やってるゲームとかの雑記
TwitterとかTumblrの方では割りとちょくちょく作ってるものの話をしてるんですが
こっちには最近あまり書くことがなくて放置しがちだったのでちょこっと近況の話。

今年の1月から作業を開始していたプロジェクトにおいて、半年(6ヶ月)ごとに
シンプルなキャラを1キャラずつ作っていって3年~4年ぐらいでちょっとした
コンプゲーみたいな物を作ろうかと思っていたのですが、
現在4ヶ月経過時点であと勝利と敗北アニメ1種類ずつ作ればあとは組み立てだけという段です。

キャラの組み立て自体はすげーシンプルで攻撃ボタンと投げボタンだけ、
通常技は一種類だけ(連打コンボ的なのはありますが)+必殺技3つ+超必2つなので
そりゃあ速く終わりますよっていう話なんですが。
一応アルファ版として完成し次第バラで公開していこうかなーと思いますが
そんなつくりなんで多分普通の格ゲーとして遊ぶには向いてない。
スポンサーサイト
ふとした拍子に自宅で発見した『トイストーリー2』のDVD。
私が小学校入ったか入ってなかったかだっけ?よく覚えてないですが、
とにかく今からもう15年ぐらい前のDVDのはず。
いざ再生してみると、冒頭からしばらくは正常に再生されるものの
本編がある程度進むと頻繁に映像が止まったりノイズが入るように・・・。
裏面を見てもキズや汚れは見当たらず、不思議不思議。

その昔、レーザーディスクをメーカーがリリースした時に
メーカーは「半永久に映像が保存できる」という触れ込みでLDをばんばんプレスし、販売しました。
(オタク業界でもアニメのLDなんかは結構現存してますね)
しかしながら、そのメーカーの「半永久」という言葉はただの売り文句でしかなく、
しばらくすると徐々に再生不能になるレーザーディスクが出てきたという話があります。
というのは、レーザーディスクの製造上の問題でアルミ蒸着面に対して水分から腐食が起こり、
腐食箇所が読み取れなくなってしまう個体が発生し始めたのです。
ここでLDを集めていた方たちはメーカーに問い合わせたり等いろいろとあったみたいですが、
結局メーカー各社も「代品を送る」という程度の対応が関の山で、
あとは知らぬ存ぜぬ・・・という所が多かったみたいです。
現代人の間隔からすると商品の売り文句とはいえ「半永久」という言葉を出すのは
非常に危なっかしいというか、かなりヤバいと思うのですが当時の製造メーカーでは
どうやらそれが通ってしまったようで、消費者はそれを信じて買っちゃったんですね。

さて時代はくだりまして、現在から少し前にDVDが登場・普及し、
どの過程でもDVDは手軽な媒体として映画、ドラマ、アニメ、その他テレビ番組まで
様々な作品として流通し始めました。
しかしながら、このDVDにも当然経年劣化はあるわけで、一部のDVDが
見た目にはほとんど損傷はないものの何故か再生できないという事が起こってきます。
これはなぜかと言いますと、初期のDVDはプラスチックで記録層をサンドイッチして
作っているのですがこのプラスチックと記録層が剥離してしまうことで
再生不能になる現象が起きていると言われています。
おそらく上で述べたケースの『トイストーリー2』もそうで、初期のDVDである事から
同じく不具合が起こり始めているのでしょう。
日光にガンガンに当ててたとかそういうアホなケースを除いてもそうなってしまう。

はっきり言ってしまえば世の中に「永久に」記録を保持しておける媒体はないわけで、
(石版に記録した文字ですら風化や割れによって読み取れなくなるようなものですし)
光学ディスク媒体がいつか腐るのは当たり前の話ではあるのですが、
巷でのこうした光学ディスク媒体の売り方や売り文句などには見ていてヒヤヒヤするような
ものが結構ございますね。
例えばどこが始めたのか知りませんが「ダビングサービス」で
「VHSで撮った思い出の映像をDVDで永久に保存!」とか、
DVDボックス一式買うとn万円~1n万円・・・とか。
世の中、わかってて買う人やわかってて頼む人ばかりではないですから。
Fallout4のDLC第二弾、「Wasteland Workshop」がリリースされました。
主な内容はワークショップの新パーツの追加・・・というかほぼそれだけですね。

20160412172441_1.jpg
まずこれ。コンクリートの建築パーツ+新たなドア「電動ドア」+看板系オブジェクト「ネオンサイン」。
OPENは一種類しかありませんが、ネオンの文字はAtoZ+1to9が色別にあり、好きなように組み立てられます。

20160412172456_1.jpg
中はこんな感じでサンクチュアリヒルズミニットマン臨時司令部的な感じに。

20160412172504_1.jpg
窓の部分はきちんと配線が通ります。このスイッチは入り口のドアにつながっていて、これをオフにすると・・・

20160412172520_1.jpg
ドアが閉まり、ネオンが消灯します。どうやらネオン系オブジェクトは電動ドアの近くにあるとこういう挙動になる模様?

20160412201900_1.jpg
今遊んでいるデータではワークベンチの隣にあるボロ小屋に住んでいたんですが、せっかくなので新築に。
20160412201916_1.jpg
スキル雑誌類やボブルヘッドはしまっておくのも能がないなと思い大胆に並べてみたものの、
完全にオタショップと化した一階部分は思い切って本当に店舗ふうに。

20160412201939_1.jpg
20160412201945_1.jpg
二階が居住部分になりました。室内に謎の柱が大量に生えてないだけで随分マシな家に見えますね。
装飾品類やハンティング・トロフィーなども種類が追加されています。

20160412202031_1.jpg
ベランダもちょうどいいサイズで作れるようになりました。

20160412202110_1.jpg
今回の建築で一番うれしかった要素。部屋の隅に隠してあるスイッチを押すと・・・

20160412202114_1.jpg
ドアが開きます。はい、入力があると開き、ないときは自動で閉まる仕掛けの電動ドアが追加されました。
ちゃんとプレハブにフィットしてくれます。

20160412202119_1.jpg
中は武器庫になっています。
これで住民が勝手に襲撃者に対して武器を持ちだしてしまうのそれはないだのといった話とは無縁になるかな?

20160412220824_1.jpg
パワーアーマーも今までは不用心に野ざらしで置いてましたが、自宅にスイッチを設置して不在時には施錠できるように。

20160412220832_1.jpg
スイッチをオンにすると電源が入り、ドアが開きます。

20160412220837_1.jpg
このライトアップ用照明もDLCで追加された新パーツです。ディスプレイ性のある家具と相性が良いですねぇ~。
これであと武器や防具が展示出来るようになれば最高なんですが・・・

20160412220849_1.jpg
1Fがパワーアーマーの格納庫、2Fがパワーアーマーの部品をしまっておく倉庫です。

20160413211758_1.jpg
20160413211818_1.jpg
雰囲気のあるバーも作れるようになりました。ここまで来るともはやウェイストランドってなんだよ(哲学)って感じですね。

20160413232014_1.jpg
20160413232029_1.jpg
それから病院、お店・・・。窓が大きいだけで随分気持ちが良いものです。まあガラスとか入ってないんで野ざらしなんですが。

コロシアム要素関連はまだバギーらしく手をつけてはいませんが、建築パーツが追加されるだけで
また遊びたくなりますねー。
某配信サービスで配信されてたので『ダーティペア』シリーズから設定・世界観などを変えて
リブート的に制作された『ダーティペアFlash』アニメ版、シーズン1を見ました。
なんとなく続きのような印象がありますが、『ダーティペア(以下、無印)』のアニメ放送が1985年で
『Flash』のOVAは1994年。実に10年近い間が空いてのリブート作品となっています。

無印では「ダーティペア」との悪名異名を轟かせる凄腕トラブルコンサルタントのユリ&ケイの活躍を
描くのが主だったのに大して、OVAのシーズン1は別人設定になった新人素行不良トラコン「ケイ」と「ユリ」が
二代目「ラブリーエンゼル」としてタッグを組むまでの流れを描く・・・という内容。
この時点で若干「ん?」という感じで引っかかってくる所があるんですが、『Flash』の方では
「先代」ラブリーエンゼルが居るんですね。その「先代」の話は後述します。

予備知識としては「当時無印のファンには困惑があった」というのがありましたが、実際見てみると
(少なくともシーズン1に関しては)ちょっとう~~~んとなってしまう部分が何箇所かあるのも事実であり。
何が一番引っかかってくるかというと無理にユリとケイのキャラを強調する事だけに1話~5話まで使ってしまっていることですかね。
ケイ=男勝り ユリ=ぶりっ子というのは無印の本編中でも二人がお互い悪口で言い合っていたりしましたが、
『Flash』のシーズン1は「腕前で負けてプライドを傷つけられた事を根に持ちWWWAを飛び出すアウトロー気質のケイ」と
「男の子とのデートが最優先で仕事を平気でサボったりケイの悪口を影で言うユリ」というように
過度に「男っぽいケイ」「女っぽいユリ」(あまり適切な表現でないように思いますが、そのようにしたかったように見えます)を
強調して描くのに尺を使いすぎているのが『Flash』への第一印象の悪さというか、
無印を知っている人への困惑を与えてしまったのだと思います。当時。
実際、感想を書いてらっしゃる方でもシーズン2~は面白いという話を書かれているので
シーズン1の尺配分の下手さがそのまま「『Flash』は黒歴史」というような辛辣な評価につながってしまっているのかな~と。
アニメとして面白くないわけではないのですが、シーズン1は6話使って一人の悪役を追うという展開や
その悪役があまり魅力的に見えないのもちょっと無印のファンからするとマイナスポイントになりがちですね。
(これもシーズン2で改善されるらしいですが・・・)

個人的に観てて一番気になった点。
『Flash』のお話では「先代」ダーティペアとしてアイリス・モーリという二人の名前が登場します。
アイリスは本編に登場するウルフカット風の銀髪ロングに左腕を機械式の義手に置換した凄腕の暗殺者なのですが、
彼女が暗殺稼業に身を落とした原因はパートナーであったモーリをある作戦中にWWWAの救援が来なかった事により
失ったから・・・という回想シーンで入るアイリスとモーリのシルエットはモロに無印のケイとユリです。
加えて、ロングだったアイリスはラストシーンで髪が切れて無印のケイのような髪型に戻ることや
WWWAの救援が来なかったわけではない(向かっていたが妨害により辿りつけなかった)事を知って再び
WWWAのトラコンとして任務を遂行しようとする・・・というくだりの存在など
当初アイリス=ケイ、モーリ=ユリとして作ろうとしてたのでは?と思ってしまう描写があるんですね。
(機械式義手も無印に「時代錯誤の殺し屋」がつけているシーンがあり、その殺し屋と仲良く手錠で繋がるハメになったのもケイでした)
「ユリが任務中に死んだ!」「ケイはその事が原因でWWWAをやめて暗殺者に」という設定で
作りたかったものの、無印ファンからするとやっぱりユリが死んだという設定はショックが大きいというか、
受けいれられない可能性を恐れてアイリスとモーリは別人である・・・という設定に差し替えたのかなーという印象です。

二人の新デザインは全体的に良いと思いますが、ケイがシーズン1の間こだわっている銃のデティールが
割りとぞんざいなのはもうちょっとどうにかして欲しかった部分。
無印のケイも大型銃を使いこなしていましたが、『Flash』のケイの愛銃はシーズン1の描写がちょっと・・・。
オモチャみたいな質感になっていたり、ケイがアイリスを倒すために改造した銃は
左側面に棒状のパーツが1本追加され、グリップにダクトテープが巻きつけてあるだけというシロモノなんですね。
ここもちょっとうーんとなってしまったんですが、2以降はデティールがちゃんと追加されてかっこ良くなっています。

いろいろな意味で第一印象になるシーズン1で「えっ!?」となるような事をぶっこんできてしまっていますが、
先人の言うとおりシーズン2以降で持ち直すらしいのでそちらに期待したいところですね。
20160409175016_1.jpg
とりあえずアークウィング本体のMOD。
コモン~レアの中でも低レベル帯で取れるやつだけ。
Jordas Golem戦中は4回まで復活できると言っても、数分も生き残れない装備だと流石にきつい。
パワー持続時間とかよりもヘルスシールド増加、装甲値増加、リチャージ高速化とかの方が重要。

20160409175035_1.jpg
武器。Rubedo-Lined Barrelが出るまで粘るのがやや面倒だったほかはこれも低レベルで手に入るMODばっかり。
属性は比較的入手しやすい冷気単。

・・・というのは、Jordas GolemのヘルスはInfested Sinewなので冷気が+25%、放射線が+50%なんですよね。
そこに250というガチガチのフェライトアーマー装甲値がついてるので、放射線+冷気構成にするか腐食が
理屈の上では有用な選択肢みたいなんです。しかし、実際やってみるとわかりますがAWのプライマリ武器の
属性MODが出ないのなんの。仕方ないので、低レベルのミッションでも手に入る氷単で+25%を狙っていきます。
意外と重要なのがMagazine Extensionでこれは表記が「マガジンサイズ」とわかりづらいですが
AW銃の場合はそのまま弾数に直結しています。250→400ぐらいまでアップするので、
それだけ攻撃チャンスが来たらトリガーひきっぱなしで撃ち続けられるようになります。

フレームの方につけておくオーラMODは圧倒的にCorrosive Projectionがオススメだと思いました。
というのは-25%されると62程度の現象になり、装甲値が200を切るんですね。
英wikiの装甲値計算を参照すると結構違うかな?とかそんな感じ。
パーツ集めのために周回するのは中々キツい感もありますが、一応これで5周程度で運良く集まりました。
一番速いのはリクルートとかで「手伝って!」とか言って見ることだと思いますが・・・。
20160402174733_1.jpg
エクスカリバーの4番の効率を強化して遠距離からステルスキルしまくる作戦。
やりやすいセドナ掃滅で大体4k~7kぐらい。ケレスとかで上手いことやれば10k行くかいかないかぐらい。
ソロでサクッとやれるのが利点ながら、フォーカスの上限である10万集めるのは結構ホネ。

やっぱりそういうことを考えるとケレス傍受、つまりドラコに行くことになってしまう・・・っていうのも
現状のフォーカスシステムの問題点だと思います。EXP稼ぎは結局のところ「稼げるミッション」に
「稼ぎに来てる人」と行くのが一番ラク、かつ正解という格好になってしまっているので、
一種の聖地みたいになってしまっているんですよね。
devストにてドラコ以外の選択肢も増やしたいみたいな発言があったそうですが、実際
今のwarframeの仕様で上手いこと噛み合った分隊員が居た時のドラコ以上に稼げる所があるのか?っていうと
うーん微妙だな・・・っていう気がしてしまいます。
単純にEXPを見るんじゃなくてミッションの成果に応じてフォーカス値を貰えれば良いと思うんですけどね。

なんだかこればっかりやってると飽きてくるというか、要するにただやることはEXP稼ぎで嫌になってくるので
息抜きで他のコンテンツも進めたり。

20160406161653_1.jpg
Jordas Golem戦。これもAWミッションのため苦行の息抜きで苦行みたいな。
プライマリ武器の属性がしっかり噛み合ってればイージモードだと思うんですが、現在の仕様だと
そもそもプライマリの属性MODを掘るのがしんどい!一応氷MODと基礎威力しか刺してなくても15分ぐらい
頑張ってなんとか倒しました。

20160406163607_1.jpg
アッハイ

20160407172016_1.jpg
脱出してから出現するストーカーさん。