やってるゲームとかの雑記

特選コトダマ集#8:『キルゾーン・スモトリ』より

・そこに置かれていた活きの良い大型イカは、猛烈な火炎放射攻撃を受けると、
 小型バイクほどもある体を丸めて、香ばしい匂いを発し始めた



◆解説◆
コケシマート跡を利用して行われる、マンハント・ゲームであるバイオスモトリ狩り。
ネオサイタマにおいてはバイオスモトリと呼ばれる冒涜的な生物が生息しており、
カチグミサラリマンたちは休日には重武装をしてスポーツ感覚でそれを狩るのを楽しむ…という
最高にサイバーでパンクなエピソード。個人的なおすすめ度も非常に高い。

しかしマッポーの世で暗躍しているのは、ニンジャである。
バイオスモトリハント・ゲームの裏側をかいま見てしまったウットコ建設のサラリマン、
サトウ=サンとナガム=サンの目の前に現れるのは恐ろしい腕力を持ったニンジャ『アイアンヴァイス』である。
恐るべきスリケン投擲精度と腕力を持ち、ショットガンの弾すら弾き返す謎めいたジツを持つ
ニンジャに対してニンジャスレイヤーは果たしてどう戦うのか?このエピソードの大きな見どころだろう。

それはそうと本エピソードでは、現在では定番と言われた「出落ちエントリー(登場)」の
最初とも言える「冷蔵庫の中からニンジャスレイヤーが砲弾のように飛び出してくる」というものがある。
アルバイターが冷蔵庫に入るとtwitterが炎上するが、ニンジャスレイヤーが
冷蔵庫に入っているとニンジャが死ぬのである。
本エピソードが連載されたのは2010年であり、この『ニンジャスレイヤー』という作品自体の持つ
予言性を端的に表しているとも言えないだろうか。

今回選出されたコトダマは、
「そこに置かれていた活きの良い大型イカは、猛烈な火炎放射攻撃を受けると、
 小型バイクほどもある体を丸めて、香ばしい匂いを発し始めた」

バイオスモトリの好物が焼いたイカだというのはわかる。
だが駐車場にいきなり小型バイクほどの大きさのイカが置いてある光景は想像するとシュールである。

他にもイカケバブやイカジャーキーなど、イカがネオサイタマで一般的に食べられるものであるということは
度々登場しているが、その焼ける様について「異臭」と書かれていたりすることもあるため、
果たして香ばしい匂いであるのが正しいのか、あるいは異臭を発しているのかは大変気になる点。

イカを焼くときには「イカを発見したので焼きますか?」「はい、焼いてください。」
過剰に丁寧な確認を取った後、「グッドクッキング、良い匂いですね。」などと過剰に丁寧な
やりとりを交わしたいものである。



累積DHNJSP:8,000ポイント
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/tb.php/1204-2e4a0ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック