やってるゲームとかの雑記
最近海外の方がキャラクターの公開先で迷う例を目にしましたので
GoogleSiteを使ってポータルサイトっぽいものを作ってみました。

Kunshomo's MUGEN Workshop - https://sites.google.com/site/fareastmugen/

なーんもないというか、ポータルサイトなんで当たり前なんですけど。
じきにもうちょっとコンテンツ足したりとかするかもね。っていう。
スポンサーサイト
2014-10-31_00001_2014103119214525b.jpg

基本的に左右からの攻撃はガトリングに座れてしまいやすいラスボスですが、
火炎放射であれば直接胴体を狙える上に継続ダメージで一気に倒せます。
日本語の解説がほとんど無いか、あっても古い情報のまま更新されてないのでメモ書き。

GMODは様々なゲームのキャラクターをぶっこぬいてきたモデルデータが
Steamワークショップに転がっている無法地帯です。遊びたいキャラクターのモデルを探してきましょう。

今回はとりあえずポーズ付け用にこのテンノのラグドールを使おうと思います。
2014-10-31_00001.jpg


通常のオブジェクトを出現させる時と同じ要領でラグドールを呼び出します。
追加で入れたラグドールは通常このへんに入るはずなので欲しいラグドールをクリックして呼び出し。

この状態ではぐにゃぐにゃのゴム人形かぬいぐるみみたいな状態(つまりこれがラグドール)です。
洋ゲーをやりつけている人であれば状態異常や気絶、死亡でこうなるのを見慣れているのではないでしょうか。

このラグドールをフィジクスガンを使って仮のポーズを付けていきます。
大体のラグドールには頭・胴体・腕・足ぐらいにボーンが入ってるのでそのボーンを左クリックで選び、
動かしたい位置まで持ってきたら右クリックで仮固定。回転は左クリックを押しながらE+マウスドラッグ。
2014-10-31_00002.jpg


右クリックで仮固定が終わり、ポーズはこれで完成で良いと思ったらラグドールをStatue化します。
Statueと言うのは銅像とか石像の事ですね。名前の通りその形で作られた石像のように
そのポーズのまま固定されるようになり、他のオブジェクトがぶつかってもほとんど干渉を受けなくなります。
現在Web上で見つかる日本語の解説では「ツールメニューのStatueを選び…」となっていますが、
このStatue化はCキーを押しながらStatue化したいオブジェクトを右クリックし、メニュー内の
Statueという項目(鍵のマーク)をクリックする事でStatue化するという操作に変更
されています。
ちなみにこのCキー+右クリックメニューから個別削除も可能。

2014-10-31_00005.jpg

Statue化して固定が終わったら他のオブジェクトやラグドールにも同じようにポーズを付けて置いていきます。
これでいいかな?と思ったらカメラツールを置いて撮影してくださいね。

Statue化したけどもう少し直したいな~と思った時は同じようにC+右クリックメニューの
UnStatueでStatue化を解除出来ます。


次。ポージングにおいて「手の動き」はかなり重要な要素ですね。
手(指)の動きはツールメニューにあるPoser項目内のFinger(指)ポージングツールを使っていじります。
2014-10-31_00004.jpg

モデルによってはそもそも指が無いため非対応という場合もあります。



次。ラグドールの表情を弄ってみましょう。これもモデルによって対応がまちまちで
そもそも表情モーフがなかったり、あっても適用しようとするとめちゃくちゃに破綻するとかあったりします。
(表情メニュー開いてると何故か撮影出来ない状態だったのでSSありません・・・)

ツールメニューのPose項目内のFaceから。
適用したいモデルを左クリックで撃ってメニューをいじるんですが、これだけだとわけわかんねぇ!…と思いきや、
ここで各項目をいじると後ろに透けて見えるモデルの表情もちゃんと連動して変わるのでそれを見ながら
色々試してみてください。

項目名の横にrやlがついているのがありますが、これは顔の左右で別の表情を付けられる機能です。
目だけでなく口の端も左右に振り分けられているものがあり、これを使えば片方の口角を釣り上げた表情や
ウィンクなどが作れる…っていう感じですね。

この項目を弄って上手く表情を作っていくんですが、モデルによっては特定の顔が作りやすかったり
特定の項目がピーキーな挙動になっていて1変えるだけでかなり変化する・・・など、
個々のモデルに依存する部分が大きいです。

また、同じくPoserの中に入っているEyeコントローラーを使えば目線を動かす事も出来ます。
特に目が作りこんであるキャラクターは目線を変えるだけでグッと自然な出来になるのでぜひやっておきましょう。
カメラの前に立って右クリックすれば自動的に視線がプレイヤーの方向に合いますので便利です。
他のところを見させたい時や合わない場合は左クリックで手動でやりましょう。



ポーズ付けや表情付けが終わったらカメラを置いて記念写真を撮りましょう。
以前のGMOD講座でも使ったカメラツールを使ってカメラを設置します。

今回はカメラで使うのは固定カメラです。(プレイヤーを追いかけると不都合なため)
固定カメラは左クリックで設置すると今のプレイヤーの視界と同じ範囲を写すカメラが設置されます。
とんでもないところをポイントしてトリガーを引くのはちょっと変な感じですが気にせず置いちゃいましょう。

カメラの設置時に割り当てたキーを押してカメラからの視点に切り替えつつポージングに
直したい部分や設置ミスが無いか確認し、OKだったらSSを撮影して完成です。



最後に解説とは関係ない話ですが、ラグドールの設置仕方のコツの話。
イラストの構図の話なんかでもよく言われていますが、四角い枠の中で
人物やオブジェクトが大きな三角形を作る構図にしてラグドールを設置すると安定感のあるSSになります。

また、被写体をカメラの真ん中に置くと記念写真風に、カメラの左(または右)から1/3程度の位置に置いて
残りは背景などを移すと世界観が出たSSを撮ることが出来ます。
きれいな町並みや雰囲気のあるマップ等、色々なものが公開されているので試してみましょう。
小物を散りばめるだけでも面白いSSになりますね!

2014-10-31_00006.jpg
2014-10-30_00002.jpg
一番最初に置いたオベロンくんのポーズが一番雑なんですがそれは…

RDのポーズと顔は上手く出来たと思いました(小並感)
2014-10-30_00004.jpg
40秒切りは結構イケてますね。
運がいいと移動を挟まずに最終形態にできるっぽい・・・?
a3_20141030154244a19.png
何も思いつかなくてだいぶ苦労した割には普通の出来の空中投げになってます。
意外とちゃんとネックブリーカードロップっぽく見える?ようになったのは良かったですね。

現在では主に試合中の小技(つなぎ技)として走ってくる相手に対するカウンターとして様々な選手に
広く使われている技ですが、この技の開祖とも言われているジャイアント馬場選手はここぞという時に繰り出す
文字通りの必殺技としてこの技を使っていました。
現在では前者のイメージから「小技である」「これでフォールがとれたのは昔だったから」等と言われる事もありますが、
カウンター気味に決まった時や巨体が水平にまで一瞬浮き上がるという迫力では有無を言わせぬものが
ある技だと思います。
格ゲーでも体の大きなキャラクターが繰り出せばかなり迫力のある技になりますね。
a3_20141029220149361.png

ネックブリーカードロップみたいな感じ。
オール使い回し!モーション的に左右が入れ替わりそうな感じですかね。
自分が壁際背負ってる時に空投げ決まると左右逆転するみたいな。
逆に追い詰めてる時は通常技で落としたほうが良さそうみたいな
2014-10-28_00001.jpg
6ボスでリプリー、9秒切りぐらいですね。
ちょっとミスってこれなのでリプリーでも上手く張り付けば8秒切れる?

リプリーの火炎放射はどうも6ボスのブロックを貫通して飛んで行くみたいなんで、
6ボスの真ん中にあるコアの高さで火炎放射×3したらすごいタイムが縮められそうです。
2014-10-27_00001_20141027194922859.jpg
5ボス。マックスでもそれなりに早く倒せる?みたい。

マックスはフォーラムだと弱い弱い言われてましたがこのゲームでは非常に強い要素である
炎による攻撃(ザコ敵に対する制圧力の高さ)+ショットガンの破壊力を持つBroなので
瞬間火力に関してはショットガン専門のBroより一歩劣る感があるものの中々強いです。

2014-10-27_00003.jpg
ラスボス戦。2分切ればかなり早い部類だと思います。
こいつは中々時短出来ないので厄介ですね・・・。
2014-10-26_00002.jpg

やはりここでもでましたTime Bro最強説。スーパーヴァンダミングアクション。
ちょっとミスってこれなんで、ミスが無ければ8秒切るかも。
前投げ・後ろ投げの仮実装できました。

投げの時にレバーを触らない(ニュートラル)or前方向にレバーを倒す→前投げ
投げの時にレバーを後ろに倒す→後ろ投げとなっています。

801 投げテストスプライト

804 後ろ投げ

前投げと後ろ投げですね。
なんとなく後ろ投げがいまいちな気もするけどsff段階だからで多分ちゃんと組んだら
それなりに見えるんじゃないかな?とか。cnsの側で色々演出も足せますからね。
a3_2014102515281716e.png

枚数すごい多いっすね・・・
◇キャラ作成~チュートリアル

■ゲームを開始できない
ゲームをダウンロードした状態だと日本からは地域が「アジア」になっていますが、
日本は「アジア」には含まれないため「アジア」リージョンのままではプレイ不能みたいです。
これを「West」(インターナショナル鯖)に変更すればプレイ可能になっています。

ゲームを開始して「プレイ」ボタンを押した際に「Authentication Problem!」とエラーが出て
ログイン出来ない場合はクライアントのログイン画面右下に表示される歯車のマークをクリックし、
regionタブから地域設定をAsia→Westに変更した後クライアントを再起動してみてください。
(再起動しないと地域設定が変更されません)

また、一部の入力環境では入力欄にフォーカスが来るたびに日本語入力になってしまう模様。
パスワードは半角でないと当然入りませんので確認してみてください。

■チュートリアル云々って言われる
YESを押すとチュートリアルが開始しますが、このチュートリアル中に得たアイテムや経験値は
チュートリアルが終わった後に引き継がれます。
チュートリアルをやるだけでレベル7~8程度まで上げることができる他、
武器や装備などもごく基本的なものをもらうことが出来ますので、特に理由が無ければ
見ておいたほうが良いと思います。

■一種類しか種族選べないの?
チュートリアルの内容を統一するようにオーソドックスな特徴を持った種族に固定されますが、
チュートリアルを終了し、冒険に出るときに種族や名前、外見は変更できます
さっさと進めて好きな種族を作っちゃいましょう。

■チュートリアルの内容
基本的には表示されるマーカーを追いかけながら各DOJOに入って戦闘システムの基本等を教えてもらいます。
DOJOに出入りするには床が水色に光っているマスに立つと移動することが出来ます。

基本的には出てくる敵を指示の通りに倒したり、行動していくだけですが最後の方には実戦的な内容が入ります。

■チュートリアル終了
チュートリアルの試練を無事クリアしたら今度はいよいよ冒険の世界へと旅立つ事になります。
ここでもう一度キャラメイクが入りますが、見た目や種族を変更しても今までもらった経験値やアイテムを
引き継いだまま旅立つ事が出来ます。

◇Astrubのチュートリアルクエスト

■Mercenary云々
「武器庫に行ってお前さんのつける装備を取ってきなさい」的な事を言われているので
マーカーに従ってMercenary(武器庫)へ行って初期装備をもらいます。
武器庫での戦闘を終え、報告に戻ると報酬で装備一式がもらえるのでとりあえず付けておきましょう。

■Chaos Plant云々
カオスプラントを樽を押して潰していくパズル戦闘が入ります。
1番のスキルスロットに入っている魔法を使うと樽を押して滑らすことができ、
次の1手で潰せるところまで行くとその植物を潰した事になります。

要するによくある一筆書きパズルなのですが、おばあちゃんのVaultの中を進んでいくうちに
そのままではクリア出来ないパズルが出てくるので光るSlab(石版)を踏んで新しい障害物を出しましょう。
この障害物を出すタイミングがまずいと詰みますが、詰んだときは4番のスキルを使ってギブアップ、
再挑戦してクリアを目指しましょう。

■Vault最奥、おばあちゃんの使い魔との戦闘
負けイベントです。負けても構いません。
運が良ければ弱い方の1匹ぐらいは倒せるかな?負けると下水道に叩き落とされます。

◇下水道~オーガカルトの施設探索

■下水道に落とされた後
Larvaのピザをつくろう(マジキチスマイル)という提案とともにヌンチャクを渡されます。

その後クエストマーカーに従って厨房へ行き、Larvaをオーブンでこんがり焼いていきます。
焼き方は
1,樽の隣に移動して1番のスキルを使って中身を取る
2,Larvaがどんどんレーンの上に流れてくるのでオーブンの前に来たら2番~4番のスキルを使う
3,ターン終了時に大ダメージが入り、Larvaはこんがり焼ける
…となっているので繰り返し、Larvaのピザを作って行きます。

その後Larvaの巣でなんか退治してくれと言われるので同じように
樽に入っている武器を取る→ぶつけて気絶させる・・・などして、蒸気が噴き出す排気口の上に押すとクリアです。

■下水道で死んだら・・・
Astrubに戻された場合は街の中心部にある階段を降り、すぐ傍にある入口から中に入ると
再び下水道の中に入ることが出来ます。
また、あちこちに置いてあるフェニックスの像を調べておくことで死んだ時にそこからリスポン可能。

■おばあちゃんの使い魔にリベンジ
おばあちゃんの使い魔に再戦します。
隣接すると逃げられるので場合によってはヌンチャクよりもチュートリアルでもらえた
斧で斜め横から攻撃したほうが良いかもしれません。

■Astrub Knight救出
使い魔を倒したらチュートリアルクエストでも出会ったAstrub Knightくんを救出するため
オーガカルトの施設へと潜入します。
先ほどのおばあちゃんの使い魔の居た部屋の奥へと入って行くと初めてのダンジョンへ。

ダンジョン内の戦闘がちょっときつい場合もあると思いますが、休み休み行きましょう。
行き止まりの部屋は左手へ→左の部屋で戦闘が終わったらレバー2箇所を引く→右の部屋へ行き鍵を取ります。
鍵をとったら正面の扉が開けられるのでボス戦へ。
(もやもやは隣接して使うボタンで通り抜けられます)

ボスを無事倒せたら右端においてあるオリを開けてAstrub Knightを救出でき、
サイドキック機能が使えるようになります。

■サイドキック
一人でプレイしていても一緒に戦ってくれるCPUキャラクターみたいな感じです(プレイヤーが操作可能)。
PS○2で言うサポパとかフレパみたいな。
本来は有料サービスですが、この一連のクエストをやることでお試しでAstrub Knightがもらえます。
サイドキックの中では弱いほうらしいですが頭数が増えるのは何よりもありがたい。

アイテムとしてインベントリで入るのでダブルクリックして使用すると「有効にしますか?」とか言われるのでOK。
画面下にある「サイドキックメニュー」を開くとAstrub Knightをサイドキックとして使うことができるようになります。
「Add」と書いてあるボタンを押すとそのサイドキックが自分のパーティに入ります。

■Larva Skinが云々とかいうクエストが出た
Larva Skinを納品するクエストですが、Larva SkinをLarvaからはぎ取る際には生産スキル、trapperのレベルが
ある程度必要になっています。
もらえる経験値はかなり多いですので、Larvaを殺す→剥ぎ取るのに失敗した皮を集めつつ
trapperレベルを上げ、ある程度のtrapperレベルになったら生きているLarvaを右クリックして剥ぎ取りボタン。

ちなみにこのLarvaの皮はレザークラフトで使う材料でもあるので、trapperレベルや
後々レザークラフトのレベルを上げたいのであれば殺す前に剥ぎ取り剥ぎ取りすると良いかも知れません。

■Larvaいないやん!
イベントで「Larvaの卵を納品しろ」「下水道ネズミを殺せ!」というミッションが発生している間は
Larvaが一時的に湧かなくなったりするのでそっちのクエストをやったほうがいいかもしれません。

また、trapperレベルを上げる事で生きているLarvaから種を採取することが出来ます。
この種、地面に撒くと一定確率で新しくLarvaが発生しますのでそれでまかないましょう。
コレにかぎらずモンスターの種を取る→撒く→収穫が可能です。

◇チュートリアル終了~レベル20

■とりあえずチュートリアル終わったけど何すればいいの?
wakfuの世界ではレベル20になると「Nation」に所属する事が出来ます…というか、
Nationに所属しないと先に進みませんのでとりあえずレベル20になるのを目指しましょう。

■20レベルにするには?
下水道でLarvaを狩りつつ左下に居る人に皮を納品すると良いかもしれません。
ついでにさっきもらったAstrub Knightのレベル上げとかもしていくと良いです。

■Nationってどう違いがあるの?
基本的にどのNationに所属するかはプレイヤーの自由であり、必要な設備はどこの国にもあります。
異なっているのは気候や名物で、一部の採取物や育ちやすい作物が違う模様。

■Gamble jointが云々って出た
チュートリアルクエストの一環で「賭博場を見に行きましょう」というのが発生します。
賭博場はAstrubの中心部からちょい北にある建物の中に入り、更に階段を降りて別エリアへ行った所にあります

◇その他システム関連

■荷物いっぱい!
wakfuでは「かばん」アイテムを持つ事ができ、このかばんアイテムは初期だと麻のかばんと
小さな武器防具入れをもらえます。このかばんを上位のものにすることで容量が増え、
多くの荷物を持つことができるようになります。

また、ある程度生産関連スキルが上がってくると2つ追加で「クラフト用のかばん」を持てます。
このクラフト用のかばんにはクラフト材料と生産品しか入りませんが、純粋な追加スロットなので
生産活動の役に立つと思います。

ただし、かばん類は装備レベルを満たしていないと装備することが出来ません。
特にうっかりクラフトレベル不足のクラフトかばんを買ってしまうのにはご注意。

■装備ってどこで買えるの?
街の中にある黒板をクリックすることでマーケットを見る事ができ、
他のプレイヤーが出品したアイテムを見ることが出来ます。
2014年10月現在、低レベルの装備は非常にお安く出品されていますので
力不足を感じたら購入してみても良いかもしれません。
ここ最近エントリがご無沙汰していましたが相変わらずやっています。

2014-10-24_00002.jpg
5ボスは基本的に移動パートが固定で一度は挟まれてしまうので40秒を割ることが難しかったりするのですが
(第二形態にならないと倒せませんしね)
例外的に時間の流れを遅くして行動可能なヴァンダムなら38秒ぐらいが出せるみたいです。
スーパーヴァンダミングタイムアタック。

それと6ボスはメイトリックスでも12秒台が出せる事がわかりました。
現状で対応してるのは下向きに攻撃できるキャラか、もしくは横向きに非常に高いDPSが出せるキャラですね。
上に登るよりも側面破りのほうが早い可能性とかもあるのでもうちょっと色々試したいところ。
a3_2014102416510785b.png

どんどん枚数増えてるんだけどそれは(ry

後は起き上がりだけですからね。しゃがみの使い回しでも出来ますから多分大丈夫でしょう。
この間書いたんですけどちょっとチラチラ。

HotlineMiamiは非常に良いゲームで日本語表示も付いてるんですが、
問題はその日本語バージョンがやや直訳臭い部分があるんですよねー。

一例としては英語版ではJacket編でBikerと戦う時、Bikerは
「you're dead meat...」とつぶやいて襲ってきます。
日本語版ではこれは直訳で「お前は死体だ」となっていますが、
この"Dead Meat"というフレーズには実は別の意味があり、ダブルミーニングとなっています。

Dead Meatには死体、死肉という字面通りの意味のほか、「破滅する」という意味や
過去に犯した罪の罰を受ける、その罰によって破滅するというニュアンスが含まれています。
もっと砕けた言い方では(ゲームの)詰みだ!みたいな感じですかね。

つまりこのBikerの発言する「you're dead meat...」は単に「ぶっ殺してやる!」「テメェはもう終わりだ!」
という言葉である以外に、「お前は罪人だ」「お前は破滅する」…等とニワトリ男に成り代わって
予言をしているように取ることもできます。

色々な考察ブログや記事なんかを見てみましたがあまりココらへんについて触れている
エントリは見なかったのでメモ半分。

ストーリーには未だ多くの謎が残っていますが、今後発売予定の2で
これらの伏線が回収されるのか、JacketとBikerはどうなったのか?「黒幕」の真相とは?など、
今からでもプレイしたもおいしい一本である『Hotline Miami』。
秋の夜長のお供として、キマったゲームはいかがでしょう。

a3_20141023131939432.png
どんどん枚数増えてるんですけどそれは大丈夫なんですかね。
あと4枚ぐらい?
ここ最近ぶつ切りの作業進捗報告が多くなってしまっていてアレなんですが、
現在の作業進捗の話。

・A+Dボタンで出る投げミスモーション
・A+D(レバー前orニュートラル)の前方向投げ

の2つは一応完成という感じになっています。

現在製作中の後ろ投げはちょっとモーションが不自然な感じもあるのでちょっと中割あと
2枚ぐらい増やしたほうがいいかな?とか思ってます。



…とかいいつつ今日明日あたりは作業にならない感じだったりしますが。
今日はエクスペンダブルズ観た後は木。さん作のAJ触って遊んでました。
動かしやすくて使いやすい技も揃っている、コンボも基本は簡単なのでヘッタクソな自分には嬉しい仕様。
(特殊カラーについてはあまりチェックしてないですが)

余談の余談ではありますがMLPだとAJが一番好きです。
普段はしっかり者でみんなのお姉ちゃんだけどRDが相手だと
しょうもないことでも競い合ってたりするのがカワイイと思います。
あと立ってる時によく前足をクロスさせてるのがカワイイですね(AJだけの仕草なのかな?)。
2014-10-22_00001.jpg

Minerレベルをあげたいので只管銅を掘ってます。
銅を掘る→Minerレベルを上げるは簡単なんですけど鉄掘るのが中々大変。
どっか鉱山みたいに固まって生えてるところないかなぁ・・・。
a3_20141021135836cf7.png

下半身のバネの力で一気に引っこ抜く感じにしたかったけどもう一枚補ったほうがいいかもしれませんね。
ステージ10がクリアできなくてずっと積んでたHotlineMiamiをやっとこさクリアしました。
発売からかなり経ってるのでネット上にもストーリーに関する考察はゴロゴロ転がってるので
今更書くまでも無い感があるので軽く軽く。
未プレイでしたら以下は知らない方が楽しめるかも?




◇主人公(Jacket)
「ゲームに熱中しているプレイヤー」のメタファ。
彼はHookerという女性を失い、復讐の為にロシアンマフィアを殺すという大義名分を持っている。
が、中盤以降の彼の行動はロシアンマフィアを虐殺する「ゲーム」に魅了された人間のそれである。

最初に支給されるマスクであるニワトリのマスクには何の能力もついておらず、
かつ最初のミッションでの殺しはかなりぎこちない。また、無関係のホームレスを殺してしまった際は
嘔吐するなど人間らしいリアクションをしている面もある事から元々は暗殺者やマフィアではなく、
一般的な市民であった事が伺える。
精神世界で「自分自身」がニワトリのマスクで現れるのは彼のアニマであるニワトリ、つまりChicken(臆病者)の事?

◇Hooker
主人公が強く執着していた女性。おそらく実在し、何らかの理由で死亡した。
主人公の精神世界でも彼女はネズミマスクの男に殺されるが、これが本当にネズミマスクの男に殺されたのか、
あるいは主人公が彼女が死んだ事を受け入れた事を示しているのかは不明。

◇精神世界
主人公の精神世界。主人公は精神世界でロシアンマフィアを虐殺する任務を何度でも追体験できる。
これを繰り返すうち、臆病者(Chicken)だった主人公は自らの内に別人のような人格を発見し、
これが発現したものが別の動物のマスクである。
このマスクをつけ変えることで主人公はタフなゾウのような男にもなれば、
足の早いウサギ男、ナイフ使いの狼男などになりきる事ができる。

また、病院のベッドで目覚めるシーンがあることからここから先が「現実世界」であるという説も多いが
実際にはその後もマスクによる能力の付け替えやRキーで一瞬でやり直すなどのシステムが続いている事を考えると
「実際に目覚めて、病院から抜けだし警察署やマフィアを襲撃した」事はあってもそれが今回の事とは限らず、
主人公が前半の精神世界と同じように追体験して「ゲーム」を楽しんでいる可能性はあると思う。

ラスボスとマフィアの首領、ネズミマスクの男などは皆同じ顔をしている他、チャプター間で彼が訪れる
店にまで侵食してきた死体や肉片などのオブジェクトの中には同じ顔で同じ*ごほごほ*という咳をしているものがある。
これを根拠として、主人公はいずれかの時点で病院で目覚めてマフィアの首領を勘違いから殺したが、
未だに「Hookerの復讐妄想」の中に留まって「ゲーム」を楽しんでいるのではないかとも考えられる。
これを踏まえると、序盤で出された4つの質問の問いは以下のように答えられる。

1,お前はなぜ人を傷つける?
A,「ゲーム」をプレイしているだけ。

2,留守電にメッセージを残しているのは誰だ?
A,最初は"50 blessings"のメンバー二人。終盤は自分。反復プレイはプレイヤー。

3,お前は今どこにいる?
A,「ゲーム」の中。モニタの前

4,俺達はなぜこうやって話せている?
A,Jacketの精神世界の中だから。また、Jacketが自分の意思とは無関係に「操作されて」殺しをしているから。

更にニワトリ男の3つの予言もこう解釈できたりする。

1,お前の知ってる奴はお前の思ってるようなやつじゃねえ
・Jacketはクールな連続殺人鬼ではない(ただ「ゲーム」にハマったことで一転しただけ)
・Jacketがただの清掃員だと思っていた人間は黒幕であった(Jackは「真相などどうでもいいと考えていた」)
・BikerのセリフはBiker編では異なっている。(Jacketの「妄想の中でのBiker」だった?)
・ネズミマスクの男、マフィアのボスetcは「復讐相手」ではない(勘違いから皆殺しにされた?)

2,何かが直ぐにお前から奪い取られる
・Hooker(少なくとも精神世界の中ではJacketの家で生きていた)
・精神世界での「ゲーム」は一度は病院で目覚めた事で奪い取られた
・「復讐」という大義名分。マフィアのボスを殺したJacketはバルコニーから写真?を投げ捨てている
・「黒幕」を倒した「主人公」という立場。1番とも合致している

3,7月21日にデケェ建物で目が覚めるだろう
・Jacketの精神世界から一転して病院で目覚めるが、これが精神世界の外であるという確証はない
・精神世界の中でのシミュレートで強敵「Bikerに勝つ」を達成した結果記憶が先に進んだ?

◇Biker
「もうゲームに飽きてネタバレ、核心を見ようとするプレイヤー」のメタファ。
Jacket編では凶悪なサイコキラーのように書かれているが、Biker編では必要が無ければ
殺人は行わない人間として描かれている事から本来の彼は後者であり、
上級者が無闇矢鱈にその辺の敵と戦いまくらない事に似ているとも言える。

コンセプトアートでも興味なさげに脇でエロ本を読んでいたり、「俺の時間を無駄にするんじゃねえ」など
冷めた印象のあるキャラクターだがこれも上述したゲームへの熱が冷めたプレイヤーのそれのようにも思える。

Biker編が後から描かれるためBikerが生き残るのが「正史」であるとされることが多いが、
実際にはどちらかが生き残りどちらかが死んだというのはミスリードで、ただ
「ゲームに熱中してプレイする時間が終わったらネタバレを見て飽きる時が来る」事を
端的に表現しただけにも見える。

Bikerは黒幕を突き止める(=このゲームを仕掛けた=このゲームを作った人間)事に成功し、
尋問するが彼の口から語られるのはいくつかのでたらめにも思える事案ばかり。
Bikerはその期待外れの「ネタバレ」を確認すると、ゲームへの興味を完全に失い
捨て台詞を吐いてさっさと退場してしまう。

Jacketはシナリオを全て読み解いてもしばらくは「ゲーム」を遊び続けるであろうが、
Bikerはシナリオが終われば二度とこの「ゲーム」に興味を持たず他のゲームを遊ぶか、
そもそもゲームをプレイしなくなってしまう筈である。

そういう点でもJacketとBikerは一人のゲーマーの表と裏、時系列の前と後を表現しているだけで
「どちらかが勝ち、どちらかは妄想世界の中で復讐や真相究明を続ける狂人」では無い?のかな、とかそんなところ。

a3_20141020144210bb5.png
ぶつくさ言ってても仕方ない。とりあえず手を動かしましょう。って事でぼちぼちやってます。
0

難航してます。
地面に付いた後のアニメちょっと足したらそれっぽく見えるかなぁ・・・?とか
2014-10-18_00002.jpg
6ボスのTA、ショットガン系でもいけますね。側面からの突破力があれば行けそう。
2014-10-17_00001_20141017194855ef4.jpg
ネオのダッシュは特殊な仕様で、ぶつかったブロックを破壊する効果がありますが
このブロック破壊効果は6ボスに対しても有効です。
上に乗ってベシベシ下+ダッシュしてれば倒せました。
前に書いたのに引き続きNation所属後懲りずに金策してます。
最初は小銭でもあればありがたいですからね。

2014-10-17_00001.jpg
とにかくまずは鉄→岩塩と掘りまくって石炭が掘れるMinerレベル15まであげます。
15まであげるのはちと大変ですが、15を超えたら20レベルまでは冗談や誇張でなく小一時間とかかりませんでした。

2014-10-17_00002.jpg
石炭が掘れるようになったらガンガン石炭を掘りまくります。使い道など知るか!とにかく採掘だ!
こういうふうに石炭が大量に設置された場所があるので、そこを中心に掘っていきます。
sufokiaの場合はSufokia Villageにこの炭鉱があります。

2014-10-17_00003.jpg
地図の拡大(汚くてすんません・・・)。
こんな感じで炭鉱をルート上に入れてグルグル回りながら石炭を掘りまくります。
一周回って戻ってくる頃には炭鉱の石炭がリスポーンしているのでまた掘ります。なんたる効率的な採掘!

2014-10-17_00004.jpg
あっという間にMinerが20レベルになりました。20レベルになったら銅が掘れるようになるので、
銅を掘るためにMineへ向かいます。各NationのMineの位置は英wikiのページに出てたので参照のこと。

2014-10-17_00005.jpg
Mineの中、入り口付近には固まって大量の銅が配置されているので銅を採掘しまくります。
リスポーンはちょっと遅い感じですが・・・。

2014-10-17_00006.jpg
ご覧のように銅を1つ混ぜ込むだけで5カマから25カマに価値が跳ね上がります。

1個たったの25カマと言っても一度に40個~ぐらい銅が取れますので、
鉄の在庫さえ切れなければいっぺんに1000カマぐらいつくれちゃいます。
低レベルのうちはマーケットで装備品もお安く売られてますし、充分足りそうな感じです。
ちょっと欲張っていい装備も買えちゃいそうですね。


こんな感じで。
まだ裏投げはアニメすら作ってないです/(^o^)\
前に戦闘の基礎システムの事ちらっと書いた時に一緒に書いた気がするんですが、
このゲームには移動に使うポイントと攻撃等のアクションに使うポイントの他に
「wakfuポイント」というものが存在しています。

このWakfuポイントは一部のスキルを使うのに必要なポイントで、原則として戦闘中自動回復しません。
(回復させたい場合は一部の回復する効果を持つスキルを使うなどする必要がある)
つまりほとんどのキャラクターは原則として使えるWakfuポイントの総量は決まってるって事ですね。

そして、限りあるポイントを使う分このWakfuポイントを要求するスキルは他のスキルに比べて強力なものが
揃っているみたいです。

2014-10-16_00003_20141016220233d96.jpg

Ecaflipの場合はノミをまき散らすFlea Love、キャットツリーを設置するCat Tree、
タロットやダイスの結果を振り直せるRoll Again・・・等、ちょこちょこWakfuポイントを消費するスキルがあります。

上の画像はCat Treeを使ってみたところ。召喚されたキャットツリーは障害物になるので
遮蔽物として使えるほか、敵から攻撃を受けたとき、一定確率でキャットツリーの隣まで
ワープして逃げる効果が発動します。
また、更に一定確率でEcaflipがタワーの上にワープする事があり、この状態になっている間は
敵から直接攻撃、魔法攻撃ともに受けない状態になることがあります。
敵の数が多い時や、設置位置を工夫することで敵の行動を制限しつつ自分は次の自分ターンまで
避難したり敵を分断する等のプレイングが可能なんじゃないかなーとかそんな感じ。

2014-10-16_00001.jpg
それとWakfuブログでレベル上げについて調べまわって拝見した中に書いてあった
戦闘隊長ことGobball War cheafとも戦ってみたり。攻撃力がめちゃくちゃ高いですが、
1Tあたり攻撃回数1回のみなので一匹でうろついてるのはGobball系とさして変わらない感じですね。
長引いたり他の奴と出てきたら危険そうですが、1匹だけなら結構簡単に倒せます。

後なんか戦闘マークに緑色のマークがついてることがあるんですが、これはどうやら
「Gobbal系の敵を討伐してくださいよ」というオーダーがでてるみたいで、Gobball系の敵を殺す事で
市民ポイントが貯まるボーナスがつくみたいです。
逆にこのGoball駆除オーダーが出てる時にGoballを増やすような真似(種を撒く)と
無法者として市民ポイントがマイナスされてしまう模様。

・・・というのはわかったけど、市民ポイントってなんぞい。
貯めるとなんかいいことあるのかな?
a3_20141016212938951.png
スプライトちっさいと微妙に合わない可能性があるんですけど、とりあえず仮組み。
この後相手の軸足を刈りつつ地面に豪快になぎ倒すような感じの技で作ってます。

特にこだわったポイントは伸びてる方のつま先ですかね!
足袋のつま先と足首の部分はとんでもなくフェティッシュなポイントだと思います。