能力の高いApex、掘削が得意なGlitchあたりが安牌ではありそう)

2015-01-29_00001.jpg
種族を選びます。
今回は折角なのでより宇宙人っぽいHylotを作ってみましたが、Hylotの文化は東洋風のようですね。
初期で服の色や形も数種類から選べますが、前合わせの服があります。
種族と名前、性別などを選んだらOKを押してキャラクターを作成。



■ゲーム開始~はじめての惑星へ

2015-01-29_00004.jpg
キャラクターをクリックしてゲームを開始するとボロボロの宇宙船の中からゲームが開始します。
種族ごとにデザインは異なるみたいですが、とりあえず右側にある端末をEキーで調べてAIを再起動します。
この画面では個人用の宇宙船の機能などを行えるようになっており、実行したいコマンドを押して選択、
「Issue Command」ボタンを押すと実行条件が満たされていれば実行できます。

※記念にSSを撮っておきたくなる場面ですが、デフォルトではF12を押すとHUD表示やインベントリ、
 メッセージウィンドウやカーソルが非表示になりますので、急に操作できなくなったと思ってびっくりすることがありますが
 もう一度F12を押せば治ると思います。

宇宙船のAIを再起動すると宇宙船の機能が利用できるようになり、宇宙船から
最寄りの惑星にBeamすることができるようになります。ここでじっとしても仕方ないので、
Beam Planetで最寄りの惑星にBeam(移動)して探索していきましょう。



■チュートリアルクエスト~惑星を探索
新しい惑星に到着したら、まずやっておく事は原木(Unrefined Wood)と繊維(Fiber)を集めることです。
クラフトゲーを他にやったことがある人ならばこの時点でピンと来るかもしれませんが、
原木は木材(Wood Planks)に加工して様々な材料に、繊維は包帯(Bandage)を作って出先で体力を回復するのに使います。

ゲームを開始したキャラクターは少しの物資と、基本装備としてマターマニピュレータ(以下、マニピュレータ)を持っています。
マニピュレータは作業速度が遅いものの、色々なものをクリックすることで取得可能な万能ツールです。
生えている木をマニピュレータで破壊すれば原木が、地上に生えている植物や洞窟の天井から
垂れ下がっているツルをマニピュレータでむしると繊維が入手できます。転送地点の周りを少し探索してみましょう。
簡易的なアイテムのクラフトはCキーを押すことでメニューが開いてその場で作成できます
包帯や松明の作成などはこれで出先で行えます。

2015-01-29_00010.jpg
原生生物から身を守るには、武器や装備もですが簡易的な小屋を作ることが望ましいかと思います。
簡易的な小屋でもきちんと壁に囲まれていればアイテムを安全に保管できますし、
ベッドで休む際にも原生生物に襲われる心配がありません。
とりあえずチュートリアルクエストに従ってクラフトテーブルやかまど、ベッドを置いて行きましょう。
設置した設備を使うにはその設備をカーソルでポイントした状態でEキー。専用のクラフトメニューが開きます。

壁を作る際はそのまま左クリックで設置しようとすると4つずつ置かれてしまいますので、
Shift+左クリックで1マスずつ設置することができます。また、画面奥側に設置されているものは
テラリアなどのように別アイテム扱いではなく、同じアイテムを右クリックで配置
するという操作になっています。
つまり上のSSのような土壁を剥がしたい場合はマニピュレータを使って右クリックすると引剥がせます。
逆に画面奥に木の壁を貼りたい場合は右クリックしながら配置することで壁を貼ることができます。

