やってるゲームとかの雑記
01_2014112122294520b.png

相撲の起源は弥生時代に農民の間で行われた民間的な儀礼であった。
その後、格闘技としての側面を取り上げた豪族により力自慢に相撲を取らせる格闘技としての相撲へと発展していったが、
依然として相撲は農業や漁業、コミュニティの反映など様々な願いを込めた神事としての側面を持っていた。
神事における相撲においては特に大地を力自慢の村人が強く踏みしめる事で土中の邪気を払い、
その年の収穫が増える事を願う意味があったものである。
こうした相撲では時として「稲の霊と相撲を取り、稲の霊が勝てばその年の稲の霊が強い=豊作」というルールの元で
力士が一人で相撲を取る真似をし、最後には稲の霊に負ける事で豊作を祈ったのである。
また、これ以外にもその土地での漁業における大量、コミュニティの反映を祈った相撲という形式の
神事は日本各地で伝統的に行われていた歴史があり、日本国内における土着的な信仰のいち形態であると言えよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1677-67e5442c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック