やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もスペシャルアタック(仮)に使うスプライトを地道に作画・・・。

blade7.png

なんだかわかんない&すっごいシュールですけど

これの中心軸をもっと左上とかにもってきて、angleを使って回転させることで
ゲッターライガーのマッハスペシャルみたいな挙動を再現しようとした結果
生まれたスプライトの一枚・・・なんですが、こうして止まってるところを見ると
完全に幽霊が飛んできてるようにしか見えませんしすごいシュールです。

テメー!コノヤロー!動いてるとこで見返してやる!
スポンサーサイト
緑の地獄、クメンを脱出し中東へと進んでいたデュオたちと合流しました。

シナリオ上、今回プレイしたのは第8話-第10話。

今まで各ルートでその姿を見せていた、半壊状態のエクシアに乗る刹那。
片腕は破損し、顔面部のカバーも損傷したエクシアはGNソードも折れているという
満身創痍の状態ですが、肩に引っ掛けたボロ布効果か妙にカッコイイです。

第8話、『ツインドライブ』
ゴビ砂漠にて、収容所からメンバーを救出するというミッション。

開幕エクシアリペアに乗った刹那が出現し、一機で戦おうとしますが
正直なところエクシアリペアのスペックはお世辞にも高いとは言えず、
しかも敵であるスザクのハドロン・ブラスターは即死級の威力。
まともに戦っても勝ち目は無いので、集中をかけてそこらへんの雑魚を殴ってT消費。
暫くすると、味方ユニットが登場し刹那が撤退します。

カタロンという組織のユニットがいくつかおり、彼らと共闘することになりますが
正直言って彼らは雑魚もいいとこな上に、撃破されるとボーナスがもらえなくなります。
弱いくせにガンガン進軍しやがるので、それを上回る全速力進軍するか、
わざとカタロンのユニットの射程内にHPをギリギリまで削ったユニットを放置し
彼らに攻撃させることで足を止めさせると上手くいきます。

刹那はエクシアリペアからダブルオーガンダムに乗り換えて再出撃。
回避力などの面ではあまり変わりませんが、貧弱だった武装が強化されています。
後は全軍で進撃し、北側にいる敵を全て倒すだけ。

ガンダムキャラの機体乗り換え展開は燃えますねー。


第9話、『魔神が目覚める日』
記憶を封印されたルルーシュが記憶を取り戻し、ゼロとして登場。
前のエントリで「どうせ生きてるでしょ」とか書きましたけど、やっぱり生きていました。
無頼に登場して戦うことができます。

SRポイントの条件はゼロがノーダメージかつ敵を一機以上撃破なので、
集中を使いつつカレンとともに西側に逃げ、
(他のメンバーは北西に進軍しすぐにカバー)
安全地帯まで下がって置けば安全にSRポイントを取得できます。
運ゲーになってしまうので、無頼の回避力を改造してあげておくと達成率が上がってよさそうですね。

W、メタス、ブラスタEs、無頼とMAP兵器持ち、修理ユニット、補給ユニットが揃っているので、
ここで少しエスターのレベルを上げるために修理稼ぎを開始。

基本的な流れは

Wのバスターライフル(MAP)で味方ユニット2体を撃つ→撃たれたユニットを修理で回復×3

バスターライフルの弾が切れたら無頼の補給を使って補充

というものです。
難点として、現状ではまだエースボーナスで「気力低下無しでの補給」が出来るユニットがおらず、
補給をすると気力が下がってバスターライフル(MAP)が撃てなくなるという点です。
そのため、Wのパイロットに戦意高揚(毎ターン気力+3)を覚えさせることでこの気力を補います。
(乗り換え可能機体なので、ヒイロである必要はありません)

これで、準備は完了なのですがもうひとつ問題点がありまして。
「全ての敵がゼロを狙ったルーチンで行動してくる」という点について解決する必要があります。
この設定の為に、ゼロは最初から猛攻に晒されるハメにはなるわ、
安定して稼ぎがしづらいわという状況に。

これに関しては、以下のようにすることで安定して稼げるモードにすることが可能です。

登場する雑魚敵は全て倒してしまいます(こいつらは使わないので倒してしまってOKです)。
コーラ・サワーのGN-X Ⅲもいらないので倒してしまいます。

ゼロは出現Tから最大限西へ移動し、中央にある大きな道路まで移動。
こうすることで、ギルフォードのヴィンセント・エアが北西へと移動してきます
次のTで、ゼロを南に移動させ味方の部隊と合流し、合流に成功したら味方のユニットを
北側に動かして道路をふさぐように壁を作ります。
このとき、ギルフォードの移動範囲/射程範囲外にゼロが到達している必要があります。

こうして壁を作ると、ギルフォードは壁にしたユニットに攻撃してくるようになります。
(移動できない場合は射程内のユニットの中からもっともHPの低いユニットを狙う模様)
壁にするユニットは一撃で撃破されなければメタスとブラスタESの修理装置を使って
HPを回復させるので誰でもOKですが、上記のルーチンを利用するのに便利なのがキリコです。

キリコの乗るスコープドッグはHPが低く、この攻撃をひきつける役に適しています。
また、元々回避力はそこそこ高いため、素の状態でも敵の攻撃をかわしやすいため
敵の攻撃を無駄弾に終わらせられる可能性が高いです。
また、盾役メンバーにティエリアを混ぜてキリコに隣接させておくことで、
安定して敵の弾を切らすことができます。ティエリアに当たれば防御したときと同じなので、
メタスかブラスタEsが回復させてやれば問題ないでしょう。

ギルフォードは両方の武器の弾が切れると、味方ユニットの壁を無視して南方向に進行し始めます。
どうやら思考ルーチンの優先度は「優先して狙う」の場合、

1Tで攻撃できる優先ユニット>1Tで攻撃できる優先以外のユニット>2T以上かかる優先ユニット

のようになっており、弾とEN両方が切れて攻撃できなくなると真ん中が消滅するので
最後の選択肢を選び、移動を優先するようになるようです。

南へ移動したギルフォードは、ゼロの周りをひたすらうろうろするだけになります。
あとは、こいつを巻き込んで撃破しないように気をつけつつ、
戦意高揚をつけたパイロットを乗せたWの横に並べ、バスターライフル(MAP)を撃ち、
ユニットのHPを削って(大体4000ぐらいあれば撃破されません)、そのHPを修理装置持ちのユニットで修理。
バスターライフルの弾が尽きたら無頼の補給。
(このとき補給を毎ターン使うとゴリゴリ気力が下がってしまうのでなくなりしだいのほうがいいです)

後はこの繰り返しで、好きなだけ(効率はあまりよくないですが)エスター、ゼロ、メタスのパイロットの
レベルを上げられます。
戦力的に、メタスにカミーユを乗せておいてやったほうが後々役に立つかもしれません。


これで、エスターのレベルを25ぐらいまで上げました。
流石に99までやる根気は無かった・・・。


ゼロも25まで上げたんですが、ゼロは参戦してくれないとのこと(;゚∀゚)
ちょっと無駄足感がありましたね・・・。



第10話、『もう一人のロックオン』
二人目のロックオンが登場し、マイスターたちが揃いつつあるソレスタルビーイング。
そこに、クワトロとゼクスが現れました。

クワトロも何かの思惑があって動いてるんでしょうが、
何よりいい年こいてそのノースリーブはどうなんでしょう・・・。

T制限はないので、西→南と進軍し雑魚的を潰しつつクワトロ・ゼクスと戦闘。
クワトロかゼクスを倒すと増援が出現して位置がリセットされるので
出来るだけ行動済みのユニットが少ない状態で倒すと後が楽です。

増援出現後は、普通にやるとクワトロとゼクスで合計3機倒してしまうので、
全力で射程の長いユニットを西にやり一機ないし二機撃破すると阻めます。
北側ではマルグリッドが勝手に暴れてるので、次元獣ライノダモンを倒して
オイシイところを持っていかれないように撃破してクリア。

各所で壊滅してしまったZEXISの構成メンバーたちが次々と復活の兆しを見せ、
だんだんと戦力も揃ってきてうれしい限りですね。
個人的には出来るだけ早くキリコ機とブラスタEsをフル改造してしまいたい・・・。
どっかで楽に全滅プレイできるところがあればいいんですけど。
えー、はい。
一二三に屈弱Pを出すと操作不能になる(AIもとまる)という不具合がありました

身に覚えがあるというか、5月末の更新で屈弱Pの不具合を直したつもりが
changestateにctrl=1を付け忘れているというトンでもない初歩的なミスでして、


いかにチェックしてないかって話ですね。3ヶ月ぐらい気づかずに放置して大変申し訳ございませんでした。

致命的な不具合ですので、5/30の更新以降のバージョンをご利用の場合で、
以前までのバージョンをご利用の方はお手数ですが更新をお願いいたします。

大変申し訳ございませんでした。
引き続き、再世編をプレイ。
前のルート選択により、クメンルートを進んでおります。

緑の地獄、クメン。(余談ですがスパロボ世界ではベトナムのあたりにあります)
続く内戦に、フィアナを追ってクメンを訪れたキリコ。

その前に登場した謎のブルーのATに、常人離れした動きのパイロット・・・
まあ、前作でも登場したイプシロンなのですが、キリコはフィアナだと勘違いして
「フィアナ!俺だ!」とか言い出したり、目の前でハッチを開いたり・・・。
まあ、原作通りですね、ここらへんの人違いもw

結局、ブルーのATに乗るイプシロンに撃破されそうになったキリコを、
フィアナが同上していたヘリの操縦桿を奪い突撃、助けます。
(ちょっとゲーム中では分かりづらいですけど、原作ではそういうシーンです)

墜落したヘリの乗っていたフィアナを追い、キリコは単身追跡・・・
結果、無事フィアナと合流するのに成功します。

そこへ現れるのは、PSを捕獲し自らの手柄にしようとするカン・ユー!
原作からしてそうですが、小物丸出しです。
キリコとの一騎打ちですが、カン・ユーはそこそこステータスが高く、
なんとキリコの攻撃を2回連続でかわしました(;゚A゚)

結局カン・ユーを退け、フィアナとともに一時の休息を得るキリコ。
二人のやり取りもきっちり再現されています。


その後、ブルーのATを倒すべく進軍するキリコとフィアナ。
二人がゲリラを叩いていると、イプシロンの乗るストライクドッグが出現。
さらにお供にレッドショルダー隊員を連れています。
スパロボ世界ではレッドショルダー隊員は大安売りされていますね・・・。
さらにKMF、GN-Xも出現。三つ巴の戦いが始まります。

三つの陣営でボコボコに殴り合いになってしまっていますが、
ボーナスをもらえるスザクのところに突っ込んでボーナスをゲット。

イプシロンとの決着も結局つかず。
クメンで抵抗活動を続けるビーラーゲリラ側についていたカンジェルマンがその理由を語り、
緑の地獄と称されたクメン王国はその姿を静かに変えていく・・・という
これも原作通りのエピソードですが、再現率が高く本編をプレイしたときのことを思い出しますね。


クメン編はこれにて終わりなわけですが、
サブキャラクターにもきっちりカットインなどがあったり、
シャッコのベルゼルガなども再現されていたのが驚きです。

カン・ユー大尉はなんというか・・・小物といえば小物なのですが、
ペールゼンファイルズのEDにも登場するぐらいのボトムズ世界のアイドルなので
参戦した上にカットインまであったのがスパロボスタッフの気合の入りようですね。



余談ですけど、カン・ユー大尉ってCVと階級があのランバ・ラルと同じなんですよね。
作中で部下にも信頼され、指揮官である前に一人の戦士として描かれたランバ・ラルに対し
部下にはイマイチ信頼されず、自分の保身を考える卑怯者として描かれるカン・ユー。
ですが、非常に味のあるキャラクターなのでボトムズファンには非常に人気があります。

カン・ユーはキリコを筆頭にEX-10のメンバーやバニラなどに散々無能無能言われたせいで
無能というイメージが定着していたり、無能生存体とか言われてるんですが、
実際のところは単に頭が固いんじゃないかな、という感じがしますね。
(陽動作戦にキリコが気づいたときにもその場を離れようとしなかったこととか)
あと、無能なんじゃなく性格が悪い
そのせいで、キリコに意地悪をしようとしては失敗する・・・というシーンが挿入されて
必要以上に無能に見えてしまうんだと思います。


そんなカン・ユー大尉ですが、スパロボでは大尉で隊長にも関わらず指揮能力無し
指揮官キャラとしてあまりにも無能にされています。
パイロットとしてのスペックはそこそこ強いですが・・・。
精神コマンドが不屈とド根性なのも彼の悪運の強さとしぶとさを良く表現しています。
底力L7 戦意高揚 ガードとスキルも揃っているものの、正直このスキルセットだと
大尉殿はATではなくスーパーロボットに乗ったほうが良いのではないでしょうか?

原作ではフィアナを手土産にメルキア軍に鞍替えしようとした大尉ですが、
スパロボでは地球連邦軍に鞍替えしようとしてシャッコ・ポタリア・キデーラに引導を渡されます。

原作でのカン・ユー大尉の人となりについては以下の動画などで知ることができますので、
気になる方はごじぶんの目でお確かめください。




イプシロンとフィアナが本格的にストーリーに絡んできましたが、
イプシロンはカットインが随分イケメンになってますしフィアナも美人になっていますね。
ここ二日ほど作業サボっていたので今日は必要なスプライトをガンガン進めました。

blade6.png

前回のエントリまでで完成していた相手のところまで猛ダッシュ→すれ違いざまに切りつける→ターンの続き、
振り向いてもう一度走り出し、すれ違いざまにもう一度斬る→振り返って減速→飛び立つという動きです。

本チャンの攻撃の前の演出だけでスプライトを32枚使っているという有様。
あとは高速で飛行しながらの連続攻撃ですね・・・。
連続攻撃の方は一枚のスプライトの中心軸をずらして、angleを使って回転させて
どうにかごまかそうと思ってるんですが。

組み込んでcnsを書いて実際に動作しているかどうかのチェックが出来ないので
中々作業中のモチベの維持ですとか、クオリティの維持が大変でございます。
結局買ってしまった再世編、さっそくプレイ開始。

最初に始まるのは、それぞれ破界編の最後に分かれていった仲間達の近況を示すプロローグ。
破界編のラストで散々強化したユニットがすっぴんの状態に戻ってるのに違和感・・・。

プロローグでは、黒の騎士団は壊滅、ゼロは捕らえられ処刑(どうせ生きてるんでしょ?って感じですけど)。
ソレスタルビーイングの元には国連軍の大部隊が差し向けられ壊滅。
コロニーのガンダムたち(W)は包囲され、ガンダムを鹵獲されそうになるも
ヒイロがWを自爆させその隙に残りのガンダムとパイロットたちは離脱。

一方、暗黒大陸ではインベーダーが襲来、そこに現れる真ドラゴン。
ゲッター線量が急上昇したのを理由に、暗黒大陸には陽子ミサイルが打ち込まれそうになります。
そのとき真ドラゴンが起こした次元振により、陽子ミサイルは消滅。
しかし、暗黒大陸に再び次元の壁が発生し暗黒大陸は破界編の序盤のように
干渉が不可能な大陸となってしまいました。

いきなりのっけから前作メンバーたちが壊滅していくというショッキングな展開(;゚A゚)
前作でのZEXISの構成メンバーだった3つのグループが壊滅、1つは断絶という状態です。

一方インドでは、前作のラストで次元獣バスターとして参戦することが語られていた
エスターがブラスタ量産型のテスト機に乗って出撃しています。
前作でブラスタフル改造だった反動でどうも無改造の状態のこっちはやっぱり火力が低く感じる・・・。

次元獣を倒していると、通常とは違う頭部の形状をした次元獣が登場。
頭部が機械化しているような見た目ですが、何者かが次元獣の頭部を機械化しているのでしょうか?

OZの手を逃れたデュオとカトルが次元獣退治に協力に現れ、
デュオとカトルを一時的に匿うことに・・・ここからなし崩し的に仲間が増えていくパターンですね。

デュオとカトルに対し、攻撃を仕掛けてくる傭兵団。
そこに黒の騎士団の残党であるC.C.とカレンが現れ協力してくれます。

さらに次のMAPでは、今回新登場の鉄人28号も登場。
鉄人28号ってこんなにカッコよかったっけ?と思うぐらいかっこいいですね!
敵にも力任せといわれるぐらいのパワーファイトスタイルがイカします。

それにしても、正太郎の小学生でICPO捜査官って設定も凄いですね。
(銃も持ってますし車も運転してますし・・・。)
鉄人はリモコン動作なんですけど、そのリモコン動作もあれだけシンプルな
インターフェースであの操作性・・・そこが一番凄いテクノロジーだと思います。

ここで最初のルート分岐が発生。
鉄人も魅力的(会話の流れ的にワッ太も出そうですし)なんですが、
ここはカレンたちと行くルートへ。

カレンたちと行くルートを選んだ後はもう一度選択肢が出て、
中東(デュオたち)と行くか、クメン(カレンたち)と行くか選べます。

クメンっていうのは、アニメ装甲騎兵ボトムズに登場する架空の国家ですね。
原作では惑星メルキアのローラシル大陸南端、バラミル半島に存在する農業国家です。
かつてメルキアを襲った戦争による環境破壊はあまりなく、亜熱帯のジャングル、
湿地帯といった自然環境が多く残った国です。

原作ではメルキア連邦に加盟せず、親バララントを掲げており
メルキア連邦に対しては険悪な関係でした。
スパロボでは、地球連邦に加盟せず独立国家であるという風に設定されております。

クメン王国内では、近代化を推し進めようとするクメン政府に対し
農業を生業とするそれを反対する国民達によるゲリラ組織「ビーラーゲリラ」が内戦を繰り広げ、
そのビーラーゲリラに対して近代化によりその居場所を奪われる
旧王族などの支配階級がバックにつき、「神聖クメン王国」を名乗りはじめさらに紛争は激化。
それに対し、クメン政府は大規模な傭兵部隊「アッセンブル」を組織して対抗しています。

アッセンブルの中でも最新の部隊である「アッセンブルEX-10」。
この部隊には、過去百年戦争でAT乗りとして戦ったパイロットたちが傭兵として多数参加しており、
戦果も非常に高く、ビーラーゲリラに対してもっとも有効な戦力となっています。
(余談ですがアッセンブルEX-6と7はビーラーゲリラに壊滅させられた模様)

そのアッセンブルEX-10に参加したエスターたち。
原作通りに、ウドを脱出してきたゴウトたちも居ます。
(原作ではゴウトはアッセンブルEX-10へ武器を流して財を成してます)
と、そこに現れるキリコ!

キリコも大体原作の通りの流れを踏んで、アッセンブルEX-10にやってきたようです。
そして、出てきたカン・ユー大尉。
カン・ユーの不条理なまでのキリコへの絡みっぷりも含めてよく再現されていますねw

クメンでの内乱に身を投じるエスターたち。
ビーラーゲリラの主力はATですが、他のテロリストの機体なんかも混じってます。
さらに、次元獣も出現。ますますクメンの内乱は混乱しますね・・・。

そして原作通りに出現するイプシロン。
イプシロンに対しキリコは「フィアナ!フィアナ!」とか壮絶な人違いをしてます。
一方で、ファンタムクラブでバニーガールの格好をさせられていたカレンは
セクハラ上司と化したカン・ユーの策略によりバニーガール姿のまま出撃してます。
カットインもちゃんと服装が変わっていてスパロボスタッフの謎の作り込み根性を感じます・・・。

さらにカン・ユー大尉にもカットインがあったり、シャッコはちゃんとベルゼルガに乗ってるなど
ボトムズファンにはうれしい限りの作りこみだらけ。

スパロボをプレイしてから原作を見るっていうのもいいですけど、
やっぱり原作をガッツリ見た後にスパロボをプレイすると再現度やシナリオ構成で感動するレベルですね。
久々にプレイするスパロボなんですが、買ってよかったなぁと思います。


スパロボで興味を持ってビッグオーを一気に全部観ました。

「メモリー」は大体作中における舞台の「設定」だと考えればいいのかなーとか、
そういう感じで解釈してるんですが結局終わり方は不可解というか、
解説サイト見てもよくわからなかった(というか正解は無いと普通に言われた)ので
勝手に舞台を演出するプロデューサーのような立場のエンジェルに対して、
最後は主演であるロジャーが舞台を降りた後肩を叩いたんだと勝手に思ってます。
(つまりロジャーとドロシーは舞台の外に居る人物?よくわからないですけど)

そういう細かいことはほとんどどうでもよくて、一番重要なのはドロシーのかわいさだと思います。
美少女アンドロイドというと一見なんというかこう、ありがちなアレに見えるんですが
実際のドロシーは明確に自分の意思も持っているし、中々頑固で毒舌家・・・
しかし、そのくせロジャーの危機には自ら体を張って助けにくるところなんかがたまりません。
さりげなくコスチュームパターンが数種類あって、ウェットスーツ姿もよかったですね。
とにかくドロシーがかわいいというのだけはゆるぎない事実なので、
観てない方もドロシーの為に観て損はしないと思います。
キャラを作ってて、何が一番うれしいって、やっぱり使ってもらったときとか、
感想を貰ったときなんですけど、その他に「イラストを描いてもらったとき」っていうのがあります。

自作キャラのイラストとか描いてもらうと、モニタの前で躍り上がるぐらい喜んでます。
ええ、すっごい喜んでます、人様に見せられないぐらい喜んでます。
あまりにもうれしいので、pixivにアップロードされてるのを一部勝手に紹介しちゃおうかと思います。


勢いと迫力のある一二三。
ポーズもキマっていてカッコいいです!


ジオングと化した絢。
絢の脚部パーツのデザインは元々ジオン系のMSの意匠なので、真に迫っています。スルドイ!

ちなみに没になったactなんですが、こんなカラーもあったり。
ドム
思いっきりドムですね。

さらに余談を挟むとアホ毛は実はザクのマルチブレードアンテナから来てたりします。
実は本当にアンテナで悪天候下でも隊員たちと通信できるとかあるんじゃないでしょうか。


凛々しい絢。
鋭い眼光がカッコイイです!
ガントレットのディティールもメカニカルでカッコイイですね!


動画のサムネイルに使わせて頂いた星虎さんのイラスト。
「提供目やりたいんですけど・・・」ってお願いしたら、
カッコイイ変身シーンを描いていただきました!


ダンガンロンパの山田一二三君とのコラボ作品。
彼も「三次元なんて信用できないし・・・」というスタンスのつもりながら
いざ事が起きるとコロッと義憤に駆られて行動してしまったという、お前もまた男・・・というキャラでした。
そういえば、2が発売されたけどまだ買ってません。スパロボクリアしたら買いたいですね。


勢いのある絢を描いていただきました!
未だにライジングスターの際に発生する粒子の正体は不明です。


エヌアイン風の絢。
スタイリッシュな感じがしていいですね!
関係ないですけど近場でエヌアインやれる場所が一箇所もないです(悲しみ)


絢のベータ版を公開する直前ぐらいに描いていただいた絢。
こういうときに一番モチベがあがりますヽ(´ー`)ノ
いやー、前編にあたる破界編を買ってプレイしたらどうしても再世編を
プレイしたくなってしまいまして。

結局我慢しきれずに購入してしまいました。

3vgej.jpg

結局揃った限定版boxとスパロボ2本・・・/(^o^)\
無駄遣いしないつもりが散財しまくりです。

いや、面白いゲームを買うことは散財じゃねーから!!と
誰に向かってしてるのかわからない逆ギレをしつつ自己正当化してます。
あんまり限定版とかに興味があるわけじゃないんですが
つい限定版を買ってしまったあたりもスパロボが面白いのが悪い・・・
いや悪くない、悪くないんだ・・・。

破界編プレイ日記が終わったのでのんびり再世編プレイ日記でも
やろうかとか思ってます。相変わらずの誰得なのかわからない感じではありますが。
実際に自分の関わったゲームを手にしてみると、なんというかうれしくてたまりません。

zpfkn.jpg

あまりにもうれしいので、こういう風に額に入れて飾ってます。
ちなみに、右は前作。

本当は同じ色の額がほしかったんですけど、黄色しかなかったのでこっちに。
14663231.jpg

以前からご紹介していたAAⅡの製品版が手元に届きました!

やっぱり出来上がったものを手にするとなんともいえない感慨がありますねー。

こちらのゲームはとらのあなさんなどでも取り扱っていただいておりますので
(本日横浜店で確認しましたが、しっかりおいてありましたw)
もしご興味がありましたら是非ドーゾ。
なんだか、全体的に遅れていますね。
どうも、半日~1日程度遅れになっている模様(以前は2時間程度で反映されたのですが)

RSS配信側が悪いのか、リーダー側が悪いのか・・・よくわかりません。


今回の動画はシンプルな1回戦のみダブルイリミネーションによるトーナメント動画。
今回・・・いや、初投稿?・・嘘?

絢がスバル・ナカジマとのタッグで魔法少女(物理)チームとして出場しております!


よく見ると投稿日時が8/27の8:27投稿で再生時間も8:27なんですね。すごい。


学級崩壊2も無事終了し、楽しい一年でしたね・・・とか余韻に浸っているところに来ました来ました!
「学級崩壊2タッグトーナメント!」

学級崩壊2で数々の激戦を繰り広げたタッグがそろい踏みです!
そして、一二三も3組2学期体育委員タッグで出場しております!

タッグパートナーは青山桃子

・・・。

青山桃子って皆様ご存知ですかね。(視聴者の皆様はご存知だと思いますが。)

PC98のR-18格闘ゲーム『ヴァルキリー』に登場するキャラクターで、
魔法の国からやってきた6人の魔女っ娘でありながら
主人公が合格祈願に訪れた神社の娘の巫女さん
というトンでもない属性のお方です。
しかも、人間界での実家は神社なのに間違って仏教系の学校に入学したとか・・・。

真偽を確かめるために、プロフィールを見てみましょう。


1994年2月11日生・水瓶座 A型
158cm/45kg 80/51/78
学校 : 都立本願寺高校 2年
クラブ : 地学部
趣味 : 音楽鑑賞
好きなもの : ビートルズ
嫌いなもの : 星占い
好きな人 : ジョージ・ハリスン
(ニコニコMugenwikiより引用)



本願寺高校ってモロに仏教系です。ホントだった。
1994年2月11日っていうのはヴァルキリーが発売された1995年から見ると1歳ですが、
これはこっちの世界に来たのが1994年ってことなんでしょうか。
(だって高校生には入学してるんですしね。)
説明するまでも無いかもしれませんが、ジョージ・ハリスンはビートルズのメンバーですね。


MUGENキャラクターとしては、にゃん☆鬼龍さんが製作されています。

当然元が格ゲーなので必殺技もしっかりそろっています。

・桜花三連撃
連続3回コマンド入力を繰り出せる技。
今で言うところのフェイロンの烈火拳やマリリンの一二三掌みたいな感じでしょうか。
1段目から順に突進アッパー→裏拳→ジャンプアッパーと繰り出します。
通常必殺技なので当然無敵とかはないんですが、10F/12Fとそこそこ発生が早い&判定が強めなので
一段目をねじ込むようにして使え、手軽に連続技感が味わえる・・・ものの、
どうやら原作ではガーキャン天国のためガードされると死亡が確定してしまうようです。
「一!ニ!三!桜花三連撃!」というボイスが入りますが、
原作だとどうもこれがきちんとならなかったとか。それだと魅力半減ですね。
この技のあと、後述の「光氣弾」につなげることができます。

ちなみに弱P>強P>桜花三連撃(初段)でループできるらしいんですが、私にはサッパリできませんでした

EX版があり、こちらは純粋に発生早い&高威力のパワーアップ版という感じです。

・光氣弾
手から気を打ち出す空中専用技・・・というと、
ついつい豪鬼の空中波動とか、下手するとコレデモクラエー!とかを想像しちゃいますが。
どっちかというとアカツキの空中版電光弾みたいな技です。
空対空版と対地版があり、前者は横、後者は斜め下に飛びます。リーチは大体画面の1/3ぐらい。
(ちなみにこのリーチもMUGENアレンジ要素によるもので原作では桜花三連撃の追撃以外では全く使えない技のようです。)
小のほうが威力が高く、大のほうが遠くまで飛ぶという特徴があります。

これもEX版があり、画面端まで飛んでいきます。

・蜃鬼鋭脚
前方にスライディングする技。
発生は10Fとそこそこ早く速度もある変わりに空振りすると硬直があります。
ガードさせればそのまま動けるので(突進技の例に漏れずそのまま投げられますが)、
固め継続とかに使うことができます。
原作コンボでこの技のヒット確認から大P>桜花というのがあるらしいんですが
こちらも私の腕ではちゃんと出せないという有様でした。

小は突進速度が早く、大で出すと相手の裏に回れます。

これにもEX版がありEX版は両方の特徴(発生が早く相手の裏に回れる)を持ちます。

・零距離光気弾
完全オリジナル技。1Fコマ投げです。
投げ間合いもそこそこ広く扱いやすいです。

EX版は投げ間合いの広がったバージョン。

・超零距離光気弾
超必殺技。零距離の超必版といった感じで、ミスっても弾が出てフォローしてくれます。
弾はすぐ消えてしまいますが、失敗しても100ダメの弾が出て
成功したら300ダメのコマ投げとそこそこ性能が良く、使いやすいです。

・裂震撃
超必殺技。突進系の技。
蜃鬼鋭脚のスライディングで突っ込んでいき、当たるとヒットして乱舞します。
生当てすると280ぐらいの威力。

・風林火山
フーリンカザン!!ワザマエ!

3ゲージ消費の超必。
生だと500ぐらい減りますが、非ロック系乱舞なので反撃を受けやすいのが難点。

・神気招来&神気開放
前者は1ゲージ消費で攻撃力1.25倍に、
後者は神気招来中にさらに1ゲージ消費で効果時間を半減させて攻撃力1.5倍になります。




原作ではジャンプがもっさりしてて使いづらい弱キャラのようですが、
MUGEN版ではジャンプ速度なども普通にアレンジされている上に
必殺技も大幅にアレンジされていて使っていて楽しい性能となっております。
こういう風に原作だといまいちうーん、っていう感じで魅力を発揮仕切れなかったキャラを
アレンジして使いやすくして楽しめるっていうのもMUGENのいいところですね♪


さて、脱線して長々と青山桃子の話をしてたわけですが。
そんな青山桃子嬢と一二三がタッグで出ることになっておりますので、
引き続き運動会を見守るような心境で視聴したいと思っている次第にございます。
いつまでも「まだ考えてません(笑)」とか言ってる場合じゃないので、
いい加減に落書きついでにデザイン案を出してみたり。

絢パワーアップフォーム下書き

あ、ブラックゲッターだこれ。
顔も真ゲの竜馬だこれ。

つい悪ノリして仕上げると多々こういうことになりますね。
悪ノリ・・・いや、初期デザインの段階で悪ノリだったのか・・・?

第50話『破界の世紀』。

いよいよ姿を現したガイオウとの直接対決に挑むZEXIS。
散々全滅プレイを繰り返し、主力ユニットは充分に準備しています。

大量の次元獣に加え、ついにその姿を現したグレートアクシオン。
次元獣は周囲を囲むように配置されているので、機動力のあるユニットでそれぞれを順次撃破。

どうせ全滅させたらガイオウが出てくるという読みから、
最後までグレートアクシオンを倒さないように残し妙にスペースの開いている北側に全ユニットを集結。
(この間必死にグレートアクシオンが攻撃してきますがまあ防御指揮で凌ぎつつT稼ぎ)
終結が完了し次第、初めて使った手加減で残しておいたHP10を連続行動できるユニットで削り撃破、
ガイオウ+増援を出現させて戦うことにしました。

出現したガイオウに対して、温存しておいたSPを魂・熱血につぎ込み一気に攻撃開始。
戦艦メンバーの分析、脱力などを出せる限りガイオウにかけたあと、戦術指揮を使って
ビッグオーに先陣をきらせ気力ダウンを狙いつつ攻撃。
トライダー、ザンボット、ダイターンの3人組で合体攻撃を叩き込んで削りつつ、
ガイヤーの六神アタック、νガンダムの温存していたファンネルなど
回避の効くユニットでガンガンHPを削っていき、最後はキリコの攻撃で〆。

グレートアクシオン・ガイオウ戦はいちいち色々なキャラで会話があるのがいいですね。
思わず無駄に色々なキャラで攻撃して堪能しちゃいました。

キリコの「相手が誰であろうとやることは変わらない」っていう台詞は
それ自体は汎用台詞ですが、ボスに面と向かっても冷静かつ精密な戦闘をするという
非常にキリコらしい台詞でカッコイイですね!


潔く負けを認め撃破されるガイオウ。
その後、エピローグに入りますがその後・・・まあ、続編に続く、って感じですよね。
全50話からなる壮大な第一章という感じの感想です。

再生編で一番気になるのは、やっぱりボトムズ編・・・というか、
モロにワイズマンがネタバレしてますが。

というわけで、スパロボプレイ日記は今回で(前半は)終わりになります。


随分前に投稿した絢の製作動画なんですが、もうすぐ2000再生!
多くのご視聴、ありがとうございます!

2000再生というとなんとなく区切りも良いので目標って感じなんですが
(欲を言うと2525再生のメッセージとか受け取ってみたいけど)、
まだ未完成の状態でこれだけの再生をいただいていることに驚き&感謝しております。


しかし、色々言われることも多いニコニコ動画ですが、
実際に個人製作物を発表するに際して多くの人に見てもらえる、という点では
非常に大きなアドバンテージを持っていると思います。

自分の作ったものをリアルで発表しようとすると、印刷所に持ち込んで、
刷ってもらって、イベント会場に持っていって、それでいざイベントに参加してみて
何部手に取ってもらうか・・・というような手間が必要ですし、
それで2000人に見てもらえるとかどんな大手サークルやねん!って感じですし。
良くも悪くも気軽、気軽に出して、気軽に見られるってところでしょうか。
(ちょろっと調べたんですが、大手、壁とかプロが噛んでたりする
 サークルで一回の部数は500~5000ぐらいとのこと。)

「ニコニコではオリジナルは伸びない」なんていわれてますが、
それは「全く興味無い人もとりあえずクリックした」とかが起きてアホみたいに伸びた一部と比べてるからで
全くのオリジナルで1000とか2000とか行ったら充分だと思うんですけどね。
実際、それぐらいの動画だったら目立たないってだけでちょくちょくありますし。
そろそろ全滅プレイに飽きてきた&ボロPSPがいつフリーズするかわからない不安から
適当なところで全滅プレイを切り上げて、48話からいい加減に進行しました。

48話:夜明けの鐘
2MAP目からいい加減に進行。
いつものように刹那は南に移動した後東へ移動してGN-X軍団を一人で相手します。
メインはの軍は西側へ進軍。(2回行動を生かして攻撃→西に移動)
アレハンドロの乗る金ピカの趣味悪い戦艦、アルヴァトーレを囲んでボコってクリア。
魂or熱血攻撃3発ほどで落とすことができました。

さらに進み、アルヴァトーレから頭を覗かせていた金ピカの
悪趣味MS、アルヴァアロンと刹那の一騎打ちに。
刹那のレベルが低いと苦労しそうなところですが、
ひたすらサーシェスをボコり続けてEXPを稼いだ刹那にかかれば魂トランザムで一撃で撃破可能でした。
しかも撃破すると金塊が出てくる・・・このMS、もしかして金色は塗装じゃないのか!?
(ソレスタルビーイングからの離反者は、結局この金ピカの趣味悪機体に乗るアレハンドロでした。)

49話:虹
とにかく敵の数が多い!と同時に、主力に覚えさせた連続攻撃が生きてきます。
主力は敵陣に連続行動を使いつつ切り込み、後から機動力の低いユニットとかでおいかけます。
増援が多く、二転三転であっちにいったりこっちにいったりする羽目になるMAP。
ゲッターとかはいまいち活躍させることができませんでした。

基本的に雑魚ばかりと思いきや、パールネイル・エメラルダンなども出現。
エメラルダンを撃墜し、ステージクリア・・・と思ったら、
ガイオウとアイムが出現します。

ガイオウの犬として振舞っていたシュバルツですが、
実は全て演技でガイオウの首を狙っていたのでした!
故郷の、かつての主の仇を取るべくガイオウに向かっていくシュバルツ。
しかし、力及ばずシュバルツは撃墜されてしまいます。
そして、目の前でガイオウはその機体と魂を取り込み次元獣に!

戦場を去るガイオウ。
残されたアイムがアリエティスに乗り襲い掛かってきますが、
最早発現内容は意味不明。どうやら壊れてしまったようです。

次元獣と貸したシュバルツを心を鬼にして倒し、残るアイムを撃破。

さらに今まで対立していたエウレカ組にも、ホランドとタルホの間には新たな命、
レントンたちにはエウレカの記憶が戻るという形でハッピーエンドが訪れました。
残るは、ガイオウを倒すだけです!



残り1話というだけのことはあって、そろそろシナリオも〆に入ったという感じでしょうか。
強化パーツも色々とそろってきているので、ここで少し弄って強化などを行いました。

一番使っていた上に現状で撃墜数1位のキリコ。
全武器のCRTが95以上という凄まじい事態が起こっています。

HP6300
EN200
装甲1950
運動245
照準285
移動力11
地形適正 全S

アームパンチ CRT+110
ガトリングガン CRT+105
ヘビィマシンガン CRT+105
SMM2連装ミサイル CRT+100
ショルダーミサイルポッド CRT+95
アサルトコンバット CRT+120

ワーイヤッター(ほぼ)全クリティカル確定だー常時1.5倍だー
こうなった場合の素の実質武器威力を計算してみると

アームパンチ:9450
ガトリングガン:9600
ヘビィマシンガン:9750
SMM2連装ミサイル:10350
ショルダーミサイルポッド:10650
アサルトコンバット:11550

ぱっと見最初は「武装が貧弱」というイメージを持ちがちなATですけど
フル改造とパーツの力を借りると結構な数字が出てますね(;゚∀゚)
というわけで今までの作業進捗。

blade_dash.gif
まずダッシュ開始。

blade4.png
で、ダッシュスピードがだんだん上がっていき、加速。

画面を移動し、相手とすれ違いざまに斬りつけてターン。
blade5.png
砂煙を巻き上げながら、ズサーッと滑った後停止。

逆方向にダッシュしながら攻撃演出・・・という風にしようかと思っています。
現在のところ進捗は全体モーションで必要な素材の半分ぐらいでしょうか。

刀を持ったキャラの演出って以外と少ないっていうか、
大体似通った感じになりがちなので非常にパクリ元が難しいです。
格闘ゲーム上で刀を使うキャラって大体サムスピとか、月華とかSNK風味になりがちな気がして
色々と難しいところですね。

最初は悪滅にしようかとか考えてたけど当身でもないのにそれは変だし・・・
とか色々無い頭で考えた結果なぜかゲッターライガーをパクるという選択肢になってたりします。
昨日クリアしたんですが、なんか疲れて寝てしまったので
感想というかストーリーラインを振り返りつつ。
(続きを読むで続きが読めますので、ネタバレが嫌な人は読まないでね☆)
[【マビノギ】G2感想とか【ネタバレ】]の続きを読む
新ゲ2の攻撃演出を参考にする~とかいいつつ、
ゲッターライガーの演出を見ながら作業してたりします。

で、今日描いたのはこれ。blade4.png
とにかく足が超スピードで動いているのが伝わればいいかな、ということで
やたらめったら滅茶苦茶にオバケ付けまくり。

作業中単純な手首の左右運動の連続で数時間。
おかげで手首が痛くなりました(;゚A゚)

とりあえずアニメにして超スピードでまわしてみたら想像以上にそれっぽいデキだったので
僕、満足!

