FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記
1.フォーカスとは?
2.5つのテンノ道と最初のおすすめ
3.育成に必要なもの
4.フォーカス稼ぎの方法


1.フォーカスとは?

結論から言えばフォーカス(FOCUS)とは、「テンノ自身を強化するためのスキル群」である。
おそらくこの記事を読んでいる多くの人は、メインクエストである
「二番目の夢」をクリアし、突然フォーカス画面が表示されて困惑していたり、
「後々のコンテンツの為にフォーカスを育成しろ」と言われたものの
5キーを押すと飛び出してくるガキの弱さに困惑しているのではないかと思われる。
事実、私も初期状態のテンノのあまりの弱さと面倒な育成仕様により、
非常に長いあいだ放置していたものである。

しかし、フォーカス育成をしっかり行う事でテンノは未育成の人が考える以上に強くなるし、
テンノによる戦闘以外の面でも大きな恩恵を得る事ができるようになる。
例えば、初心者のうちはオーラMODで
「高レベル帯ではCorrosive ProjectionかShield Disruptionをつけろ」と言われても
実際にはエネルギー欲しさにEnergy Siphonをつけっぱなしだったり、
フレームに付けるMODもエネルギー効率などをガチガチに盛っている為に枠が足りないという事がありがちである。
そこでZENURIK(後述)のEnergizing Dashを習得すれば、ほぼ何時でも自分に
5エネルギー/秒のエネルギー回復Buffをかける事ができるようになり、
エネルギー問題が解決するばかりか、そのぶんフレームに違うMODを盛る事ができるので
フレームの戦闘力も大幅に上昇させてくれるのである。

ここまで読んでもらっただけでも、フォーカスの育成が非常に有益である事はおわかりいただけたかと思う。
さて早速各フォーカスを見ていきたいところだが、その前に大前提としてフォーカスの
基本的な仕様とアクティブの切り替え方についての補足を入れる。

テンノ道は5つあるが、有効にできるテンノ道は1つだけである。
他のテンノ道4つはアンロック・育成していても自動的に無効になってしまい、
アンロックしたスキルも効果を発動しなくなる。
この法則の例外にあたるのが各テンノ道に2つずつあるクロスフォーカス対応スキルで、
これらのスキルは最大ランクまで育成した後開放する事で他のテンノ道の画面にも
現れ、有効可する事で他のテンノ道を有効化している間でも効果を得る事ができる
つまり5つのテンノ道全てのクロスフォーカスを開放したテンノは常に10個の
クロスフォーカス効果を得る事ができるようになり、基礎能力が大幅に向上するのである。

また、もう一点注意が必要な点として、各テンノ道のスキルにはコストの概念があり、
このコストが上限容量以下に収まるようにしなければならない(超えた場合は有効にできない)。
言ってみれば武器やフレームにおける収容量とMODコストのような関係だが、
武器やフレームがランクアップやリアクター・カタリストで上限容量を上げていくのに対し、
フォーカスではフォーカス経験値を注ぎ込む事で上限を拡張していく事ができる。
この上限容量は各テンノ道に使い回せるが、一度拡張する毎に拡張に要する経験値が増えていく。


2.5つのテンノ道と最初のおすすめ

・ZENURIK
圧倒的オススメ道。
強力なエネルギー回復系のBuff、パッシブスキルを持つだけでなく、
オペレーターのVoid Blast(手からなんか波動みたいなやつを出す近接攻撃)に
ヒットした敵の動きを遅くするめちゃくちゃ強い効果を付与してくれる有能すぎるテンノ道。
前項でちらっと書いたが、このテンノ道にあるEnergizing Dashは
オペレーターがVoid Dashをするとその場にバブルを生成し、それに入った
プレイヤーにエネルギーが持続的に回復する効果を付与するため
フレームのアビリティを使い放題になり、もはや説明不要の強さを誇る。

クロスフォーカス
・Void Siphon:オペレーターのエネルギー回復率を向上。
・Void Flow:オペレーターのエネルギー上限を向上。

・NARAMON
ZENURIKより優先度は下がるがそこそこオススメされるテンノ道。
近接キルで得られる経験値が40%増加する、敵を近接フィニッシャー待機状態にするなど
近接による近接のためのスキルが揃う。
Void Dashの攻撃判定自体を超巨大化かつ障害物無視にするスキルもあるため、
通常ミッションでの使い勝手が非常に良い。

クロスフォーカス
・Mind Step:オペレーターの移動速度を上昇。
・Mind Sprint:Void Dashの速度(移動力)を上昇。

・MADURAI
攻撃力重視の炎の脳筋テンノ道。
武器攻撃力アップ!アンプ性能アップ!追加攻撃!攻撃力Buff!と非常に
わかりやすい性能をしているが、逆にそこ以外の点は全くノーサポートと言っても良い。
現状ではエイドロンテラリスト狩りに使われるテンノ道であり、上2つと比べると
汎用性には欠くがいつかは上げる事になるテンノ道という立ち位置。

クロスフォーカス
・Inner Gaze:アンプのエネルギー容量を上昇。
・Eternal Gaze:アンプのエネルギー回復速度を上昇。

・UNAIRU
支援・防御に特化したテンノ道。
自分や味方の装甲値を増やし、敵の装甲値を下げる、攻撃を反射するなど
味方の被ダメージは減らし、敵へ与えるダメージを増やすのが得意技。
取得すると火力BuffのかかるUnairu Wisp、味方の被ダメージを減らすVoid Chrysalisなど
エイドロンテラリスト狩りで役立つスキルがある事から、MADURAIに次いで使われる。

クロスフォーカス
・Basilisk Scales:オペレーターの装甲値を上昇。
・Basilisk Gaze:Void Blastの範囲を拡大。

・VAZARIN
回復・味方の保護に特化したテンノ道。
最大の特徴はVoid Dashによって味方・同盟のプレイヤー/NPCを5秒間無敵にできる事や、
倒れた瞬間に蘇生させる事ができる点で、防衛系のミッションなどではめっぽう強い。
使い所が限られるため、育成の優先度は低くなりがちだが決して弱くはないテンノ道。

クロスフォーカス
・Enduring Tides:オペレーターのヘルスを上昇。
・Rejuvenating Tides:オペレーターのヘルスに自然回復を追加。


結局どの順番に上げるのがオススメかというと、真っ先にZENURIKを上げ、
次にNARAMONを上げてから残りの3つを上げていくのがオススメ。
もし「二番目の夢」のクエスト中で他のテンノ道をアンロックしてしまった場合いでも
後述する育成開始後に経験値を使ってアンロックできるので心配はない。

各クロスフォーカスを開放して他のフォーカスでも使えるようにするには、
鮮明なエイドロンの欠片と経験値が必要になる。鮮明なエイドロンの欠片は
エイドロンテラリストから入手可能なアイテム。
エイドロンテラリストを狩るには最低限何かしらのアンプが必要になるが、
このアンプの製作が中々面倒くさい…というのが現状、オペ要素に手を付けていない人にとっての
ハードルとなっている面がある。


3.育成に必要なもの

フォーカスを育成するには、対応するテンノ道のレンズが必要になる。
テンノ道が取り付けられたフレーム・武器などがランク30になった後、
余剰経験値が振り込まれるとその余剰経験値がレンズに対応した割合でフォーカス経験値に変換される。
細かい仕様の話をし始めると長くなるが、「ランク30の装備とレンズがあれば良い」と思えば良い。

レンズはシータスかフォーチュナーの依頼報酬として入手可能であり(日替わり)、
入手したレンズはアーセナルの各装備画面でアクション→取り付け可能。
注意点として、取り付けたレンズは上書きは出来ても取り外しはできない

レンズには等級があり、上位のレンズであればあるほど変換効率が高く、
効率よくフォーカスを育成できるようになる。
レンズの等級は

通常レンズ<グレイターレンズ<エイドロンレンズ<ルアレンズ

となっており、グレイターレンズの設計図は「二番目の夢」をクリアすると
ひっそりとマーケットから購入可能(もしくは40ptで現物を購入できる)になる。
エイドロンレンズはシータス依頼報酬に設計図が、ルアレンズはルアの分裂報酬として設計図が入手できる。


4.フォーカス稼ぎの方法

上述したように、ランク30の装備にレンズを取り付けてひたすら経験値を入れる事が
フォーカス経験値を稼ぐ方法となるが、闇雲に稼いでいるだけでは到底育成を進めきれない。
現時点(2019年9月時点)では以下のような方法で膨大な経験値を稼いで
ゴリ押しする事が主流となっている。

注:フォーカス稼ぎ中に知っておきたい事として、コンバージェンス球の存在がある。
ミッション中に金色に光る球体が出現した場合、それを取ると45秒間、得られる
フォーカス経験値が8倍になるというBuffが付与される。
ミッション中にこの球が出現したら拾っておこう。

