やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Steamというゲーム配信サイトの話。
Steamではハロウィンだとかホリデーだとかクリスマスだとか、やたらめったらセールをやっていて
現在11月1日いっぱいまで「ハロウィンセール」が行われています。
(既に残り30時間を切りました)

Halloween Sale 2013
▲そのsteamのページ。

ハロウィンセールで売りだされているゲームは「不気味なゲーム」なんですが、
そのラインナップを見てみると…ありますね、Left4Dead2とBorderlands、Fallout3。
VISAカードさえあればあの有名ゲームが超安く買えちゃう!すごい!
(本文中の日本円表記はグーグルによる表示であり、相場変動に伴い変わる場合があります)



Left4Dead+Left4Dead2:7.49ドル(約736円)
ご存知、ゾンビ撃ちまくり型協力脱出FPSLeft4Deadの1と2のセット。
定番ですね、steamと言ったらコレみたいな部分ありますし。
対戦型のガチっぽいFPSが苦手でも楽しめる協力タイプなうえ、難易度EASYであれば
ゾンビを蹴散らす!ロックンロール!な気分も楽しめる優れもの。
ゴア表現は多少ありますが、あまりホラーという体ではありませんのでこの機会に如何でしょうか。



ちなみにオススメは2の方の「ダーク・カーニバル」。
全ての要素がひと通り楽しめる+フィナーレのロックンロールvsゾンビ!
ギターでゾンビをなぎ倒す!とかが好きな人にはオススメです。



Fallout3 5.37ドル(約527円)
Fallout:Newvegas 4.99ドル(約490円)

かつての核戦争で荒廃した世界を舞台に、自由に冒険していくRPG。
一見FPSっぽい画面構成ですが、銃を撃つのが苦手でもV.A.T.Sと呼ばれるシステムが存在し、
コマンドを入力するように相手のどこを撃つかが決められるためFPSが苦手でも楽しめます。

あちこちに落ちているガラクタのようなアイテムでも他の物を作る素材になったり、
プレイヤーキャラクターの持つ話術や科学、商売や医学知識をフルに駆使して交渉やクエストを進め、
目的を達成する、あるいは手間を省いて殺してでもうばいとる…等の自由度がウリ。

世紀末の世界を正義のガンマンとして生きるか!?あるいは悪の化身として生きるか!
もしくは誰の味方でもなく放浪の旅を続けるか!…というようなのが楽しめます。



デフォルトで日本語字幕が入っていないため、ユーザー有志による日本語化パッチを
当てる必要がありますが、その手間を差し引いても非常に楽しいのでオススメです。
(かくいう私もNVの方を購入して既に40時間ほどハマり込んでプレイしており。)


Borderlands: Game of the Year 7.49ドル(約736円)
これこれ、これのセールを待ってた!
世紀末を生きる傭兵として様々な能力や武器を生かし…って自分世紀末FPS風RPG好きすぎじゃないですか。
そうですね、好きです。



前からずっと欲しかったタイトルなので即購入しました。
これも日本語がデフォで無いのでユーザー有志の日本語化MODを入れる必要があります。



他、気になったタイトルとか。

・BioShock + BioShock 2 9.99ドル(約981円)
FPSRPG。ダークな雰囲気が魅力。
ゲームレビューサイトIGNでは"最近で最も怖いゲーム"に輝いた作品ですね。
日本語化MODがあるかどうかわからないのがアレですけど。
有名なビッグダディとリトルシスターが出るやつと言ったほうがわかりやすいかも。



日本だとコンシューマが箱○だけだったり、steam配信で代理店が挟まったせいで
変なリージョン制限がかかってsteam購入不能だったりで手が伸びなかったけどちょっと欲しい。



あとDevil May Cry3が6.79ドル(約667円)、DmC: Devil May Cryが16.99ドル(約1669円)で
出てますが、これも英語のみなのかな。ちょっとわからないですが。

あとちょろちょろ見た範囲だと、MONACOが安いし面白いので人気があるみたいです。




なお私は一切Steamとは無関係のいちユーザーであり偶然この場に来てこの記事を書いています。
スポンサーサイト
最近Falloutばっかりやっててあんまりマビを精力的にやってなかったんですが。

冒険才能に転生して、釣りを上げ始めました。ニシダさんの釣りイベントの時に
ゲットできた釣りトレーニングポーションが一本あるので、実質的にR2まで上げればクリアです。
貰い物の修練細工のついた釣り竿も持っているので、多分これは作業の裏で放置しながら
ちょこちょこ様子みてやっていけば割りとスッと行くかな、と。

他にWill回収を再開する段取りには、幻想のコーラスが追加されていますね。
幻想のコーラス自体もそこそこ便利なスキルですが、Will回収とあればやらないわけにはいかない…。



話は変わりますが。
ログイン方法変更のお知らせが出ていますね。
現状のマビではネクソンIDとマビノギIDのヒモ付けがずいぶん前に変更されましたが
この変更で

1,公式サイトにログイン(この時点でOTPを要求される)
2,公式サイトのゲームスタートボタンをポチる
3,プレイしたいアカウントをクリックして選択
4,二次パスワードを選択

というふうに起動する手順になるようです。
ちょっとブラウザから起動するのが鬱陶しいような気もしますが、
現状でも機能面が微妙なランチャからの起動なのでそんなに変わらないかな?という感。

一番大きな変更点は、「ゲームへのログイン」に対してもOTPが必要になるという点でしょうか。
現状のマビでは、公式サイトへのログインやポイントを動かすのに必要なだけで
ゲームのログイン認証はパスワードと二次パスワードだけだし、それでログインしてしまえば
認証などを通さないでアイテムショップでのアイテム購入やMOMでの出品、決済処理ができてしまいますから
あまりOTPが意味を成していない感じが強いです。
この点が変更されて、OTPによるロックがかかるのはセキュリティ的には正解…という感じなのかなぁ、たぶん。



ぐるぐるビンゴイベント、終わってしまいましたね。
皆様はいかがだったでしょうか?私はさっぱりあたりアイテムが出ず…。

去年のぐるぐるビンゴイベントでは(当時)憧れの装備であったビームソードが
ばらまかれ、ビムソ二刀流ができる!やったー!とはしゃいでいたものですが
今年のビンゴイベントはなんかしょっぱかったですね。新実装の衣装、欲しかったなぁ。

新しく始まったボス集合イベントもまあ、去年の通りで。
ビスクがあるのでキャラクターの能力に関係なく参加できるのが嬉しいところです。
報酬もそこそこ良いので毎偶数時に参加している人もいるみたいですが。



新規実装ストーリークエスト『マビノギ史上最恐のリアルホラーストーリー近日公開!』。

いやあ、ペッカmobを出す!!みたいなのはもうさんざんG16でやったので
ペッカmob出しました!ホラーです!とか言われてもえーってかんじですけど。
どういう変化球を投げてくるのかが楽しみデスね。
PS3版と箱○版ではどうしようもない(詰んだら諦めるしか無い)が、
PC版では『コンソール』を開いてデバッグコマンドを打ち込む事で解決可能。



[コンソールの開き方]

・半角/全角キーを押す(日本語入力状態だとうまくいかない場合あり)
・また、日本語化パッチを導入しているのであればその作業途中でF4キーを押すと開くようになっている

コンソール画面を開くと、キーボードでコマンドを入力できる場面になるので
そこでコンソールにコマンドとベースIDを入力する。

ベースIDとはFalloutの世界(というかここの会社のゲーム全般)で使われている概念で、
世界中に存在するオブジェクト、NPC、アイテムに対して割り振られたユニークなID。
このIDをコマンドで指定してやればその効果を及ぼす事ができる。

コマンドのリファレンスと各勢力ごとのID一覧。
Fallout: New Vegas console commands - The Fallout wiki - Fallout: New Vegas and more




[使うであろうコマンド]

・うっかり敵対してしまった、クエストに必要なNPCが敵になって詰んだ
うっかりNPCを攻撃してしまったため、延々そのNPCや仲間が攻撃してきて鬱陶しい、
あるいはクエストの遂行でその中の一人と話す必要がある(フィーンド等)、
ベニーと大乱闘して殺したせいでカジノTOPSで遊べない…等の場合。

コンソールを開いて、『player.removefromfaction (指定の勢力のベースID)』と入力。

あるいは、

コンソールを開いて、『SetPCEnemyOfFaction (指定勢力のベースID) 0』と入力
(上記のコマンドが使えない場合はこっちが通る場合がある)


removefromfactionはfaction(敵対状態)を解除するコマンドで、頭のplayer.が
プレイヤーに対する…に当たる部分。

例1:
player.removefromfaction 00117508
プレイヤーとTOPSの敵対状態を解除

例2:
player.removefromfaction 000ef323
プレイヤーとフィーンドの敵対状態を解除

上の例1ではベニーを殺した際の大乱闘等が原因でTOPSカジノに立ち入れなくなった
(入ると攻撃される上、NPCが逃げてしまうので強引にギャンブルもできない)場合に使用することで
カジノのガードNPCから攻撃されなくなり、カジノのNPCも逃げ出さなくなる。
後からTOPSで遊びたくなった場合はこのコマンドを叩けば(ベニーを殺した件についてはなんか言われるが)、
普通にフロントで武器を預けてチップを購入し、ギャンブルができるようになる。

下の例2ではメインクエストの途中でグレート・カーンズのお使いクエストで向かう、
Vault3の中にいるフィーンドたちと敵対してしまった時に使うコマンド。
入り口の話術チェックに失敗し、敵対してしまった場合はこのコマンドを叩けば
モーターヘッド及びvault3に居るフィーンド達に攻撃されなくなる。

外に居るフィーンドは攻撃してくるが、薬でラリってるので関係ない(ただの敵性mob扱い)らしい



ID一覧に掲載されていない場合は、コンソールを開いて対象をクリックし、
『GetBaseObject』と入力すれば対象のベースIDを取得してくれる。

NPCが激しく攻撃してくるため近づけないような場合は『tcai』コマンドで
一旦NPCの戦闘AIをオフにし、作業が終わり次第『tai』コマンドを撃って戦闘AIをオンに戻せば良い。
(tcaiすると全てのNPCの戦闘AIがオフになり棒立ちになる)


また、これとは別に勢力から悪い評判を受けて(『憎悪』状態など)おり、
そのために敵対してしまう場合は効果が殆ど無い(再び敵対してしまう)ため
別のコマンドを使用する必要がある。
評判を増加させ、憎悪などの敵対状態を解除するには

『addreputation (ベースID) (オプション) (量)』で指定可能。
オプションは1を指定するとfame(名声)、0を指定するとinfamy(悪評)になり、
量は上限100までの間で自由に増やすことができる。
これで指定勢力のベースIDを指定し、それらからの評判を増加させる事で攻撃されなくなる。


これ以外に敵対する勢力2つの関係性を弄りたい場合は

『setally (勢力1のベースID) (勢力2のベースID) (数字1) (数字2)』と入力。
(数字)部分には0or1が入り、0=友好、1=同盟になる。

敵対属性を弄りたい場合は

『setenemy (勢力1のベースID) (勢力2のベースID) (数字1) (数字2)』と入力。
(数字)部分には0or1が入り、0=敵対、1=中立になる。


同盟状態>中立状態>敵対状態であり、同盟だと攻撃された時に助ける(らしい。未検証)
そもそも大体の勢力は拠点に引きこもっているのでNCRやLegionぐらいしか他の勢力に
積極的に攻撃を仕掛けることがないような気がするが…。



NPCを殺してしまった/死んでしまった/行方不明で詰んだ
クエストに必要なNPCを殺してしまった、あるいは敵対勢力に殺されてしまった。
もしくはどこかへ行ってしまい、行方不明でわからない場合のコマンド。

『resurrect』…NPCを生き返らせる。

目の前に死体が転がっている場合は、
「コンソールを開く→死体をクリック→resurrect→Enter」で復活。

行方不明になってしまった場合は、ベースIDリストから復活させたいNPCのベースIDを検索し、
『prid (対象のベースID)』でクリック選択したのと同じ状態にし、
『resurrect』をかけたあと『move to player (ベースID)』でプレイヤーの場所まで移動させる。

あるいはそもそも、『player.placeatme (ベースID)』と入力して自分の頭上に新たに出現させる。
こっちの方法だと同じNPCを複数に増やしてしまうため、計画的に。


NPCたちのベースIDは以下のページに詳しく掲載されている。
Fallout: New Vegas characters - The Fallout wiki - Fallout: New Vegas and more




・進行上どうしても必要な鍵が開かなくなった、進めない/出られない

本来開いているはずのドアがしまってしまい、鍵を持っていないため開けられない。
あるいは、解錠スキルが足りないためピッキングができない(ヘアピンが無い)場合は
『unlock』コマンドを使う。

「コンソールを開く→鍵のかかったドア、ターミナルなどをクリック→unlock』で解錠可能。

または、スイッチ式の扉がバグって開かなくなった時は同様に『activate』を入力することで
操作が行われ、自動的に開く。

それでもエリアから出られない、出口がわからなくなった、どうやって行くのかわからない場合は
『movetoqt』でクエストマーカーの位置まで強制的に移動する。
建物の座標が指定されていた場合、建物の上(屋根の上)に移動してしまい、降りる際に
落下ダメージを受けざるを得ない場合があるので注意。

もしくは『coc (セルID)』を入力して強制的にセルIDの場所へファストトラベルする。

セルIDは以下のページに掲載されている。

Fallout: New Vegas cell ID - The Fallout wiki - Fallout: New Vegas and more



・クエストが達成条件を満たしても達成されない/始まらず、詰んだ

『GetQuestCompleted』で現在チェックをつけているクエストを達成。
(強制的に全てのステージがクリアされた事になり、達成される)
また、個別にクエストを完了させたい場合は『completequest (クエストID)』。
頭からクエストをやり直したい場合は『resetquest (クエストID)』で進行度がリセットされる。

クエストIDとステージは以下に詳しく掲載されている他、
『sqt』コマンドを打ち込むことで現在進行中のクエストID一覧を取得可能。

クエストIDについてはこちらに詳しいのでそちらを参照。
Fallout: New Vegas quest IDs - The Fallout wiki - Fallout: New Vegas and more


途中の特定の1ステージだけがバグって解決できず、詰んでしまった場合は
該当するクエストとステージの番号をsqtで探すか、上記のクエストID一覧から探し
『setstage (クエストID) (ステージ)』で強制的にクエストのステージを一つ先に設定して進められる。
(ただしこれで強制的に進めると他のステージでバグる場合あり)



・もらえるはずのアイテムが手に入らず詰んだ

『player.additem (アイテムID) (数)』で手に入れたいアイテムのIDを入力し、
数で欲しいだけの数を入手する。(クエストアイテム等は複数入手する意味なし?)

Fallout: New Vegas - Item ID Codes
Fallout: New Vegas miscellaneous items - The Fallout wiki - Fallout: New Vegas and more

ここに大体書いてあるので欲しいアイテムの英語名で検索→入力→ほしい数を指定。
下のページのは/Qの表記があるものがクエストアイテムフラグ(一度取得すると捨てられない)。



・まだカジノで遊びたいけど全部のカジノでBANされて遊べない

Mod/チート - Fallout : New Vegas Wiki JP

カジノ関連>『Casino UnBanner』を導入。
カジノのBANが一定期間で解除される(0に設定すればBANがその場で解除される)

また、その下に掲載されている『Better Casinos』を導入することで
各カジノで更にビッグに賭けることもできるようになる。
(まあ、Luckが10あるキャラだと完全にキャップの価値崩壊だけど…。)
[前回のあらすじ]
NCRに協力することとなった主人公、俺。
NCRのために様々な懸念を排除し、レギオンとの激突に備える。



2013-10-27_00002.jpg
ちょっとさぁ~この人報酬もなしに面倒なミッション押し付けすぎじゃなぁ~い!?
今度はB.O.Sとかいう組織を絶滅させてこいと言われました。

2013-10-27_00004.jpg
で、なんかサソリがいっぱいの渓谷を進むとB.O.Sの領域…ってウワーッ!?強い!
超装甲+火力のパラディンとかいうのに襲われた!

これじゃ潰すどころか近づくのも無理だろ…なあブーン!
2013-10-27_00005.jpg
アッハイ そうですね。
カエサルに仕掛けた夜襲は完璧でしたからね。

そういえばB.O.Sのパラディンがなんたらかんたらと言っていたNPCが交易所にいた事を
思い出した私は、彼女を連れて潜入。B.O.Sのバンカーへ潜入した。
2013-10-27_00007.jpg

んで、B.O.Sの連中に取り入る為に雑用をこなして信用される。
ターミナルにウイルスが侵入したから部屋中にいっぱい付いているターミナルを素早く調べ、
ウイルスを隔離しろっていうんだけど…これがめちゃくちゃだ。

部屋中に端末があってどの端末にウイルスがジャンプするかはランダムな上に、
30秒ぐらいで全部見つけなきゃいけない。無理ゲーだろこれ。
あまりにもできないのでググったら「柱のターミナルだけなので…」と書いてあったが、
実際にプレイした範囲では普通に壁のターミナルにも移動するしNPCが使ってるターミナルにも移動する

ムwwwリwwwゲwwwとなったので、仕方なく
1,ウイルス探しを開始した直後にセーブし、まずは一箇所目の端末を探す。
2,一箇所見つかったら、データをロードしてその端末に直行してセーブ。
そうすると1つ目の端末を速攻見つけたデータができる。
3,同じように総当りで制限時間以内に2つめの端末を探す。
4,端末を見つけたら1カ所目を速攻で見つけたデータをロードし、2箇所目を速攻で見つけたデータを作る。
5,3箇所目でも同じことをすることでクリア。
2013-10-27_00008.jpg

2013-10-27_00009.jpg
で、なんでもB.O.Sは「部下の部下に指示を出してはいけない」とかいろんなルールがあるらしい。
ふーん。

2013-10-27_00010.jpg
で、今度は「レプコン社へ向かった偵察員の消息がない」との事なので
レプコン社へ向かい、昼にツアーを見学する。

2013-10-27_00011.jpg
おお、綺麗だね。この部屋は前は鍵がかかってて入れなかったけど、
ロボットのツアーについていったら開けてもらえたのでその横にある制御フロアでカードキーをゲット。

二階より上に入れるようになったので、端末をハッキングしながら顔登録をして
セキュリティロボットにも攻撃されずに悠々と探索。
最上階に入ったら警備ロボットが飛んできて「合言葉は?」と抜かしたが
Luckの基礎ステータスが7あれば「アイスクリーム」の選択肢が出て正解になる。
このやりとり、アメリカ版「山」「川」みたいなやつかな。

2013-10-27_00012.jpg
アイテムがあるので根こそぎもらっていき、後はB.O.Sメンバーの死体を探す。
死体は廊下に無造作に転がっていたので荷物をあさり、ホロテープを確保。

2013-10-27_00015.jpg
倉庫フロアでエネルギーセルがいっぱいでウハウハしてたら貴重そうな武器が普通に落ちてたので拾い。
ユニーク武器で本当はケースに入った状態らしい。なんでポロリしてたのか。

2013-10-27_00016.jpg
エルダーに難癖をつけて解任し、ハゲがエルダーになった。

2013-10-27_00017.jpg
私のことを仲間と認めてなんとあのクッソ頑丈な鎧を特注してくれた。
こいつはマスタリPerkが必要になるが防御力が高く、放射性物質からも保護してくれるすぐれものだ。
ありがたく頂いておくとして、短い天下を楽しみたまえ。

さて、ここまでやったところでエルダー、スクライブ、パラディンのそれぞれの長から
キーコードをスリとって自爆端末に入れて、自爆シーケンスを作動させる。
俺は悪くない、クエストがやれって言ったんだ。

2013-10-27_00018.jpg
お望み通り手を汚して来ましたよっと…ホント人使い荒いな!



2013-10-27_00019.jpg
今度は大統領が演説をするので警護任務をやってほしいらしい。

近くにあった端末をハッキングして警備情報を見ると、警備体制に不審なアクセスがあるのに気づいた。
あと端末の隣にあったスノードームはくすねさせてもらった。

2013-10-27_00020.jpg
警備開始しようと思ったらブーンがスナイパーの勘で「あそこの塔の上か後ろの塔の上が怪しい」と
おもいっきり教えてくれた。頼りになるぜ。

2013-10-27_00021.jpg
大統領のヘリが飛んできた。スナイパーが居ないか虱潰しに探していたら、
何故かヘリが調べられるので調べたら爆弾を見つけたので解体しておいた。

2013-10-27_00022.jpg
演説を警備していたら正面の塔から人が落ちるのが見えたので、現場に急行したら
挙動不審な警備員が居たので「どうだ、NCRに知らせてやろうか?」と言ったら
「バレては仕方ない、死ね!」と襲ってきたので返り討ち。

2013-10-27_00023.jpg
その後は特におかしなことはなく演説は終了。

2013-10-27_00024.jpg
大統領は無事に飛び立っていった。



2013-10-27_00029.jpg
それはそうと、レギオンの奴らが対岸にキャンプを作って襲撃してきたらしい。
なんてこった!あいつらの頭のカエサルは殺したってのにまだ戦うのか。

2013-10-27_00031.jpg
激しい銃撃戦が始まり、敵味方入り乱れて銃弾が、切断された手足や頭が飛び交う!
B.O.Sにもらったパワードアーマーがめちゃくちゃ頑丈なお陰で、
多少の銃弾を受けたぐらいではびくともしないぜ!

2013-10-27_00032.jpg
ダムの上を走り、土嚢に身を隠しながらの激しい銃撃戦。
全員後に続け!と突っ走りながら敵を倒しまくっているとブーマーたちも参戦し、
激しい爆撃でレギオン兵士どもをふっ飛ばした。

2013-10-27_00033.jpg
更にNCRのベテラン兵士部隊も加勢に現れ、激しい銃撃戦だ!クライマックス!

2013-10-27_00035.jpg
敵のキャンプに乗り込み、撃つ!撃つ!撃つ!
フリーサイドのギャングを皆殺しにして集めてきたプラズマ地雷とグレネードを投げる!投げる!
ていうか盗んできたプレズマグレネードと地雷つよすぎわろた。なんだこれ。

パワードアーマーの効果も強く、なんか跳弾してるようなエフェクトが出てダメージは小さい。
スティムパックを数個使うだけで済んだ。

2013-10-27_00036.jpg
カエサル死んだじゃんwwwバッカじゃないのwwwと煽ったら話が通じないので襲ってきた。
でもこいつ離れた間合いで武器も出さない状態からスタートだからまず先制攻撃可能なんですね。

2013-10-27_00037.jpg
先制攻撃…お、硬い硬い。と思っていたら勝手になんか段差の下に落ちていったので、
雑魚掃除のためにプラズマグレネードの在庫をポイポイ投げてたらめっちゃダメージ与えてた。

2013-10-27_00038.jpg
I did it.
頭は剥ぎとってトロフィーにさせてもらうか。

2013-10-27_00039.jpg
死体あさり。東洋の刀て…。どう見ても刀ではなかったよな!?

2013-10-27_00041.jpg
全てが終わった頃、バリケードが爆破されて迎えが来てくれた。
という比較的かっこいいシーンのはずが脚がピョコピョコしてて台無しだった。

2013-10-27_00042.jpg
ああ、まあ、B.O.Sのパワードアーマーがスゴイからですよ。
おたくの大佐が「滅ぼせ」って言いましたけど。もったいないね。



2013-10-27_00043.jpg
こうして不幸にも殺され、幸運にも生き返った私の旅は終焉を迎えた。

2013-10-27_00045.jpg
共和国は私に「黄金の枝」の賞与を与え、民間人に与えられる最高の栄誉を手にしたのであった。

しかし各地ではレギオンの残党の争いは続き、私の大好きなノヴァックでも多くの血が流れたらしい
…って出たけどノヴァックの住民なんて数えるほどしかおらんやろ。何が多くの血や。

あと、アポカリプスの使徒とザ・グレートカーンズは脱出して他の地域で
医療と古くからの知恵を組み合わせ、手をとりあって大勢力を作ったらしい。
まあ、パパ・カーンはいい人だしそんなに危険ではないだろう。

後はまあ、NRCは反対勢力を掃討し、モハビ地域を平定したが
各地で紛争が続くというのがNRCエンディングの概要。

2013-10-27_00046.jpg
…おわり。



決して「ハッピーエンド」というわけではないが、なるようになった感じのエンディングだった。

とはいえ、広い荒野をノイズ混じりのラジオをBGMに旅するのはなかなか楽しく、
移動もFTが完備なため「探検→以降その場所には行きやすくなる」というのも良い点。
9.9ドルで35時間ほどプレイしたので、かなり元を取った感じ。
後はぼちぼち他のルートとか回収してないクエストとかをwikiガン見で進めたいですね。
[前回のあらすじ]
強奪された「プラチナチップ」をベニーをぶち殺し強奪し返した事で、
当面の目的を達成した。直後、NCRとレギオンの両方からスカウトされたので
レギオンのやり方に賛成出来ない俺はちょっとはマトモに統治できそうな方の
NCRの手を貸してやることにしたのであった。

NCRがレギオンと近いうちに正面衝突するであろう事は明白なため、
NCRの為に事前工作としてブーマーの協力を取り付けたのであった。



前回に引き続き、ヤクの運び屋として今度はVault3とかいうところに行けと言われた。
ここか。廃墟の中にぽつんと入り口がある。

途中、何度もフィーンドのゴロツキどもに襲われたしとんでもなく嫌な予感がする。
2013-10-26_00001.jpg

中は案の定、ヤク中毒のフィーンドが無数にはびこる魔窟であった。

2013-10-26_00002.jpg
フィーンドは殺してもカルマ下がるどころか上がるのでボーナスゲームだ。
このゲームで「殺していい」NPCは実際珍しいだろう。

2013-10-26_00003.jpg
途中、なっち翻訳で喋るNCRレンジャーが居たのでメンテナンスウィングの鍵をもらう。
彼はフィーンドの頭であり、ヤクの届け先でもある『モーターヘッド』の暗殺任務に来たらしい。
更に話を聞くと、このVault3は元々商人であったがどういったわけかフィーンドに皆殺しにされたらしい。

それはそうと、私の心配事は今までさんざんフィーンドを殺していたので敵対しないかどうかである。
そして案の定、最深部では赤マーカーのモーターヘッドが居たが無事荷物は渡せた。
が、悪党でありNCRの敵っぽいのでその後そのまま死んでもらうことに。

2013-10-26_00004.jpg
私の犯行はバレていないようで、「誰かに殺された」ととりあえずのところはなっているらしい。

まあ、それはそうとしてグレート・カーンズの有力者4人のうち3人の説得に成功したので
後の一人である。最後は、はっきりとした「物証」が必要なようだ。
クエストマーカーを見るとはっきりと「レギオンの本拠地」が表示されている。

ああ、そういうことね…レギオンの本拠地に乗り込んでアイテムを取ってこいと…そういう…。



ブーンの奥さんの弔い合戦じゃコラァ!
ありったけの5.56mm弾とスティムパックをかき集め、コマンドー状態で
いよいよレギオンの本拠地に殴りこみをかける。

2013-10-26_00005.jpg
ここは昨日来たコットンウッド・コーヴキャンプ。レギオンの前哨基地だ。
ブーンの「俺はやるぜ」という言葉通り、早速ドンパチ始まったので素早く
岩の陰に隠れながらレギオン兵に鉛弾をぶち込んでいく。

2013-10-26_00006.jpg
『夜襲』は大成功。外をパトロールしている隊員はブーンと二人で冷静に倒していき、
あとは室内で寝ている司令官の寝首をかくのにも成功した。ちょろいもんだ。

2013-10-26_00008.jpg
そしてやってきた奴らのキャンプ地。
夜が明けてしまったがこういうのはサンライズとともにやると盛り上がるんだ。俺は詳しい。
痩せこけた女が大きな荷物を運ぶ仕事をさせられていて非常に気の毒だった。

2013-10-26_00010.jpg
おはようバズーカならぬおはようグレランでテント単位でポコポコ始末し、
いよいよカエサルとやらが居るであろうテントの前にやってきた。
なるほど、中々立派なテントで生活してるんだな。

それから、流石に警備が厳重である事を懸念してステルスボーイを使って奇襲をかけることにした。
テントに侵入し、地雷と大量に入荷してきたグレネードを投げまくり。
あっけなく全員死体に変わり、まさかの正面突破に成功したのだった。

2013-10-26_00011.jpg
お、中々座り心地いいじゃねぇか。ヘッヘッヘッ(ゲス顔)
…とか、そういう遊びもそこそこに奴らが几帳面につけていた奴隷売買台帳を入手。
これを突きつけてやればグレート・カーンズも考えなおすだろう。

2013-10-26_00012.jpg
ほらよ、これが奴隷台帳だよと見せてやると有力者全員の反対を受けて、
パパ・カーンがどうするべきか聞いてきたので適当に部族の誇りとかをくすぐって
戦争に参加しなくても良いようにしてあげた。

2013-10-26_00015.jpg
どっかで元気にやるんだぞー。



さて、それはそうとして今度はストリップ地区での陰謀を云々というまたしちめんどくさいお使いだ。

2013-10-26_00016.jpg
お股?なんじゃそりゃ。

まあいいや、ちゃんと聴きこみをしつつ進めていく。
2013-10-26_00017.jpg

2013-10-26_00018.jpg

それはそうとしてカジノでは不明瞭な金の流れが生じているらしい。

2013-10-26_00019.jpg
このおっさんの尻ポケットからスッと台帳をスリとって突きつけてやると、
どうもこの不明瞭な金と武器の流れにはこのおっさん、『カチーノ』も手を焼いているらしい。
いっちょう解決してやるとするか。

2013-10-26_00021.jpg
武器商人の『トロイク』はヤクをキメて女と寝て、気がついたら女が血まみれで死んでいたという
事件をタネに強請を受けており、このカジノのボス、ビッグ・サルの言いなりになっているようだ。
あんた、そりゃどう考えたって都合よく「ボス」がそれをかくまってくれたって言ってたけど
明らかに一晩中気絶するような量じゃないし奴らの工作だよと薬学知識を活かして教えて上げると
この仕事から足を洗う手伝いをしてあげることになった。

余談だが、このクエスト中はクエストマーカーがポンコツで困った困った。
カジノの中を1時間以上あっちでもないこっちでもないと探索してしまった。

2013-10-26_00022.jpg
こいつがビッグ・サルか。いかにも中途半端な悪党みたいな顔してるな。
とりあえずトロイクがもうこの仕事を続けられないんじゃないか?と言うといやにあっさりと
これを承諾し、トロイクを開放してくれた。

これをトロイクに伝えると彼は大喜び…だが。
そもそも「ボス」が何かをしでかすために集めた銃を処分せねば意味が無い。
それと「しかえし」もしてやりたいとの事。

2013-10-26_00024.jpg
トロイク曰くこのテルミットというのは火をつけると化学反応で
悪魔のケツの穴ぐらい熱くなり、武器でもあっという間に溶かしてしまうらしい。
その前に開けられる箱の中のスナイパーライフルなどはいただいておいた。

2013-10-26_00025.jpg
こりゃあすごい。消し炭しか残ってない。

2013-10-26_00026.jpg
さてこれをカチーノに報告するとビッグ・サルとの間で『話し合い』の場が設けられるらしい。
話し合い…あっ(察し)。

カチーノも「キミが指示してくれれば私は撃つ」というので
ビッグ・サルとの「話し合い」に出席することに。

2013-10-26_00027.jpg
ブーンwwwめっちゃコワモテの用心棒みたいになってるwww

ビッグ・サルはどうも私を消すことにしたっぽいので先手をうって「カチーノ、撃て!」と言うと
カチーノの銃が火を吹き、自分も渡されたソードオフ・ショットガンでビッグ・サルを返り討ちにした。

カチーノの感謝と共に、この問題は解決し不明瞭な「武器の出元」は絶たれた。



2013-10-26_00028.jpg
なんやお前!次から次にパシリばっかりよぉ!
次はニューベガスに無視できない影響力を持つ『Mr.House』を無力化せよ、との事。

このプレイ日記では一切触れてこなかったが、Mr.Houseというのはニューベガスにあるカジノ、
ラッキー38の支配人で、ラッキー38には入った人間はだれも居ないうえに
Mr.Houseは人の前に姿を表さないのでその正体は一切不明、全ては彼のロボット軍団が執行するようだ。
確かに、ニューベガスの入り口警備もロボットだし彼の力は決して無視できないだろう。
どうせ人工知能かなんかだろ。

2013-10-26_00029.jpg
ハイ、あーコテコテだね。いいね。超いいね。
好きよこういうの。

2013-10-26_00030.jpg
おっマジで。なんとなくベニーのやつからぶんどったプラチナチップってMr.Houseのものだったの。
「さあそれを渡してくれたまえ!」みたいな事を言われたので、ゴネて報酬を倍出させる。
世紀末はゴネ得の世界だからね。仕方ないね。

2013-10-26_00031.jpg
プラチナチップはただの成金なチップではなくて、どうやらセキュティトロンたちのOSの
アップグレードデータが入ったものだったらしい。あ、渡しちゃった、ダメじゃん…。
ますますNCRの脅威になっちゃうよね。

というわけで2時間ぐらい必死に情報収集した結果、H&Hツールズ工場に昔勤めてたらしいよ?
と教えてもらったので、何か奴の弱点とか無いか調べに来た。

2013-10-26_00032.jpg

中はイカれたセキュリティロボットやらタレットやらが「何か」を防衛するために動いていた。
ああ、これは完全にクッソ怪しいやつですわ。地雷とか感圧プレートとかあるし。
そろそろNCRとお付き合いが長いので罠の解除にも慣れてきて、罠を解除しつつ探索。

2013-10-26_00033.jpg
どうもMr.Houseは優秀な社長だったみたいだが、徐々に正気を失っていき
「数秒間以上Mr.Houseを見たものは思考盗聴を試みたとして解雇」
「トイレは全て撤去します」などの明らかにおかしな「社内ルール」を作っていたようだ。
社内の端末にはこんなホラーな文章が残されていた。
これ、Ctrl+Vじゃなくて一個一個書いたんだろうな。

2013-10-26_00034.jpg
社長室。ここにもワイヤートラップが仕掛けてあったので解除して探索すると、
端末のハッキングは難易度が高そうだったが「ラッキー38のスイートルームのカードキー」を手に入れた。
ラッキー38のスイートルームといえばMr.Houseの居住区だった。

…。ナ・ル・ホ・ド・ネ。
Mr.Houseはどこかにサーバー室的なものがあって、「スイート」っていうのは
その部屋への出入りを可能にするキーってことみたいだ。
Mr.Houseの巨大モニターの前にある階段、左側によくわからん端末がついてたのを思い出し、
早速カードキーを使ってみる。Mr.Houseとして認証されている。ビンゴだ。

隠し部屋に入ると、2体の強化セキュリティトロンが襲ってきた。
2013-10-26_00035.jpg
ここに5.56mm徹甲弾があるじゃろ。レギオンとの戦いで使わなかった余り物じゃ。
的がでかい上にあまり動きまわらないので撃ちまくって普通に破壊。
とどめは弾がもったいないので通常弾で。

更にMr.Houseの心臓部へと迫る。

2013-10-26_00036.jpg
いよいよMr.Houseとごたいめーん。なるほど、やっぱこれがMr.Houseの正体ってわけか。
誰と会わないんじゃなくて「会えない」のが正解ってワケだ。

Mr.Houseはべちゃくちゃと「やめろぉキリコォ!」「神になりたくないのか!」みたいな事を
言っていた気がしたが、そもそもそんなものに興味は無いので
「お前が何者だろうと…俺がやる事は一つだ たとえ神にだって俺は従わない」とキリコばりに
Mr.Houseとシステムとの脳のリンクを切断し、制御権を奪わせてもらった。

2013-10-26_00038.jpg
Mr.Houseの『意思』は断絶し、ロボット達は正常に動作を続けている。
攻撃してくる様子も無いし、となるとこのカジノ、ラッキー38は俺の物ってワケだ!
しかも、ロボットの召使つき。やったぜ!

2013-10-26_00039.jpg
こうして私はおそらくモハビじゅう探してもこれ以上無いであろう、
快適な、快適すぎるスウィートルームを我が物にしたのであった。



2013-10-26_00040.jpg
それはそうと久々にプリムに戻ったついでに、放置していたロボットを直してあげたらこのロボット、
『ED-E』はレーダー系の能力を持ったメカ・コンパニオンらしい。
ちょっと浮遊音が耳に付くが、性能の方は「レーダー範囲の拡大」や「隠れた敵の探知」、
更に隠れている敵もV.A.T.Sで狙えるという非常に優れた偵察ユニットのようだ。
[前回のあらすじ]
KINGに気に入られ、フリーサイドの住民からの信用を得ることで
とうとうストリップ地区へと入れるようになり、ベニーの野郎へと迫る。



2013-10-24_00029.jpg
ここがあの女のハウスね!
武器はフロントで預けろと言われたが、カジノへ入ろうとした直前に怪しげな男が
「なああんた、『自衛』用の武器ほしくないかい?(ニヤニヤ」と呼びかけてきたので
ブラスナックルを購入しておいたから完璧だ。

2013-10-24_00031.jpg
とうとう捕まえたぜベニー!…ってこいつこんな顔だったっけ。小物臭いな。

話しかけたらべちゃくちゃと引き伸ばしてきた挙句、「自分の部屋に来い」とまで言う。
うーん、これは罠だな。俺は詳しいんだ。
オヌシと下らぬ議論をしに来たわけではない、プラチナチップを出さぬなら殺して奪うまでよ!

2013-10-24_00032.jpg
「イヤーッ!」「グワーッ!?」「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「アババーッ!」
護衛も含めて二人で無数の敵を相手にする事になってしまったが、素早く護衛の持っていた
マシンガンを奪えたため不利どころか一方的な虐殺だ!

そんなこんなでベニーへの復讐を終え、無事プラチナチップを奪還すると共にベニーと手下どもの
身ぐるみを剥いでミッションコンプリートだ。
ベニーの懐からは「マリア」というユニーク武器が出てきた。これも頂いておこう。

さて、復讐も無事終えたし次はどこへ行こうかなぁと考えているとカジノを出た途端に
カエサルからの使者がやってきた。カエサル?ローマ皇帝か?
2013-10-24_00033.jpg
ああ、あの時代錯誤のローマかぶれどもか。あんまり印象は良くないな。
ついでNCRからもお誘いがかかったため、NCRかローマかぶれどもかのどちらかに加担することになった。

少なからずNCRには世話になったこともあるし、NCRについておこう。
そもそも各地に居るNCRの兵士たちが攻撃してくると考えただけでぞっとするし。



2013-10-24_00034.jpg
NCRになびいておくとして、とりあえず『クロッカー大使』からの話を聞いてみる。
なんでも近々レギオンの奴らとドンパチやりあうらしいので、『ブーマー』の連中の援助を得たいらしい。
(しかしブーマーって、ゲロを吐いてくるあの太ったクソッタレを思い出すな…)

2013-10-24_00035.jpg
ブーマーの住処に行く途中、変なおっさんに呼び止められた。
なんでもブーマーは大砲をぶっ放したり爆弾を投げるのが大好きな危ないやつららしい。
特別にブーマーの住居への行き方のメモを売ってもらい、無事戻ってこれたら
掛け金を倍にしてくれるという賭けもした。

そしてブーマーの拠点に近づくと…ほんまに撃ってくるやんけ!
凄まじい迫撃砲の弾幕で近づくのも困難という。しかし教えてもらった攻略通り、
建物や遮蔽物に身を隠しながらナントカ辿り着き、ブーマーたちの拠点に入れてもらった。

完全にヒャッハー系の人達だと思っていたが、なんと指導者は温厚そうなおばあちゃんだった。
2013-10-24_00038.jpg
なんかカメラアングルがおかしくてうまく見えないが、ブーマーの指導者である
『マザー・パール』はブーマーたちが空軍の基地に住みつき、外の世界との接触を拒むために
迫撃砲で侵入者をふっとばそうとしていたこと、それを乗り越えられたら迎え入れるルールであることを
教えてくれたのであった。

「この基地に幾つか問題があるから解決してくれたら考えんでもない」と
NCRに協力する条件を提示されたので、ブーマーたちのお願いを聞いてあげることにした。


2013-10-25_00001.jpg

2013-10-25_00003.jpg
まずはブーマーたちの発電施設に発生したアリ退治。
発電所に行き、蟻塚にもらったソニックなんとかを仕掛けて起動し、高周波で
アリどもをやっつけてアリ退治をした後発電施設を再起動しに行くことに。

2013-10-25_00004.jpg
発電機ってどれだ?あ、これかな。よくわからないけど適当に押しちゃえ。
適当に調べられるスイッチを調べ、下二箇所→階段の上のスイッチを押したら
無事に電源が再起動したのであった。

2013-10-25_00002.jpg
次にブーマーの歴史についての説明を受ける。
ブーマーは元々爆発物を使うのが好きだったらしいが、いつしかこの地に定住したようだ。
なんでも彼らの伝説では外から来た者の導きで、空を飛ぶ機械を使って野蛮人どもを爆撃するらしい。

へーすごいね、ふーんって適当におだててたら『ピート』はどんどんノリノリになって
勝手にブーマーの好感度がどんどん上がっていった。チョロい。

2013-10-25_00005.jpg
次はメカニック青年『ジャック』が双眼鏡越しの恋をしている相手を探す為に
クリムゾンキャラバンキャンプへ。そしたら向こうの人もジャックの事を知ってたので
安全にブーマーの拠点に入るためのブーマー衣装を与えて、終了。

ジャックは廃棄部品を持って行くとブーマーの好感度を上げてくれるので
大量に廃棄部品を持っていけば一気にブーマーの好感度を上げられそうですね。

2013-10-25_00006.jpg
次はブーマーの子供、『リンジー』がなくしてしまったティディベアの『Mr.カドルズ』を探していたので
格納庫のコンテナの隙間に落ちているカドルズを保護。
こういう隙間に落ちたものって中々見つからないのよね。

それにしてもブーマーは男女比も整ってるし、子供も多いし、
思想以外は結構まともでこの空軍基地も居心地がいいなぁ。

次。技術者の『ロイヤル』爺さんがソーラー発電機を直してくれと言うのだが
リペアスキルが足りなくて直せない。簡単に直すにはパーツを持ってこいと言われたので、
噂に聴いていた今は稼働していないソーラー発電所、ヘリオスワンに手がかりを求めて向かう。
2013-10-25_00007.jpg

2013-10-25_00008.jpg
中を調べてみると、あったあった。壊れたソーラーパネルの破片を回収して、
パーツを取ってくっつければ動くだろう。

それはそうと、この発電所を稼働させればこの地域じゅうに電力を送れるらしい。
こんな世界で電力が安定供給できればきっとみんな喜ぶに違いない。
ちょっと寄り道して人助けの一つでもしてあげよう。

まずは外にあるターミナルでメインデッキと発電ユニットを接続して…
ってどこのバカだ!端末の近くに地雷とか設置したバカは!端末が壊れたらどーする!と憤慨しつつ、
2つの端末をアクティブにしてメインの発電ユニットを動かしに行くことに。

発電所の中に入るといるわいるわ、かつて作られたガードロボットが次々と襲い掛かってくる。
徹甲弾を持ってきてないのがミスかと思ったが、ガードロボットは脳みそやら電子頭脳やらが
むき出しのポンコツだったので冷静に遮蔽物に身を隠しながら撃破。
タレットの電源をオフにするための端末の近くにも地雷がしかけてあってげきおこですよ。
NCRの連中はこういうふうに無駄に地雷を仕掛けるところは嫌いです。

なんとか無事に最深部に辿り着き、送電地域を選択しろという画面。
胡散臭い科学者もどきの『ファンタスティック』は
「俺が儲かるからフリーサイドとストリップだけに送電しろ」と抜かしていたので、
奥に居たもう一人のまともそうな科学者『イグナシオ・リーバス』の提案通り全ての地域に
まんべんなく供給するようにしておいた。
2013-10-25_00009.jpg
ついでにまだ動いている冷水器があったので水をしこたま飲ませてもらった。
ここに定住したら電気もあって便利そうなのになぁ。

2013-10-25_00010.jpg
さて観測塔に登り、スイッチオーン!
うおっまぶしっ 太陽光が集まりだし、無事発電は再開された。
全地域に送電したせいか、医療系団体『アポカリプスの使徒』の好評化を得ることができた。
(まあ医療も電気がないと始まらないからね。)

長い長い寄り道を終え、ネリス空軍基地に戻ってソーラーパネルを修理してあげた。
2013-10-25_00011.jpg
パーツがあればはめるだけで終わりだ。ぜんぶはめ込んだら報告して、ブーマーの評価が崇拝になった。

2013-10-25_00012.jpg
マザー・パールに話を聞きに行くと、どうやら私はブーマーの仲間と認められたようだ。
ブーマーの仲間になった証として、ブーマーの壮大な計画をロイヤルから聞けと言われた。

ロイヤルに話を聞くと、ブーマーの伝説にある空飛ぶ機械とはB-29のことで、
湖に沈んだB-29の残骸を回収してスペアパーツを取り、復元するという作戦らしい。

2013-10-25_00013.jpg
そんなわけで、ブーマーたちが崇拝する「レディ」を直す為に必要な
B-29の残骸をサルベージするためにミード湖を目指すことになった。

しかしその道中である。
2013-10-25_00015.jpg
アイエエエ!?デスクロー!?
デスクロー二匹に行く手を阻まれ、ブーンと二人で死に物狂いで戦うことに。
デスクローはFalloutシリーズでは「デスクロー先生」として知られる凶悪生物だ。
元々は生物兵器というだけあって、異常なまでに俊敏で一撃で体力を一気に半分以上持っていかれる。
めちゃくちゃ恐ろしい生き物だ。

運良くHSクリティカルが連発したお陰で、スティムパックを使いつつもなんとか
問題のミード湖にたどり着くことができた。

2013-10-25_00016.jpg
湖に潜る前に横の廃墟で虫を退治し、何か使える物品はないかとゴソゴソしていると
スターキャップをゲットすることができた。なんだろうねこれ。

そしてロイヤルは「息止めて潜ればええねん!」とか無茶を言っていてあてにならないので
ジャックに相談して入手しておいたリブリーザーを装着する。
おお、本当に呼吸できるじゃないか。

しかもこの湖の水は一切汚染されておらず、がぶ飲みし放題だ。
ヒャッハー水だーっ!

2013-10-25_00017.jpg
水の中はところどころゴミが沈んでいる以外は結構きれいだった。
魚も泳いでるし、ここらへんに住めば食料や水の事で苦労することも無さそうだなぁ。
問題は建物がないことだけど…。

探索中、湖の真ん中に打ち捨てられたスカベンジャーのキャンプを発見…したと思ったら、
カッパみたいな謎の生物『レイクルーク』が次々と襲ってきた。
中々強敵だったが、そもそも水が飲み放題なんだから死ぬわけがないよね。
蹴散らして負傷回復のためにベッドで一眠り。

2013-10-25_00018.jpg
…誰だこのおっさん!?
どうやら私がスターキャップを入手したのを見て、着けて来て態々その価値を教えに来たらしい。
なんでも集めてどこかに持って行くとお宝と変えてもらえるそうだ。
ちいさなメダル的なものか。
それにしてもこのおっさん、態々それを言うためだけに湖を泳いできたのか…。

さて、気を取り直して探索再開。
愛しの人魚姫、どこかなぁ~!

2013-10-25_00019.jpg
ありました。めちゃくちゃ綺麗ですね。
翼の下に変な気泡が入ってるみたいなところにもらってきたバラストを設置し、
後は湖から上がって引き上げ装置の近くで起爆装置を起動。
無事、B-29の残骸は浮上し、ブーマーの悲願は達成されたのでした。

後は戻ってその事を報告した所、後はロボットが勝手に行って分解して持って帰ってくるから
放置でOKらしい。オイオイスゲーなデスクローの生息地域突っ切って回収できるのかよ。

2013-10-25_00020.jpg
ブーマーの悲願を成し遂げた事により、ブーマーは無事に「私に」協力してくれる事になった。
その事を大使のところに戻り、伝える事でNCRからの評判も上がったのであった。
(キッチリ「彼らは『私に』協力すると言った」と強調させてもらったが)



2013-10-25_00021.jpg
この大使、矢継ぎ早に「次の依頼」を持ってきやがった。
次の依頼はフリーサイドの人々とNCRの争いを調停してほしい、というものらしい。
フリーサイドのリーダーと言えばあのKINGだ。

KINGなら頼みを聞いてくれるだろうし、交渉してみるか…と思ったら
「周りの意見でそうはできない」というようなニュアンスの返事をされてしまった。
クエスト開始時にオプションで「ペイサーを誰かの仕業に見せかけて殺す」という
オプションが表示されたため、あっこれはペイサーが…ということでペイサーを殺す方法を探すことに。
情報屋『ロットフェイス』に根気強く話を聞きに行くと、どうやらペイサーは
心臓病で医者にかかったことがあるくせにターボの常習者らしい。
(ターボというのは薬物の一種で、使うとハイになる効果がある)
それとヴァン・グラフ・ファミリーがペイサーを殺したがっているという情報も得た。

ロットフェイスは「カルテがあるはずだから探してみなよ」と助言してくれたので
フリーサイドの病院として機能している『オールド・モルモンフォート』の建物内で
ペイサーのカルテを盗みだして読んでみる。
「患者は心臓病なのにターボ常習者で、絶対サイコとかと一緒に使ったらダメ!(意訳)」と
書いてあったので、あっ(察し)とばかりにこの事を大使に教えてやった。

大使は「で、どうするの?」とかすっとろいことを抜かしていたので、
「バカだなぁ、奴のターボにサイコを混ぜてやるのさHEHEHE」と薬物知識を活かして教えてやった。

とりあえずその作戦で行くために、ペイサーの部屋を特定して奴が隠してる
ターボのありかはわかったのだが混ぜるのにMedicineの知識が60必要と、結構難しい。
とりあえず50は確保してあったので、病院で医者の本を買ってきてブーストし、
手持ちのサイコをターボに混ぜて最高にハイになる薬を作っておいてやった。

あとはキングと談笑したり、キングスのみんなとおしゃべりしたりしながら時間を潰す。
ターボにサイコを入れるところは誰にも目撃されてないし、完璧だ。

2013-10-25_00022.jpg
夜まで待つと、ペイサーは寝る前のお楽しみ、ターボを使って心臓発作で死んだ。
彼には悪いが、こうすることでキングスとNCRの全面戦争にならないで済む。
幸いにして(?)カルマの上昇すらなかったしきっと間違っていない選択だろう。

2013-10-25_00023.jpg
おめぇもナメた口効いてると同じことにしてやるからな?と脅しを効かせつつ報告して、ミッション終了。



2013-10-25_00024.jpg
お次は決戦に備えてフーバーダムへ。

2013-10-25_00025.jpg
『カサンドラ・ムーア大佐』に話を聞く。
どうやらグレート・カーンズの連中がレギオンに味方しないか不安らしい。
グレート・カーンズと言えばこの間ちょっと恩を売ってやった連中じゃないか。
なるほど、説得は任せておけ。

2013-10-25_00027.jpg
道中、何度かゴロツキに襲われたので返り討ちにしてやった所、レアな装備を拾った。
途中の廃墟を住処にしていた火炎放射器をバンバン撃ってくるバカやら
よくわからん女レイダーを倒し、メタルスーツと強化メタルスーツの強奪にも成功。
今までの強化レザーアーマーから飛躍的に防御力が向上した。

それにしてもこのバイオレットとかいうゴロツキはとっ捕まえてきた人間を解体して
飼い犬の餌にしていたらしい。恐ろしい話だ。

2013-10-25_00026.jpg
途中のガソリンスタンドでは、放射性廃棄物がふきだして煙がもうもうと立ち込めていた。
レプコン社の展示場には「安全な廃棄方法です!」と言われていたが、そりゃあ風雨に
適当なドラム缶に詰めて晒しておいたらそうなるよな、という感じ。



2013-10-25_00028.jpg
グレート・カーンズの住居までやってきた。
彼らはこのキャニオンにインディアンめいてテントを作って生活していて、
パパ・カーンを指導者に部族めいた生活をしているらしい。

2013-10-25_00029.jpg
話を聞くと、パパは見た目は怖いが心は純朴でいい人らしい。
そして、レギオンの使徒に騙されて利用されそうになっているのを、よく思わない人々もいるようだ。
ここはひとつ、レギオンとの縁を切れるように工作してやろう。



グレート・カーンズは岩山の間で暮らしながらヤクを売って生計を立てているらしい。
ヤクだけじゃなくて医薬品を作ればいいんじゃないか?と提案しつつ、行方不明になっていた
ヤクの売人を探しに行くことに。

ヤクの売人が向かったというのは、はるか地の果てコットンウッド・コーブ。
放射性の煙がもうもうと立ち込める廃墟では、フェラル・グールどもが襲ってきた。
フェラルっていうのは野生の事で、理性を失ったグールがそう呼ばれているらしい。
そういえばグールは肉が爛れる代わりに放射性物質に対する耐性があるんだっけ。

コットンウッド・コーヴのキャンプに近づくと、ブーンが突然口を開いた。
彼が言うには、ここにキャンプしている連中が彼の妻を奴隷にし、連れ去ったらしい。
ブーンは「赤い色が見え次第撃つ。それが嫌なら俺とは別行動だ」と決断的に告げたので、
そのパーティーに自分も加担することにした。

…が、物資が乏しかったため、入り口に居る偵察兵を殺してマーキングだけし、
入り口に居た行方不明のアンダースを磔から開放してあげた。
2013-10-25_00030.jpg
グレート・カーンのキャンプに戻ると、次のお使いを頼まれたので
クリムゾンキャラバンキャンプの『ドン・ホステトラー』にあやしい小包を届けて
ヤクの製造者、『ダイアン』にパパ・カーンに意見してもらえる事になった。



帰りに外を歩いていると、いきなり「カールの命令で来ました、死ね!」と
レギオンのヒヨッコ兵士二人が襲ってきたので冷静にHS連発で始末。
ムカついたので乗り込んでやると、カールがすっとぼけやがったので楽しいおしゃべりタイム。

2013-10-25_00031.jpg
2013-10-25_00032.jpg
哀れ、口を滑らせたカールはパパ・カーンのみならずグレート・カーンズ全員の
怒りを買ってその場で撃ち殺されました。おしまし(おしまいとめでたしを組み合わせた全く新しいなんか)。



次にグレート・カーンズの有力者の一人であるメリッサを説得しに行くことに。

メリッサはグレート・カーンズの野営地に居るらしいのだが、その野営地に行くのが超大変。
最初はグッドスプリングスで用事があっためそちら方向から採石場を経由し、乗り込もうとした、のだが。
この採石場、デスクローのたまり場で5匹ぐらいのデスクローがいっぺんに襲ってきてひとたまりもない。
そこでおとなしくボニースプリングス(先ほどの汚染ガソスタとゴロツキが居たところだ)の
方面から行くことにした。

が。
うわーっ!こっちの山道でもデスクロー出るのかよ!まわりみちの意味ねぇ!
3匹ぐらいのデスクローに襲われ、死に物狂いで戦って何とか生き残った。
迷いに迷って、採石場の方向へ抜ける通り道を発見。
(ボニースプリングスからまっすぐ南へ行き、岩の壁に突き当たったらずっと左に進んでいく)
やっとメリッサに会うことができた。

2013-10-25_00033.jpg
メリッサはレギオンに参加したらそれなりのポストにつけると聴いていたようだが、
それは嘘だ。レギオンの兵士は男だけだし、奴らは女性は下に見ている。
参加したところで奴隷として売り飛ばされるのがオチだ、と教えてやると
パパ・カーンにレギオンとの協力関係を考えなおすよう、意見してくれるようになった。

それにしても今日の冒険は長い、長い、あまりにも長い冒険だった。
デスクローとの死闘が2度もあって、5.56mm弾が完全に尽きてしまったし
しばらくは補充の旅かなぁ。(続く。)
前回のあらすじ:
ノヴァックの街でモーテルの部屋を自分の物にし、心強いコンパニオン『ブーン』を仲間に加えた。
既に[Confirmed Bachelor]を使って目的の情報は得ているが、
この街が気に入ったので少しここを拠点に探索してみよう。



この付近について聴きこみをしてみると、どうやら西にある研究所の方向に住み着いた
グールとかいう生き物が夜な夜な家畜を殺しに来るらしい。
せっかくなので解決してやるか、ということで西にある研究所、レプコンへと向かう。

研究所跡へと向かうと、発光して放射線を出しているグールとやらの死体が。
そのまま西方向へと向かって行くと、研究所がいよいよ見えてきた…というところで
グールが数匹襲いかかってきた。

ブーンと協力しつつ冷静に倒し、研究所のドアを開けるとすぐに
備え付けのスピーカーから「上層階まで来るんだ」と謎の声が。

言われた通り、襲ってくるグールたちを倒しながら上層へと進む。
ところどころ巨大な生物の死体が転がってるがなんだ?こりゃ。と思いつつも最上階。

2013-10-23_00026.jpg
このなんか光ってる人がレプコンに住むグールのリーダーらしい。
どうも話を聞くと、グールというのは普通の人間が発症した状態の事で
多くは理性を保っているもので、末期まで進行するとあのケダモノになってしまうらしい。
そういえば、道中落ちていた「グールの死体」にも動物同然のものと
きちんと服を来て荷物を持っているものがあったっけ。

彼らはそうして理性を失ったグールたちをきちんと動物を飼育しておくように管理していたらしいが、
何者かが地下からやってきてそのグールたちを解き放ってしまったらしい。

というわけで、交渉が始まりその「地下からやってきた奴ら」を退治し、
彼らが安全に出ていけるようになったらそのまま出て行ってくれる事になった。

2013-10-23_00029.jpg
研究所の地下に居たのは、青い肌の筋肉モリモリマッチョマンの種族ナイトキンのリーダー『デービソン』。
「ステルスボーイさえ見つかれば出て行くぜ」と言うのだが、そのステルスボーイを探している最中
地下に立てこもったグールが罠と銃火器を使って立てこもり、探索の続行が不可能で困っていたという所。

2013-10-23_00030.jpg
その立てこもっているグール、『ハーランド』。
彼はナイトキン達に囚われた友達の安否が(まず死んでるだろうが)気になってしょうがない、
それを確かめたら出ていってやる、と言うので牢屋へと向かう。

2013-10-23_00031.jpg
残念ながら、やはりハーランドの友人は死んでいた。
その事を伝え、ハーランドを逃がしステルスボーイの在庫に関するデータを入手。

ステルスボーイはなかった事を伝えると、ナイトキンたちはおとなしく出て行った。

2013-10-23_00032.jpg
グールのリーダー、『ジェイソン・ブライト』にさあ出て行きなよ、と勧告しに行く。
すると「我々はロケットで脱出して理想郷に行くつもりなのだ!」という壮大すぎる計画を語り出し、
彼らがロケットで脱出するのを手伝う事に。

彼らがグールの一員としていた科学者、クリスを騙して利用するつもりなのが気になるが。

2013-10-24_00001.jpg
ロケット発射に必要な添加剤を野垂れ死んだスカベンジャーからネコババし、
後はエンジンに必要な部品をジャンク屋に買う為に向かう。

2013-10-24_00002.jpg
ジャンク屋のばあさんに率直に「パーツはないか?」と聞いたところ、
「ちょうどいいのが入った、安くして500キャップ!」
うう、高いがしょうがない。おとなしく500キャップ払ってスラスターユニットを購入した。

2013-10-24_00003.jpg
パーツを持って行くと、ジェイソンの演説が始まり「旅立ち」の準備が始まる。
最後に、科学者クリスの運命を左右する会話が発生した。

「彼らに利用されていたなんて」とショックを受ける彼に、
「そんなことはない、彼らは確かにあなたを騙していたが聖人だと崇めていたんだ」と
なだめる事でなんとか無事に説得に成功し、ノヴァックの街に来てもらうことにした。
2013-10-24_00004.jpg

そして管制塔へと向かい、発射ボタンを押す大任を任される。
2013-10-24_00005.jpg
おお、どこからか謎の電波がラジオに飛び込んできて音楽が「ワルキューレの騎行」になった。
発射ボタンを押すと、一つロケットが明らかにヤバい軌道ではあったが無事に飛び立っていった。
見つかるといいな、楽園!(無責任)





2013-10-24_00006.jpg
さて、寄り道も終えたので次の目的地、ボルダーシティへと向かう。

2013-10-24_00007.jpg
途中、ギターを持ったおじさんと会いつつも無事にボルダーシティへと到着。

2013-10-24_00008.jpg
ボルダーシティは元々はきれいな街だったんだろうが、今は戦闘の痕でボロボロ。
話を聞いていくと、どうやらこの街でも問題が起こっているらしい。

どうもこのボルダーシティでは廃墟エリアでNCRの兵士がグレート・カーンズの連中に人質にされ、
NCRとグレート・カーンズの連中がにらみ合いを続けているらしい。
そこにたまたま訪れたプレイヤーが仲裁する…というながれになり、
ノコノコとグレート・カーンズ陣営のところに歩いて行き交渉を行う事に。

2013-10-24_00010.jpg
あっ!こいつOPで俺を埋めたやつじゃん!という事に気付き、
「墓からお前に復讐するために出てきたんだぞぉ~」と脅してやると、あっさりと探している男、
『ベニー』が持ち逃げした事を教えてくれた。
どうもこのベニーとかいう男、グレート・カーンズを利用して直前で裏切り、
自分はプラチナチップをソボロよし逃げしたってワケだ。

グレート・カーンズの連中は「べつにNCRと争う気はないし出て行かせてくれればそれで良い」と言うので
NCRの責任者に交渉を行うとどうやら賄賂が必要らしい。なんでぇ、NCRの方がケチじゃねえか。
しょうがないので250キャップを支払い、グレート・カーンズが脱出するのを見逃してもらう事に。
チクショー、さっきから払いっぱなしじゃねぇか。

とは言え、一滴の血も流さずに人質事件を解決し、グレート・カーンズからのリスペクトも得られた。
そんなに悪い奴らにも思えないし、そのうち役に立つだろう。



自分が追っている男、ベニーはストリップのカジノで豪遊しているという事が分かった。
どこにいるかがわかってしまえば、後は追いついて復讐するだけだ。

2013-10-24_00015.jpg
それはそうと、途中にレプコン本社(さっきのロケットの研究所を所有していた会社だ)の
展示場があったので軽く覗いてみた。入ってそうそうゴロツキ3人の死体があったが、
警備ロボットに対して狼藉を働こうとして返り討ちにあったらしい。

先ほどグールたちを打ち上げたロケットの模型や、戦闘用ロボット、及び原子力関連についての
展示を眺めていたら警備ロボットに
「今は展示時間外です、出て行かないと侵入者とみなしますよ」と怒られたので退散。

2013-10-24_00016.jpg
ハイウェイ跡に沿って進んでいたら、やたら強いゴロツキに襲われたが
なんとか返り討ちにして強化レザーアーマーを剥ぎとってやった。
今着ていたレザーアーマーとニコイチして耐久を回復させたし、しばらく着られるだろう。

2013-10-24_00017.jpg
そして煌々とネオンサインの輝く街、フリーサイドが見えてきた。



2013-10-24_00018.jpg
フリーサイドの街は『キング』が支配していて、ストリップ地域に入るには
2000ものキャップを払うかパスポートを持っていないといけないらしい。
実に750ものキャップを払わされ、無一文の私はこの街の問題を解決して住民に気に入られ、
キングに気に入られる事でストリップへ潜入することに決めた。



まずはストリップの外、フリーサイドのカジノに情報を求める。
ストリップの中にはカジノがたくさんらしいし、同業者ということで何か知っているかも。

カジノではツケを払わない債務者からのキャップの取り立て業務を頼まれたので
ツケを払わない3人からキャップをごっそり取り立てる。

なんのかんのと理由をつけて払おうとしないので、適当に脅すことで無事に
キャップを出させ、納品した所ストリップの中に居る男を殺してほしいと頼まれた。
2013-10-24_00019.jpg

ストリップの中に入れないことにはどうしようもない、ということで結局キングと会うために
50キャップ支払ってキングのものまね学校へと趣き、キングに取り入る事に。

キングの頼みを聞いてみると、街の入り口でボディガードを請け負っているオリスという男だけが
訪れる客のボディーガードとして選ばれ続けており、他のボディガードから苦情が出ているので
奴がどんなインチキをしているのか調べてこい、との事。
ああ、いたいた。あの装備だけは強そうな男のことね。

200キャップを支払ってオリスをボディガードにつけると、街の中をダッシュで進んでいき、
何故か不自然に裏通りに進み目の前で通り魔を華麗に始末し…って、ちょっと待て待て。
銃声は3発だし死体は4つあるぞ。そもそも死んだふりをしてるじゃないか。
問い詰めると客の前でいい格好をしたくてインチキをしていたことを認めたため、
キングにこれを報告した。

更にキングの依頼で、今度は最近起こっているフリーサイド住民への襲撃事件の調査へ。
2013-10-24_00020.jpg
話を聞いてみると、どうもNCRの兵士達が不法居住者達に食べ物を配給していたり、
フリーサイドの街の人を攻撃したらしい。結構立派な団体かと思ってたが、うーん。

現場に行ってみると、確かにNCRの人達が食べ物を配っていた。

2013-10-24_00021.jpg
いや、まあそうですよね。食べ物配ってるだけですもんね。

2013-10-24_00022.jpg
とか言ってたら、NCRの兵士達がドンパチやっているらしい。
現場に駆けつけて加勢してほしい、と言われたのでNCRの兵士には悪いがそうさせてもらうことに。

NCRの兵士を殺した事で、NCRからの評判は一段階下がってしまったが
フリーサイドの住民やキングからは気に入られることができた。
2013-10-24_00023.jpg
キングに協力してもらい、商店へと向かうとホイホイとパスポートをくれた。
これでベニーが居るというストリップ地区へと入ることができるようになり、
いよいよ復讐を遂げられるようになったというわけだ。

2013-10-24_00025.jpg
ストリップ地区は綺羅びやかなネオンが輝く歓楽街。
カジノもたくさんあり、ベニーを殺す前にちょっと寄り道してもいいかもしれない。



…というわけで、道中頼まれていた請求書を渡すミッションをこなすために
NCRのキャンプへとモノレールで向かい、先に請求書を渡す事に。
評判が悪くなったので攻撃されるかと思っていたが、特に咎められることもなく目的を達成できた。

請求書の宛先である『トーマス・ヒルダーン』から新たな依頼、「Vault22の調査」を持ちかけてきた。
なんでもVault22にあるデータを持ち帰ってほしいとの事なのだが、
このVault22の探索には過去何人もの傭兵が向かったが帰ってきて居ないらしい。
危険な任務だが、きっと報酬はたんまり出ることだろう。期待しつつVault22へ向かうことにした。

2013-10-24_00026.jpg

Vault22までの道中は途中ごろつきややたら強い虫に何度か襲われたが、
なんとか草木が生い茂るVault22へと辿り着き内部へと侵入。
あちこち異常なほどの植物が生い茂っていて、何らかのバイオハザード可能性を伺わせる。

2013-10-24_00027.jpg
するとこの謎の生い茂った植物の中から緑色の怪人、『スポア・キャリア』とやらが襲ってくるではないか。
スポア?植物の胞子でこうなっちまったのか?と思いつつ奥へ奥へと向かい、
途中スポア・キャリアの不意打ちを受けてブーンがダウンしてしまった時は
ヒヤヒヤしたが、落ち着いて1匹ずつ叩きながら進んでいく。

ハエトリグサの怪物は動かないので冷静に物陰からスナイプしつつ、
途中崩落した場所は外部の洞窟を通って回り道しつつ、最深部へと突入。
無事データの回収に成功した。

後はあのトーマスとかいう博士の助手である『アンジェラ』に頼まれていた
行方不明の『キーリー』の捜索だ。

最深部から更に先へと進み、洞窟の最深部へと進むとウヨウヨと虫と
お化け植物が湧いており、明らかに何かある空気を漂わせているので冷静に蹴散らしながら奥へ進むと
そのキーリーがうまく地形を利用して身を隠していた。

キーリーに話を聞くと、やはりこのVault22ではスポア(胞子)を長期的に
吸引していた人達があのスポア・キャリアになってしまったとの事。

…ちょっとまて、この胞子はvault22の外まで漏れだしてたぞ?
このままだとVault22の惨状が地上じゅうに巻き起こされてしまう。

キーリーに協力し、胞子を焼きつくすことにした。
可燃性のガスを流し込み、自分が点火することで胞子を焼きつくすというのだが、
ガスに直接火をつけたら爆発して死ぬんじゃ…と思い、拝借しておいた
グレネードを投げ込んで遠隔点火。素早くドアを閉めて身を隠すことで爆発をやり過ごし、
無事Vault22の胞子を始末することに成功した。

帰り道、キーリーがデータを抹消する段になってコピーした痕跡に気づかれたが、
「さあ、誰かがコピーしていったんじゃない?自分はあんたを探しにきただけだよ」と
すっとぼけて(キーリーには悪いが)データは持ち帰ることにした。
大体、全てのデータを抹消してしまったら将来的に困るんじゃないか?という点もある。

2013-10-24_00028.jpg
あと、白骨死体のそばになんかレアそうな武器が落ちていたのでこれも頂いていこう。


無事データを持ち帰り、ちょっとゴネてやると対価として1200ものキャップをもらえた上に
キーリー救出の報酬として800キャップもらい、一気に懐具合に余裕が出てきた。
ベニーとの決戦もあるかもしれないので、ここらで装備を整えておきたいところである。(続く)
前回のあらすじ:
どうやら俺は運び屋の仕事をしていたらしいが、怪しいスーツ姿の男に待ち伏せされ、
運び荷を奪われた挙句頭を撃たれ生死の境をさまよった。だが俺はラッキーガイだったので
ドクターミッチェルに助けられ、お礼といっちゃなんだがグッドスプリングスに転がり込んだ問題を
解決し、パウダーギャングどもを返り討ちにしたのであった。
しかし、これがパウダーギャングどもの怒りを買ってしまいしつこく各地で追撃されることに鳴る。



途中何度かパウダーギャングどもに襲われながらも、これを冷静に倒しつつプリムという街へ。
2013-10-23_00010.jpg

プリムという街は中々綺麗で大きい街の割に、人通りは一切無く
入った瞬間に脱獄囚共にいきなり襲われた。

なんでも脱獄してきた脱獄囚がこの街に救っていて保安官様まで捕まってしまった…と。
仕方ないので脱獄囚が巣食っているというホテルに殴りこみをかける。

2013-10-23_00012.jpg
新しく軍用ライフルを購入し、弾も充分確保したためひとりずつおびき出してサクサク始末。
たまに微妙に残って殴りかかってくる奴もいたが、引きながら冷静に撃って抹殺完了。
結構色々アイテムを持っていたので容赦なく剥ぎ取らせてもらう。

2013-10-23_00014.jpg
寝てる間に脱獄囚に捕まった保安官代理殿に自分を襲った奴らの情報を聞き出すことにも成功。

2013-10-23_00015.jpg
ついでに「新しい保安官を見つけろ」と言われたのでサクッと修理知識で直してやった。
意外と得意で助かったポイント。



途中、またもごろつきの襲撃を受けながらも向かったのはニプトン。
紅茶みたいな名前の街だけど、入ってそうそうに生首オブジェのお出迎え。
2013-10-23_00016.jpg
ああ、これ前世がドラゴンボーンだった時に超見たわ…見たことあるわ…。
どうやらここはパウダーギャングの街だったらしいが、レギオンに襲撃を受けて
ほとんどの人が殺されるか足を潰されるなどして戦闘不能になったらしい。

街には戦闘の痕跡やアイテムが残っていたが、民家の中には罠が仕掛けられている場所が幾つかあった。
地雷、トラップワイヤーの解除は意外と難しかったので起動させる→逃げるで処理し、アイテムを回収した。
途中、仕掛けられていた罠で檻の中のサソリがウヨウヨ出てきた時はめっちゃ焦った。

ニプトンには特に目立った情報はなかったので、次の街へ。



道中、めちゃくちゃ強いごろつきに襲われたが勝手に爆発物で自爆してくれ
かろうじて先に進む事ができた。
途中、行商人のキャラバンを見つけたため回復アイテムを売ってもらう。

2013-10-23_00018.jpg
行商人キャラバンとしばらく一緒に進もうかと思ったのだが、
道端で先ほどニプトンの街で見かけた赤い旗を掲げた二人組が襲ってきて
行商人キャラバンを攻撃し始めたため離れたところから様子を見ることに。

残念ながら行商人キャラバンは全滅してしまい、レギオンの兵士はまた野営に戻った。
なんと野蛮な連中か、と思いながらも行商人の死体からはアイテムを拝借し、目的地へ。
殺されてしまった行商人には悪いが、死人には必要ないであろうアイテムを拝借して進もう。

2013-10-23_00020.jpg
ここがそのノヴァックの街。NOVACっていうのはNOVACANY(空き部屋無し)のネオンの
後半が壊れてNOVAC部分だけが点灯しているからそう呼ばれているらしい。

正面に見える巨大な恐竜ちゃんの口の中からは半交替制でスナイパーが目を光らせ、
外的の進入や厄介事からこの街を守っているらしい。

この街で最初にある管理室に入ったところ、なんか欺瞞くさい事を言うおばさんから
モーテルの部屋の鍵を比較的安く買うことができた。しかもいくら泊まっても無料とか。

2013-10-23_00021.jpg
ちょっと古びて汚れてるけど、まあまあいい部屋だ。
少なくとも路上に打ち捨てられた血まみれのマットレスの上で寝るよりかはマシだし、
収納も結構あるのでおそらく荷物を置いておくこともできそうなのでここを拠点にしよう。
ババアを信用するかどうかとは置いといて、部屋はありがたく使う。

2013-10-23_00022.jpg
スナイパーの夜勤担当、ブーンさん。ちょうど交代するときに挨拶に行けたが、
いきなり「自分の妻を奴隷商人に売り渡す手引をした奴を探してほしい」と頼まれる。
なんでも、このノヴァックの街の中にその手引した者が居るようだ。
なるほどそれは許せん、ということでブーンには協力することにした。

2013-10-23_00023.jpg
スナイパーの昼担当の方もなんだか面倒事を押し付けてきそうだったが、早々に
[Confirmed Bachelor]を習得していたおかげでちょっとくすぐってやったらあっさり
自分の事を殺した男の情報をゲロってくれた。

その後はひたすら街の住民たちに聴きこみをして回る。
ブーンの奥さんについて街のいろいろな人の話を聞いて回るとどうも先ほど
モーテルの鍵を売ってくれたジェーン・メイ・クロフォードが臭い。

ババアの懐なんて弄っても面白くはないが早速隙をついて
前世で盗賊ギルドに入ってた経験を生かし、スリ取ると…やっぱり持ってるじゃねぇか、鍵!金庫の鍵だ。
こういうものを持ってる奴は隠し事があるに決まってる。
最初から俺はお前がクセェと思ってたんだよ!(手のひらクルー

更に隙をついてカウンターの奥に隠されていた金庫を開けて調べてみると、
中に入っていたのは売買契約書。
読んでびっくり、この書類はババアがブーンの奥さんとお腹の子供を
2000キャップ+500キャップで奴隷商人に売った時の売買誓約書だった。
ババアは100%黒で間違いないようだ。

その後、夜を待って事前にブーンとの打ち合わせ通り犯人を恐竜の前におびき出す。
夜までモーテルの部屋でごろ寝しつつ、日が暮れると同時に行動開始。

ババアに話しかけ、なんとか恐竜の前までおびき出す。
「すいません、恐竜の前で見せたいものが」
…不自然!話術スキルでどうにかならなかったのか!若い女性相手ならともかく!
という心配もつかの間、ババアは誘われるままホイホイついてきたので
ブーンの指示通りブーンの帽子を被って「こいつが犯人だ」と伝える。

しばらくたっても何も起こらないのでブーンの方を見たら、その瞬間に
隣に居たババアの頭が爆ぜてミッションコンプリート。びっくりした。

ブーンにはなぜババアが犯人だったかの説明をし、クエストは完了した。
物証を見つけた事を話すと、ブーンの説得に成功。ブーンは長年の悲願であった
妻と子の復讐を成し遂げたのであった。

このブーンという男、冷酷なスナイパーかと思ったら善人の一面もあり
大変精神的に不安定な印象を受けるが腕前は確かなので説得した所、
コンパニオンとして同行してくれることになった。
これは心強い同行者になるだろう。

ついでに持ち主が死んで不要になったババアの部屋のアイテムも根こそぎ強奪した後、
モーテルの自分の部屋に運び込んでおいた。

[Confirmed Bachelor]の効果で情報を聞き出せたのでもうこの街を出ても良いかもしれないが、
気に入ったので住民の他の頼みも聞いてやることにした。(つづく)
Steamで10ドル以下のゲームなんか面白いの無いかな~って思って見てたら
Fallout:NewVegasが9.9ドルだったので衝動買い。前からやってみたいと思っていたタイトルなので、
早速インストールして遊んでみよう…の前に日本語かから。

こちらのエントリを参考にしつつ、インストールしてゲーム開始。
おお、ちゃんと日本語字幕がついてるじゃん。やったやった。



OPムービーではムーディーな音楽に載せて、ロボットと荒廃した町並み、
狙撃する兵士、埋められる誰か等が写り…って、これ埋められてるの自分(プレイヤー)なのね。

いきなり何者かに生き埋めにされてしまった主人公が目を覚ますとヒゲのおじさんが。
おじさんはどうやら医者で埋められていたプレイヤーを発見し、担ぎ込まれたのを治療してくれたらしい。

最初はキャラクリエイトとステータスふりを決める為の簡単な質問。

2013-10-23_00002.jpg
「近接武器」と「素手の戦闘」が異様に高い脳筋マンだ。
なお近接武器を持っていたら素手じゃないし素手だったら近接武器ではないという盲点があったが
このまますすめることにした。

医者のおじさん、ミッチェルが「サニー・スマイルのところに行けばいいんじゃないかな?」というので
(とりあえず初プレイだし)正直に回復アイテムっぽいものをちゃっかり懐にしまいつつお外へ。

2013-10-23_00003.jpg
なるほど、世紀末…。結構荒廃こそしてるけどここはわりかし平和な田舎の村らしい。
とりあえずサニー・スマイルとかいう人に会いに行こう。

とりあえず聞いた通り、酒場へとまっすぐに歩いて行くと発見。
話しかけてみるとこの世紀末で生き抜くために必要な銃の撃ち方を教えてくれた。

「空き瓶との戦い方を学びに来たわけじゃないでしょう?」アッハイ、そうですね。
2013-10-23_00004.jpg
どうやら水道施設(井戸)の近くにゲッコ(トカゲみたいな動物)が住み着いてるらしい。
しかも人を噛むとか。迷惑な動物だなぁ。

その後、彼女の後にくっついてゲッコ退治。
ゲッコは獲物を見つけると走って近づいて来て噛み付いてくるトカゲみたいな生き物で、
とりあえず渡されたライフルでうまく逃げながら撃って退治。

2013-10-23_00005.jpg
その後、何箇所かある水源のそばを回ってゲッコ退治をしていたが、
最後の一箇所についた時には既になんか知らんおっさんがゲッコにくわれて死んでた(端的)。

ぜんぶ倒すと報酬の一部+キャンプファイヤでなんかアイテムを作る方法を教えてもらい、
回復パウダーなる物体を作ることにも成功した。


それから、街にある酒場のオーナーであるトルーディにアイサツへ。
すると先客が目の前でトールディともめているようで、なんでもこの近くに逃げ込んだ人を探しているとか。
トールディ曰く、その先客はこの近くを狙うギャングで逃げ込んだ人は町はずれのガソリンスタンド跡に
身を隠しており、街の住民たちはそれを匿っているという格好らしい。

ついでにトールディの壊されたラジオを修理してあげたらレベルが上がり、
Perkを選んでね!と言われたのでよくわからないが同性キャラクターに与えるダメージが増加する
『Confirmed Bachelor』Perkを習得。Confirmed Bachelorは『独身主義者』、
つまり女性と絶対結婚しない人→つまり…という意味みたいで、まあ。
世紀末世界で襲ってくる敵は男性の方が多いであろう事は予想に難くないので
このPerkは持っておいて損はないだろう、多分。

せっかくなのでガソリンスタンドに行き、その男、リンゴと会うことに。
リンゴに話を聞くと彼はトレーダーで、この近くを縄張りにしているパウダー・ギャングとかいう
ギャングに命を狙われ、この街に隠れたんだとか。

そしてリンゴ曰く、近いうちにそのパウダー・ギャングがこの村に対して攻撃を仕掛けてくるとの事。
そんなわけで、その事をサニー・スマイルへ伝えてどうするかの相談をした。



サニーにその話を持ちかけると、二つ返事でギャングを迎え撃つことを承諾してくれた。
敵の数が多い事を危惧したサニーは、街のみんなと協力して敵を倒す事を提案し、
プレイヤーは街のみんなの協力を取り付けに行くことに。

まずは酒場のトールディだが、このトールディを説得するには話術スキルが必要。
足りなかったのでトールディが売っている話術アップ本を買い、協力してもらった。

次は酒場の前に座っているおじいさん、イージー・ピートに話しかけてダイナマイトをもらう。
ダイナマイトをもらうにはある程度の爆発物スキルが必要だが、これは上げておいても
損はしないだろうという判断により素の能力値を上げて交渉、マイトを分けてもらった。

お次はアイテム屋さんのチェット。ビジネススキルが一定以上ないと説得できないうえ、
オマケにその数字が足りていなかったのでこれも一時的にスキルが上がる本を買い、
商売がやりやすくなることをチラつかせたら装備を提供してくれた。

ミッチェル先生は特に条件なしに回復アイテムを渡してくれたのでリンゴの元へ。


リンゴにみんなが協力してくれる旨を伝えて作戦を立てていると、
完璧なタイミングで街にパウダー・ギャングが現れた。

パウダー・ギャングとの激しい銃撃戦が始まり、そこそこのダメージを受けつつも
冷静に物陰に身を隠しつつ射撃して勝利。死体を調べると「漁る」コマンドが出たので
遠慮無くギャング達の持ち物を強奪させてもらった。弾薬、武器、服、回復アイテム等を
根こそぎ奪い、売れるものはサクッと売却してお金(キャップ)に変換。
戦利品のテンガロンハットも頂いておこう。

パウダーギャングをやっつけた事により、この街の住民からの評価は良くなったが
パウダーギャングの連中は私の事を敵とみなして攻撃してくるようになったようだ。
おそらくというか、まあスカイリムでいう山賊的なものだろうし、襲ってきたら返り討ちにして
懐のキャップもいただくことにしよう。

NPCたちから話を聞くと、どうやら生き埋めにされていた自分は何かの配送途中だったらしい。
「プリムの街へ行ってみたら~」というような事を提案されたので、
早速グッドスプリングスからプリムの街へと向かう事にした。
2013-10-23_00006.jpg

なお、道中パウダーギャングが出てきたのでキッチリアイテムはガメさせてもらった。


おまけ
2013-10-23_00007.jpg
プリムの道に行く反対側には炭鉱労働者のバラック小屋があり、でかいハダカデバネズミが居た。
ケガしてるみたいだけど、応急手当てスキルがないのでどうしてあげることもできない…。



まだ序盤のチュートリアルクエストをクリアしただけに過ぎないですが、
ザリザリしたレコード風のオールドミュージックをバックに世紀末の世界を冒険できるのは
なんだかワクワクしちゃいますね。
止めてみると結構雑いけど実際表示されるのは2Fだから平気理論

振り向き

この調子でどんどんつくっていきましょう
前々から新しいネトゲが話題になってたりすると「チュートリアルクエストだけ…」みたいな
ノリで少しだけプレイする癖がある自分は(おそらくネ実民には結構あると思う)いろいろなネトゲに出会い、
そして辞めてきた。その結果、だんだん第一印象でパッとこれは続かないわというゲームの
法則が固まってきたのでちょっと個人的につらつらと。

※ここに登場するゲームの特徴はかつてそうして「自分が続けられなかった」ゲームの悪い点だけを
 挙げたものであり、特定のゲームを攻撃するものではありません。
 単に私が飽きっぽいだけです。



・反復クエストが出てくるのがやたら早い
確かに反復クエストというシステム自体はレベリングや強い装備の作成、
生産なんかには大変ありがたいシステムだし、EXPがもらえるならレベルを上げたい時は
毎日ヒマを見て遂行したいと思う。

けども。
いきなり序盤に反復クエストが出てきて後は延々その反復クエストを
ターゲットを変えてやらされるというパターンは最悪。
毎日毎日「街の周りに居る動物モンスターを100匹狩れ」とか
「モンスターが落とす角を10個集めて来い」とか退屈極まる反復クエストが
プレイ初日から始まって何この刑罰は?みたいな。

ある程度プレイしていて強い装備を欲していたり、「もう居着いている」という
確証がある相手にやらせるには適した形式かもしれないが、まだ始めたばかりで
このクエストがいきなり始まるとそれだけでやる気がものすごく削がれる。
居酒屋に行ったら一杯目の酒が極限まで水で薄めてあったような気分だ。

そもそも実装するときに自分が
「仕事(学校)から帰って、このクエストを遂行するためにログインしたいか」という点を
考えてみれば一瞬で解決しそうな問題だけど結構いろんなゲームでいきなりやらされる。

・EXP、お金等が異常にシステムから引き出しにくい
モンスターがドロップするEXPやお金が渋く、街での買い物にすら困る。
レベルを上げたい場合は面白くもない同じモンスターを延々数時間ノンストップで狩り続けて
やっと1レベル上がるかどうか…というような方式の引き伸ばし。

プレイヤーにプレイしただけの報酬を与えないというのはかなりの割合で
プレイヤーを萎えさせ、もっとプレイしようという気を起きなくさせると思う。
プレイしたらプレイしたぶんだけ、ある程度のお金なりEXPは出してくれないとまずプレイする気にならない。

もちろんゲーム内経済との兼ね合いもあって特にお金はコントロールされてるのはわかるが、
そもそもお金がプレイヤー財布の中に入らなければ経済は生まれない事は明らかだし、
何よりインフレを起こさないために餓死者を出してたら本末転倒だ。


そして何より、こういう具合に「とにかくユーザーに出し渋る」ゲームでは
私が始めた時点で大概中国語やら英数字の羅列のキャラを大量に動かしている
所謂中華botが既に湧いている場合が多い。
ゲームからお金を得るのが凄まじい時間の労働になった結果、無人で回せるbotを持った
中華業者が早々に闖入してきてbotでゲーム内マネーを稼ぎ出し、
稼いだお金はゲーム内チャットで堂々と「マネー売ります」の発言をしていたりする。

ある程度の前評判のタイトルになると即・張り付いている中華業者の耳の速さにも驚くが、
こうした中華業者「だけ」がマネーやアイテムを得られるような状況になるともう彼らから
リアルマネーを払ってマネーを購入する以外にどうしようもないため、放置し続けると
早々に人が離れていき、あっという間に過疎化が進むわけで。


こんな感じでゲームの経済が動き出す前に死んでいるような状況を招くよりは、
まずはゲームの参加者には「ある程度」のお金やEXPを与えてまずテーブルに付かせ、
その後徐々にサービス終了まで緩やかなインフレーションをさせつつ回してくれないと
ゲームに参加のしようがない。

・壮大な世界(笑)
なんだこりゃ?マップエディタで間違ってスケール2倍にしたか?と疑いたくなるような
「無駄な」マップの広さ、採取ポイントや拠点などの施設までの遠さを延々徒歩で移動させられる。
自分はゲームが遊びたかっただけでべつに移動したかったわけじゃないし。
しかもよほどグラフィックが次世代の超美麗グラフィックで細かいオブジェクトまで
作りこまれてるとかならともかく、コピペしまくって作ったような適当なだらだらした山道とか、
延々続く街道とか、歩いているだけで嫌になる。
しかも、延々街Aと街Bをお使いで往復するとか。

なんでか知らないけどいろんなネトゲであるけど、岩肌がむき出しで無意味に切り立った地帯が
街道をぶった切ってあって見た目に近くてもすごい大回りしないといけない場所を
「街Bに行くにはそこを通る必要があるんだ、強いモンスターが~」とかさ。
ガチャガチャした岩場歩いてもべつになんも面白くないしむしろなんでそこにこそ
道を整備しなかったのか問い詰めたくなるじゃん。みたいな。

・装備の選択肢が皆無
副次効果や属性値、特殊効果等が一切存在しない。数字が大きいのつけるだけ。終わり。
中途にアクション要素を入れたゲームにありがち。

そもそも数字のデカいのが一番強いならいらねーじゃん、他の装備。
店でこんなに売ってる意味もないだろ、値段も近いし。

・戦闘が単調
強い敵=攻撃力と体力を上げただけです、はいpotのショトカ連打しながら叩いてください。

…二度とやりたいとは思わないね。

・ネット上のはやりのネタを入れたがる
いやいや、自社ネタならともかく(もしくは2chに専用掲示板持ってるFF11ならともかく)、
おたくのライセンスじゃないネタを入れてどうするのっていうか、スベってるし。

…というようなアップデートを真顔でやられるとどんな顔をしていいかわかりませんね。



…とまあ、ここらへんの要素が出てくるとうわーないわーってなってやめちゃうパターンが多いんだけど。

FF11は「遊びでやってんじゃねーんだよ」と冗談で言われる事もあるけど、
まずネットゲームは遊びである以上苦役や労働を強いられるよりは楽しく遊べたほうが
序盤の導入→食付きは圧倒的に良いと思いますし。

…っていう話すると大体「嫌ならやめろ!嫌ならやめろ!」とか言われますよね。
「嫌ならやめてもいいんじゃよ?」とは某ジジイの言ですが、あれはゲームがある程度面白いから
(叩かれるの覚悟で)言わせられたセリフであって、全然面白みを提供してくれないゲームで
言われたら「あ、はい じゃあやめます」以外の反応ないよねー、というお話。
同じPCの前に座ってゲームするんならもっと面白い他のネトゲやるか
steamで安く買ったゲームやるわーみたいな時代だと難しいことだと思います。
畑のお世話をしながらコインもらうために放置したり歌いながら放置したり。
してたら、歌マスターになりました。

mabinogi_2013_10_18_001.jpg
mabinogi_2013_10_18_002.jpg

当たりの黄色箱の中身はコンヌースレザーヘアバンド。
コンヌース~と狐一族~が黄色箱の中身から出るみたいですね。
前回のイベントでは確定でラクーンドックウェアが出ましたが渋い、渋い。

まあそれはそうとして、マビノギでは大きな動きがありました。
まず1つめはワンタイムパスワードの変更。従来のものから、シマンテックのVIP ACCESSに変更され
リアルタイムでOTPが更新されるため非常に堅牢性が高い…という話です。
(一応前のOTPでも30秒ごとに更新する機能ありましたけど、
 アプリ起動時で放置するとそのままだったんですよね。)

2013年12月までにOTPを変えないとログイン不能になっちゃうぞ~という注意書きがあるわりに
スマートフォン版のVIP ACCESSの登録をしようとするとできない、という状況が発生していました。
これに関しては何度かリセットすることで解決するようです。

あと新機能として、ネクソンアカウントの方にログイン履歴機能がつきました。

mabinogi_2013_10_18_003.jpg
マイページから閲覧でき、ログイン日時とログインIPとログインゲームが表示されます。
ログインアラート機能も付随しており、違うIPからログインがなされた時に指定したメールアドレスに
メールで連絡する機能もあるようです。

マビノギは前々からアカウントハックに関して公式の対処がだだ甘で、
アカウントハック被害発生→当然保証なし→自由掲示板にスレが立つ→何故か被害者が叩かれる…
みたいな負のループが続いていましたがやっと重い腰が上がった、ってトコでしょうか。
(いうてもこれはマビ運営チームではなくネクソン側の話だと思うのですが)

まあマビはログインにOTP必須じゃないし普通にゲーム内の選択肢だけで
MOM出品もアイテム購入もできてしまうので片手落ちな感はあるのですが。
アクセス解析を見たらものすごい見られてるっぽいのでちょっと追記を。

現在主流な製品となっているBuffaloの無線LANルータですが、住宅地やマンション等、
「電波の発信範囲内に複数のBuffalo無線LANルータがあると発生する問題」があり。

それが「定期的に無線LANの電波が途絶してネットが切れてしまう」という現象です。



[現象(症状)]

・ネット接続の利用中/そうでない場合問わず電波が切れる
・すぐには再接続ができず、ルータを再起動するか5分ぐらい放置してやっと繋がる
・症状は定期的(数時間おき)程度に起こり、都度対処する必要がある。

私の環境ではこれらの症状がBuffaloの無線LANルータに変えた時から出続けており、
ネットゲーム接続中などでも発生するためペナルティ食らったりで安心してゲームもできやしねぇ!
という状態になっていました。



[原因]

近くに多数のBuffalo無線LANルーターが存在する場合、問題なく接続できているにもかかわらず
『チャンネルの自動設定』機能が勝手に働いた結果、チャンネル変更処理に時間がかかり
その間無線LANが不通状態となる。(当然ネットにも接続できない)

この症状は『チャンネルに充分な空きがあり、現在干渉していない』状態でも発生し、
(正常に接続ができている場合でも)他のチャンネルへの変更及びそれに伴う
電波の途絶が数分間にわたって発生する。

購入時に特にチャンネル設定をせずに「自動」にしている事による。


[原因の切り分け]
正常に無線LAN接続がなされている際に、ルータの設定ページを開いてチャンネルを確認する。
現在のチャンネルをメモしておき、次回の電波の途絶が起こったら設定画面を開いてチャンネルを確認。
ここで先ほどとチャンネルが変わっていれば十中八九、原因はこれ。

違う場合は他の要因による切断の可能性があります。



[対策]
無線LANルータの設定ページを開き、チャンネル設定画面で「自動」から現在のチャンネルに固定。
これで様子を見て、症状が解決すればOK(解決しない場合は他の理由です)



まあ、なんのことはないこれだけの事なんですがBuffaloの製品全般で
「空きチャンネルは腐るほどあるし現在問題なく接続出来てるのになぜか途中で自動でchを変えやがる」
という謎の仕様が存在しており、それが原因で発生する症状のようです。

公式ページを見てもこれらの現象については説明が無く、
チャンネルの変更方法のページにひっそりと「CHを固定すると切断が解決する場合があります」とだけ
書いてあってあまり意味を成していない…という。

そも、製品のポンコツ仕様+ヘルプページの不親切なのが原因なんですが…。
一般的にビデオ・ゲーム、特に「人を殴るやつ」や「人を撃つやつ」は教育に悪いとされている。
ここでやり玉にあがるのはアクションゲームや格闘ゲーム、FPS(FirstPersonShooting)等がメインだ。

特にFPSゲームは銃が登場する以上、題材として銃のある場をステージ(モチーフ)として
設定している場合が多い。特殊部隊であり、戦場であり、ゾンビであり。
とにかく、これらのゲームは「人間を撃つのだから教育に悪いのだ」とされている。

しかし、果たして本当にそうだろうか?ビデオ・ゲームの画面上に表示されている
人間はあくまでどこかのクリエイターがポリゴンモデルを制作し、テクスチャを貼って、
プログラマーが実装して初めて動いているものだ。FPSをプレイする人でそんなことをわかっていない、
「自分がトリガを引くと人間が死ぬ」なんてマジで考えてる人は居ないだろう。

ここで私が提起したいのは、一部のFPSゲーム、
特にLEFT4DEADシリーズはむしろ教育に良いのではないか、という説である。



優しさが求められるFPS、LEFT4DEAD

LEFT4DEADはゾンビ映画の撮影という体で、プレイヤー4人がキャスト(登場人物)を
演じるという設定でゲームが開始され、チャプターをクリアしていくのが目的のゲームだ。
FPS界ではかなりのメジャータイトルであり、知らない人を探すほうが難しいぐらいだろう。

1つのチャプターはセーフルームにたどり着くことでクリアされ、最終チャプター(フィナーレ)では
生存者は車やヘリ、ボート等で脱出する…というゾンビ映画でよく見るアレである。
(正確にはこのゲームの敵は『感染者』なのだが。)

「そのどこに優しさがあるのか」と疑問に思われるかもしれない。
そこで、そのゲームに介在する『優しさ』を大別して4つにまとめてみた。

1,ゲーム設計の『優しさ』
まず前提として、ゲーム自体がある種の『優しさ』を持って作られている。

・初心者への優しさ
L4Dシリーズには『AIディレクター』なるものが存在しており、このAIディレクターが
リアルタイムにゲーム進行を監視し、アイテムの配置や敵の出現を決定付ける。
AIディレクターは難易度EASYなどでもプレイヤーが苦戦する(多くダメージを受ける)と
回復アイテムや強力な銃器、弾薬などを出現させてくれるため非常にFPS初心者にも優しい作りになっている。
それとは別に難易度EASYも用意されており、全体的な難易度を下げることもできる。

どこへ行けばいいかも非常にわかりやすく、『映画のセット』という設定のステージを突き進んで
最後にあるセーフルームに入ればクリア、というゲーム内容も非常にわかりやすい。

また、ゴア表現(流血、臓物等)が苦手な人の為に設定でオフにできたり
一緒にプレイする人が居ない時用の「シングルモード」(CPU3人が同伴してくれる)など、
システム周りが非常に親切で設計者の優しさを感じ取る事ができるだろう。

・チームワークの大切さ
敵やギミックなど、『4人で力を合わせないと突破することが難しい』という物が多く、
必然的に『4人が協力して敵を突破して進む』、『味方を援護してあげる』等の
優しさをプレイヤーたちが発揮することが求められる。

これによるもっとも大きな点は、『FPSが上手だが突出してソロプレイに走る人』よりも
『FPSがヘタでもチームワークに長けた人』の方がチームに貢献できる
、という点である。
ちょっとぐらいエイム(敵を狙うこと)がうまかろうが、後述する
特殊感染者に捕まってしまえば味方に助けてもらわざるを得ないわけで、
そうした点で上級者も初級者も平等に『味方を助ける』チャンスが用意されている。

更に一人ぐらい上手でなくても、周囲の人がカバーしながら行動することで先に進みクリアできる、
むしろ一人ぐらい初心者が居たほうがエキサイティングなゲームができるという作りになっており、
上級者から初級者まで平等にゲームを楽しませてくれる設計となっているのだ。


これほどの『優しさ』を持って設計されたゲームが果たして一概に
「教育に悪い」と言えるのだろうか?
もう少し検証を続けてみることにしよう。

2助け合いの『優しさ』
・敵を倒すための助け合い
L4Dシリーズの敵は『感染者』と呼ばれ、一般的にイメージされる
「呻きながらヨロヨロ歩いてくるようなゾンビ」などとは違い猛ダッシュして襲ってくる。
そのため銃やその他の武器でやっつける必要があるのだが、この数が尋常ではなく
『ラッシュ』と呼ばれるイベントが一度起これば凄まじい数が押し寄せてくる。

当然どんな強力な武器を持っていても、1人では到底倒しきれないため4人で協力する必要がある。
フレンドリーファイアー(味方を誤って撃つ事)を起こさないように、端によったり味方の
射線が通るようにしゃがんでスペースをあけてあげたりするという優しさが要求されるのである。

更に強力な敵として、特殊な能力を持った『特殊感染者』が存在する。
彼らは生存者にとっては嬉しくない様々な特殊能力を持っており、一度捕まってしまうと
自力で抜け出すことはできず、味方に助けてもらう必要がある。

-チャージャー
右腕マッチョのオーバーオールマン。右腕を前に突進してきて、
その突進に当たると障害物に当たるまでまっすぐ吹き飛ばされチャージャーに捕まってしまう。
更に生存者を掴んで叩きつける攻撃を繰り出してくるため、味方が捕まったらすぐに
後を追いかけてやっつけないと確実に殺されてしまう。

当然ながら当たらないのが一番良いため、チャージャーが出現したら率先して攻撃したり
仲間に教えてあげることで直線的な攻撃はかなり回避しやすくなる。
『ホウレンソウ』の特に『報告』の大事さを教えてくれるやつである。

-ブーマー
体が膨れ上がった特殊感染者。特殊な胆汁を体内で生成しており、
これを口から吐きかけて攻撃してくる。この胆汁をかけられると(通称ゲロ)、
感染者たちはそれに引き寄せられて一斉に近寄ってくる他しばらく視界不良になってしまう。

視界不良になっているプレイヤーは敵の姿もほとんど見えないため、他のプレイヤーが
率先して群がる『感染者』を始末して効果が切れるまで守ってあげる必要があるのである。

更に厄介なことに、腹の中にはガスと粘液が充満しており味方の近くで倒されると
爆発してこの効果をまき散らすため、倒す際にはパンチなどで押しのけて誰にも
かからないように始末する奥ゆかしさが求められる敵。

-ハンター
フードを被ったエミネムルックがイカす特殊感染者。
超人的なジャンプ力を持っており、生存者に馬乗りになって引っ掻いてくる。
ダメージも相当なもので、高難易度だと体力がガリガリ減っていく。

当然馬乗りになられている間は攻撃できないため、誰かが捕まった場合は
他の生存者が助けてあげなければならない。迅速な状況判断と救助が必要なのである。

-ジョッキー
笑い声のような鳴き声をあげる特殊感染者。ハンター同様生存者に乗っかりたがるが、
こちらは生存者の首を締めあげながら頭に乗っかってくるため
乗られた生存者は立ったままヨロヨロとランダム方向に移動してしまう。

これによって多くの感染者のいる方向へと移動してしまうこともあり、
もしそうなったら素早くこいつをやっつけた後窮地に陥った生存者を助けてあげることが要求される。

-スモーカー
全身が爛れた特殊感染者。遠くから長い舌を伸ばして生存者を捕まえ、
自分の方に引っ張り寄せて攻撃する。
引っ張られ初めてしまうと自分では抵抗することができず、味方に助けてもらう必要がある。

また、高いところが大好きで離れた高いところからこの引っ張り攻撃をしてくる事が多く、
運悪く捕まってしまうと遠くまで運ばれてチームから孤立してしまう危機を迎えることも。
もし味方がそうなったらそちらの方向へ全員で移動するという集団行動を要求する敵。

-スピッター
大きく裂けた口を持つ特殊感染者。遠くから酸を飛ばして攻撃し、
着弾地点にスリップ(継続)ダメージを受ける酸のフィールドを作り出す。

これにより大きく妨害されるのは『篭もり』と呼ばれる一地点にとどまり続ける戦法で、
足元に酸が広がるのに気づいたら即逃げなければならない。

大事なのはその咄嗟に逃げたあとで、味方と離れないように、また離れてしまった味方がいたら
カバーしてあげるなどの視界の広さが求められる。

-タンク
筋肉モリモリマッチョマンの変態の特殊感染者。タンク(戦車)という名の通り、
凄まじい耐久力と攻撃力を持ち、強烈なパンチや岩投げ攻撃を仕掛けてくる。

ゲーム中、要所要所で出現するいわば中ボス敵存在であり、倒すのはかなり困難である。
全員で協力して集中砲火で一気にやっつけるか、火炎瓶やガソリンなどの可燃物で
火をつけて弱らせる、ブーマーの胆汁をぶつけて感染者にも殴らせるなどの工夫も求められ、
もっともプレイヤー側に倒すための労力を必要とさせる敵である。

-ウィッチ
下着姿の女の子の特殊感染者。通常時はシクシクと泣き声を上げて彷徨うか座り込んでいるが、
大きな音や攻撃、ライトなどで刺激することでこちらを認識して襲ってくる。
その攻撃力はかなりのもので、一度ターゲットにされてしまうとダウンは免れないため
誰かが気づかれたら他の人は集中砲火して倒す必要がある。

とはいえそっとしておけば無害であり、
「女の子が泣いていたらつい「どうしたの?」と声をかけてしまいがちなところを
そっとしておく優しさもあるという
事を我々に伝えたいのではないだろうか。



以上のようにひとくせもふたくせもある感染者たちはその仕様から、
協力し、助け合うことの大切さを教えてくれていると考えることもできないだろうか?

3分け合う『優しさ』
上述したように、このゲームでは出現するアイテムは『AIディレクター』が管理しており
「ここにいけばこのアイテムがある」というようなシステムではない。
その為、道中で手に入るアイテムについて事前に戦略を練ることは非常にしにくい。

例えば道中で弾が切れた人がいれば弾入りの武器が落ちていた場合はあげるべきだし、
回復アイテムが落ちていて自分の体力に余裕があれば危ない人にあげるなどの
他のプレイヤーの事を考えたアイテムの取捨選択が求められている。

また、落ちている銃も有限であり、場合によっては苦手な銃しか取れなかった、
明らかに場面にそぐわない銃だった等のパターンも発生しうるため
落ちているものはそれぞれ融通しあう必要がある。

これらのことは暗に「譲りあう」ことの大切さを教えてくれているのではないだろうか?
競争社会における我先に文化に対する警鐘を鳴らしているのかもしれない。

更に念入りな事に、火炎弾・爆発弾等の強力な弾薬パックも一度取得し、4つに分けてから
みんなでわけあって使用するという形式をとっているためこれらのことに関しては
あながち的外れでないようにも思える。

4許してあげる『優しさ』
ゾンビ映画に欠かせないもの、それは『犠牲』である。

基本的に4人で進行する必要があるが、各ステージの最後(フィナーレ)において
脱出手段が到着した後などは特に苛烈なラッシュが発生し、運悪く死んでしまうこともある。

その場、残ったプレイヤーたちはさっさと生きているメンバーたちだけで脱出してしまい、
エンドロールで「追悼:○○」とだけ表示される。

これに関しては些か冷たいようにも思えるが、それは違う。
一見血も涙もない脱出に見えるが、むしろこれは残された一人に対して「許す」事を
自然に発生させるためのギミック
であるように思えるのである。

なぜかというと、このゲームは一人でも脱出すればクリアであり『生存者の勝ち』なのだ。
つまり残された方も、見捨てて置いて行かれたにもかかわらず許せるどころか
「ヤッター!クリアしたぞ!」と喜ぶだけで済むのである。




以上のような設計になっている本タイトルにおいてはどちらかというとプレイヤーに求められるのは
敵をやっつける暴力性よりも『優しさ』や『おもいやり』、『連帯行動』であると感じられる。
一見する限りでは「ゾンビを撃ちまくるゲーム」だが、その実「優しさを発揮するゲーム」でもあるのだ。

プレイ中に感じるこれらのことを鑑みると、決して「暴力ゲームは教育に悪い」とは一概にいえず、
「そうしたゲームから学ぶ事もある」といえるのではないだろうか



そしてこの、教導的とすら言えるLEFT4DEADシリーズはsteamで度々セールされており、
セールの時期になれば2本で10ドル(約1000円)で購入できたりしてしまうのである。
全国のお子さんをお持ちの皆様、お子様の情操教育にLEFT4DEADシリーズは如何でしょうか。

STEAM-LEFT4DEAD2
















いや、ゾンビとエロとクソ映画はダメだと思う。
以前から放置していた音楽関係のスキルをあげようと思い、音楽知識を上げることに。
メモ(覚書)ついでのエントリ。



・R6→R5:本 楽器の心臓、共鳴胴
通称「共鳴胴」。エリンでは古より安定して数Mで取引されるレアアイテム。
というのはバリ上級3人用のレア報酬orカブ釣りでの超超超低確率算出なので…。
こればっかりはバリに通い詰めて取るしかないですね。

ただ、以前は耐爆装備をしていてもそれなりに痛かったのですがZEROアップデートで
爆発攻撃が物理扱いになったようで、防御力が高ければ爆発がカスダメになるため
脳筋3人組であれば周回が用意になったのではないでしょうか(とはいえボスを倒せないとだめなんですが)。


・R5→R4:本 手が醸し出すメロディ、弦楽器
ときどーき露店で見たことがあるようなないようなでしたが、結構高かった記憶があります。
ちな競売でも買えますがめったに出品されませんしバカらしいぐらい高くなるので
おとなしく遺物でとったほうが良いかも。

『クルクレ発掘手帳14巻』の報酬なので、クルクレの発掘品集めの旅へ。

一部を除き、パンタイ沼などでの宝箱で入手することができますがぜんぶ揃えるには
膨大な時間がかかり、面倒なので基本的に入手率が高い「柱」を狙っていきます。

mabinogi_2013_10_13_010.jpg

-髭ツチブタの石像
パンタイ沼の2*1の遺物箱から出てきます。これだけですね、沼で発掘するのは

-スイトゥー骨針
スイトゥー川周辺をLロッドで探索し、出現する水牛の柱を素手でさわさわした時に出てくる
2*2の遺物を鑑定、復元するとぜんぶこれです。簡単。

-古代の暦
-クルクレ先住民土器
こいつらはラテール高山地帯にある「クマの柱」から出る2*2の遺物から出現。
(他にクマの柱からはシャーマンの盾のかけらも出るけど)

位置としては大体ラテール高山地帯中央マナトンネルから少し南下したあたりを
Lロッドで探索し、柱を素手でさわさわすると1度に2個まで取ることができます。
ここでメイドさんか執事さんが居る場合は素早く呼び出して採取することで4個採取可能。
2*2の遺物以外はいりませんのでインベの邪魔だったらポイしましょう。

柱全般の仕様ですが『クマの賢者の柱』『ワシとクマと賢者の柱』みたいに複数の柱が
複合したゲッター柱みたいなのが出てくることがありますが、これらは合体した柱が出すものの
中からランダムに2つを出します。

…ということは、インベが有限なときに狙うべきなのは『クマの柱』単体の時ですね。
採取成功率が低い、柱が1分周期で消えるなどでイライラさせられますが気長にやりましょう。

マナトンネルの増設、24h営業化などのお陰でボイトにイラッとしなくて済むのは便利でグッド。

mabinogi_2013_10_14_001.jpg


-イリニドの水晶球
ラッパ地域に出現する『賢者の柱』から採取できる2*2がそうです。
これも同じく複合柱が出るので『賢者』単体で出たら素早く採取。
(他には石斧、陶磁器、やじりなどが出土します)

クルクレのゴキブリことホブゴブリンさんが邪魔してくる場合もあるので
よく掃除してから採取します。

mabinogi_2013_10_14_002.jpg



・R4→R3
スキルの解説通りイヴォナに「スキルについて」で会話。

mabinogi_2013_10_14_003.jpg
取引とは?
mabinogi_2013_10_14_004.jpg
エランスクリュ(ワイン)を品質問わず持ってこい…あっ(察し)

mabinogi_2013_10_14_005.jpg
どう見てもただのぶどうじるです、本当にありがとうございました。
(熟成開始→即終了のワインでOKです)


・R3→2
タラのエリネド(衣料品店)さんにスキルについてで会話。

するとレザールのプライドを折るためにアデールを倒して来いと言われるので
トーナメント会場へ。

まあ例の運ゲーですね。
mabinogi_2013_10_14_008.jpg
初手でAを出すと高確率でDを出してくれて刺さる気がするので、
A→Sと初手を出すと2回先制攻撃を入れられるっぽい気がします。

基本なんですけど「相手が出した手が弱点の手」を出し続けてダメージを稼ぐか
あとは相打ちで削って終わり、って感じで良いと思います。

倒した後エリネドのところに戻って会話すると完了。



・R2→1

mabinogi_2013_10_14_010.jpg
今度は宝石を集めて来いと言われます。イヴォナの宝石袋(コレクションブック)を持って
宝石を集めて終わり。宝石はイベントで腐るほどある5cmを入れて終わり。

mabinogi_2013_10_14_011.jpg
mabinogi_2013_10_14_012.jpg
やりました。
楽器演奏5、歌5まで上げたらある噂が飛び込んできたんだ。

mabinogi_2013_10_13_002.jpg
mabinogi_2013_10_13_003.jpg
mabinogi_2013_10_13_004.jpg
なんでもタラで公演したアリアとかいう歌姫の歌声には不思議な効果があり、
人によって居ないはずのコーラスが聞こえたり聞こえなかったりしたらしい。

mabinogi_2013_10_13_005.jpg

ネイルの頼みでタラへ向かい、その公演を聴いていた人たちの元を回って調査をすると、
不思議な事についてはイリア大陸へ迎えという指示が。

まずはフィリアのアトラタのところへ向かい、そうした現象について尋ねたところ
「砂漠の精霊が蜃気楼を見せることがある」という情報に加えて
「最近同じことを尋ねてきた人がいる」とのこと。

そしてクルクレへ。
mabinogi_2013_10_13_006.jpg
そう、精霊と言えばこの人。
コウサイによると、心に乱れがあるとありもしないものが見えたり聴こえたりするとのこと。
(…って精霊関係無いのかしら)

mabinogi_2013_10_13_007.jpg
これまでの話をまとめると、幻覚のコーラスは
「歌や演奏で心をかき乱し、幻覚や幻聴を生み出す」というスキルであるとのこと。

mabinogi_2013_10_13_008.jpg
…とまあ、そういう設定らしいですがミレシアンの場合は実際神にも匹敵する力を持ってるので
ヘタしたらゴッドボイス並の破壊力がありそうなんですが、そこらへんはどうなんでしょうね。

mabinogi_2013_10_13_009.jpg
ちなみにスキルとしては楽器を持ってスキル発動後、演奏を行うと対応した魔法陣が出現し
味方に急速回復効果を与えるか、敵の移動速度攻撃速度を下げる効果を与えます。

影ミッションやダンジョンの一部屋を覆い尽くすぐらい大きい魔法陣なのでかなり便利そうですね。
歌スキルの修練方法まとめ
mabinogi_2013_10_12_003.jpg

低ランクのうちは歌うを使って放置か、無音楽譜を使って歌い続ける(すぐ使用回数なくなります)。

数字ランクになってくると上げるのがしんどくなるので無音楽譜の使用を推奨
(自分の音楽知識ランクにもよりますが、「簡単すぎて~」が出るようになったら
 音楽知識が高い人に作ってもらうのが良いでしょうね。)

高ランク時の「パーティめんばーにバフをかける」修練は一人PTを作って
使わないペットを出してひたすらバフスキルを使うことで埋まります。
バフ演奏をするとマイクが削れるので注意

あとは無音楽譜で放置、終わり。

楽器演奏スキルに比べると大失敗修練が最後まで充分あるので簡単です。



してして。使い勝手なんですがこれが中々良いといいますか、
「楽器を持っていないのに演奏できる」というのがチョー便利。
(と言っても効果自体は楽器を持っている時のほうが高いのですが)

何がいいって、表武器を持ったまま演奏効果を得られるので従来のように
楽器に切り替える&演奏する手間がなくなりシームレスに演奏効果を得られること。
狩りの最中に「あっスタミナねぇなっ」ってなったら忍耐。便利。

当然従来まで音楽を使っていた人は上げる人が多いでしょうが、
どちらかというとこの歌という新規スキルは音楽をあまりメインで使ってこなかった人に
より強くおすすめできるスキルだと思いました。

mabinogi_2013_10_12_012のコピー
ちなみにちょっとしたライブごっこもできます。



ついでなんで落ちる前に動画もとってみました。
マビの標準録画使ったんで元画質が微妙でアレですが。

よりにもよって一発で神演奏で笑いましたね。
本日(2013年10月12日)のホットタイムイベントは以前のナックル配布イベントと同じく
アイテム、『コンサートワイヤレスマイク』が1アカウント1つ配布となっております。

ZEROアップデート第二弾の追加スキルである「歌」ですが、このスキルは
マイクを持つことで(コンサートワイヤレスマイク可)習得可能です。

歌は楽器演奏スキルと似たスキルですが、大きな違いとして
ランク5以上に達すると魔法音楽を楽器を持たずに演奏可能になるようです。
生産中はまだしも、裏に楽器を持たなくても良いため音楽スキルの使い勝手が上がりますね。

ちなみに例によって無音楽譜さえ作ってしまえば使用回数ぶんのトレはできるので
早いうちに無音楽譜を作って農場放置とかしておけばあっという間に1になるのではないでしょうか。
(まあ知識とかの兼ね合いはありますが…。)



・歌用の無音楽譜の作り方
楽譜スクロールを買う→作曲スキルを使う→歌パートに半角スペースを1つ タイトルも適当でOK

歌の仕様として歌パートが書いてある楽譜でないと歌うことができませんので
スペースを入れて歌うだけ
後は左手に持って歌うを押して放置で勝手に楽譜が壊れるまで修練が進む



歌スキルで魔法音楽使用可能になったことで狩り中や戦闘中に使うのが便利になりましたね。
まあ脳筋戦士の場合は完全に歌というよりウォークライではないかという疑惑がありますが…。
魔法、音楽と着てどんどんおもしろく、便利になっていきますし教授、トレジャーハンター等までは
既に韓国で来ているらしいのでそのうち格闘にもくるのかなぁ~とか。
ぐるぐるビンゴイベント、ちょっとやる気だしてやってみた結果。

mabinogi_2013_10_11_001.jpg
一応全ビンゴ達成。(それまでに出た服はコレスとかドレスルーム用のがらくた)

1列ビンゴ達成時にランダムで、全ビンゴ達成時に固定で黄色いプレゼントボックスが貰えるようです。
黄色いプレゼントボックスの中身は「狐一族 月の衣」セットが入っているのを確認しました。
そもそも黄色いのだけが当たりでほかはコモン扱いの服しか出ない?

mabinogi_2013_10_11_002.jpg
画像は「狐一族 月の衣」と「狐一族 月の腕輪」を装備していますが
袖の中に腕輪が隠れてしまっていて完全に見えません。(仕様?)
狐一族月の衣シリーズは2011年のドラゴンボートイベントの景品アイテムだったものです。


それはそうと、ドレスルームシステムがかなり便利ですね。
このドレスルーム、早い話が「衣装を各種1つだけ銀行と別枠で預けておける」というシステム。

マビでは衣装が際限なく増えていく上にインベントリは有限、
ミレシアンはなぜか服をたたむということを覚えないのでインベはどんどん圧迫されていき、
倉庫スペース確保のためにわざわざ新規カードを買ってキャラと銀行枠を増やす…なんてことが必要でしたが、
これで増えた衣装も処分したり倉庫スペースを拡張しないで済むようになりました。
取り出す際に手数料は取られますがアカウント共通のため、サブなどに押し込めていた服をねじ込んだり。

ちなみにドレスと名前はついていますが、きっちり鎧等のスペースもありますので
鎧コレクターの皆様やパナッシュ党、バケツ党の皆様もごあんしんです。

イベント服のぶんのスペースもあるため、なんやかんやイベント景品アイテムを
揃えると2*3,2*3,2*2,2*1とかで大量にスペースをとってしまう問題も解決できます。

ただ現状、一部の水晶玉から出たアイテムが収集できなかったり、
一部のイベント景品が収納できない(ポウォールローブは入るのに体操着やスク水は入らない等)が
あるのでそこらへんはちょっと困り者ではありますが。
mabinogi_2013_10_10_001.jpg
それはそうと前の転生から21日経ったので冒険才能に転生。
以前の皮算用の通り生まれたてでWILLの回収量は594。

現在才能込みで回収できるWILLは603で、グラマス格闘家でゲタ履いてるとはいえ
フル回収WILLマンに近づきつつあるわけですよ。嬉しいですね。

mabinogi_2013_10_10_002_20131010225541220.jpg
そしてぐるぐるビンゴ!ビームソードとか出るかなぁ!と期待しつつスズメバチをしばいていたら
累積4000レベルを達成しました。
思えば最初は軽い気持ちで始めたマビ、ここまで長期にやるとは思わなかったなぁ。

ちな累積3000が2013/07/12だから3ヶ月ぐらい…?

mabinogi_2013_10_10_004_20131010225542392.jpg
2ビンゴ達成した報酬
・コレスブーツ
・バッファローウィング

うごご・・。今回は渋いのかしら。
定例的に1周埋めたらカワイイ服が貰えると思うので、2着ぐらい欲しいところです。
(前のイベ服を交易パートナーに着せてるので今回のもそれように)

前3つのエントリのムーンゲート/マナトンネルの情報提供をくださった方、
ありがとうございました。
・マナトンネルの利用可能時間が昼間から常時に変更されました
・イリア大陸には大量のマナトンネルが追加されたため、埋めるのは中々時間がかかります。

ムーンゲート情報:ウルラ編
ムーンゲート情報:ベルファスト編

長いので折りたたみ。
[【マビノギ】マナトンネル情報まとめ(イリア編)]の続きを読む
ベルファストにもムーンゲートが追加され、便利になりました。

ウルラ編はこちら
イリア編はこちら

本文は折りたたみになっています。
[【マビノギ】追加ムーンゲート情報まとめ(ベルファスト編)]の続きを読む
10月10日のアップデートでグッと便利になったかつ増設されまくったムーンゲート。
あまりにも大量に追加されたので埋めようと思うと大変!ということで
追加ムーンゲートをおさんぽついでにまとめてみました。

ムーンゲート(ベルファスト編)
マナトンネル(イリア編)

めちゃくちゃ長いので折りたたみです~。
[【マビノギ】追加ムーンゲート情報まとめ(ウルラ編)]の続きを読む
つい最近「これ自分でAdblock入れれば楽勝じゃ~ん俺チャン天才www」とか言ってたら
もっとピンポイントかつジャストフィットなものを公開されている方が居たのでメモ

CustomGinzaWatch入れて、オワリッ!
にしたいんだけど、そこに至るのにちょっと手間が必要だったので。

グーグルチャンの方向性で「野良プラグインなんて危ないもん許可しねーよ!」ってなったので手動で。
(私はSleipnir4でカスタマイズの項目が開けないという状態なので遠回りですが)
前提として上のプラグインが一発登録できるんなら問題ないです(そのまま導入してください)。

1,Tampermonkeyをインストールする
ワンクリでプラグインをインストールしてくれるプラグイン。
画面の右上の「無料」ボタンを叩くとインストールされます。

注意点として、Googleの認可を受けていないその他多くのプラグインを受け付けるようになるので
うかつに変なプラグインをインストールしたりすると危険な可能性があります。

これをインストールして最初のURLのページ右上にあるインストールボタンを叩くだけで
基本的にはインストールが始まる…はず。

始まらない環境(私とか)の場合は2へ。

2,それでもインストールが始まらないばあいは
上のURLからソースコードをダウンロードさせていただき、136061.user.jarを保存。
保存したらメモ帳で開き、ブラウザ右上に表示されるTampermonkeyのオプションページを表示。
Userscriptの管理ページを開き新規→保存させてもらったスクリプトをコピペして保存。
(jarファイルは右クリック→アプリケーションから開く→メモ帳で閲覧可能です)
チェックボックスにチェックを入れ、したのメニューから有効化を押しブラウザ再起動。

上のインストール作業を手動化してるだけなので自動でインストール成功する場合は
このステップは必要ないです

3,適当なニコニコ動画の動画再生ページを開く
…と、右下からベローってメニューが出るので適用したい項目にチェックを入れて「閉じる」押すだけ。

個人的に使いやすいと思うカスタム項目は

・広告を非表示にする系の設定
・ニュース欄を非表示にする
・動画説明文を開きっぱなしにする
・マイリス登録ボタンを常時表示にする
・背景をグレーにする

あたりの設定をオンにした状態だと思われます。
感謝の設定作業をして、好みの状態にして終わりです。

ちなみに、一度設定して閉じてしまった後再度設定を変えたくなったら
一番上までスクロールして右上にひっそりと表示されている「設定」ボタンをクリックすることで
再度メニューが開けるようです。
マビノギの金策メモ。

タルティーンの農場(初期費用に3万G必要)を借りてインプ登録するか、
交易ルートの終点をタルティーンにする。

農場お世話スキルのクールが終わるタイミングで農場に行きつつ
タルティーンからは熱気結晶をゾウで運びまくる。
安全かつ相場が回復しやすいので(運次第ではあるが)片道5分ぐらいで5kぐらい。
それとは別に週1で25万~35万ぐらいの収入が入るのでそこそこ安定した収入源になると思われ。
ドゥカートがたまったら即古代粉に変えてどんどん露店でさばいていく。
一個500k~800kぐらいで売れるのでこれも副収入になる。

1日10往復(5k)+週あたりの農場収入で皮算用すると
5k*70=350k+250k~350kぐらいで地味に500k近く稼げる計算ですね。
これに加えて片道で稼げるドゥカートが1万超えと考えると大体週あたりの収入は1M超えるのでは。


…という皮算用をしました。誰か試してください。


後まあ、元気が有り余ってるなら行ける範囲の影ミッションを只管回して
小銭を拾いまくるのが良いですね。身の丈にあった必要なぶんのおじぇじぇぐらいは拾えますからね。
特に敵が相対的に弱体してる影さすあたりがいいかもしれません。

もっともっと元気とインベントリが有り余ってるなら最高級薪をどんどん作って
10本10万ぐらいで売ってもいいかもしれないね。結構高くても売れるからね。
薪270本で1Mだ。(皮算用オブ皮算用)
相変わらずイベントやってます。
最近は主にバーサークの放置時間が伸びてて特にやることが無いのがたいへんアレなのです。

mabinogi_2013_10_06_001.jpg
宝探しイベントの景品の野球ユニフォームが無駄に2つ+手袋が揃っちゃってます。
一枚はサブに着せておくとしてもう一枚は気持ち悪いピンク色なので…。
欲しい人にでも投げようかな。

交易細工道具の破片が8個集まってるんですがあと2個期間内に集まるかどうかっていう。
あと単純に交易細工道具をもらっても「細工する服がねぇ」っていう点がアレですね。
お金ないしマッハで売っぱらうと思います。略してマッパ。

mabinogi_2013_10_06_002.jpg
最近マビが散漫になってる原因:バーサークくん。
このスキルはすごいぞ!発動すると状態異常を消してくれるんだ!
なお防御が0になって即死しかねないので普通にサポート用のペットボム必須な模様
あと単にそれだけのスキルのくせに中級魔法ぐらい消費APが多いのもギルティですね。

修練はドチャクソめんどくさいですが、実はスパークを発動できる状態であれば
バーサーク→スパークバリバリーで一気に埋められるらしいんですが
残念ながらスパークはまだ本が集まっておらず。
練習の効果時間だと微妙だからなぁ~ってトコです。
結晶を消費しないで良くなったのは大きな利点ですが…。

小銭稼ぎの農場のお世話も起動に乗っています。
mabinogi_2013_10_06_003.jpg
未だにやってるCookieClicker(クッキークリッカー)の話。

実績はなんとかレプラコーン(ゴールデンクッキー777回クリック)をコンプし、
今は隠し実績を埋めている最中。

以下隠し実績の取得条件について

・Black cat's paw(黒猫のあし)
ゴールデンクッキー7777回クリック。
ゴールデンクッキー出現頻度の増加アップグレードを買い、
ブラウザを小さくしてクリック連打ツールを使う事で増やすことができる。
ババアポカリプスの効果によるレッドクッキーモードでなければ、アップデートの購入により
最低でも3分半程度に1枚のゴールデンクッキーが出現するため最悪453時間程度放置すれば取れる計算である。

チートの使用を辞さないならば、チートコンソールを呼び出してゴールデンクッキースポーンを
最小間隔にして自動クリックすれば容易に取れるっぽい。
未取得。

・Cheated cookies taste awful(インチキで作ったクッキーはまずい)
チート使用(チートコンソール使用)実績。
どの段階で取るべきか非常に悩ましいが、コンソールを呼び出しただけで
取得されるので後のゲーム展開に影響を与えたくなければそれだけすれば良い。

やりこみプレイとしてこの実績を取らずに進めている人もいるとかいないとか。

・Hardcore(ハードコア)
アップグレードを購入せずに1000000000枚のクッキーを焼く。
一見シビアなように思えるが、終盤のヘブンリーチップス大量取得後であれば
そんなに厳しい条件ではない(普通に施設を買っていって放置すれば達成できる)。
逆に言うと序盤に狙うのは膨大な時間を必要とするためおすすめできない。

・Speed baking I~Ⅲ(超スピード焼き)
ゲーム開始から35分/25分/15分以内に1000000枚のクッキーを焼く。
ヘブンリーチップスを集めた後であればハイスピード施設購入ゲームをすることで
割りと容易に取得することができる
(明らかにCPSが足りていなくてもゴールデンクッキーで取れる場合あり)
とにかく施設が買いづらくなってきたら即リセでヘブンリーチップスを増やしていけば
いつの間にか勝手に取得されている。

・True Neverclick(真・クリックなし)
ゲーム開始(リセット)後、画面をクッキーをクリックしない程度の大きさに小さくして
連打ツールをセットして放置。ゴールデンクッキーをクリックできたらその
クッキーをもとでにカーソルを買っていき、クリックしないまま1000000枚のクッキーを焼く。

ゴールデンクッキーが出現するまで待つ手間はあるが、ミスクリックさえしなければ
取得はそんなに難しくない模様。
mabinogi_2013_10_03_001.jpg
無事キャベツが出来…ってなんか色やべぇな!キャベツの色してないじゃん!

mabinogi_2013_10_03_002.jpg
うーん、定期メンテ直後のリセット価格ですね。80*4000で32万Gの儲け。
畑のリース料を抜いて29万G/週と考えるとそんなに悪くもない稼ぎ。

mabinogi_2013_10_03_003.jpg
今度の畑にはカカシくんがついてます。カボチャを育ててみようと思っています。
「俺はMUGENキャラを作ってみたい!」でも一切絵とか描いたこと無い!
そういう無謀な人に送る作画メモだ!

世の中こういうことを言うとすぐ「デッサンを勉強しろ」で丸投げされるぜ!
でも「俺がやりたいのはデッサンの勉強じゃなくてMUGENキャラの制作活動なんだ!!」っていう
熱い思いからいきなり実践に挑む人のための作画のメモなんだ!
3年間で得た薄っぺらい知識と小手先の技を詰め込んだぜ!参考にならないかもしれない!




【MUGENの作画メモ第1回:棒人間から踏み出そう】

まずは棒人間を適当に描いてみてくれ!

…頭は丸いな!?ちゃんと丸いな!?丸くない場合はちょっとアレだから丸くしてくれ!

そしたら次は顔に十字の線を引いてみよう!
なんかうまい人が描くときにサラサラッとやってるアレだ!マネしてくれ!
ここでコツは「十字の線を適当に描く」んじゃなくて「球面に貼り付いたように描く」ことなんだ!
絵は平面だけど立体を表現しないといけないからな!

かけたら次は「アゴ」をつける!自分のアゴを触ってみて欲しい!
まんまるではなくてアゴの骨があると思う!(なかったらごめん!)一般的にはある!
とにかくVの字とUの字の間ぐらいのアゴをくっつけてみて欲しい!(中段ひだり)

アゴをくっつけるときのコツは「アゴの先端は中心線の先端と合う」こと!
まんまるの頭に粘土で作ったアゴをぺたっとくっつける感覚でつけてみて欲しい!
このアゴの印象は後々響いてくるので次回細かく書こうと思う!
あまり尖らせすぎると学園ハンサムみたいになるぞ!
イメージとしてはホームベースをちょっとなめらかにした感じだ!

とりあえずアゴをつけたら微調整してキレイな頭の形を作れる!
人間の頭は構造的に後頭部の方がほんの少し長いのと、頬のラインを少し膨らませてみてほしい!
どうしても難しければここでフィギュアとかを眺めて確認してみよう

1頭を描いてみよう
こんな感じだ!(クリックで拡大します)

下段は蛇足としてとりあえず最初に棒人間から踏み出す人に覚えて欲しいのは
人間の頭にはアゴがあり頬の膨らみがあり後頭部がある」ってことと
「それっぽい顔を描くには基準になる立体感が大事」ってことだけ!

第一回はこの2点だけ覚えてくれればOKです!
まずこの概念を覚えてるか覚えてないかで全然違う!ヤジロベエとヤムチャぐらい違う!
少なくとも「前髪の間によくわかってないけど顔を描いてて頭の形がぐちゃぐちゃに歪む」状態よりはマシ!

とりあえず覚えたら次回はこれを記号化してドット絵にするぜ!というところで第2回へ続く!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。