やってるゲームとかの雑記
01_20141128154546748.png
やっと折り返し地点超えましたね。見た目でも大体その通りで切り返すスプライトまで出来ました。
作ってみてわかるやぐら投げっぽい技がある2D格ゲーキャラが少ない理由・・・。
相手との重ねが不完全になっちゃうんですね。

やぐらなげは相手の内腿を膝で跳ね上げて相手を持ち上げる技なので、右から二番目のスプライトでは
「相手の脚と脚の間に自分の脚(膝)が入ってないといけない)」わけです。
MUGENにかぎらず腕のスプライトを分解して相手をサンドイッチすれば
「自分のスプライトで相手のスプライトを挟む」ことは出来ますが、逆に
「相手のスプライトで自分のスプライトを挟む」には相手のスプライトを対応させてやらないと
いけないという膨大な手間がかかるので、ほぼムリと言い切ってしまって良いレベルだったり。
(もちろん特殊くらいetcで対応してくれる人であれば可能なんですが)

まあどうせ2Fとか3Fとか4Fぐらいなので別に気にしないでも良いといえば良いのでしょうが、
地味にこういうところは不便だなという話。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1688-15ff13b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック