やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ヶ月前より告知・募集していた声優さん募集を現在時刻(2015年11月30日20:00)を持って締切とさせて頂きます。

多くのご応募をいただきましてありがとうございました!
募集開始直後にメールをくださった方は一ヶ月近くお待たせしていて大変申し訳ございません。
個別にご連絡を差し上げるのに先立ちまして、本エントリでお礼とご挨拶とさせて頂きます。

[募集締切後の予定]
・どなたにお願いするかの決定、ご連絡は数日中に行います。
・決定後、ご応募頂いた皆様にメール連絡+このブログで決定した事の告知エントリ投稿
・決定後、ご応募頂いた際のサンプルデータは破棄とさせていただきます(再利用・流用は致しません)
・決定後、お願いする方にご連絡→実際に収録をしていただく→お送り頂いたデータ確認出来次第
 募集概要にありました通りAmazonギフト5000円ぶんをメールにて送信
スポンサーサイト
・各街の上限人数は通常では10人+プレイヤーキャラのCHARISMAの値(=大抵は20人で打ち止めになる)
・ただし、この人数の判定が行われるのは「人数が増加する瞬間」のみである
・Fallout4では以前までとは異なり「10以上になった」SPECIALはきちんとその数値で計算される
・その為、ある街に人を20人以上集めたければCHARISMAをブーストする装備を付け、AIDを使いまくれば一時的に
 「20人以上の許容量がある状態」にすることができ、たくさんの人を送り込む事ができる
・20人以上の人間が居る街=当然ベッド・食料・水は人数分が必要になる
久々のぼやき系エントリ。

いきなりなんですが、私数年前に某電器屋で働いていた時期がありまして、
その頃によくお客様から「パソコンの調子が悪い」という持ち込み相談を受けることがありました。
それでお預かりしたパソコンを開けてとりあえず見てみるわけですが、もう目視でホコリがひどいというか
なにこれホコリの保管ボックスか何か?という状況になっているPCも多くございました。

まあ殆どの人は「パソコンは一度買ったらずっと使えるもの」として買った状態から一度もメンテナンス、
それどころか清掃もせずに使うという背景がある(調子が悪くなったら買い換える)という状況があるのでしょうが、
少しでもパソコンを長く使いたいならホコリ対策は重要になってきます。
また、意外な盲点としてBTOのパソコンなんかでもこうした症状で持ち込まれる案件が非常に多かったです。
元々BTOは自作erですとかパーツに関してある程度知識を持っている人がメインの商売相手だったジャンルですが、
昨今ではゲーム用PCとして「○○モデル」という形式でよく知らない人にもじゃんじゃん売られている、というのが
背景にあるのかもしれません。一時期某大手電器屋さんなんかは絶対にいらないだろそれみたいなモデルにも
水冷を付けて売っていましたが、もしかするとそういうズボラな運用をしてもホコリによる異常が出にくいという事情で
水冷を異様なまでに推していたのかも?と思ったり思わなかったり。
以下、具体的な対策になります。

・PC置く前に汚部屋は掃除する
仕事とはいえお金貰っても触りたくないPC大賞ぶっちぎりの第一位。
まずもって部屋が度を越して汚いとホコリとかそれ以前に色んなものが入ります。
私が仕事で担当したPCではうっかり迷い込んでしまったGですとかでかいハエが中で死んでいるという
超級のものがあったりしました。一体何をどうやったらPCの中に虫が入り込むのか謎です。

大半のPCは空冷式と言って空気を吸い込んで空気との熱交換でパーツの熱を逃がす仕組みなので、
その空気が極端に汚いとそれだけホコリや色々なものを吸い込みやすくなります。
PCを置く前に最低限の部屋の掃除をするようにしましょう。

・PCの前でタバコを吸わない
持ち込みPCのうち触りたくない大賞第2位なのがこれ。ヘビースモーカーの方がタバコを吸いまくり、
その空気を常に浴びせられる&吸い込まされ続けた結果白もの系の本体は茶色~黄色に変色し。
外装を触った感じで既にベタベタしていて、その時点でだいぶアレなのですが本当の敵は内部にあり。
というのは、タバコに含まれているヤニ(歯にもついたりしますが)が細かいホコリに対して接着剤のような作用を果たし、
ファンやヒートシンクの隙間、吸気口/排気口などにびっしりと詰まって
「断熱材かな?」と思うような脅威の厚みになっている事が多いです。
ヤニでベタベタになったホコリですので、単にガスブロワーで吹くだけでは取れない事も多いです。
(ショップでは仕方ないのでピンセットでつまんで取ってました)
結局パーツを外して清掃しないと取れない…など、めちゃくちゃ厄介な事になりがちです。
タバコを吸う方は作業中PCの前で吸いたくなるでしょうが、PCの事を考えると他の場所で吸うのが懸命ですね。

・BTOのPCケースは「手ネジ」が良い
意外と盲点になりがちなBTOのPC購入時の「ケースのメンテ性」。自分でメンテするときの事を考えると、
サイドパネルが外せてかつ「手ネジ」と呼ばれる手でゆるめたりしめたりできるネジのものが良いでしょう。
別名ローレットネジとかローレットビスとも呼ばれているものですが、いちいちドライバーを出さないでも
手で開け閉めできるのでメンテナンスが容易になります。エアブロワーで吹くだけでもドライバーを用意して
ネジを外して…となると結構な手間だったりしますので、道具無しでできるというのは意外と大きいです。
もしそうでないケースを使っている場合でもいけそうなら経のあう手ネジにしておくという手があります。

・床置きの場合は床から浮かす
人間が生活する上で出るホコリは最終的に床に落ちてきます。サイズ的にデスクの上などに置けないので
床に置いているという人も多いかもしれませんが、床に直置きするとこれを全て吸い込むことになるので
ホコリ対策をしないとえらいことになりがちです。ひどい例だとフロントパネルの吸気口を外から見た時点で
みっしりホコリがついてて中もお察しなことになってたり。
CPUスタンドやメタルラックなどを使って床から数センチ浮かせて置くだけでもかなりホコリを吸う量が変わってきます。
CPUスタンドなんかを買えば動かして周りの清掃なんかもしやすくなりますので、床置きをする上では
考えたほうが良いかもしれませんね。

・吸気口に換気扇用フィルター
自作erの友人に教えてもらったかなり強引な対策。吸気口に市販の通風口や換気扇用のフィルターを貼り付け、
吸気から入るホコリを軽減します。当然吸気量に若干の影響はありますが、吸気から入るホコリをだいぶカットしてくれるので
中々有効な対策のようにも思います。テープとかで止めるとベタベタしてしまうので、東洋アルミエコープロダクツさんの
貼るだけ換気扇フィルターを切ってくっつけて愛用中。ガンガンオーバークロックする目的だとちょっと怖いですけどね。

・一ヶ月に一回程度はメンテする
結局これに尽きます。ホコリは繊維質なので、放置していると新たなホコリを呼び…という悪循環があるので
毎日毎週は面倒でも、一ヶ月に一度ぐらいは定期清掃してホコリを吹くぐらいはしておきたいものです。

最近は台本作業とかを主にしているのでこのブログに書くことがFallout4の話ばかりに
なってしまってアレなのですが、以前から募集していました案件が残り1週間になりましたので再告知となります。

[声優(CV)募集]リメイク版一二三 声優(CV)募集
http://midorinobiotop.blog.fc2.com/blog-entry-2176.html

詳細に関しましては上のエントリにある通りでして、締切は11月30日に夕方~夜ごろです。
(その際にはまた別途で締切ましたという告知を出します)
時間帯が若干曖昧な感じなので、ご応募を考えている方はお早めにいただけますと幸いです。
予想以上に多くのご応募を頂いているため、審査は伸びる可能性がございますが今のところ
締切日は予定通り11月30日という予定になっています。
おそらく日本語版発売後に噴出するであろう疑問のあれこれ。

Q1:街を作れって言われたけど住人が増えない。どうすれば住人が増える?
A:
Power(電力)関係の中に入っているSettlmentラジオビーコンを置いて通電(有効化)していると増えます。
住人の増え方はその街の幸福度(物資やリソースが足りているか、生活水準が良いか)に比例し、
上限人数は10+プレイヤーキャラのCharismaに依存しています。
(Charisma1なら11人、5なら15人、10なら20人)

Q2:食料を作れって言われたけどどこにある?どうすれば作れる?
A:
農場に行けと指示されているはずです。サンクチュアリから東か南にある農場へ言って作物をもらいましょう。
もらった作物を持って帰ってきたら、それをリソース→食料から植えます。
この植えた食料にお世話担当をつけると生育するようになり、食料の数値が供出されるようになります。
作物のお世話は一人の住人で数値にして6ぶん、つまり自分の他に5人ぶんの食料を供出します。
住人の数から逆算して、1~4人程度で割り振りましょう。

Q3:水はどうやって作る?
A:
リソース→水→ポンプか浄水器を設置します。ポンプは土であればどこにでも設置できますが、供出量は3です。
供出料が非常に大きい浄水器は作るのにPerkが必要で、稼働には電力が必要になります。
余剰の水リソースはその街できれいな水としてワークベンチに自動で少しずつ貯蔵されていくので
その水を飲んでもいいですし、商人に売るなどしても良いでしょう。

Q4:食料・水の必要値は?
A:
バニラでの上限人数は20人で、一人につき1必要なので20あればとりあえずは足ります。
余裕を持っている状態だと幸福度があがりやすいので、もし余裕があればもう少し多く作っても良いでしょう。

Q5:ベッドが足りない
A:
水・食料と同じく一人の住人につき一つのベッドが必要になります。ベッドは20個は置いてあげましょう。
プレイヤーが寝る場所を考えると21個ですね。

Q6:ベッドを置くべき場所って?
A:
ウェイストランダーはどこでもベッドさえあれば寝られますが、より快適なベッドがあれば幸福度が上がります。
具体的に言うと、室内にあること、近くに有効化された明かり(電球)があること、テレビやラジオ/家具などがある事で
上昇しやすくなるとのことです。

Q7:防衛はどれぐらい必要なの?
A:
防衛の数値は赤い警告が出なければ問題ありませんが、レイダー襲撃の危険は防衛>水+食料となっている時に最小です。
レイダーに襲われる危険が低い街では幸福度が上がりやすいようです。
そこから逆算して、水+食料の数値以上を目安に上げると良いでしょう。

Q8:防衛施設は何を作ればいい?
A:
基本的にはタレット系を設置していくことになりますが、マシンガンタレットだけでどうにかしようとすると
物資(特に油)や設置にかかるスペースもシャレにならないことになってきます。
もし可能であれば、スポットライトなどを併用して防衛値をかさ増ししたり
レーザータレットなど他の種類も混ぜて使っていくと良いでしょう。

Q9:お店とかって存在しないの?
A:
Charisma6で取れるLocal ReaderのPerkをレベル2まで取ると建設可能になります。
ポケットマネーからお金を出して屋台を出すことができ、その屋台に住人を割り当てると以後お店になります。
住人の数に応じてキャップをショバ代としてワークベンチに入れてくれる機能があり、少額ずつですが
キャップがワークベンチに溜まっていきますので時々確認してみましょう。
最上位のお店を設置する場合はさらに別途Perkが必要ですが、品揃えは見事なものです。

Q10:電気関連の配線しかたがわからない
A:
基本的には発電機→機械で直接発電可能なものと、発電機→電気用のパイロンかコネクタ→機械になるものの二種類です。
発電機から直接繋げる機械はスペースキーを押した時に出てくる配線で繋げることで有効化され、
コネクタが必要なものは発電機→コネクタまで接続し、コネクタの近くに配置すると自動で電気を拾って有効化されます。

Q11:発電機があっちこっちに置かれて邪魔!
A:
発電機はまとめて設置して発電機どうしを繋げることができます。さらにその発電機をタコ足したところから
電気用のパイロン(大)などに接続し、電気用パイロンやコネクタを経由してつなげていけば遠くの発電機から
電気を引いてくることもできるので、気にならない場所に引っ張ってくると良いでしょう。
ただし大きいパイロンは1本につき1の電力を消費しますので、そのロスのぶんも考慮する必要があります。

Q12:住人に仕事を与えるにはどうすればいい?
A:
建築モードに入って住民をポイントしてEキーを押して選択、Eキーでやらせたい仕事やお店を選択。
以後その施設の担当者になってくれますが、AIの都合で常にそこに居るとは限りません。

Q13:住人の装備換えやきせかえはできる?
A:
話しかけて←TRADEの選択肢を選び、持たせたい/着せたい装備を渡します。
渡したら相手の方のインベントリにカーソルを合わせて付けさせたい装備を選んでTキー。

Q14:どの住人がどの仕事かわからなくなる
A:
実際わかりづらいです。それぞれの住人を仕事につかせた時点でその職業らしい服を着せたりすると良いでしょう。

Q15:サンクチュアリ以外の街へサンクチュアリの資材などを供給したい
A:
サプライラインという機能があり、サプライラインを構築するとワークベンチの中身の資材が共有されます。
サプライラインを構築するにはLocalReaderのPerkをLv1で良いので取って、建築画面で画面下に出ている
サプライラインのキーを押して住人をサプライライン担当にします。行き先を聞かれるので、
行かせたい先の街を決定するとその街との間でワークベンチの中身が共有されます。

Q16:サプライラインの上手い使い方ってないの?
A:
サプライラインを活用するために、環状にそれぞれの街から住人をサプライライン担当に派遣していったり
特定の街をハブのようにして活用するという方法があります。

Q17:人のSSで動物が居るのを目にしたけどあれは何?
A:
住人が増える時にランダムでバラモン、犬、猫等の動物が住み着くことがあります。
犬は犬肉と同じでレイダーに襲撃された時などに吠えて危険を知らせたり噛み付いて行動不能にさせるほか、
バラモンが住み着いて生きている間幸福度が増えていくようです。やったぜ!幸運のバラモンだ!

Q18:トレーダーってどうやったら来るの?
A:
ある程度人が増えてきたタイミングで訪れ、取引できるようになります。

Q19:拠点を建築するのに物資がめちゃくちゃほしい!足りない!
A:
地道に素材を集めるほか、トレーダーや自分で設置するトレードショップで割高ですが素材を売っています。
前述した余剰の水などを利用して売り払う→購入していくと良いでしょう。
また、一定期間や住人からのクエスト発生で敵や物資がリスポンするダンジョンが数多くありますので
特に大量に入手する必要がある材料が多く落ちていたダンジョンは覚えておくと良いでしょう。

Q20:拠点を建てたいけど地面がボコボコで何も建てられない土地ばっかり
A:
木→床にshack foundationというパーツが入っています(木組みとコンクリ基礎の2種類)。
このパーツ、地面に埋めて設置できるという特性があるためこれを地面に埋め込み、
隣にスナップさせて幾つか並べることで建物を立てる基礎を作ると綺麗な建物を作りやすくなります。

Q21:スカベンジステーションって何?
A:
担当者が材料を少しずつワークベンチの中に入れておいてくれるようになる施設です。
たまにワークベンチのインベントリを覗いてみると材料で入ってるはず。

Q22:Synthが~みたいな話をしてる住人がいるけど何?
A:
ダイヤモンドシティでも話題になっている「人間のフリをしたSynth」が紛れ込んでいる事があるようです。
Synthが存在していると疑心暗鬼に陥った住人の幸福度が下がってしまうので排除する必要がありますが、
11月末日現在その有効な方法は錯綜しているようですが、住人をVATSで狙った時に
エネルギー武器耐性が+10になっている奴がそうであるという報告もあります(要Perk)。

Q23:ワークベンチって作業できる以外に何か意味あるの?置く意味ある?
A:
作業できるワークベンチがあると住人の幸福度が上がりやすいようです。
LocalReaderのPerkを取って、余裕があれば置いてあげましょう。

Q24:防御力を充分持った拠点の構築しかたって?
A:
サンクチュアリなどのような例外的な地形にある拠点以外ではコの字型に建物を配置して
開口部にタレットやサーチライトを重点的に設置するのが定石であると言われているようです(radditより)。
敵性NPCの思考ルーチン的に、建物は迂回する以外の選択肢はないため、進行可能な
ルート上に集まってくるためタレットや住人に持たせた武器による攻撃の効果が上がりやすくなります。

Q25:人のSSを見たら知らない家具を設置している。MOD?
A:
MODで追加するものもありますがPicket Fenceという本を見つける事で作れる家具が増えます。
-Beantown Brewery
-Hardware Town
-Saugus Ironworks
-Combat Zone
-Weston water treatment plant
にそれぞれ落ちており、拾うごとに対応した家具がアンロックされます。

Q26:めっちゃ汚染されてるガソリンスタンドあるけど何これ
A:
RAD-Xなどを使ってから建築モードで水たまりに捨ててあるドラム缶をRキーで解体しましょう。
中心部の汚染がどえらい事になっているのでビビりますが、全て解体すると無害化します。
無害化した水たまりには浄水器も設置可能です。

Q27:みんな色んな所に街を作ってるけど作れるようになる条件は?
A:
プレストンから振られる「問題に悩まされている集落」へ行き、住人から問題を聞いて対処する(主にレイダー等の掃除)と
ミニットマンに協力してくれるようになり、ワークベンチを調べることで有効化されて街を作れるようになります。

Q28:ミニットマンのクエストを進めたら大砲が作れるようになったけど、意味は?
A:
クエストの最後にテスト射撃をしたように、スモークグレネードを投げると近くの拠点から砲撃支援してくれます。
かと言って沢山あっても意味があるわけではなく、1つあれば充分なようです。

Q29:夜になると住人が一箇所に集まっている
A:
夜になると仕事を終えた住人はドリンクスタンド、バー、レストランの周りに集まって
料理を食べたりお酒を飲む習性があります。逆手に取って、近くにベンチやテーブルを
設置してあげればバーの前に集まって飲食しているように見えます。

Q30:建築上限が上限になってしまった
A:
自己責任になりますが突破する方法が既に確立されています。
コンソールコマンドを使うほか、地面に落とした武器や防具を建築モードでTabキーでしまう事で
上限値がごまかされてさらに建築可能になる等の方法があります…が、膨大な数の建築をし過ぎると
セーブデータが読み込めなくなる場合があるとの事なので自己責任でセーブデータを分けつつ行ってください。
2015-11-18_00003.jpg
ミニットマンの「将軍」として、助けを必要とする地元民たちを助けていく。
しかし、地元民たちの依頼はなんというかこう、おっさんを救出するのに「子供が誘拐された」とか、
グールだらけの土地を掃討せよとか、レイダーを殺せとかレイダーを殺せとか相当胡乱な依頼が揃い踏み。

2015-11-18_00006.jpg
虫退治。
どちらかというとこちらの側にあるスーパーミュータントの拠点の方が問題だと思うが、お互い知覚範囲外なので
どうでもいいらしい。なんともぞんざいなあつかい。

2015-11-18_00008.jpg
フェラルグールの掃討。今作のフェラルグールはかなり進化したと同時に、死体かと思ったら
急に起き上がって攻撃してくる、上からドサッと落ちてきて攻撃してくる、通風口からニュルンと入ってくるなど
色々とゾンビ映画風味の味付けがされていて中々良い感じです。

2015-11-18_00013.jpg
この街の地下で見つけたユニーク品の野球バット。
2076年ワールドシリーズで有効打を打った記念品らしいですが、特殊能力として
敵をぶっ叩いた時に低確率で吹き飛ばすそうです。

2015-11-18_00014.jpg
そして「城」での新たな任務。「城」にある「武器庫」へアクセスし、物資を使って城から砲撃ができるようにします。

2015-11-18_00016.jpg
しかし武器庫への扉は固く閉ざされており、他のルートを探さねばなりません。

2015-11-18_00018.jpg
瓦礫を除去して中へ入っていきます。

2015-11-18_00021.jpg
途中、地雷やタレット、セントリーロボなどの罠を乗り越えて進んでいくと、奥にターミナルが。
「パスワードはいくつか心当たりがあンのよ。任せな」

幾つかのパスワードを試すと、電磁ロックが解除されます。

2015-11-18_00023.jpg
最奥で死んでいたのはマクガナン将軍。プレストンの話でもありましたが、ミニットマンたちはかつてあった
戦いで大半の構成員が戦死してしまい、今やプレストンなどの一部の人間をごく僅かに残すだけの勢力と
なってしまったのでした。111はそれに協力して、ミニットマンとして立ち上がる人々を増やしている格好になります。

2015-11-18_00024.jpg

そして将軍が命がけで守ってくれたおかげで手付かずの武器庫にアクセスできました。

「よし、砲の設計図を取ってこの城につけるんだ。そうすりゃ、あんたがスモークグレネードを投げた所に砲撃できるよ」

2015-11-18_00029.jpg
「砲撃の演習だ!手近な建物にスモークグレネードを投げてみな!」
言われるままにスモークグレネードを投げてみると、煙が点に向って一直線に立ち上がります。

「よっしゃ!目標補足!撃て!」

2015-11-18_00031.jpg
砲弾の飛来音とともに凄まじい爆発!爆発!爆発!
これでもかというほどの砲撃!爆発!

こうしてミニットマンは拠点に砲を設置することができるようになり、
コモンウェルズの人々がレイダーやスーパーミュータントから土地を取り戻すための狼煙(と爆炎)が上がったのでした。
(前回のあらすじ)
とうとうInstituteへ乗り込む準備が整い、作戦を決行するVault111。
不安だらけの転送が始まったが、果たして無事に潜り込めるのか?

2015-11-16_00035.jpg
激しい閃光と轟音が収まると、目の前に広がっていたのはウェイストランドのどこでも見たことのないような先進的な施設。
Fatherと名乗る何者かの音声に導かれるままに奥へ進む…と見せかけて。

2015-11-16_00038.jpg
忘れないようにターミナルでネットワークスキャンをかけ、データを保存したホロテープをRキーでエジェクトしておきます。

2015-11-16_00044.jpg
そしてとうとう息子ショーンを見つける111。しかし、ショーンは111の顔を知らないためか父親だという事がわかりません。
「父さん!知らない人が居るよ!」
「ショーン、S9-23。回路停止」
Fatherと名乗るその男がコードのような言葉をつぶやくとショーンはうなだれて機能停止します。

2015-11-16_00046.jpg
「俺の息子に何をした?これは一体どういうことなんだ?」
「あなたはとても長い旅の末に息子を見つけにここにやってきました。しかるべき事として、事実をお話しましょう。
 私があなたの息子、ショーンです」
「なんだって?あんたどう見てもその…俺よりも年上だが」
「あなたが冷凍保存されていたVaultはそれによって時間を越えることで起こる現象を観察するためのVaultだったのです」
「それにしても何故お前が連れ去られる必要があった?」
「私が連れてこられる前のInstituteは放射性物質に汚染されていない人間のサンプルを必要としていたのです。
 そこでVault111のログに目をつけ、冷凍保存されている私をSynthを作るサンプルとして連れてきた」
「だがその家庭で母さんは死んだ」
「そう…母さんはそのための犠牲となって命を落としてしまいました」
「『犠牲』?」
「気を悪くしたのなら謝ります。私も赤ん坊だったので直接は覚えていませんが、後にログでそのことを見た時
 大変に悲しかったのは確かです。しかし今、その御蔭で私はこうして科学者たちのコミュニティを作り、ここに居るのも確かです」

「私たちはここでSynthを作る研究をしています。人間のように考え、人間のように自由意志を持つ。
 このコミュニティは人類の未来を担う重要な拠点なのです。父さんさえ良ければ、少しこの施設を見て回って
 私たちに協力するかどうか決めてください」

2015-11-16_00060.jpg
やっとのおもいで再開したショーンは10歳どころか、50年は経過していようかという年齢となっていました。
つまり冒頭で赤ん坊のショーンが誘拐されたのは最近のことではなく、10年前のことでもなく、50年前のことだったと。
そして50年の時が過ぎたVault111は息子を探す旅を続け、とうとうこの場で息子と再開しました。

研究所の中では様々な先進的研究が行われている他、特にSynthの研究が盛んに行われています。
ウェイストランドで見かけるSynthは骨格むき出しでそれとわかる姿でしたが、本物のゴリラと見まごうようなSynthまで
研究されており、最新型のSynthに至ってはプログラムされたというよりも自由意志を持つ人間そのものというふうに作られ、
自分がSynthであることを知らない者すら居るとのこと(FO3のハークネスも記憶を消してそうなっていましたね)。

とにかくショーンのいうことは確かなようで、先進的な研究は核で荒廃した人類文明の大きな助けになってくれそうです。

2015-11-16_00066.jpg
「ホロテープを持って帰ってきた。Instituteは俺達の敵ではないらしい。荒っぽいことはしないでくれ」
「わかった。だがネットワーク図を把握するぐらいは許してもらおうぜ」
「そうしてくれ」

さて再びInstituteへ戻ると、ショーンはVault111へある仕事の話を振ってきます。
「もし父さんが良ければ一つ協力して欲しいことがある。Synthの中でも自由意志を持つものがレイダーになって
 人間を苦しめているんだ。それをリセットして連れ戻してほしい」
「Synthがレイダーに?そんな事がありえるのか?」
「新型Synthは人間とほぼおなじ自由意志を持つんだ。当然善良ことばかりではなく、悪いこともね。
 Courserと一緒にそこへ向かい、リセットコードを使うことで機能停止させられる。
 頭がいなくなればレイダーたちも瓦解するだろう」
「…わかった、やってみよう」

2015-11-17_00042.jpg

レイダーの船上拠点へと乗り込みます。

2015-11-17_00044.jpg
「リセットコードを言えばリセットをかけることができます」
「荒っぽいことはしないで済みそうだ」

2015-11-17_00046.jpg
2015-11-17_00047.jpg
なんかグチグチ言っていましたがリセットコードを言うとがっくりとうなだれて機能停止。
各エンディングのネタバレを含みます。とりあえずエンディングまで到達したので感想とか。

プロローグ~各エンディングの分岐まではプレイヤーは一人の父親として、目の前で
妻を殺し連れされれた息子の行方を探すという体で進んでいきます。ここらへんはNewvegasの系譜っぽいかなという感じ。
圧倒的に美しくなったビジュアルや、進化したシステム、世界に干渉できる要素など
数世代分一気に進化したような印象を受けるクオリティでした。

■メインシナリオ
おおまかに言えばコモンウェルズ(本作の舞台となる地域)には4つの勢力が存在していて、
そのうち3つの勢力はSynthと呼ばれる人型ロボットをめぐって敵対しています。
個人的な感想なんですが、BOSの言う「Synthは人類の敵である」という主張や
Rail roadの言う「Synthを奴隷的扱いから解放すべきである」という主張に関しては
私が英語に明るくないせいかもしれませんが、やや説得に足る根拠が薄かったように思います。
(まあこの辺りはプレイヤーの思想や考えにもよるぶぶんが大きいのでしょうけど)
しかしながら、プレイヤーがどの勢力を選び、コモンウェルズの未来をどうするかは自由に選ぶことができ、
その点に関しては非常に良い作りだと思いました。

各勢力のエンディングを見た時間は2D12h程度なので50時間~60時間ぐらい?

■いずれにせよ自由とはえげつのないものだ
プレイヤーがどのルートを選んだとしても、大抵の場合は最終的にはその勢力が敵対する勢力と戦う必要があり、
その本拠地をつぶす必要が出てきます。その際、強力な武装を持った兵士たちと戦う必要があるのはもちろんですが、
非戦闘員たちも武器をもって戦いに参加してくるので当然倒す必要があります。
各勢力のクエストを進めていると、当然その中に見知った顔もあり…。
戦いが終わる頃には、地面には無数の死体が転がり名前ありNPCも名前なしNPCに混じって死体となっています。

Fallout4のシナリオは全体的にプレイヤーに選ばせる要素が増えています。
会話の選択肢で先の展開が変わってくる、何をすべきかが変わってくる。
そして、その選択によってはプレイヤーは自分の選んだ選択がもたらした結果をまざまざと見せつけられます。
本編中で一番えぐいと思ったのは序盤~中盤での馴染みのあるNPCと戦わなければならないシーンや、
選んだルートによっては過去作プレイヤーには思い入れが深いであろうリバティプライムを悪用して
BOSの飛行船を破壊する…など、自らの行動と選択が招いた結果を直視せざるを得ない場面。
プレイヤーはどのルートでクリアするにしても、「自由に選択」できるのに対し「結果がこうなった」というのを意識させられ、
自由とは極限までえげつのないものなのだという印象を受けます。

Falloutシリーズは自由なゲームである、というのは前々から言われていた部分です。
今作では、その自由にキッチリ「結果」がついてきます。プレイヤーが自由を行使すれば、結果としてコモンウェルズに残る。
単純なことですが、この設計がFallout4全体での没入感を高めていると思います。

■もはやガラクタはどこにもない
今までのシリーズでは拾い集めても売却するか、ランチャーで発射する以外に出番の無かったガラクタたち。
今作ではほぼ全てのガラクタが素材化できるようになり、クラフトや街づくりをしていくうえでは
そのガラクタを拾い集める必要があるようになりました。
もちろん、クラフトや街づくりをせずに、ほとんどのアイテムを奪ったり購入して済ましていくのもありでしょう。
しかし、街づくりやクラフトをしたかったらガラクタの収集は必須となってきます。
この点は中々賛否を分けそうな気がしますが、個人的にはかなり気に入っている要素です。

■武器関連
Fallout4は3とNVと比べると、FPS要素をかなり強化してきたように思います。
というのは、全ての敵のAIが賢くなったのもそうですが、銃がかなり自由にいじれるようになりました。
単にオプションパーツを付け替えるだけでなく、レシーバーパーツを変更することでセミオートからフルオート銃に
改造する、バレルやスコープなどを取り付けてスナイパー仕様に改造するなどのアレンジが可能です。
カスタマイズの自由度が広がった一方、銃を撃つゲームに疎い人だとどれが何の効果?というのは
若干苦労しそうな所。オプションパーツによって銃の性能が変わってくるというのは若干ボダランっぽいかなーという感じ。

■防具・ファッション
防具はフルセットのものと部位別のものがあり、部位別のものはさらに下に着る服も選べたりします。
防具にもクラフト要素があり、強化したり表面加工で見た目をかえたりできるなどかなり遊べるようになりました。
ただ一点気になったのは、メタルアーマーやコンバットアーマーなどが非常に重たくなっている事。
コンバットアーマー一式と武器数本、薬品類で100WG圧迫される事もザラなため、
低STRプレイでは武器屋防具を切り詰める必要が出てきそうです。
防具のビジュアルに関してはかなりグレードアップしているほか、服に関しても垢抜けたデザインになっています。

■パワーアーマー
発売前から多くの人が楽しみにしていたであろうパワーアーマー。
今作のパワーアーマーは今までのような防具タイプではなく、乗り物のような扱いで
乗り込むのにフュージョンコアを必要とします。

パワーアーマーを装着した時の防御力は確かなものなのですが、どうも動きが鈍重で
結局パワーアーマーを付けないでスニークで始末したほうが早いのでは・・・?と思うことがあるなど、
以前までのようにパワーアーマー最強!パワーアーマー手に入れたらずっと着てれば良い!という感じではなくなりました。
ただ、拠点にパワーアーマーをハンガーして並べて楽しむのは問答無用で楽しいです。ニヤニヤできます。

■ハウジング
今作では、大きな街が少ない…というか、各勢力の拠点を除くと主だったものは
ダイヤモンドシティ以外のもので、プレイヤーが作らなければならないようです。
ただ今作ではハウジング要素が大きな遊びの一つとなっているので、中々やれることは多いです。

■全容を見たとは言い難い
とりあえず一通りシナリオを追いかけ、各勢力のエンディングは見たもののまだまだやっていないことは多く、
そしてこれから遊べる要素も非常に多いように思います。
現状でFallout4の総評を出せる人はいないんじゃないかなーというのが率直な感想。
信用に足る総評が出せるとしたらあらゆる要素が出尽くした数年後になるかなー。
2015-11-16_00002.jpg
「フリートダムトレイルを追い、希望のランタンをおいかけろ」
という意味深なメッセージと赤い線。案内ロボットによればこの赤い線がフリーダムトレイルと呼ばれる
観光用ルート案内線で、これを追いかけて歩くことで大体全長数kmの主要観光スポットが見て回れるというものらしい。

2015-11-16_00004.jpg
あちこち崩れて見えなくなっている赤線を追いかけていくのは中々の重労働。
さらにグール、レイダー、スーパーミュータントといった敵がお構い無しで襲ってくるので
最終到達点に付く頃にはすっかり夜になってしまいました。
途中の丸いプレートには数字とアルファベット一文字を指す印が書いてったので念のためメモ。

2015-11-16_00008.jpg
到着したのはオールドノースチャーチ。ランタンが置かれている以外にも、意味深なランタンのマークが。

2015-11-16_00009 - コピー
教会内部もフェラルグールがうようよしているものの、ランタンのマークが続いているのでおそらくこちらで正しいはず。

2015-11-16_00010.jpg
最深部で何故かコードがつながったフリーダムトレイルのシンボルを発見。
調べてみると、このリングが回転して、中央部分が押せる仕掛けになっているらしい。
あっこれノルド特有のガバセキュリティ
キーワードは・・・(反転)
RAILROAD
キーワードを入力し終わると、石の壁が開いてミニガンを構えた男と女性リーダーが。

2015-11-16_00013.jpg
「よくここを嗅ぎつけたわね。どんな御用?」
「あんたたちがInstituteのチップを解析できると聞いた。俺の息子を奪還するのに必要なんだ」
「つまりあなたはInstituteに殴り込もうとしてるっていうわけ?考えられないわ」
「まあいいじゃないか!中々イケてる発想だぜ。俺は気に入ったぞ、入れてやろうぜ」
「そういうことなら敵ではないわね。入っていいわ」

2015-11-16_00022.jpg
「チップのデコードはできるか?」
「任せなよぉ、俺がぱぱっと吸い出してやるぜ。」
「どうだ?できそうか?」
「こいつは新型だな…ちょっと待て、これをこうしてと…よし、チップちゃんよ、コードを見せてくれ!」

Synthを開放する事を目的とする人々、Rail roadのおかげで無事チップをデコードした111。
そのホロテープを持って再びバージルの元へ向かいます。

2015-11-16_00025.jpg
「君が無事戻ってきたということはコードを回収したということだな。
 乗り込むのに必要なのはこのコードと君を電波に変換したあと、強力な電波として発信してハイジャックする施設だ。
 多くの電力と設備が必要になるだろう・・・それをどこで調達するかは君の自由だが。」

ここでクエストが分岐します。
一つはこの話をミニットマンの人々に話して設備を準備すること。
そしてもう一つはBOSに話して設備を準備すること。
最後に、レイルロードに話して設備を準備すること。

なんとなくBOSに話すとろくでもないことになりそうにないのは目に見えているので、今回は慣れ親しんだ
ミニットマンの人々と一緒にやってみようとおもいます。

2015-11-16_00028.jpg
「というわけなんだけど、できると思う?」
「テレポーテーション?イカれてんのか?マジで?」
「ああ、俺も信じられないがどうやら事実らしい。それで、できると思うか?」
「なるほど…あんたが今更くだらない冗談いうとも思えねぇな。あんたの話が本当ならまず大量の電力を送るジェネレーターと
 でかいアンテナ、あんたを分解する装置とコンソールが必要になるはずだ。ここに材料のリストがある。」

そんなこんなでサンクチュアリに自作のテレポーターを作ることになった111。
2015-11-16_00029.jpg
特別な部品が作れるようになったので作っていきます。
かなり大量の材料と発電機が必要になります!

2015-11-16_00030.jpg
大量の電気を一旦パイロンでまとめてから流し込み、スタンバイOK。
「先にこのホロテープを渡しておく。あんたが連中の拠点に潜り込んだら適当なターミナルを見つけて
 このホロテープを入れてネットワークの構成図をダウンロードするんだ。そうすれば、連中の組織が少しは見えてくるだろう」

2015-11-16_00034.jpg
「準備はいいか?良いならプラットフォームに乗ってくれ」
「わかった、やってくれ」
「いくぜ…周波数を掴んで…変換開始!」

その瞬間、装置に固定されていたパイプが外れて何かの気体が漏れだす!

「あー…大丈夫だ!これは飾りみたいなもんだから!」
とか言っている間に視界はホワイトアウト!果たして111は無事にテレポートすることができるのか!?(続く)
(前回のあらすじ)
息子を誘拐した犯人を殺し、記憶から次の手がかりであるバージルという男の名を知った111。
バージルはどうやらグローイングシーという場所に隠れているらしい。

忠告された通り、パワーアーマーを久々に引っ張りだしてグローイングシーへ向かいます。
2015-11-15_00022.jpg
なんかもう丘の向こうがめっちゃ光ってヤバそうな雰囲気に。

2015-11-15_00026.jpg
うわーすごい。グローイングシーなんてメルヘンな名前とは裏腹にまるで死の世界。
敵もコモンウェルズではあまり見ないミュータントばかりです。

2015-11-15_00027.jpg
マップポインタの示すとおりに探索していると、クレーターの中に集落を発見。
スーパーミュータントやグールが暮らしているのかとおもいきや・・・。

2015-11-15_00031.jpg
なんと暮らしていたのはアトム教の人間たち。
あの…ちょっといいですか。あなたたちなんともないんですかね・・・?
「バージルでしたらここからさらに南西にある洞窟に一人でおりますよ。人と会うのが好きではないんです」
「そうですか・・・」

2015-11-15_00034.jpg
さらに南西へむけてマップを頼りに突き進んでいく・・・はずが。
2015-11-15_00037.jpg
マップもとうとうイカれたか?あるいはうっかり地獄へ行ってしまったか…と思うような光景が
目の前にもマップ上にも続いています。

2015-11-15_00047.jpg
「息子を探すためにInstituteの内側に潜り込みたいんだ」
「なるほど…だが、簡単なことではないぞ。ただ君がどうしてもやるというのならある条件しだいで教えよう」
「条件とは?」
「知っての通り私はあの組織からの脱走者だ。そして脱走するときにラボにある大事なものを回収しそこねた。
 それはあるもので…とにかく、私のこの…"状態"を整えるのに必要なんだ」
「わかった、もし成功したらそれを取ってくる事を約束しよう」
「…彼らは反物質を利用した装置を使って外の世界と本拠地を行き来している。
 私の専門外でないので詳しいことは知らないが、関係者のみがそれを可能にするチップを持っているようだ。
 君はそれをCourserと呼ばれるSynth回収用のSynthから奪い取らねばならない」
「回収用のSynth?そんなものがいるのか?」
「ああ、存在している。Synthの中には逃亡する者が居て、それを狩るハンターだ。
 君はそのハンターを狩る格好になる」
「どうやってそれを探せば?」
「君のつけているpip-boyのラジオ機能でCITの近くに出没するそれの信号を追うんだ」

2015-11-15_00103.jpg
アドバイスに従いCITへ向かい、CITの付近から電波を追って追跡開始。
途中レイダーの拠点やスーパーミュータントの拠点を乗り越えてついた先は、キャピタルで言う
タロン社のような連中、ガンナーの拠点。

2015-11-15_00108.jpg
どうやらCourserは一足先にここへやってきて、なんらかの理由でガンナーたちを始末している模様。
凄まじい銃撃音と爆発音が響き渡り、Courserの恐るべき戦闘力が伝わってきます。

2015-11-15_00114.jpg
そして最上階でガンナーたちの幹部を殺し、Synthを回収しようとしているCourserのZ2を発見。
「端的に言って逃亡したSynthを連れ戻すだけだ。邪魔するのならば排除する」

2015-11-15_00115.jpg
とにかく凄まじい攻撃力と耐久力を持つZ2との戦い。ギリギリでなんとか切り抜け、目的のチップを入手。

2015-11-15_00116.jpg

2015-11-15_00119.jpg
追われていたのは女性形のSynth。人間そっくりに見えますが、彼女もSynthのようです。

2015-11-15_00125.jpg
「例のチップを入手してきた。解析できるか?」
「私には全くわからないわ。でも、Synthの逃亡を手助けしているRailroadsの人たちならこれを解析できるかもしれない。」
「そのRailroadsというのはどこに?」
「経済区のどこかに隠れ家があるらしいけど、詳しいことはわからないわ。」
「探してみよう」

かくして、Synthを狩るハンターSynthを倒しいよいよInstituteの内側に潜り込む手段を見つけたVault111。
このチップを解析してくれる人を探し、再び経済区へ向かうのでした(続く)
newattacks_201511192159114fc.gif
newattacks_20151118225340c76.gif
2015-11-14_00049.jpg
「おやおや、探偵ヴァレンタインさんが私のオフィスへ入ってくるとは随分と考えが変わったみたいね?」

2015-11-14_00050.jpg
「Piper、そう言わずに助けてくれないか。俺の息子…ショーンを誘拐した男のところへは到達したが、
 息子は居なかった…Instituteという組織に連れて行かれたらしいんだ。」
「Institute?確かにそう言ったの?彼らはコモンウェルズのブギーマンよ。誰も正体を知らない。姿を見た者は居ない。
 でも彼らの手先のSynthはあちこちをうろついていて、人々はいつSynthが自分の知り合いのふりをして
 生活の中に紛れ込むか恐れてるの。それ以上のことはわからないわ、復讐に燃えるパパが手がかりの脳みそを
 床にぶちまけちゃったからね。」
「奴が武器を抜いたんだ。ああするしかなかった」

「なあお前さん、あいつの脳みそ床にぶちまけた後何かをあいつの死体から回収していたよな?
 一種のサイバネティクス部品のように見えたが」
「ああ、何かの手がかりになるかと思って一応は持ってきたが・・・」
「…よし、メモリーデンへ行こう。グッドネイバーにある施設なんだが、うまくすれば何かつかめるかもしれない」
「あなた正気!?メモリーデンは確かに脳からの記憶の抽出をやってるけど…そのガラクタから抽出できると思ってるの?」
「記憶に関係するサイバネティクスなら可能性は0ではないはずだ。とにかくダメもとで行ってみよう。」


2015-11-14_00095.jpg
2015-11-14_00097.jpg
そんなこんなで経済特区廃墟にあるグッドネイバー、さらにその中にあるメモリーデンへ。

2015-11-14_00099.jpg
あっラリティ
「アマリに会いたいんだが」
「下に居るわよ」

2015-11-14_00102.jpg
「久しぶりだな、アマリ」
「私をその名前で呼ぶ古い知り合い…誰かと思えばニック、あなただったの」
「ここで脳からの記憶を抽出してくれると聞いた」
「ええ、できるわよ。あなたの脳から記憶を抽出したいの?」
「いや…これには少し複雑な事情があって、その、記憶を吸い出したい脳は床にぶちまけてしまったんだ」
「言ってることわかってるわよね?ここは生きてる脳から記憶を抽出する施設なのよ?」
「そう言わんで少し見て欲しいものがあるんだ、アマリ。おい、例のものを出してみろ」
「俺が殺した男がつけていたインプラントだ。これでどうにかならないだろうか?」
「脳じゃなくてインプラント?いや、ちょっと見せてみて。…これは脳の一部の機能をなすインプラントね。
 もしかしたら記憶の補助用に使われていたもので、何か記憶が吸い出せるかもしれないわ。
 あなたとニックの二人の脳を並列的に使うことでこのインプラントに圧縮記憶された内容を抽出して
 あなたに見せることができるかもしれない。とにかくやってみましょう」

2015-11-14_00108.jpg
そしてトランキルレーンやらゲイリー法を髣髴とさせる機械に乗り込み、記憶の世界へ。
ニューロンが繋がるようにして道が続いていき、やがて具体的なビジョンが見えてくる。

2015-11-14_00111.jpg
見えてきたのは、Kelloggの子供の頃からの人生。
彼の人生を順に追っていくと、過去には彼も結婚して妻との間に赤ん坊がいた事、
やがてそれを失ったこと、Instituteの使い走りとして働く事になったことなどが展開していく。

2015-11-14_00121.jpg
見覚えのある部屋へやってきました。
ここは前回の探索で来た、ダイヤモンドシティのKelloggの部屋。
そして部屋に居るのは…間違いない、息子ショーン!
しかし、赤ん坊ではなく10歳ほどの姿。


2015-11-14_00125.jpg
そしてその直後部屋に入ってきたのはInstituteのエージェント。
「Kelloggくん、次の任務だ。Virgilという男を探して欲しい」
「殺せという意味か?」
「いや、違う。生け捕りにして欲しいのだ。彼はInstituteから脱走した男でね」
「何か手がかりはあるのか?このコモンウェルズを総当りしろって言うんじゃないだろうな」
「彼は何らかの方法を使って我々から隠れている…例えばグローイングシーであるとか。さて、君が預かっていた子供を回収する」
そう言うと、Instituteの男はショーンを隣に立たせ、座標を言ったかと思うと閃光と共に消えてしまいました。

『記憶はここで終わりみたいね。近くのテレビを調べてシミュレーションを抜けて』

2015-11-14_00126.jpg
「気分はどう?」
「頭のなかが燃えてるみたいだ」
「無理もないわ。ニューロンを無理やり引き伸ばした後また元に縮めたからね。
 もし調子が悪ければスティムを使ってちょうだい。」
「だが、分かった事もある。まず俺の息子は生きている」
「モニターにも写っていたわ。」
「それから、あいつらはある男を探している。グローイングシーに隠れているらしい」
「グローイングシー?あの死の土地に?」
「俺が思うにあの地の放射線をシールドにしているんだ。バージルという男を探さなければ」
「行くのは良いけど、致命的な放射線をカットできる手段が必要になるわ。例えばパワーアーマーとか。
 それから、RAD-XやRAD-AWAYもね。」
「わかった、それなりの準備をして向かう。」

再びつながった手がかりを追って、グローイングシーへと向かいましょう。
そのためにも、少し装備を調達せねば。(続く)
newattacks.gif
2015-11-14_00058.jpg
ベルチバードが飛び立っていったので警察署へ向かってみたら、以前は居なかったナイトやスクライブたちが
警察署を取り囲んでガッチリ警護していました。

2015-11-14_00059.jpg
どうもこの人と感じの悪いおっさんの「技術の回収」と「ゴミ掃除」は反復クエストで
次々目標が出てやってく感じのものっぽい?

2015-11-14_00060.jpg
「戻ってきたか。これから我々の母艦であるThe Prydwenに報告へ行くところだ。
 ついてきてくれ、ベルチバードで少し出かけよう」
「はい」

2015-11-14_00063.jpg
コモンウェルズの夜景を眺めながらベルチバードで空中散歩。うぉーすごい!

2015-11-14_00064.jpg
「お戻りになられましたか、パラディン!して、そちらは?」
「彼はその、地元民で…我々にとって大きな働きをしてくれた人だ。私の権限でイニシエイトにした」
「左様でありますか。司令官がお待ちです」

2015-11-14_00071.jpg
「さて、君の働きによりパラディンのチームに関する貴重な情報が手に入ったことは既に聞いている。
 しかるべき報告が済んだのち、君もエルダーに会ってくれ」

2015-11-14_00076.jpg
「君の功労は聞き及んでいる。君が達成した任務は決して簡単なものではない…というか、イニシエイト一人に
 かせられる任務とは到底言いがたい事を君は成し遂げてくれた。よって、今ここに君をナイトに昇格させる。
 ナイトに昇格したということは、君にはパワーアーマーが支給される。誇りをもって装着してくれ」

やっと報酬らしい報酬を貰えそうな話になってきました。
そして、BOSのクルーたちに挨拶回り。
2015-11-14_00077.jpg
「もし何か技術にまつわる書類を見つけたら私のところへ持ってきてくれ。報酬は払うよ」
「技術って?」
「設計図、カタログ、取扱説明書・・・その他何でもだ。失われた技術はあまりに多く、一つでも手がかりが欲しい」
「わかりました」

2015-11-14_00079.jpg
「あの、パワーアーマー支給されるって聞いたんですけど・・・」
「新米ナイトは絶対一言目にそれ言うのよね。あんたのパワーアーマーはもうハンガーにあるから拝んでらっしゃい!」

2015-11-14_00083.jpg
「さて…我々は近々地上からSynthを一掃し、人類の反映を取り戻す大規模な作戦を予定している。
 Synth以外にも障害は多い。例えば今見えているあの島だが、スーパーミュータントのウジ虫どもが
 核兵器の上に陣取っている。兎にも角にもあれを掃除しないかぎりいつ核兵器で甚大な被害を受けるとも限らん。
 お前に与える最初の作戦は、Fort Strongのスーパーミュータント掃討だ。」

この人どうもいうことがかなり過激というか、Synthは問答無用で全滅させるみたいな事言ってますね。
確かに悪用されてるSynthたちも居ますが、ヴァレンタインのような奴も居るのに・・・。

2015-11-14_00084.jpg
それはさておきさあいよいよ戦いだ!
ベルチバードの機銃を使って地上のベヒモスとスパミュを掃討せよ!
そして砦の中は普通に掃討せよ!

2015-11-14_00088.jpg
外の掃討戦がクライマックスで中は消化試合でした。
さて、報告しにかえろーっと。

2015-11-14_00089.jpg
「見事な働きだった。報酬とこれをやろう」
「これは?」
「信号グレネードだ。これを地面に投げれば信号を拾ってここからベルチバードが駆けつけるぞ」

そんなこんなでBOSに中途半端に首を突っ込んでしまった私!どうなる次回!?(続く)
・サンクチュアリ北東、墜落したベルチバードのそば

2015-11-16_00081_201511171552591ec.jpg
2015-11-16_00080_201511171553013a5.jpg
サンクチュアリ周辺の湖から北東方向へ行き、画像の辺まで到達するとベルチバードの残骸。
その近くまで行くと残骸の中に白骨死体とパワーアーマー。
レッドロケットスタンドの裏手にある光るキノコが生えた洞窟(モールラットの巣)にフュージョンコアが一つ。

・コンコルドの博物館
シナリオ上で入手できる1つ。墜落したベルチバードの中にミニガンとセット。

・BOSの加入特典
警察署でBOSから振られるクエストをクリアし、シナリオを進めてイニシエイト→ナイトに昇格する。
ナイト用のパワーアーマーが一着用意されている他、ハンガー内には盗めるパワーアーマーが2着。

・レキシントン廃墟の西、脱線した貨物列車のそば
2015-11-17_00002.jpg
2015-11-17_00001.jpg
レキシントンから西へ向かうと線路があり、脱線したオレンジ色の貨物列車があるのでその周辺を探すと
コンテナの近くに電磁ロックされたケージがあり、ケージの中にパワーアーマー。解除には要ハッキング。

・グレイガーデンから東、ハイウェイの上
2015-11-17_00003.jpg
2015-11-17_00005.jpg
グレイガーデン(Mr.ハンディたちがたくさんいる農場)から東へ向かうとハイウェイの上に登れるリフト。
リフトに上り、ハイウェイを先に進んでいくと墜落したベルチバードとそのそばにパワーアーマー。

・トレーラーヤードのトレーラーの中
2015-11-17_00007.jpg
2015-11-17_00009.jpg
トレーラーを簡易住居にするための土地の中にフェラルグール(含むレジェンダリー)と鍵、そして鍵ありのトレーラーハウス。

2015-11-17_00010.jpg
トレーラーハウスを開けると弾薬とパワーアーマー。

・グローイングシー南、洞窟(CAVE)の中
2015-11-17_00014.jpg
2015-11-17_00015.jpg
グローイングシー、マップの南端付近(実際には境界線を無視して外へいける)にある洞窟の中。
入ってしばらく進むとレイダー仕様のパワーアーマーがあるが、パワーアーマーを着ていると乗っていけないため
防護服などの別のRAD対策をしてくる必要がある。

・グローイングシー西、放棄された小屋から入れる極秘研究施設
2015-11-17_00017.jpg
2015-11-17_00018.jpg
グローイングシー西マップ境界線付近にある小屋の中。
一見ただの小屋だが、床にトラップドアがあり近くに落ちている鍵を使って中に入れる。

2015-11-17_00020.jpg
中に入るとSynth警備兵がおり、最下層にX-10パワーアーマー。
ただし注意点として、プレイヤーのレベルが30~40程度に達していないとこのようにパーツ抜けになって
全パーツを回収できないことがあるらしい。これはつまりやってしまった図。
X-10は他の場所にもある。

・オールドノースチャーチの北、川沿い
2015-11-17_00026.jpg
2015-11-17_00024.jpg
米軍物資の中にケージに入ったパワーアーマーとロック解除ターミナル。要ハッキング

・レイダーの船上基地付近、米軍ロボットに警備されたコンテナの中
2015-11-17_00036.jpg
2015-11-17_00037.jpg
マップ東にあるレイダーの船上基地付近、マップポイントから北にある米軍の物資の近く。
警備ロボットがおり、警備ロボットを倒してコンテナの間を進んでいくとケージに入ったパワーアーマーあり。
要ロックピック。


一応現段階で攻略情報など参考に見つけた場所だけのメモです。
Reddit等よりの翻訳まとめエントリです。


・パワーアーマーを拠点のハンガーに保管しておく場合、必ずパワーアーマーからフュージョンコアを抜くこと
理由は住民が勝手にパワーアーマーを着ることがあるうえに近くにあるコンテナにフュージョンコアを
保管しておくと勝手にコンテナからコアを出して装着し、乗り込む場合がある模様。
また、襲撃系のイベントで襲撃してきたのがレイダーだった場合、レイダーも人間と同じこのAIを持つため
盗むことがある。そうなった場合、行方不明になってしまうこともある。

…とまあ、なぜこんなことを書くかというと、今日拠点においてあったパワーアーマーがなくなったからなんですが。


以下、スペアの入手方法のメモ

[確認済み]
・BOSの加入イベントをこなし、BOSのナイトに昇格するまでクエストをすすめる。
 ハンガーには自分用に支給されたナイト用のパワーアーマーがあるのでそれを着て平然と出て行くだけ。
 また、ハンガーには2つのパワーアーマーが他にもあり、盗めれば使える?(未確認)

・サンクチュアリの湖そばにある墜落したベルチバード跡
2015-11-16_00081.jpg
2015-11-16_00080.jpg
残骸の中に白骨死体とパワーアーマー。
フュージョンコアはレッドロケットスタンドの裏にある光るキノコのある洞窟の中で1つ拾える。
左足パーツ破損。

[未確認]
・Recon Bunkerの北側
ロボットが守っているトラックのそばにあるらしい


・Federal Ration Stockpileのトレインカーの中

・グローイングシーの「CAVE」というマップポイント

・レキシントン 西にある壊れた電車の中

・Graygardenから東へ行き、ハイウェイの上にエレベーターで登る 壊れたベルチバードがあるのでその中

・Old North Church近くのロックがかかった小屋の中(ターミナルハックが必要)

・グローイングシーの西側にある「Abandoned shack」の中

・Custom house towerの中

元エントリ
2015-11-13_00128.jpg
私の街にもとうとうお店ができました。交易ショップと武器屋です。
とりあえず店員に新しく街にやってきたグールのお姉さんを割り振って、拠点で買い物ができるように。
戦利品の売却ができるのがこんなにありがたいとは!



2015-11-14_00016.jpg
そしてメインストーリーをすすめるのにダイヤモンドシティへ戻り、探偵ニック・ヴァレンタインと調査を進めます。
「まずあんたが何を必要としているか詳しく話してくれ」
「探してるのは息子…赤ん坊だ。名前はショーン。目の前で誘拐され、奪われまいとした妻は殺された」
「犯人の顔を見たか?何か特徴とかは?」
「…一人は防護服で見えなかったが、一人の顔は見た。ハゲ頭に目の横に傷のある男だ」
「ハゲ頭で傷のある男……もしかして、お前が言ってるのはKellogのことか?そいつのは少し前まで
 このダイヤモンドシティへ住んでたんだ。赤ん坊じゃなかったが子供を連れてるのも見たことがある。
 姿を消してしばらく経つが、そいつの家へ行ってみよう。何か手がかりがつかめるかもしれない。」

そしてその空き家へと向かうも、鍵がしっかりとかかっていて開けることができず。
全ての家のマスターキーを持っている市長へ開けてくれるように説得しに行くことに。
2015-11-14_00020.jpg
「鍵を開けろってキミィ!市民のプライバシーだよ?私は市民のプライバシーを大切にしているんだ」
「お願いします、あいつは誘拐犯なんです。私の息子が誘拐されたんです」
「そういうことなら…自己責任にしてくれたまえよ」

2015-11-14_00021.jpg
もぬけの空になった家の中。手がかりは途絶えたかと思われたものの、机の下にスイッチを発見。
スイッチを押してみると、壁が開いて隠し部屋を発見することができました。

2015-11-14_00022.jpg
しかしそこには軍用品があるのみで、手がかりらしい手がかりはなし。
2015-11-14_00023.jpg
「手がかりが途絶えたか…いや待てよ、お前犬を連れているな。
 ウェイストランドの犬は何km先からでも臭いを追跡できる奴が居ると聞いたことがある。
 やっこさんの葉巻の臭いを追わせれば足取りをつかめるかもしれん」
「そうしてみよう。頼んだぞドッグミート」

2015-11-14_00026.jpg

2015-11-14_00029.jpg
途中、戦闘の痕跡などを経由しながらもドッグミートはどんどんと臭いを追ってウェイストランドを突き進んでいく。
気がつけばダイヤモンドシティをはるか離れ、かなり西のエリアにまで到達していた。

2015-11-14_00035.jpg
ここで見つけたのは、戦前の要塞。ドッグミートはこの中に臭いが続いていると告げる。

2015-11-14_00036.jpg
ヴァレンタインと二人で要塞の中に潜入し、無数のタレットやSynthを倒しながら奥へ奥へと進んでいく。
「やれやれ、年寄りSynthには応えるな・・・。奴が居るとすれば最もセキュリティが厳重な場所だろう」

2015-11-14_00039.jpg
二人で慎重に奥へと進んでいくと、奴の声が。
「お前さんの根性と努力は認めよう…だがな、今のうちに帰ったほうが身のためだぜ」

2015-11-14_00040.jpg
「よう、やっぱりやってきたか。全く大したタマだな」
「俺の息子をどこへやった?」
「ここには居ねぇよ。」
「居ない?どこへ?」
「知らねぇさ。俺も所詮は少し大きい舞台で踊らされてただけのお前と同じ操り人形ってことよ。
 俺はInstituteの連中がどこにいるかすら教えられてねぇんだ」
「つまりお前は雇われて俺の息子を誘拐しただけだった、と」
「そういうこった。さて、俺とおしゃべりしに来たわけでもねぇんだろ。抜きなよ」

Synthの護衛を引き連れている上、自信はステルスボーイを使って攻撃を仕掛けてくる難敵だったものの
幸いにしてモロトフが山程余っていたので姿が見えなかろうが関係なく投擲してなんとか撃破。
2015-11-14_00043.jpg
おおーいい銃持ってんじゃん。これはありがたく使わせてもらうとしよう。

2015-11-14_00046.jpg
「さて…また手がかりはゼロに戻ったというわけだな。続きはまた日を改めて話すとしよう。
 新しい目で物事を見たほうが事態は進展しやすいからな」
「わかった。そうしよう」

2015-11-14_00048.jpg
Fort Haganを出たその時、夜空に巨影あり。
飛び立つベルチバード、照射されるサーチライト。そして威圧的な音声はこう告げていた。
「コモンウェルズの皆様、我々はBOSです。来るべき戦いへ向けて準備を進めています」

やべえよやべえよ…って思ったけどよく考えたらこの間たっぷりタダ働きさせられてイニシエイトにしてもらったから
少なくともいきなり殺される事態にはならなくて済みそうです。あと補給物資もやっと手にはいりそう。
(続く)
2015-11-13_00062.jpg
やっとダイヤモンドシティへやってきた。ダイヤモンドシティは野球場の中に築かれた街で、
狭いながらもかなりの住人が居て中々賑わっている街のようです。
しかし街中まで歩いて行くと、ダイヤモンドシティ名物ヌードル屋の前で騒ぎが。
どうやらある兄弟の片方が自分の兄弟に対して
「お前はSynthだろう!?知らないうちに入れ替わったに違いない!!」
と偏執的な妄想を抱いているようです。

結局彼はシティのガードに射殺されるという結末になってしまいましたが、どうも町の人と話して回ると
他にも何人か人間にまぎれてSynthが居るとか、誰かにそっくりのSynthがいつの間にか紛れ込んでいるという
恐怖に駆られている人が結構居るみたいです。FO3のクエストでもありましたが、この世界のアンドロイドは
外装をそっくりに作ってしまうと人間との差がわからないんですよね。

2015-11-12_00052.jpg
教えてもらった探偵事務所へと向かいます。ヴァレンタイン探偵事務所…ここですね。

2015-11-12_00054.jpg
探偵事務所に入ると、中に居たのは一人の女性。
「探偵を探しているんですが、あなたが探偵ですか?」
「いいえ、私はエリー(Ellie)。探偵はどうやらトラブルに巻き込まれたみたいで帰ってないの。Vaultに向かったみたい。」
「つまり、探偵に依頼したければそれを探せと」

2015-11-13_00078.jpg
ダイヤモンドシティから東へと向かっていきます。
この辺りではちらほらとスーパーミュータントの姿が見られるようになってきます。
FO3の黄色とは違うので別の群れでしょうが、どこから着てるんでしょうねぇ。

途中教会やオイスターバーなどの廃墟でレイダーを殺したり物資を回収しつつのんびりと。

2015-11-13_00075.jpg
教会での一コマ。めっちゃ神々しい!
2015-11-13_00076.jpg
金!銃!
いやはや、凄まじいブラックジョークです。
10mmピストルでここまで来てしまいましたが、そろそろ武器を変えたいところですね。

2015-11-13_00082.jpg
あのでかい建物はなんだろう?きっとテンペニーみたいなろくでなしが住んでるんだろうな。

2015-11-13_00080_20151113224137f3c.jpg
思わず一人で大笑いしてしまいました。
まさかそこに当たるとは。

2015-11-13_00084.jpg
地図上で「コンバットエリア」と表示されているあたりに到着。
軍用車両なんかが転がっている他、スーパーミュータントがうろついているのも見えます。
左手に見える池の真ん中からは近づくと巨大なスーパーミュータントがスポーンする罠がありますので
避けて進んだほうが利口なのかな?こういうことがあるとファットマンを持ち歩いても良い気がしてくる・・・。

2015-11-13_00088.jpg
落ちていた死体のメモから手がかりを得て、この近くにあるVaultを探します。

2015-11-13_00089.jpg
どうやらVaultは地下鉄の駅内に存在するようです。
また地下ということで、ろくでもない予感しかしませんがさっさと行きましょう。

2015-11-13_00091.jpg
そして地下鉄の構内ではギャングのような格好をしたTRIGGERMANという敵たちが。
Trigger manというのは文字通りトリガーを引く人、銃を使って殺しをする人って意味ですね。
殺し屋がこれだけうようよしているということはヴァレンタイン探偵も危ないのでは!?先を急ぎましょう。
構内ではとにかく殺し屋たちがウヨウヨしていますが、武器はそれほど強くないので
グレネードをケチらずにポンポン放り込んで消毒しつつ進んでいきます。
今作のグレネードはAltで好きなときに投げられるようになったのもですが、威力もかなり上がっていて
上手いこと足元に転がせばかなりのダメージを与えられる(軽装の敵なら即死したり)するので強いです。

2015-11-13_00095.jpg
Vault114!514!を見つけました。
Vaultの扉を開けて中に入ると、中にも殺し屋がウヨウヨウヨウヨ・・・。
殺し屋を殺しながらどんどん奥へ潜っていくと、最奥でボスらしき殺し屋を発見。
2015-11-13_00099_201511132256129ce.jpg
どうやら奥にいるのが探していた探偵、ニック ヴァレンタインで手前に居るのが殺し屋のディーノ。
Vault111の存在に気付いたディーノは慌てて武器を抜こうとしてきますが、Vault111の前で武器を抜く所から
始めるのは最早死んだも同然。ほぼ密着状態からのHSでディーノはあっさりと死にました。

2015-11-13_00100.jpg

2015-11-13_00102.jpg
「正義の味方に救われた、か。こんなところで老いぼれ探偵見つけにきたのか?」
「そうだ。あんたがここに居ると聞いてきた」
「俺がここにいることを知ってるのは少ないはずだが…誰に聞いたんだ?」
「エリーだ。あんたの事務所で会った。あんたに依頼したいことがある」
「あんたは恩人だ。その依頼の内容にもよるが、聴かせてくれ」
「息子を探してる。名前はショーンだ。まだ赤ん坊だが、誘拐された」

2015-11-13_00106.jpg
「なるほど、あんたの手助けができるのは嬉しいがとにかくここから脱出しなければならん。
 おしゃべりは後にして脱出といきたいところだが、マローネのやつが待ち伏せしているだろう。準備ができたら行こう」

ダイヤモンドシティの中ではSynthを恐れている人たちが居たものの、どうやら探偵ヴァレンタインはSynthで、
しかも探偵業を営んで人を助けているというのが真相のようです。
そして机の上にはSpeechのボブルヘッドが。スキルのボブルヘッドは固有の効果があるようですね。
2015-11-13_00107.jpg

2015-11-13_00112.jpg
Vaultの出口で待ち伏せしていたのは話で聞かされたSkinny Malone。スキニーだけど太ってる…太ってない?
それとイカれ女、ハゲという3バカトリオを思わせる出で立ち。
ヴァレンタインに悪事の証拠を探されたら都合が悪いので彼を殺そうとしていたようです。

2015-11-13_00116.jpg
無駄にドラマチックな死に方しやがって・・・。
イカれ女がドレス、マローネがタキシードを着てます。お洒落さんは剥ぎとっていきましょう。

2015-11-13_00120.jpg
「さて…約束通り君の力になるが、後で俺の事務所へきてくれ。
 あんたもそのほうが頭が冴えるだろう」
「わかった、休んだらあんたの事務所に行くよ」

そんなこんなで無事探偵を見つけたVault111。
PVで出ていた「片腕が機械の男」はこのヴァレンタインだったみたいですね。
いよいよ息子を探す旅が進展する時がくる?(続く)
2015-11-13_00002.jpg

ところで、人が増えてくるに連れて家に帰ると知らないおっさんが自分のベッドで寝ていたりします。
どうも私です。愛用の10mmピストルにリフレックスサイトをつけたりしました。緑丸の出るホロサイトみたいな感じでいいですね。

2015-11-13_00004.jpg
順番は多少前後しますが、ダイヤモンドシティのマーカーをマップしたので
BOSに振られるクエストをやっていきます。ヤオグアイに襲われてビビったりしました。

2015-11-13_00005.jpg
拍子抜けするぐらい簡単に見つかるテクノロジー。一応ガスマスクを付けて確認しましたが、
RAD汚染が1あるぐらいであっさりと入手。うーん拍子抜け。

2015-11-13_00006.jpg
しかしまあ金払いがショボいですね。このクエストはマシな方ですが弾薬を消費するクエストだと
弾薬費で余裕で脚が出まくってるどころの騒ぎじゃないですよ。



2015-11-13_00007.jpg
というわけで今度はパラディンから指示されて「行方不明の偵察チームを探せ」というクエストへ。
うへぇ、また随分東の端のほうですね・・。

2015-11-13_00017.jpg
Med tec研究所の前を過ぎたあたりからpip-boyが電波を拾いだしたので、それを追いかけて行きます。

2015-11-13_00023.jpg
信号を追いかけて行くとBOSパラディンたちの死体を発見。
NVからの疑問なんですがなんでこいつら必ず死ぬと穴になるんですかね。

これでクエストは終了~と思ったら、彼らの懐に残されていたホロテープには
「残りの隊員が敗走し、別の場所へ避難した」という記述が。なんだか(予想通り)面倒事に
巻き込まれてるような気がしますねぇ。そしてその避難場所はさらに南東へ行ったところへ有る訓練場。

2015-11-13_00025.jpg

2015-11-13_00028.jpg
んで訓練場でビーコンと隊員を発見。
山程フェラルグールを張り倒してやれやれこれで終わりか~と思いきや・・・。
「うわーフェラルグールの群れだー退却するぞー^q^」

…。
2015-11-13_00030.jpg
Falloutの世界では基本的にマップの端に行けば端に行くほど強力な敵が出るんですよね。

2015-11-13_00031.jpg
はい、おそらく見つけました。が。
スーパーミュータント及びスーパーミュータントブルート及び自爆型のスパミュ及びミサイルランチャースパミュが居ます。
これは生身でやるのは無理ですね。

2015-11-13_00033.jpg
チュートリアル以来の出番となるパワーアーマー。
とりあえず壊れそうなパーツを直して、B型に換装できるところは換装。
ミニガンを持っていざ突撃。

2015-11-13_00035.jpg
いやはや、なんとかなるにはなりましたが、最早大赤字なんてもんじゃないですね。
ミニガンの弾薬もたっぷり消費して弾薬もすっからかんです。

2015-11-13_00038.jpg
報酬は武器・弾薬がいくつかと…FAT MAN!
いや、今回レイダーが普通に持ってたので別に嬉しくないですからね。ニコイチ必要ないんで1本あればいらないんですよ。
そしてやっとこさ終わりかと思ったら・・・
「ここもスパミュに襲われてもうだめだーバンカーににげるぞー^q^」

2015-11-13_00042.jpg
・・・。お前らそんだけあっちこっち行く脚があるんなら普通に戻れよ!お馬鹿!

2015-11-13_00043.jpg
いやーもう弾薬もカッツッカツですよ。これ以上スパミュと戦わされたら死んじゃう。

2015-11-13_00047.jpg
途中スクライブがウロウロしてるからBOSの基地なのかと思ったら途中やたらと武装の良い「傭兵」たちが襲ってくるし。
ンモー、どうなっちゃうの?

2015-11-13_00051.jpg
そして死ぬ思いでBOSのバンカーへ到達し、ロックを隊員たちのパスワードで解除すると中には
ここにずっと隠れていたというパラディンのブランディス(Brandis)が。
話を聞くにもう3年ぐらいここに隠れていたらしい。
最初は追っ手やレイダーかと思われ銃を向けられたが、BOSの隊員の消息を追ってきたと告げて
ホロタグを渡してあげると絶望の中一人で生き続けていたサバイバル爺の心に希望が宿るのだった。

2015-11-13_00055.jpg
「パラディン殿、大変困難な道程でありましたがただいま戻りましてございます」
「で、どうだった?」
「どうもこうもねぇよ最近行方不明になったみたいな言い方しやがって失踪したの3年前って言ってるじゃねえか
 (残念ながらBOS隊員たちはサバイバル爺以外全員3年前に死んでいたようですが)」
2015-11-13_00057.jpg
「困難な任務だっただろう。君に敬意を払うよ。よくやってくれた。」

2015-11-13_00056.jpg
「君の報告を元にレポートを作成する。我々が生還すればBOSの名誉を得られるだろう。あと報酬200キャップでいいよね?」
「は?」

そんなこんなで困難な任務に散々使いっ走りにされ、弾薬と薬品を大量に使い、
パワーアーマーまで引っ張りだしてこの始末。いやーやっぱりBOSに関わるとロクなことがないですね。



2015-11-12_00044.jpg
BOSのクソお使いミッションを遂行する傍ら、ダイヤモンドシティの近くに行ったのでついでに立ち寄ることに。
シティのゲート前でもめていたのはPiperという女記者で、どうやらダイヤモンドシティの中に入りたいが
ダイヤモンドシティのガードにマークされているらしく入れてもらえないようです。
「あら?あ!あんたキャラバンなのね?物資をたっぷり持ってきたんでしょう!?」
「は?」
「今の聞こえたわよね?それとも物資をわざわざ持ってきたキャラバンを追い返すのかしら?」

2015-11-12_00046.jpg
どうもこのPiperという女、市長にもマークされているらしくいつもゲートを開けてもらえないようです。
そこでたまたま近くに居たVault111を利用し、まんまと入り込んだ…と。

2015-11-12_00049.jpg
「で?誰がキャラバンだって?」
「すいません、なんか私立ってただけなんですがあの女が勝手に」
「ああ気にすんな。あいつはいつもああやって入るんだよ」
「・・・それと、少しお聞きしたい事があるんですが。人探し、息子を探してるんです。まだ赤ん坊だったんですが、誘拐されて」
「心当たりはないが、シティに入ったらネオン看板の出た探偵事務所を行ってみな。力になってくれるかもしれん」

2015-11-12_00050.jpg
正式にお許しを貰っていよいよダイヤモンドシティの中へ。

2015-11-12_00051.jpg
おおおお!すごいところだ!(続く)
02_20151114170320f77.png

このタイミングで言うのもどうなのかという感じがあるんですが。
とりあえず一二三に関してはまたキリがない事になりそうなのである程度の要素を月末までに追加して
12月~にボイス追加で完成、っていう形で次のキャラ作りたいですね。
既にご応募頂いており、募集期間の約半分が経過したので再告知となります。
締切日は11月30日の夕方ごろなので、だいたいあと15日程度です。
もしご応募を考えている方がいらっしゃいましたら、締切必着となりますのでお早めの送付をお願い致します。


→ [声優(CV)募集]リメイク版一二三 声優(CV)募集
02_20151113220343871.png
(前回のあらすじ)
BOSパラディンの手助けをして貰ったアイテムに釣られ、ホイホイとBOSに加入してしまった。

2015-11-12_00003.jpg
ところで、サンクチュアリを筆頭として人を住まわせる事ができる場所には
「ラジオビーコン」を置くことでラジオビーコンから出る信号を拾った人がやってきて住み始めるらしいです。
おいてから3,4時間ほどで5人→9人まで一気に増えました(住民+4)。
当然人が増えればベッド、水、食料、防御力等の要求量も増大して行きますから、
人が増えるごとにせっせこ物資をかき集めては水の供給設備を作り…というのがライフワークになりそうです。

2015-11-12_00022.jpg
適当にタレットと入りにくくするための壁、そして入ってきたレイダーを始末するためのヘビータレットおいて終わり。



2015-11-12_00004.jpg
さて、警察署に戻ってBOSのお使いをこなしていきましょう。

2015-11-12_00006.jpg
スクライブとして色々任すから、はいよろしくゥ!みたいな感じの話に。

2015-11-12_00008.jpg
「カレッジスクエア駅の中に居るゴミどもを掃除してこい!あとテメーのこと信用してないからな」
出ましたBOS特有の人間足りてないくせに補給品もろくに渡さずに人員をロスしそうな命令。

2015-11-12_00010.jpg
このへん。

2015-11-12_00011.jpg
まあいるわいるわ、外の時点からフェラルグールがうようよ。
今作のフェラルグールは中々厄介なので、まず脚を撃って脚を潰すと有利に戦えます。

2015-11-12_00013.jpg
モハビでは割りと唐突に居たLEGENDARYの敵も居ますね。

2015-11-12_00014.jpg
死体を漁ると…おっ!「グールスレイヤーのパイプボルトアクションピストル」とかいうのが出てきたぞ!
どうもこういう星付きの敵を殺した時に拾える武器にはこういうユニークなオプションが付いているみたいですね。
この武器の場合は50%の攻撃力アップをグール限定で得られるようです。

2015-11-12_00019.jpg
「自腹の弾薬で全部殺してきましたけど」
「思ったよりやるじゃん」
「・・・。」

2015-11-12_00020.jpg
「技術回収してきて。補給物資とか無いから」
「・・・。」

2015-11-12_00026.jpg
向かいましょう。真正面から行くと画面のカーソルがある当たりにクレーターがあってアホみたいにグールが居るのと
クソ強い光し者がいるので南か北から迂回ルートを取るのが賢いでしょう。

2015-11-12_00030.jpg
スクエア(商店)の中を探索。
中に居たのは主にレイダーやレイダー、レイダー。レイダーですね。主にレイダー。

2015-11-12_00032.jpg
最奥で見つけた宝箱の中にHAPTIC DRIVEという今回の指定物品が。
これを持ち帰ればクエストクリアになります。

「よくやったわね。報酬(キャップ)あげるから次もよろしく!」
「・・・。」

2015-11-12_00039.jpg
あっでも見てください!結構遠いと思ってたダイヤモンドシティがもうすぐそこですよ!
やっぱりクエストを数珠つなぎにやっていく感じになったんですね。

2015-11-12_00038.jpg

2015-11-12_00056.jpg
うーん、晴天の昼間に出歩いてると景色が良くて気持ちが良いですね。遠くに工場も見えます。

2015-11-12_00057_201511122354010c2.jpg
今度のターゲットは比較的小さい洋服店?
内部にはそれなりにレイダーが居ましたが今作ではグレネード系が強いので
モロトフポイポイ投げて消毒し後個別に撃破して終了。
リフレックスキャパシター?を入手しました。

2015-11-12_00058.jpg
そして店の最奥にある金庫自体は開けられなかったものの、ハッキングに1振ってあったので
ハッキングにて制御端末から解錠に成功。宝箱の中身と合わせてやっと報酬らしい報酬が。

「よし、次な」
「・・・。」

2015-11-12_00059.jpg
「偵察チーム行方不明だからホロテープのシグナル頼りに探してきて」
「・・・。」

うーんこのBOS畜生ども。
そろそろ弾薬がきついので先にダイヤモンドシティまで行って補給しようかな?
そもそもこの時点まででまともに買い物できる商店を一度も見てないんですが・・・。
02_20151112231505ad7.png
CVを 募集してから 追加要素
(前回までのあらすじ)
博物館での戦闘を切り抜け、生存者たちを無事地元へ送り届けたVault111は
レイダーたちが占拠している組み立て工場へと向かう。組み立て工場でレイダーたちを始末し帰ろうとした矢先、
pip-boyは微弱な軍用電波をキャッチ。その発信元を探るため、さらにコモンズウェルの廃墟を南下していく。



2015-11-11_00014.jpg
フェラルグールがうようよしている街中を進んでいくと、警察署の前ではBOSパラディンと隊員二人が
防御拠点を築いてフェラルグールの大群と戦っていた。パラディンの火力は圧倒的なものの、とにかく
数の多いフェラルグールが相手では3人では分が悪く、押され気味…という所にVault111が到着したようです。

2015-11-11_00017.jpg
パワーアーマーを身に着けていたのはBOSパラディンのダーンス(Danse)。
仲間に救援信号を出そうとしていたものの、信号を発信する装置が思ったように動かず微弱な電波しか
発信できずに立ち往生していた模様。
そしてVault111が彼らを助けるかどうか選択する…という選択肢が出ます。
今作は結構ここらへんが重要で、選択肢によってそもそも発生しないで終わるクエストがありそうですね。

そしてパラディンと共に信号をより強く発信する装置を探しに行くことになりました。
「準備はできたか?」と聴かれるので「できた」と答えるとパラディンがヘルメットを取り出して
クルッと回転させて装着するかっこいいモーションと共に歩き始め、ある実験施設へと向かうことになります。
2015-11-11_00022.jpg
ずんずん突き進んでいくパラディンの後ろをついていくだけで良いので、適当に援護する程度で良いかもしれません。

入り口を入ると、そこには大量のプロテクトロン…の残骸が。
2015-11-11_00023.jpg
2015-11-11_00024.jpg
「手間が省けたな」
「いや、見ろ…血の一滴、薬莢の一つも落ちていない。これはSynthのしわざかもしれない」
「Synthとは?ロボットのようなものか?」
「戦前から居るイカれた科学者集団だ。そいつらは奇妙なアンドロイド軍団を使ってテクノロジーを回収させている」
「何それこわい」
「まさにテクノロジーの悪夢だよ」

2015-11-11_00026.jpg
アアアーッ!出た!出たよ!骨組みだけのアンドロイド軍団だ!
どうもSynthという科学者集団(エンクレイヴみたいな)が居て、彼らはテクノロジーを回収するのに
雑務用の下っ端としてこうしたグレードの低いアンドロイドを使っているようです。
グレードの高いアンドロイドは人間と同等の見た目を持っていますからね。
しかしグレードが低いとはいえ、エネルギー武器を持っているのでそれなりに攻撃は痛いです。

2015-11-11_00029.jpg
途中何度かSynthのアンドロイドやタレットと闘いながらも奥へ。

2015-11-11_00025_20151112091152801.jpg
途中、「ロックを解除する方法を見つけてくれ」と言われる所では閉まっている扉の真正面にすぐ
ターミナルがありますが、このターミナルはADVANCEDのため多分ハッキングすることができません。
そのターミナルの前に立って左側を見るともう一つ電源の生きているターミナルがあって、そのエントリの
パスワード自動変更しましたというサブジェクトを見るとパスワードが手に入り、ハッキングしなくても解除できます。

2015-11-11_00031.jpg
最深部ではパラディンがSynthの増援を警戒している間にVault111がエンジンを再始動させてエレベーターを動かす事に。
途中、作業台に新武器のジャンクジェット(Junk Jet)が落ちています。
この武器は弾の代わりにRキーでガラクタを詰めて発射する…という、3でいうロックit!ランチャーみたいなものですね。

2015-11-11_00032.jpg
ついでに奥でフュージョンコアも発見。基本的に1ダンジョンに1つあるかないかぐらい?
とりあえず貰っておいて、エンジン再始動スイッチを押します。エンジン点火5秒前!4秒前!という
カウントダウンが始まったと思ったその矢先、激しい銃撃音が。パラディンが警戒していたほうで、
大量のアンドロイドが上階から押し寄せてきて攻撃を仕掛けてきたようです。
二人で応戦するも、その数が多すぎる!と思ったその時…
「カウント0。エンジンを点火します」
凄まじい火柱がフロアの真ん中で上がり、アンドロイドをパラディンもろともに黒焦げにしたのでした。

2015-11-11_00033.jpg
「大丈夫か?」
「ああ・・・こんがり焼かれたけどパワーアーマーのおかげでなんとか生きてるよ」

2015-11-11_00034.jpg
無事エンジンを起動させ、エレベーターを動かせるようになったので最奥部へと向かいます。
最奥部では先客のアンドロイドたちが何やらパーツを手に立ち去ろうとするところでしたが、
遠慮無く殺してでも奪い取る。激しい戦いの末、なんとか電波を遠くへ送信するトランスミッターを獲得しました。

2015-11-11_00036.jpg
「ありがとう民間人。おかげで無事にトランスミッターを回収できた」
「なに、礼には及ばんさ」
「報酬としては何だがこれを受け取ってくれ、BOSが使う武器だ」
2015-11-11_00037.jpg
おお!カスタム品のレーザーライフルですね!
今までのレーザーマスケットのようにチャージが不要そうなのでこれは非常にありがたいです。

2015-11-11_00038.jpg
「ところで…中々良い腕をしているが、BOSに入る気はないか?」
あっどうしよう・・・絶対ろくでもない目に遭わされるけど正直装備やパワーアーマーを融通して貰えそうなのがすごく魅力的。
「やります!」
あっさりエサにつられて加入する事になったところで続きはまた明日。
2015-11-10_00132.jpg
そろそろアーマーをまともなのに新調したいですがアーマーワークベンチが見つかりません。どうも私です。
前回サンクチュアリを復興させるのに最低限の物を揃えたので、今回は農場に居た人に言われた
「最近レキシントンの工場を占拠してるレイダーに困っちょるんよ~殺して(意訳)」というクエストを解決しに行きます。

2015-11-11_00002.jpg
コンコルドからひたすら南下し、途中フェラルグールがうようよ居る鉄道駅やモールラットがうようよ居るガソスタを抜けて
レキシントンの街中へ。何度か行ったり戻ったりしながらレキシントンの街角にはびこるレイダーどもを
次から次にしばき倒したので(前回参照。何回かFatman持ちのレイダーに殺されたのはナイショだ)いよいよ
組み立て工場内部へと侵入しレイダーを殺して回る事に。

組み立て工場は真正面のエントランスから入るとレイダーたちが数人、さらに奥へ進むと数人、
さらに奥へ進むとトラップと数人、屋上から常に攻撃してくるのが数人、外にも数人…と結構な大人数。
組み立てライン最下層ではギアを大量に拾うことができる。

2015-11-11_00003.jpg
なんだこら。バグってますね。FO4、ちょこちょこバグがあって上のSSや遠景として表示される地形が
近づいても消えないとかありますね。まあ初期版なので仕方ないのでしょうが。

レイダーの数がかなり多い+今回はレイダーも中々の強敵なのでかなり苦戦。
さらに最奥に居るレイダーの親分を殺したところでやっとクエスト完了と相成りました。
2015-11-11_00001.jpg
屋上の階段を登っていった先にはREPAIRのボブルヘッドが。
3ではスキルのボブルヘッドでしたが、今回はただのコレクターズアイテム?

2015-11-11_00004.jpg
工場の敷地の端っこの方まで行くと、微弱な軍用信号を検知。
その信号に周波数を合わせてみると新しいクエストが始まり、「警察署へ行く」という目的が追加されました。
数珠つなぎにクエストが発生していくみたいですね。しかも、クエストの絵はBOSパラディンが写っているもの。
うーん、ろくでもない予感がぷんぷんしますね。

2015-11-11_00006.jpg
というわけで一旦農場に戻り、クエスト依頼者にレイダーのケツを蹴飛ばして(この世から)追い出した事を報告。
あ、KuranosukeっていうのはPCネームです。さっき見てた時代劇からとりました。
農場の「面倒事」を解決したおかげで、この農場もサンクチュアリのように自由に使えるようになりました。
とりあえずレイダーが出た時に困るでしょうから、タレットを置いてサンクチュアリへ。

2015-11-11_00008.jpg
うわっ何これ!?こやし玉!?
どうもFO4の天候要素はNVにあったNevadaSkyのハードコア版のように「放射性物質が飛び交う状況」があるようです。
こうなると外に居るだけでガンガンRADを受けてしまいますので、この天候になったら素早く屋内へ避難しましょう。
この天候から緊急避難するためにも家が必要になりますね。
避難できる家があれば、家の中のベッドで数時間寝れば過ぎ去りますから。(Elonaかな?)

2015-11-11_00007.jpg
さてクラフト等での電気の利用方法ですが、直接配線できる装置は発電機から直接コードを繋げるものの、
そうでないものを使う場合は電気用のパイロンが必要になります。
発電機→電気を使いたい機器のそばに電気用パイロンと配線すると、近くにあるものに電気が供給されます。



さてBOSを助けにいけ!というクエストが発生していますが、ちょっとレキシントンの街角でちょっと寄り道。

2015-11-11_00009.jpg
レキシントンの街中、日の当たらないところにはフェラルグールがうようよ。
今作のフェラルグールは動きがかなり素早い上に、死体かと思って近づくと起き上がって攻撃してくる上に
攻撃されるとRADを受ける(=HP最大値が下がる)のでかなり厄介です。
そこへ登場するのがお約束のプロテクトロンガード起動イベント。
今回のはなんか丸っこいし黄色がポップで可愛いですね。

2015-11-11_00010.jpg
壊れた食べ物の自販機?です。お金を入れるとアームが食べ物を取って取り出し口まで持って行ってくれる仕組みらしい。
これまた可愛らしいデザインですね~。たまりません。

2015-11-11_00011.jpg
そして街中で見つけたSUPERDUPER MART。キャピタルでも序盤のクエストでありましたが、
コモンウェルズ(ボストン地域のことみたいです)でも見つけることができます。
見逃せないのはこのドアの横に書かれているマークですね。レキシントンの街中に数か所で見かけましたが、
これはFO3やNVでもあったHobo Sign(放浪者のサイン)ですね。
話がそれますが、このHobo Singは放浪者たちの間で通じる符丁のようなもので、書いてあるマークによって
その意味が定められていて、知っている人が見ればわかる…という物。
スカイリムの盗賊ギルドなんかでもありましたが、実はFalloutシリーズでも使われています。

2015-11-11_00012.jpg
スーパーマーケットの中をフェラルグールをかき分けながら探索。
銃に銃剣をつけているんですが、これが中々便利でフェラルグールにひっかかれそうになった時に
銃剣を付き出して攻撃し、腕を部位破壊するともぎ取る事ができます。両方の手を破壊されたフェラルグールは
攻撃が噛みつきだけになり、大幅に攻撃レートが落ちたり、脚を潰せば転倒するなど非常に部位破壊の描写が細かい。
今作では部位破壊がより重要になりそうです。

さていくらかの物資とともに、最奥部ではエネルギーキャップを発見。どうやらこの形の発電機に使われているもので、
この発電機がダンジョンの奥の方にあり、発電機から盗んでいくことでパワーアーマーを動かすのに必要な
エネルギーキャップを入手できるみたいです。

2015-11-11_00013.jpg
さてさて、川沿いの道を歩いてBOSの支援をするために向かいます…といったところで次回へ続く。

2015-11-11_00019.jpg
おまけ。うーんこのガバガバカスタマイズ
・フリーダムミュージアムを無事に切り抜けた後、コンコルドで取り残された人たちはサンクチュアリ(Sanctuary)へ来る
・ここからはクラフトゲーが始まり、サンクチュアリを復興させていく事が目的となる。

チュートリアルクエストでは住民たちが生活していくのに充分に足りる
・ベッド
・食料
・水
・防備
・エネルギー
を揃える事が要求される。

1:材料を集める
クラフトするにはその材料が居るが、Falloutの場合はその材料はサンクチュアリ内に既に山程転がっている。
具体的に言えば壊された家具や倒れた木々、廃材なんかがそれにあたり、Vキーを押すと開けるメニューで
拠点編集状態にしたまま近づくと黄色く表示されるものはどんどんRキー→解体していい?→材料化していく。
家の前に倒れている木やポスト、街灯なんかもじゃんじゃん材料化してしまって大丈夫です。
また、完全に潰れてしまっている家などはまるごと解体できます。解体すると基礎だけが残るので、
その上に適当なパーツをおいて小屋を建てることができます。

MISCアイテム類も自動的にこの材料として使うことができるので、ガラクタはどんどん拾って持って帰りましょう。

2:ベッドを作る
クラフトメニューの操作は矢印キーから。矢印キーでベッドを選び人数分設置します。
Furniture→bedの中から好きなものを。

3:水の確保
Resources→Waterからポンプを幾つかおいて飲水を確保していきます。

4:エネルギーの確保
Power→generatorから発電機をおいてあげます。

5:食料の確保
デフォルトでワークショップ(住民たちが集まってる建物)の裏に2つ食料が生えていますが、
これに誰か一人NPCをEで選択→植物にEでassignすると食料の世話をしてくれるようになります。
時間が経つとスイカとかが収穫できるようになるんですが、ここは指示通り近くの農場か何かで探してきましょう。

2015-11-10_00113.jpg
農場は犬と会ったガソリンスタンドの南西あたりとサンクチュアリからまっすぐ東に行って石切り場や
レイダーたちが占拠しているアンテナ基地のさらに東に行ったあたりにあります。

2015-11-10_00115.jpg
農場に生えてるTato(カサッカサのトマトみたいなの)とかMelon(スイカ)とかをドヴァキン並の勢いでむしりとったら
後は拠点に帰ってお世話しやすいように一箇所に固めて設置していき、Foodの要求を埋めていきます。

6:防備
土嚢、タレット、なんでもいいからレイダーたちから身を守れるものを作って~って言われるので
とりあえず適当に見張り台とかを作って食料の時と同じように担当者を付けましょう。
これで規定値を超えると全てのクエストをクリアしたことになります。

タレットを作る方法ですが、回路基板(Circuit)が必要になります。
回路基板がどこに落ちているかというと…サンクチュアリの近くには落ちてないみたいです。
東側にある農場で以来されるレイダー退治クエストの最中に幾つかタレットをぶっ壊す事になり、
その戦利品として回路基板を入手できます。つまりタレットの材料は他人のタレットから奪い取れ!と。

2015-11-10_00122.jpg
そんなわけでやってまいりました南の方。鉄道駅の周りにはフェラルグールちゃんがうようよしてて
次世代フェラルグールに感動。いわゆる走るタイプのゾンビ系。あと倒れてると思ったら急に襲ってくる系。いいですね。
クエストの目的地である南の工場地帯へとどんどん進んでいきます。

2015-11-10_00123.jpg
おっやってるね!(居酒屋並感)
レイダーたちの拠点に幾つかタレットがあるので破壊して回路基板を頂戴していきます。

2015-11-10_00124.jpg
ところで、途中でいきなり頭上の通路から爆発物を撃たれて爆死したので何かと思って調べてみれば、
なんとなんとまだ序盤どころかチュートリアルなのにみんな大好きFatmanを持ったレイダーが居るではありませんか。
この段階ではかなりの難敵です。何しろ見つかったら即死確定ですから。

2015-11-10_00125.jpg
とまあ、使いやすくなったグレネードを不意打ちで放って戦利品としてFatman本体とミニニューク2つを入手。
さらにこの通路の下にある粗大ごみことプロウスキ保護シェルター(FO3で駅前にあったやつですね)を開けると
中からミニニュークを抱いた軍人の死体が。どうもレイダーたちがFatmanなんて大それたものを持っていたのは
Fatmanをもって死んだアンポンタンの軍人が居たせいなようです。

さて荷物がいっぱいいっぱいになりましたので、サンクチュアリへ戻りましょう。

2015-11-10_00126.jpg
さてさて戻ってまいりました。
後はレイダーが入ってきそうな所にタレットを配置して終了です。
タレットは電源必要ないので、発電機がもう一つ作れそうだったら浄水器とか作っておくと良いと思います。

2015-11-10_00128.jpg
というわけで浄水器。これは水の上にしか配置できない+電気が必要ですがその分たくさん水を作ってくれます。

2015-11-10_00127.jpg
せっかくなのでマイホームとかも作っておきます。
今後荷物が増えてきたら何かと入用になりそうですからね。

2015-11-10_00005.jpg
トレーラーで散々見慣れたVault111のデフォルトフェイス。

2015-11-10_00010.jpg
OP終了後、夫婦が鏡を見てる所から始まるプロローグ。今までで言う顔をいじる場面ですね。
プリセット顔がだいぶ男前&美人になってるのでプリセット顔からいじるとやりやすいと思います。
UIが大幅に変わってまして、今までみたいなスライドバー式ではなくて顔の編集したい点をクリックすると
個別にメニューが表示されるようになっていて、そこで拡大縮小(S/W)や高さの変更(ホイール)などをしてEで決定…という感じ。
顔にデティールとして傷(上のSSは右目のそばに傷)や火傷痕、シミなんかも選べるようになってます。
顔以外の項目では体型の変更(痩せ~太、マッチョ)ができるようになっています。
SEXのメニューを選ぶと鏡の前に居るキャラクターが交代して女性キャラクターにできます。

ここで選んだキャラクターを操作することになるみたいですが、交代して編集をすることで二人共外見を編集可能です。
一番驚いたのはプリセット顔がかなり自然な造形になっていることですねー。
2015-11-10_00012.jpg
今までのFalloutではキャラクリエイトの時点でもう頭と胴体で色が違っちゃったりしてたんですが、
今回はちゃんと首から下の色も肌の色に合わせて変更され、かなり自然な感じになります。

2015-11-10_00018.jpg
2015-11-10_00015.jpg

そんなこんなで愛する妻と息子、執事ロボットとともに静かな朝を過ごしていたある男。
その男の元をVault-Tecの職員と名乗る男が訪れます。

2015-11-10_00021.jpg
2015-11-10_00022.jpg
「Vault-Tec?なんだそりゃあ」
「おめでとうございます!あなたはVault111の先行選定に選ばれたのです!Vaultに入る権利が手に入りました!」

2015-11-10_00023.jpg
ここでやっと名前の入力画面。プレイヤーが選んだ方の名前を入力します。
奥さんの方はデフォルトネームがノーラ(Nora)で息子はショーン(Shoan)。今回は男性で始めたので男性のデフォネームは不明。

それと見れば分かる通り今回はレベルアップ時にSPECIALを直接補強できるようになったためか、
SPECIALの振り分け数値が非常に少ないです。21しかありませんのでオール5にもできません。
あえてSPECIALの振り分けを少なくする事でキャラの個性付けを強めるみたいな狙いがあるんですかね。

2015-11-10_00025.jpg
そしてVaultへの居住権のサインをした数分後、テレビニュースで流れるニューヨークなどが核攻撃を受けたとの報道。
Falloutシリーズでは一番前の時系列となる、グレートウォーが勃発した瞬間です。

2015-11-10_00026.jpg
ボストンもその核攻撃の例外ではなく、核ミサイルが飛来するまでの時間に幸運にもVaultへ入る権利を得た人々は
Vaultへ向かって一斉に避難します。

2015-11-10_00028.jpg
近所の人たちも一斉にVaultへと向かいますが、Vaultの前では軍人とパワーアーマーを装備した兵士が警備しており
許可を得たものしか通してくれません。幸運にも数分前に書類へサインしていた主人公はVaultへ入ることができます。

2015-11-10_00029.jpg
ボストンへの核ミサイル着弾。どう図っても親指よりでかいので確実にアウトな距離ですね。
すんでの所でVaultへ収容された夫婦と息子は促されるままにVaultの奥へと進みます。

2015-11-10_00033.jpg
「これを着てください」
「この機械に入ってください」
有無をいわさず冷凍保存される主人公。
2015-11-10_00036.jpg

そしてどれぐらいの時が過ぎたのか、突如として冷凍を一旦解除されたかと思えば
目の前のポッドに入っていた妻が抱えていた息子を奪い取る謎の人物。
奪い取られまいと抵抗した妻は射殺され、主人公は再び冷凍されます。
2015-11-10_00039.jpg
2015-11-10_00040.jpg

2015-11-10_00044.jpg
またどれぐらいの時が過ぎたのか、再び目覚める主人公。目の前で妻を殺され、息子は誘拐され、
そして一緒に避難してきた近所の住民たちも皆冷凍されたまま死んでしまっているようです。

2015-11-10_00048.jpg
2015-11-10_00050.jpg
2015-11-10_00052.jpg
Vaultの中は荒れ果て、例によってゴキブリが発生し、白骨死体が転がる…という惨状。
Vault111は10mmピストルとpip-boyを拾い、Vaultを開けて外の世界へと出ていきます。

2015-11-10_00055.jpg



2015-11-10_00072.jpg
そして執事ロボと再開したVault111。200年間この辺りにいたらしく、それなりに事情を知っている模様。
息子をさらって行った連中の手がかりは不明なものの、
「人が集まるところへ行ってみては?レッドロケットスタンドの前を通ってさらに進んだ所に人間が居ましたよ」
という具体的すぎるアドバイスをくれたのでアドバイスどおりに向かうことに。

2015-11-10_00073.jpg
今作では家はかなり自由にいじれるようで、近づくと「Vキーで編集できるよ!」と表示される。
また、ガレージに設置されている作業台を使えば銃をカスタムしたり装備を作れるみたいですね。
カスタムパーツの製作には部品が必要になるが、その部品はアイテムを分解してつくるみたいです。

2015-11-10_00075.jpg
途中レイダーの死体から物資をあさったり、金庫をこじ開けてそれなりに物資を拾ったりする。

2015-11-10_00076.jpg
ガソリンスタンドで出会う犬。トレーラーでもあったが、この犬が最初のコンパニオンになる。
家とコンパニオンは今までのシリーズではある程度シナリオを進めてからでしたが、最初から家と犬が与えられます。



2015-11-10_00080.jpg
犬と二人で進んでいくとレイダーが現れ、2,3人ほど倒すとフリーダムミュージアムの前へ到着。
上の階にいる人物が
「そこに落ちてるレーザーリピーターを拾って手を貸してくれ!」
と言ってくるので、言われるままにそれを拾ってレイダーを倒しつつ博物館の上層へ向かう。

2015-11-10_00081.jpg
トレーラーにも出ていたレーザーリピーター。リピーターという名前の通りリピーター銃のような扱いで、
打つ前にハンドルをRキーで回してチャージしないと撃つことができない。その代わり、威力はそこそこ。

2015-11-10_00084.jpg
そして上層へ。曰く、レイダーたちに包囲された状況で8人が5人になり、このままでは死を待つのみという状況らしい。
この状況を打開するために、屋上に墜落したベルチバードの近くにあるパワーアーマーとミニガンを拾って装備し
一緒に戦って欲しい…とかなんとか。
パワーアーマーを動かすにはエネルギーキャップが必要だそうで、地下にそれを取りに行くことになります。
地下にあるエネルギーキャップを事前にとっていると「もう持ってるけどこれ?」とかちゃんと出て細かい。

2015-11-10_00086.jpg

あとこの部屋のつくえの上にボブルヘッドを発見。説明書きいわくSPECIALが1あがる、3と同じ効果みたいです。


2015-11-10_00089.jpg
2015-11-10_00091.jpg
さあいよいよ戦いだ!(TF並感)
ミニガンとパワーアーマーの暴力によってレイダーをなぎ倒すVault111!
2015-11-10_00092.jpg
さらに排水口からデスクローのエントリーだ!
強い敵にはドクロマークがついてヤバイ事を教えてくれるようになって親切ですね。
デスクローにいきなり飛びかかられて私は心折になりそうでしたけど。

素早い上に攻撃力が高くやばいが、ミニガンでなんとか倒し生存者たちと合流。
フリーダムミュージアムに居るわけにもいかず、ダイヤモンドシティという街へ向かうことに。
生存者たちはサンキュチュアリ(元々Vault111の家が合った近く)へ。

「ところでね、あんたの息子だけど、生きてるわよ。私にはわかるの。場所はわからないけど。」
なんだこの高性能婆ちゃん!?
2015-11-10_00096.jpg

そんなこんなで多少の内輪もめもありつつ、生存者たちは生き延び、サンクチュアリで生活を再建しに行く。
(続く)



全体的にかなり進化しているというか、システムでも結構変わってる部分が多いですね。
まずいちばん大きく変わったのはRADの扱いで、今までのように999までなら溜まって大丈夫~ではなく、
RADが貯まるとHPの上限が減っていきます。この上限を元に戻すにはRAD-Away。
また、野生動物やミュータントの攻撃でRADが上昇したり、モールラットが地中から飛び出して攻撃してくるなど
かなり敵の行動という面でも進化しています。デスクローに至ってはサイドステップから突進してくるので、これはヤバイ。

プレイヤー側もやれることが増えており、グレネードは標準で武器と一緒に装備してAltキーで投擲できるように、
またAltキーを短く押すと銃で殴りつける攻撃になるなど良い意味で別ゲーの良い所をパクってきた感じに。

最早いうことは何もない!という感じなんですが、ただ一点デフォルト状態のマウス感度が高すぎて酔うので
最初にマウス感度を下げるとよろしいかと思います。
00.gif
声優さんを募集するという段になってもまだ要素を追加していくスタイル。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。