原生動物を狩猟弓(Hunting Bow)かハンティングナイフ(Hunting Knife)で殺すとドロップするお肉
キャンプファイアで焼くと、焼いたお肉にできます。
焼いたお肉は大きな回復効果を持ちますが、一度食べた後のクールタイムが長いので注意が必要です。
(旧バージョンでは空腹に対するサバイバル手段でしたが、現在のバージョンでは空腹要素がオミットされました)
原生動物を剣やハンマーなどの武器で殺した場合は通常お金(pixel)をドロップしますので、
肉が欲しいのかお金がほしいのかで使い分けて行きましょう。
とは言いましても、序盤の防具が心もとないうちは原生動物の体当たり攻撃も洒落にならない威力であることや
お金はそれほど大量に必要ではないことを考えると、できるだけ弓矢で殺して被ダメージを軽減したいところです。
また、原生動物は凶暴なものだけでなく、こちらが手を出さなければ何もしてこないおとなしい動物も居ます。

弓矢を使う場合にも弾薬アイテムは必要なく、画面左上にある緑色のエネルギーゲージを使用します。
このゲージは一発撃つごとに減少していき、0になると発射不能になります。
しばらく撃たないでいると回復しますので、できるだけ引き絞ってから発射→数発撃ったらエネルギーを回復・・・と
やりつつ戦いたいところですね。



2015-01-29_00012.jpg
探索をしていると建物が見つかることがあります(NPCが居たり敵が居たりはランダムのようですが)。
基本的にアイテムに所有権の概念はないようで、取ってはいけないアイテムはカキンカキン言うようになっているので
取れるアイテムは容赦なくもらっていきましょう。
私が見つけたこの施設はどうやら最近まで使われていた採掘キャンプ跡のようで、
テントや焚き火などがそのまま残されているのでありがたく頂戴していきます。
テントはベッドの一種で、そこかしこに配置されている木箱や鉄の箱は収納ボックスです。
Eキーを押すと開くことができ、ベッドは中に入って睡眠可能(HP回復)、箱は開けて中身を確かめられます。
箱自体もスタックしてお持ち帰り可能なので空き箱などを見つけたら拠点に持って帰って収納に使えそう。

2015-01-29_00016.jpg
とりあえず最低限行動拠点を確保したら、今後の行動指針としては
・この惑星で得られる鉱石(銅、鉄)を可能な限りかき集める
・惑星のコア近くまで潜り、コアフラグメントを集めて宇宙船のブースターを修理する
・集めた鉱石で装備を整える
という感じでやっていきます。

チュートリアルクエストでツルハシを作れと要求されるのでツルハシを作ります。
ツルハシは耐久度が存在しており、使うごとに耐久度が減っていきますが非常に高速に採掘できます。
現行バージョンでは修理方法が「ツルハシに銅鉱石を持って右クリック」から変更されているようで、
この方法で耐久を回復させることができなくなっています

(現在修理方法不明につき分かり次第追記予定)


仕方ないのでとりあえずある程度の松明とツルハシ、鉄製の装備を揃えたらコアへ向かって採掘します。
それほど危険な敵は出現しないので、武器は最低限狩猟弓と初期装備の剣でもいいでしょう。

自然洞窟を探索してもいいですが、面倒なら斜め堀りしまくって地下へ地下へと向かっていきます。
2015-01-30_00011.jpg
ある程度の深さまで到達すると、このようにオレンジ色に発光している鉱石が見つかります。
これがコアフラグメント(コアのかけら)です。これを宇宙船に持って帰る必要があるので、
硬くて面倒ですが頑張って集めて帰ります。


2015-01-30_00016.jpg
宇宙船のブースターを修理完了すると、コックピット部分に入れるようになり
同じ星系内の惑星に燃料消費なしで移動することができるようになります。
また、この瞬間から宇宙船後部のテレポーターで行ける先が実質的に最寄りの惑星とホームの2つになります。
Beam to Planetでは最寄りの惑星にしか移動できませんが、どこかにHomeを設定しておけば
現在宇宙船がどの惑星の衛星軌道上にあってもBeam HomeでHomeに設定した惑星へ帰れます。
拠点惑星へ戻れるってことですね。

また、コックピット画面での操作方法は左クリックでズームイン、右クリックでズームアウト。
初期状態だと現在いる惑星なんかが表示されますが、右クリックでその太陽系、もう一度右クリックで
その星系・・・などとどんどんズームアウトしていくことができます。
左クリックで惑星を選択するとおおよその気候や産出物などがわかります。

この段階になったらAIが「ゲート(gate)を通って最寄りのアウトポストへ行きましょう」と提案してくるので、
惑星の端っこにある浮島の上にゲートが乗っかったような星をクリックしてそこへ向かいます。

2015-01-30_00019.jpg
ゲートへやってきました。この不気味なゲートに乗ってEキーを押すとアウトポストの近くへワープできます。

2015-01-30_00023.jpg
アウトポストへ到達しました。アウトポストでは様々な友好的なNPCと会うことができ、
彼らからクエストを受けることができます。
このクエストは少なくとも現在のバージョンでは鋼鉄(Steel)を使った装備を作るために必須なので、
必ず遂行する必要があるようです。

■虫を取ってくるクエスト
・虫あみ→銅と布(Fabric)。布は糸巻き(Yarn Spinner)で繊維から作成。

虫あみを作成したら、どこかの惑星で飛んでいる小さな虫を見つけて虫あみを手に持ってクリックで捕まえる。
捕まえたら納品すると報酬として金属製の作業台をもらえ、作れるものが増加する。
金属製の作業台をもらうために必須クエスト

■コーヒーを探すクエスト
・コーヒー豆はジャングルの惑星で採取可能
・コーヒー豆を採取したら、アウトポストのコーヒーメーカーでコーヒーを作成
2015-01-30_00026.jpg
・コーヒーメーカーはクエストをくれる人が居るのと同じ部屋、ここに置いてあります

・コーヒー豆を納品すると今度はガラスマグを探してくるクエストが始まります
・ガラスマグを作るにはガラスが必要→ガラスを作るには砂が必要になります
2015-01-30_00029.jpg
・砂は砂漠の惑星で入手可能。砂漠を破壊しまくって砂を集めます

・ガラスマグを納品すると最後にかき混ぜるための鋼鉄のスプーンを要求されます
・鋼鉄(Steel)は上のステップで貰った精錬炉で鉄の鉱石と油(Oil)をつかうことで精錬できます
・油(Oil)は砂漠の惑星にある油田地帯で入手可能です
・油を入手するにはマニピュレータを第二段階にアップグレードし、液体を回収できるようにする必要があります
2015-01-30_00036.jpg
・油を回収して鋼鉄を作り、鋼鉄のスプーンを納品したら一旦このクエストは終了

■その他のクエスト
・アウトポストの中でスクリプト(Script)をなくしてしまった人の依頼
・アウトポストの最上部、トイレにあるゴミ箱の中にスクリプトが入っているので拾って渡すだけ

・アウトポストの中にいるケーキを食べたがってる人の依頼
・ケーキは料理台で作成可能。材料は小麦・砂糖・卵・牛乳
・材料はアウトポスト内の売店で販売

■FTLブースター修理
・上のクエストを解決していくと、ある段階で「AIコンソールでミッションを受けられるようになりました!」と出ます
・月面基地からコアクリスタルを回収するミッション。遂行にはナノスーツが必須(未進行なのでとりあえずここまで)



クエストをこなすと金属製作業台、高温竈、精錬炉などの設備が整うので
鋼鉄(スチール)製の装備を作ることができるようになります。
鋼鉄製の装備があるとかなり楽に探索できるようになるので助かりますね。
当面はナノスーツを作るのが目標かな?

2015-01-30_00032.jpg
砂漠を歩いてたらいきなり外便所(アメリカでは田舎の方では現役らしいです)めいたものを発見。
しかも下に入ってみるとなんと下水道ダンジョンへつながっており、下水道ダンジョンの中では
クモ型のロボットや巨大ハエなどの凶暴なモンスターやうんこ、うんこ人間などが襲ってきました。
何を言っているかわからないと思いますが事実としてウンコ人間みたいなのがいるんですよ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1776-91e82690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック