やってるゲームとかの雑記


とりあえずおおまかな流れを仮組み。
もう少しエフェクトや効果音素材をたさないとなんとも締まらない感じですが、だいたいこういう感じになると思います。
スポンサーサイト
01_201506301933032a1.png
色々こね回してやってます。
これに演出用の小道具をもうちょっと加えればそれなりに見えるとは思うんですが。

あと細かい調整とエフェクトさえ入れてしまえばそれなりに見えるんじゃないかという感じはしますが
全体のテンポの調整とか、SEの選定もまだで~す。
2400 EX技5
慌てて作ったからちょっとアニメガバってるけど後はエフェクトで誤魔化します
01_20150627202651258.png
右手を痛めました。
01_20150626174227264.png
とりあえず13枚完成。良いペースです
機会があってまとめて見たのでちょっと感想。

『銀河旋風ブライガー』
タイトルは「無頼」から?宇宙を舞台に始末屋稼業を営む「J9」の活躍を描いたスペース時代劇アニメ。
ノリとしては「必殺」シリーズとかそこら辺に近い。西暦2111、宇宙へ進出した人類。様々な文明が繁栄している裏では
コネクションと呼ばれる悪の集団が跋扈しており、それによって力なき人々は度々理不尽な脅威に晒されていた。
J9は弱き人々の依頼を受け、仇討ちを代行する宇宙の始末屋である。

-"ブラスター・キッド" 木戸丈太郎
元軍人。軍でも屈指のブラスター(銃)の使い手であり、一目置かれていたが腐敗した軍に見切りをつけ、脱走。
その後、アステロイドにおいてJ9に加わる。80年台のヒーロー特有の天パがイカすナイスガイ。
(放送当時の)若者らしく、軽口を叩くことも多いが銃の腕前は抜群である。

-"エンジェル・お町" マチコ・ヴァレンシア
フリーの情報屋として活動する美女。ナイフ投げと爆薬の扱いに長けており、"ボンバーギャル"の通名も持つ。
お色気要因と見せかけて、捕まった際にはちゃっかりと基地内の要所要所に爆弾を仕掛けているなど抜け目がなく有能。
ギャンブルが異様に強く、キッドとボウィーは大体負けている。

-"飛ばし屋・ボウィー"スティーブン・ボウィー
カーレーサー。太陽系レースのチャンピオンであり、J9稼業の傍ら表稼業としてレーサーも続けている。
その経歴通りマシン操縦の腕前は抜群で、ブライサンダーの操縦もボウィーが担当している。
レーサーだけあってマシンを大事にしており、ブライサンダーのことを「子猫ちゃん」と呼ぶ。

-"カミソリ・アイザック"アイザック・ゴドノフ
J9の創設者であり、ブレーン役でもある。頭脳明晰で非常に鋭い分析力を持っており、J9が依頼を受けるかどうかは
彼の判断に左右されるのが基本。頭脳だけでなく戦闘においても電撃鞭と銃を自在に操る。
一見冷徹な性格に見えるが人情に厚く、場合によっては依頼人の提示した依頼金を辞退することもある。

-パンチョ・ポンチョ
J9の交渉窓口。本業は闇商人であり、アステロイドにおいて商売をしているがJ9への依頼を取り次ぐ場合
どこからともなく依頼人のもとに現れてJ9による仇討ちを斡旋する。
J9の純粋な協力者というわけではなく、度々依頼金をふっかけて着服しようとしてはその度アイザックに見ぬかれている畜生。


上で書いた通り主な話の流れとしては「仇討ち」であり、J9が受けた依頼をいかにしてこなすかが描かれる。
J9チームの軽妙な会話と時代劇風の渋いナレーションは他には見られない独特の世界観を構成しており、
ロボットアニメであるという前提で見なければかなり面白く見ることが出来る。
ブライガーの話になると「作画が・・・」という話が聞かれることが多いが、見ていた限りではそれほど作画に関して
荒れているように思うところはなかったように思う。
ロボットの扱いも独特で、ブライガーのみがワンオフというわけではなく各コネクションにおいてもそれぞれ戦闘ロボットが
配備されつつあるなど「新鋭兵器」程度である。
物語の佳境では戦う相手が各種コネクションから地球にあるという組織「ヌビアコネクション」へと移り変わっていき、
その首魁であるカーメン・カーメンによる木星爆破計画(木星を爆破し、新たな惑星を作り出す)によって
地球が致命的な放射線に晒され住民が死滅するのを防ぐために奮戦することとなる。
なんとか地球の住民たちを救ったJ9たちは外宇宙へと悪を追って旅立って行き、地球圏で生じた混乱は
ゴーショ家とアーウィン家が主導して沈静化していくこととなる。

『銀河烈風バクシンガー』
舞台は前作から600年後。太陽系はカーメン・カーメンによる木星爆破(新惑星創造)により幕末のような様相を呈し・・・
というか、幕末と新選組をモチーフにしている。登場する組織は悪の組織ではなく実在した勢力をイメージしており、
主人公である新選組は「烈風隊」という愚連隊からドメスティック・バクーフの警備隊へ昇格した集団である。
キャラクターはそれぞれ初代J9のイメージを踏襲しており、声優も引き継ぎになっている。

-"ビリー・ザ・ショット"真幌羽士郎
キッド枠。誰に対しても丁寧に接するたわしの鑑。烈風隊において掟を破った者を処刑する役を丸投げされるなど
していたが、偽装死させるなどして足抜けを手助けしようとするなど非常に心優しい男。
ストレスが祟ってか、中盤以降病に侵され完全に視力を失う。その後は聴覚とハイパーセンサーを駆使して戦う。

-"諸刃のシュテッケン"シュテッケン・ラドクリフ
アイザック枠。しかしアイザックとは異なりかなりの畜生であり、バクシンバードとバクシンガーの代金を踏み倒した挙句
3J本人も散々にこき使う。愚連隊だった烈風隊を規律ある部隊に叩きなおした立役者でもあり、掟を破ったものは
即死罪とするなど苛烈なやり口からカミソリと呼ばれていたアイザックに対して"諸刃"と呼ばれている。

-"ドン・コンドール"ディーゴ・近藤
畜生のシュテッケンを中和する人格者局長。高いリーダーシップと人情味に溢れており、烈風隊をまとめる飴と鞭の飴の方。
シュテッケンとは烈風隊結成当時からの盟友であり、J9をリスペクトする隊になったのも彼らの影響のようである。
アステロイドベルトを戦場にしないため、撤退の時間を稼ぐべく一人量産型バクシンガーに登場、仁王立ちして
新太陽系連合の大群を食い止めて絶命した男の中の男。

-"不死蝶のライラ"ライラ・峰里
お町枠。セクシーな美女のはずがお町ほど印象が無かったりライラメイン回になると作画が怪しくなるなど不遇。

-"かっ飛びの佐馬"佐馬之介・ドーディ
ボウィー枠らしいがみんなバイクに乗るので中盤以降フェードアウト気味だと思ったら昼寝して死んでた。
ちゃっかりキャシーとの間に子供を仕込んでおり、ノンケだったことぐらいしか印象に残らない。

-"3J"ジャャン・ジャック・ジャーニー
ポンチョ枠。しかしポンチョとは逆に烈風隊の無茶苦茶な理屈による代金踏み倒しを筆頭に
その後も烈風隊に協力してあれやこれやと諜報・交渉などと烈風隊の支援者となった人間の鑑。

前作から600年後、幕末をイメージした世界観。それぞれの勢力が理想のために動いており、
烈風隊と敵対する新太陽系連合軍史実における新政府軍である。その主なる指揮官であるイーゴ・モッコスは
西郷どんポジションであり、民間人に被害を出さないように不要な戦いは避ける、
食料コロニーを破壊して民間人を危険にさらすことに心を痛める姿が描かれるなどそれぞれの内情も描かれる。
終盤には前作で木星爆破の主犯であったカーメンを崇拝する教徒たちであるヌビア教徒残党と
その指導者カーメン18世が登場するが、こちらでは悪党というわけではなく烈風隊の要請に呼応して
彼らの背後を守るように協力するなどの描写も見られた。
こちらではロボットは完全に量産されており、特に「ニオーム」などのロボットに至ってはどこの戦場でも
度々その姿が見られる様が描写される、バクシンガー自体も量産計画が持ち上がり作中で二機目が登場する、
量産型の納期が間に合わなかった為に烈風隊は壮絶な最後を遂げる・・・等独特の扱い。
新選組をテーマにしているだけあって、ラストには五稜郭でメインキャラクターの大半が討ち死にするが
その最終戦が4分程度の超巻きまくり・・・と、諸行無常を感じずには居られない作りである。
最後に「烈」の精神を派手に打ち上げた烈風隊の存在は敵対者であったイーゴ・モッコスや数少ない
烈風隊の生き残り達によって語られていくことになる、という大河・群像劇としての面白さが印象深い。
また、前作で実態が不明だった「外宇宙」が史実における諸外国に当たる地域であることが明かされるなど
前作との連動もしっかりしており、激変の時代を熱く生きて散った男たちのドラマは再び文明が花開いた
サスライガーの世界観への礎となっている。
84 テストアニメ
本体のスプライトだけでもう688枚あり今作ってるアニメが22枚あるので700枚越え確定です。おめでとうございます。
01_20150625145726c9f.png
ピシピシ作っていきますよぉ
01_201506242240319cf.png
今日は仕事ででら疲れたんで3枚だけです。
01_20150623194032f82.png
最初にニュートラルのスプライトを組み込み始めたのが2014年7月頭ぐらいなので
いよいよ本格的に作業を始めてから丸一年ぐらい経ちます(一時期あまり調子がよくなくて作業サボってたのはありますが)。
そんなこんなで残りのモーションは技だけに関しては投げ技2つだけ。スプライト多少多めに作っても
そうそう遠くない時期に終わりそうな気がします。

問題はそれ以外の部分で、イントロや演出系、特殊対応なんかとオマケ系のモーションをちゃんとやらなんと
いかんってとことですね。後はバランス調整、バグフィクス、ダウンコンバート版・・・まだまだやることがありますが。
現在本体のスプライトで完成してるのが688枚なんで、完成したら本体のスプライトは700枚~800枚ぐらいかなぁ。
なんやかんやで一人で作ろうとするとへーきで1年ぐらいはかかってしまうのが悩みですね。
もーっと開発ペース上げられる方法があれば良いんですが。
EXコマンド投げ1
背負投げみたいな形で反対側に投げる→ひっぺがして更に反対側に投げる(ここらへんループで回数増やしても可)
振り回して水平方向に投げ飛ばす→壁にバウンドした敵に打撃でフィニッシュ
みたいな感じにしようと思っています。
ラストの打撃はここだと振りかぶるところからなんですけど、回し受けのモーション流用して
構え作っても良さそうですねぇ~。
EX技4完成したのでそのプレビュー動画です。


EX技4:ノーマル版 カウンター頭突き
当て身投げのような判定のカウンター技。何らかの攻撃を受けた場合、カウンター攻撃が発動。
ただし一般的な当て身投げのようにダメージを無効化することはなく、そのままダメージは通る。
(ライフが0になる威力の攻撃を受けた時でもライフは1だけ残る)
カウンター攻撃に受けたダメージが上乗せされ、この技で強力な攻撃を受ければ受けるほど
大ダメージを与えるようになる。


EX技4:バースト版 毒霧
当て身投げ判定のカウンター技。攻撃を受けた時、毒霧で反撃。
毒霧を使用する際にボタン入力(LMHとそれぞれの同時押し)により6種類の毒霧を噴くことができ、
毒霧の色によって発生する副次効果が異なる。
また、地上攻撃だけでなく空中攻撃に対しても有効で相手が空中にいる場合は仰角を付けて噴くことができる。
(見た目だけで実際にはステートをとっているだけの話)

特殊な当て身投げのような判定を持った技になってます。
・攻撃を受けた時、その攻撃によるダメージは無効化されません(そのまま受ける)
・当身投げの判定が出ている間に受けた攻撃ではKOされず、ライフが0になる場合は1残ります
・ダメージはベースダメージ+受けたダメージで増加します。

上の動画は攻撃力10倍(Atc1000)のKFMで撮影したので大分極端なことになっています
2300 頭突き
2301 毒霧
01_2015061921192029d.png
01_20150618200408616.png
2300 頭突き
文字通りの意味でな!!
01_201506171915265d8.png
ノーマル当て身投げ系超必殺技のアニメ。
構え中に攻撃を受けた場合捕まえて頭突きを叩き込むみたいな感じ。

敵の攻撃力の一部がダメージに上乗せとかでも面白いですね。風車の理論が云々
EX当て身投げA
カウンター技(ノーマル時)。
アピール→構えに移行し、構えている間に打撃を受けると捕まえてダメージ。
完全カウンターではなくダメージそのまま受ける+受けたダメージに割増しで返すとかでも良いかなと一瞬思いました。

EX当て身投げB
カウンター技(バースト後の変身時)。
構えている間に攻撃を受けると毒的なものを噴射して反撃。

どうでもいい端書き。「毒霧」をプロレスのリングで初めて使ったのはグレート・カブキと言われており、
日本人怪奇ギミックレスラーの得意技=Asian Mistという通称が英語圏では使われている。
開祖であるカブキのお墨付きを受けているのはグレート・ムタとTAJIRIの二人。
その色(緑か赤)からGreen Mist、もしくはRed Mistと呼ばれることもある。

使い回しでイントロ2を作ったので動画。
ビッグオーの登場シーンみたいですね。
・・・はい、トバしタイトルです。
同人活動や個人制作をしている方なんかでも、SNSとブログを平行してやっているという方は多いと思います。
こういう場合に結構多い案件(というか私もそうなんですが)だと思うんですが、
「SNSの方ではそれなりにフォロワーもいるし投稿に対するリアクションがあるのにブログのアクセス数が伸びない」、
つまり制作活動についてはあまり知られていないという状況が発生することがあります。
かくいう私も数年にわたってフォローしていた人につい最近まで活動内容を一切知られていなかったとかそういうことがありまして。
どうせならSNSとキッチリ連携して活動内容を知ってもらいたい!イベントなどでの頒布の手助けにしたい!人向けに
ちょっとあれこれをやってみたところ、ブログのアクセス数が平均的にアップ+ブログランキングも急上昇したのでメモ。
(といっても、ブログランキング経由のアクセスなんて期待できないのでランキングの方はただの目安です)

なんとか対策とかアクセスアップの秘訣!とか色々胡散臭い教材やらなんやらのエントリがネット上に
ぶちまけられていて参考にできる事が非常に少ないので色々困る所なのですが、単刀直入に言うと
「SNSを多くの人が見ている時間帯にブログエントリへのURLをツイートする」ことを実行するだけです。
このSNSを多くの人が見ているであろう時間帯は
・朝 7時半~9時 :朝通勤通学前の人が電車の中で見る事が多い時間帯。
・昼12時~1時ごろ:昼休み中に昼食を終えた人が携帯端末でSNSをチェックすることが多い時間帯。
・夕方5時~7時ごろ:学校・会社帰りの人が帰りの電車の中で見ることが多い時間帯
・夜10時~12時ごろ:寝る前にPCや携帯でSNSを見る人が多い時間帯。
あたりがコアとなります。それ以外の時間帯もたまたま時間が開いた人や休みの人が見ていたり
することはありますが、できるだけ多くの人に見てもらうという意味ではここらへんの時間がメインですね。

というわけで出てくるのがBuffer。
Bufferは複数のSNSに同時投稿するためのツールなんですが、これを使ってFC2ブログのRSSを拾って
Twitterに指定の時間になったらURLとエントリ名を投げる~という処理をしていきます。
ただBuffer単体だとFC2ブログのRSSをひろうという処理が出来ないので、IFTTTを使って
RSS→Bufferのレシピを組んでIFTTTがRSSをキャッチしたらBufferへ、Bufferは定時にSNSへ・・・という処理をくみーの。

注意点としては
・自分をフォローしている人がある程度自分の活動に興味を持つであろう層であるという必要がある
 (機械的に、あるいは不正に増やしたフォロワーは意味をなさない)
・宣伝ツイートの度が過ぎていると鬱陶しい
という点でしょうか。もっとも、度を越していなければ大体見逃してもらえる程度(1日2,3回程度)であれば
特に気にする必要もないと思いますが。
Pre3→Pre3.1に更新しました。

主な変更点
・EX技1の追加
・EX技2の追加
・EX技3の追加
・バグフィクス
・必殺技でゲージが増えるように
・イントロ一種類追加
海外フォーラムを旅していて掲載している人を見つけたので和訳メモ。


[8055001~805503]性別判定用
8055001 - Male(男性)
8055002 - Female(女性)
8055003 - Neither(どちらでもない)
性別を設定するオプションです。男性または女性でないキャラは全てNeitherにすると思われます。

[8055010~8055017]年齢判定
8055010 - Baby(赤さん)
8055011 - Child(子供)
8055012 - Teenager(ティーン、10代)
8055013 - Young Adult(青年、20代)
8055014 - Middle Aged(中年、30代~50代)
8055015 - Old(老人、60代~?)
8055016 - Ancient(長命、100歳~?)
8055017 - Timeless(時間の流れから切り離された存在)

[8055020~8055029]種族判定用
8055020 - Human(人間)
8055021 - Robot(ロボット)
8055022 - Animal(動物)
8055023 - Monster(怪物、怪獣)
8055024 - Ghost(霊体、怨霊)
8055025 - Mech(機械?上のRobotとどういう差があるのか不明)
8055026 - Mythological Creature(架空の生物・神話上の生物)
8055027 - Alien(エイリアン・地球外・異世界の生命体)
8055028 - God(神・神族)
8055029 - Object(無機物)
RobotとMechの違いが不明です。Mechは機械生命体?とかでしょうか?

[8055030~8055039]血液の色
8055030 - Red(赤、通常)
8055031 - Green(緑)
8055032 - Blue(青)
8055033 - Yellow(黄)
8055034 - Purple(紫)
8055035 - Orange(オレンジ)
8055036 - Black(黒)
8055037 - White(白)
8055038 - Grey(グレー)
8055039 - Does not bleed(出血しない、血液なし)
黒等のオプションがあるので必要であればオイルが漏れるような表現ができますね。

[8055040~8044046]装甲属性、体の材質によってヒットサウンドをかえるときに使う模様
8055040 - None(なし、通常の肉体 人間)
8055041 - Metal(金属製装甲)
8055042 - Stone(石の装甲)
8055043 - Wood(木の装甲、樹皮)
8055044 - Flame(炎の装甲)
8055045 - Ice(氷の装甲)
8055046 - Force(フォースフィールド、エネルギー)
敵の攻撃を受けた時にアーマーが鳴らす音の設定に使うようです。
例えば鉄製のプロテクターをつけていたら硬い音がするなど。

[8055047~885053]防御時の装甲属性、盾やシールドを装備している時に使用。音種別に関しては上と同じ
8055047 - None
8055048 - Metal
8055049 - Stone
8055050 - Wood
8055051 - Flame
8055052 - Ice
8055053 - Force
上述と同じくこっちはガードした時の効果音を設定します。腕や防御部位につけている防具や
ガード時だけ何かを展開する場合など。

[8055054~8055059]武器を持っているかどうか、持っているなら武器の種別
8055054 - Unarmed(素手)
8055055 - Bladed(刀剣、刃の付いた武器)
8055056 - Piercing(刺突、槍や刺突用の剣など)
8055057 - Blunt(鈍器、ハンマー、棍棒などの打撃武器)
8055058 - Magic(魔法の武器、魔法の杖)
8055059 - Projectile (guns, etc) (飛び道具を発射する武器、銃、砲など)

[8055060~8055064]セックスアピール
8055060 - God Awful(醜悪)
8055061 - Ugly(魅力的でない)
8055062 - Average(平均)
8055063 - Hot(魅力的)
8055064 - Cute/Dead Sexy(魔性)
主に女性キャラクターのセクシーさを示す指標?

[8055065~8044069]かっこよさ
8055065 - Really Dorky(超マヌケ)
8055066 - A Little Dorky(ちょっとマヌケ)
8055067 - Normal(普通)
8055068 - Cool(かっこいい)
8055069 - Very Cool(超かっこいい)
見た目のカッコよさを示す指標みたいです。

[8055070~8055074]モラル・善悪
8055070 - Evil(悪)
8055071 - Mean(ちょい悪、不良、小悪党)
8055072 - Neutral(中立)
8055073 - Good Natured(善人)
8055074 - Absolutely Moral (モラルの体現者)

[8055080~8055085]知性・知能
8055080 - No Cognition(無知能・知性を持たない)
8055081 - Stupid(バカ)
8055082 - Average(普通)
8055083 - Smart(賢い)
8055084 - Genius(天才的)
8055085 - 全知全能

[8055090~8055095]AIレベル
8055090 - Is a Joke(ジョークレベル)
8055091 - Easy to Beat(簡単に倒せる)
8055092 - Average(平均的)
8055093 - Difficult to beat(強い)
8055094 - Boss(ボスレベル)
8055095 - Uber Cheap(超チープ)
日本では狂~とか呼ばれるキャラクターは英語圏では「Cheap」とひとくくりで呼ばれます

[8055100~8055105]身長
8055100 - Tiny(極小)
8055101 - Midget(小人)
8055102 - Short(低い)
8055103 - Average Height(標準的)
8055104 - Tall(高い)
8055105 - Towering(そびえ立つ)

[8055110~8055116]体格・体つき
8055110 - Ghastly Thin(病的に痩せている)
8055111 - Slender(細身)
8055112 - Average(標準的)
8055113 - Buff(鍛えてる)
8055114 - Massive(マッチョ)
8055115 - Chubby(太っちょ、小太り)
8055116 - Fat(肥満)

[8055120~8055176]格闘スタイル
8055120 - Aikido(合気道)
8055121 - Boxing(ボクシング)
8055122 - Capoeira(カポエラ)
8055123 - Choy Li Fut(チョイレイファット カンフーの一種)
8055124 - Dim Mak(點穴、点穴術 人間の弱点である点穴や秘孔を突いて攻撃する格闘術)
8055125 - Gojukai Karate(剛柔会空手)
8055126 - Goju Ryu Karate(剛柔流空手)
8055127 - Hapkido(ハプキドー 漢字で合気道と書くが日本の合気道とは別とされる、韓国の総合格闘技のような武術)
8055128 - Hsing(形意拳、動物や生物の動き、自然の動きを取り入れた武術)
8055129 - Iaido(居合道、居合の状態から刀を繰り出す技術)
8055130 - Jeet Kune Do(ジークンドー、ブルース・リーなどで有名な拳法)
8055131 - Judo(柔道)
8055132 - Jujutsu(柔術)
8055133 - Ju Jitsu(柔術、柔道とは違う 何故2つあるのかは不明)
8055134 - Kali(カリ、フィリピンの武術)
8055135 - Karate(空手)
8055136 - Kendo(剣道)
8055137 - Kenpo Karate(拳法空手 フルコンタクトの打撃系空手のこと?)
8055138 - Kickboxing(キックボクシング)
8055139 - Krav Maga(クラヴマガ 軍隊格闘術)
8055140 - Kung Fu(カンフー)
8055141 - Kyokushinkai(極真空手)
8055142 - Muay Thai(ムエタイ、タイの伝統的格闘技)
8055143 - Ninjutsu(忍術、忍者の用いる白兵戦用の戦闘法)
8055144 - Pentjak Silat(パンカクシラット、インドネシアの格闘技)
8055145 - Pa Kua(八卦掌)
8055146 - Sambo(サンボ)
8055147 - Savate(フレンチキックボクシング)
8055148 - Shito Ryu Karate(糸東流空手)
8055149 - Shorin Ryu(少林流)
8055150 - Shorinji Kempo(少林寺拳法)
8055151 - Shotokan Karate(松濤館流空手)
8055152 - Shukokai(修交会、空手)
8055153 - Sumo(相撲)
8055154 - Taekwondo(テコンドー)
8055155 - Tai Chi Chuan(太極拳)
8055156 - Tang Soo Do(唐手道、韓国の格闘技 日本の空手や唐手とは違う模様?)
8055157 - Uechi Ryu(上地流、空手)
8055158 - Wado Ryu Karate(和道流空手)
8055159 - Wing Chun Kung Fu(詠春カンフー)
8055160 - Yoseikan(養正館武道)
8055161 - Ansatsukan(暗殺拳空手の事?)
8055162 - Wrestling(レスリング)
8055163 - Drunken Boxing(酔拳)
8055164 - Ankoku Karate(暗黒空手)
8055165 - Koppo(骨法)
8055166 - KOBUJUTSU(古武術)
8055167 - SELF-TAUGHT FIGHTING(我流戦闘術)
8055168 - WU SHU(武術、武術太極拳)
8055169 - Unknown fighting style(ファイトスタイル不明)
8055170 - KITANTAN-RYUU(不明 きたんたん流?)
8055171 - DAINANRYU-AIKI JUUJUTSU(大南流合気柔術)
8055172 - Kenka Sappou(ケンカ殺法、ケンカファイト)
8055173 - Hizoku(飛賊、KOFに登場する暗殺集団 詳細不明)
8055174 - Vale Tudo(バリートゥード、総合額闘技)
8055175 - Saikyo-ryuu(サイキョー流)
8055176 - Bushin-ryuu(武神流)
なんだか変に空手関係ばっかり充実してたり聞いたこともない拳法が混じってたりで変な感じ。

[8055190~8055194]血液型 AとBを両方使うとABというふうになるらしい
8055190 - A(A型)
8055191 - B(B型)
8055192 - O(O型)
8055193 - +(+)
8055194 - -(-)

[8055200~8055212]出身地・人種複数選択可、複数選択でハーフ?若干込み入った事になってるらしい
8055200 - White(白人、コーカソイド系)
8055201 - African(アフリカ系)
8055202 - Chinese(中国系。漢民族だけでなく諸民族も全て入る?)
8055203 - American Indian(ネイティブアメリカン)
8055204 - Japanese(日本、大和民族系。アイヌ系、琉球系等もまとめて入る?)
8055205 - Filipino(フィリピン系)
8055206 - Indian(インド系)
8055207 - Korean(朝鮮半島、韓国系)
8055208 - Hawaiian(ハワイ系)
8055209 - Vietnamese(ベトナム系)
8055210 - Guamanian(グアム系)
8055211 - Samoan(サモア系)
8055212 - Latino(ラテン系)
一応人種を設定するオプションのようですが結構括りが大雑把かつごっそり抜けてる地域があるので
これだけで設定仕切るのは若干難しそうですね。とりあえずの目安程度でしょうか。



使い方はキャラのair内、該当番号に適当にアニメを入れれば良いようです。
相手側からそれを参照して、該当する要素があったら特殊イントロや演出等で分岐・・・ってかんじですかね。


全地上判定、しゃがみ・空中状態の相手には当たらない地震技です。
立ち状態及びダウン状態にヒットし、ヒットした相手をしばらく浮き上がらせます。
演出で表示されている岩は飾りではなく、立ち通常攻撃(LMH)を近くで出すと殴ることができ、
殴られた岩は飛び道具として敵に向かって飛んでいきます。
スローモーションは何らかの攻撃で敵を別のステートに送ると解除されます。

この攻撃を挟む事で通常繋がらないコンボを挟む、遠距離の相手に攻撃することができますが
補正が非常に強くかかるためコンボダメージはそれほど伸びないと思います。


これ絶対ヤバい技だぞ~
2200 土俵入り
実作業は3日ぐらい。
3日で作ったにしてはそこそこの出来になったと思います。

どういう技になるかは・・・うん。
いい加減現在使っているノートがとうに耐用年数を超えていてキーボード等ガバガバなので、
そろそろ新しいPCに変えたいな~っていう話。

当初は自作を考えてたりしたんですが、最近はBTOとかカスタムモデルのPCがずいぶん頑張ってて
ヘタするとパーツをバラで買うより安かったりするんですねぇ(まあナンバーコストという意味で考えれば当たり前なんですが)。
8万弱のPCと2万弱のモニターでもそれなりに使えそうですしそう考えると10万切っちゃうのか~とか。
周辺のものも含めると11,12万ぐらい?5年前では考えられないようなスペック。

なんでこんな話するかっていうとまずFallout4が出るんですよ!!大ニュースですよ大ニュース。
FONVですら動作が怪しい感じなのでFO4が進化してたらまず間違いなく動かないですからね。
Falloutのためにも、製作環境の向上の為にも新しいPCがほしいんですよあたしゃぁ。
どうせなら画質高設定でボストン堪能したいもん。
新しいビットマップ イメージ
2日で、17枚!
きのうはちょっと疲れててすっかりココらへんの事を書いておくのを忘れていました。

Bioshock2のストーリーの根幹にあるものはやっぱり「家族」なんですよね。
ちょこちょこ感想とか見て回ってもラムに関してこういう事を書いてる人が居なかったので少し
書き残しておこうと思います。

そもそもラプチャーという都市を作った男であるライアンやバイタリティに恵まれた悪党であったフォンテインに比べると、
ソフィア・ラムは弱い存在として描かれているというのは事実だと思います。
というのは、ソフィア・ラムはラプチャーが健在の頃から悪事を働いてコネクションや私兵を持っていたわけではなく、
本当に後から入ってきて救いを求める人々に宗教的な思想を与えて独裁者になったにすぎないんですね。
何故ソフィア・ラムがそんな事をしたのか…ということを考えると、彼女もまたデルタと同じように擬似家族とはいえ
「母親として」娘たちを守るためにラプチャーというユートピアを作り、閉じ込めておこうとした。
実際にリトルシスターたちの目にはラプチャーは未だに美しい内装のなされた空間として写っていて、
彼女たちの言う「エンジェル」は本当に天使のような亡骸として彼女たちには見えていた。
一方で、デルタは「父親として」エレノアを外の世界へと旅立たせるためにラプチャーの廃墟を突き進み、
あらゆる障害を排除して最後にはエレノアと共にラプチャーから海上へと浮上し、そこで息絶える。

父親と母親という二人の擬似家族の親は本編中ではかなり念入りに対比的に描かれています。
多くの言葉を与えて娘を育てようとしたラム。一言も言葉は発しなかったが行動で娘に生き方を示したデルタ。
救いを求めるラプチャーの人々の心理を利用してスプライサーをけしかけるラム。
襲いかかるスプライサーを問答無用で殺すだけのデルタ。
歪んだ怪物の母と造られた怪物の父親は同じく怪物とされた娘を巡って命をかけた争いを繰り広げます。

もちろん、最終的にはプレイヤーであり、娘エレノアの求めた「輝く鎧の騎士※」であるデルタがラムに勝利します。
(※Knight in shining Armor:理想的な騎士、正義の味方のこと)
救命艇に乗り込んだエレノアと外側に捕まったデルタの目前には救命艇が浸水し、溺れ死ぬ寸前のラム。
エレノアはデルタ(プレイヤー)が今までゲームの中で行ってきた事を見ていて、もしデルタが一度でも誰かを赦したのであれば
同じように母の犯した間違いを赦し、もう一度やりなおすチャンスを与えるために彼女にボンベを付けさせる。
もしデルタ(プレイヤー)が過去との決別のために全ての人を殺したのであれば、同じように過去と決別するために
母を殺し、デルタからADAMを奪い取って水上の世界へと出て行く。
奇妙な擬似家族の、いつまでも娘たちを手元に置いて守りたい母親と外の世界へ飛び立ちたい娘、
そしてその「輝く鎧の騎士」であるデルタの間の問題はプレイヤーの選択によって異なる結末を得て決着します。
誰かの罪を赦し、死んだ者とともに生きていくか、あるいは自分以外のものは全て無慈悲に利用して生きていくか。

「家族」というテーマと、なんとも人間くさい理由で悪役となった母親。そして生きる死体として僅かな余命を与えられた父。
父の背中を見て、生まれてはじめての決断を下す娘。確かに1と比べるとシナリオ上のトリックという
部分では弱いですが、不格好で奇妙な愛情を娘に注ぐ二人の親と娘の物語はラプチャーと同じく
今にも全てが崩れ落ちそうな危うい美しさを持ったストーリーだと思います。
個人的には1と同じぐらいお気に入り。