・方法1:ステルス掃滅
warframeを普通にプレイしていると気づきづらい仕様だが、
実は非警戒状態の敵を倒すとステルスキルボーナスが付与される。
普通プレイでは偶然ついても100%程度にとどまる事が多いが、実はこのボーナス、
連続で敵をステルスキルしていくと100%→200%→300%→400%→500%…と上昇していき、
5体目以後もステルスキルを維持し続ければずっと5倍の経験値を得る事ができる。
この仕様を利用して、掃滅系のミッションなどで敵をステルスキルし続けて
そこそこの量のフォーカス経験値を稼ぐのがステルス掃滅法である。

ステルス維持と言っても、普通にプレイするとおそらくステルスを維持し続けるのは無理である。
そこで、多くのプレイヤーに採用されているのが「敵を眠らせるアビリティ」を使って
先制して敵を眠らせておき、眠っている間に倒していくという方法である。
現時点で敵を眠らせる使い勝手の良いアビリティを持つフレームは以下の2体がある。

・EQUINOX:陰2番のRest & Rageに睡眠効果。
・IVARA:1番のQuiverにある「影縫いの矢」に睡眠効果。

どちらも制作に少々手間がかかるフレームだが、睡眠アビは他の場所でも使えるために
どちらかは入手しておきたい。

フレーム側の準備が出来たら後はフレームと武器にレンズを取り付けて掃滅を回るだけだが、
この際の注意点として「単発大威力の武器を消音する」か、近接武器を使用するのを推奨。
というのは、このゲームのステルスキルを連続して取る上で連射型の武器は
単発で仕留められないとステルスキルにならない事が多かったりするためである。
また、いかにも無音武器でございという顔をしている弓・クロスボウなども曲者で、
矢やボルトで敵をキルすると死体が吹っ飛んで磔になるせいで非常に敵を警戒させやすく、
ステルスキルには向かない武器になっている点に気をつけたい。

この稼ぎを行う際に人気のマップナンバーワンはおそらくセドナのADARO(グリニア掃滅)。
理由として、比較的走りやすいアステロイドタイルであるだけでなく、
水星などのようにシールドランサー(近接で倒しづらい)が出現しないこと、
土星などのようにアークトラップが置かれていないこと、
非警戒状態であればノックスがほとんど出現しないことなどが挙げられる。

・方法2:エリートサンクチュアリ交戦
クエスト「新たな怪奇」クリア後にプレイできるようになるミッション。
次々と敵が出現するので倒しながら効率を下げないように維持し、次のエリアへと進んでいく。

詳細についてはwikiでも読んでもらったほうがおそらく速いと思われるが、
このESOがフォーカス経験値稼ぎに良いのは各ウェーブの開始毎にコンバージェンス球
取得状態になるうえ、普通では考えられない頻度とレベルの敵が次々出現する点。
敵をバシバシ倒せるフレームと装備であれば、かなりのペースでフォーカス経験値を稼げる。

ただし注意点として、ESOでは同じアビリティを連続で使用する事にペナルティがあり、
4番の範囲攻撃を連打していると最終的に使用不能になる。
これを回避するため、1番と4番を交互に使うなどしてこの制約に引っかからないようにするのが主流。
現状ESOで特によく見るフレームはおそらく

・SARYN:1番3番4番による広範囲への攻撃力が高い。2番はデコイ代わりにもなる。
・VOLT:電気状態異常による敵の足止め。

の2つ。
特にSARYNの広範囲殲滅ビルドはおそらく最適解レベルで稼ぎ効率が良い。



2つの方法を比較すると、装備が整っていれば後者の方がおそらく効率は良く、
副産物として精錬済みのレリックが手に入るというメリットがある。
しかし、その装備のハードルがけっこう高い(~レベル100程度の敵を倒せないといけない)ため、
初心者がフォーカスを上げるのであれば方法1を検討した方が良いかもしれない。
EQUINOXもIVARAもそれなりに作るのがめんどくさいフレームである事は事実だが、
この2つのフレームはシータスやフォーチュナーでの地位稼ぎにも大活躍するため、
初心者から中級者へのステップアップを目指す上ではあったほうが有利だろう。

ちなみにこれ以外の方法として、エイドロンテラリスト(三兄弟)狩りで得られる
欠片を変換するという手もあるのだが、このエイドロン狩りに参加する為には
フォーカスの育成が必要なため、フォーカス未育成の人の参考にはならないと考えてここでは紹介しない。
スポンサーサイト