参考元

1:50秒ぐらいから。

やっぱゲッター系の演出はカッコいいですねぇ。
旧ブログのほうはまだ残すとして、旧サイトのほうはそろそろ削除しようかと思ってます。
というのは、色々と検索ワードを変えて検索してみても大体今のブログのほうが上に来る、
そして一二三、絢の名前でググっても大体こっちのブログが上に出るためです。

古いほうのコンテンツはこっちにも全部掲載してありますので、
古いサイトは近いうちに閉鎖という形になります。
ブックマークやリンクなどをしていただいている方は、お手数ですが
新ブログのほうへの変更をお願いいたします。
とうとうマビノギG2が無料会員にも開放されたので一気にプレイしてきました!

mabinogi_2012_08_22_001.jpg

G2のキーマン、プライスさん。
このプライスさんがどこにいるかでプレイヤーはやきもきすることなります。

プライスいまどこ?というサービスがあるのでありがたく使わせてもらいつつ。

色々とクエストをこなしたあと、ミスリル鎧を入手するためにバリダンジョンへ。
バリダンジョンも雑魚ばかりなので、サクッと図面を入手して精霊の加護を受けました。
mabinogi_2012_08_22_002.jpg
精霊の試練ダンジョン。わんわんお!
ボスがカウンター→スマ3回のパターンじゃないと倒せないこと以外は特に難しいこともなし。


さて、いよいよストーリーも革新に迫り、最初にパラディンになるための
推薦状を書く段階から怪しかったエスラスがタバルタスなるゴーレムをよみがえらせるために
暗躍していたことが明らかになり、エスラスを追い詰めるプレイヤー。

エスラスはタバルタスを呼び出し、プレイヤーに襲い掛からせます。
イベントが入るまではダメージを与えられませんが、
プライス(リダイア)がタゲとってる間は離れて待って、
こっちに来たらカウンターで吹っ飛ばしてまたプライスに任せればそのうちイベントが入ります。
イベントで足をやられ、踏み潰されそうになったプライス。
その足を決死の思いで受け止めるプレイヤー。
今にも踏み潰されそうになったそのとき、あの精霊が現れ変身・・・!

って、昔はここで「無料プレイの範囲外です」って出てたっていうんだからひどい話ですよね。

しかも、タバルタスの動きはまるっきりゴーレム。
というか、体力多いだけでただのゴーレム。
ゴーレムです

パラディンに変身したものの、ゴーレムに対するいつものカウンターとスマ押しで倒しました。
なんという地味な構図・・・。

そしてエスラスを追うプレイヤー。
奥の部屋で待ち構えていたエスラスは、ダークスケルトンを召喚して最後の抵抗をします。
あ、これ知ってる知ってる。ボス倒さないと何回でも復活するパターンだよね。

今までアタックとナックルマスタリ、クリティカルという技と呼ぶにはおこがましいスキルばかりを
重点的に育ててきたくんしょうも。ヘビースタンダーの無い相手に対しては滅法強いです。

奥の部屋に回転エントリーするが早いか、がんばって交易して買ったブレイスナックルが
キャバァーン!キャバァーン!と火を噴き、六打からのチェーンで繰り出されるミレシアン・カラテ!
エスラスさんは一ターンで爆発四散!フーリンカザン!といった感じで
あっさり暗殺に成功しパラディンクエクリアしちゃいました。チョロいチョロい。

mabinogi_2012_08_22_004.jpg
無事パラディンになることができました!

やる前はG1ラストのこともあったので難しいかな~とか思ってたんですが、
実際やってみると一番強かったのはオーガ戦士というオチだったり、
ゴーレムを倒したあと1コンでエスラス倒せちゃったり、なんというかちょっと拍子抜けですね。
戦闘の上手い人なら累積50ぐらいでもクリアできるんじゃないかな~?と思います。
(私はヘタクソなので120で「楽勝~」とか言ってますが)
今日は昨日までで仕上げたぶんをサクッと作画。

blade3.png
とりあえず6枚で1ループのアニメになっとります。

見ればわかるんですけど、足は3枚の素材を使って倍の6枚にしてます。
(前に来る足と後ろに来る足を入れ替えてちょっと弄る)

商業ゲーでも結構やっているというか、KOF(SNK系)の旧ドットはこんな感じですね。
(まあカプとかはランよりもステップのほうが多いから違うってだけなんですが)
んで、実際に適当にEdgeにほうりこんでアニメさせたものがこちら。

blade_dash.gif
あー、うん なんか走ってるように見えるからまあよし!
(適当にmarqueeタグで動かしただけだから足と速度がぜんぜんあってないけど気にしない)

最初はスカートを軽い布地でちゃんと靡かせようかと思ってたんですけど、
そうすると脚が見えすぎるというかパワーアップフォームは下にスパッツ穿いてないので
色々と見えてしまうことになりかねないので謎の重量のある素材になりました(;゚A゚)

構えた後、このスプライトを使ってダッシュ→だんだん加速させて攻撃演出、って感じになります。
攻撃演出ではほとんど姿は描かないので、実質大部分の作業が終わった感じになります。

あとはまあなんだ・・・ゲッター2の攻撃の演出をひたすら眺めてくる作業です。
相変わらず48話後半で寄り道してひたすら主力ユニットの撃墜数稼ぎをしつつ、
メインになる機体を強化しまくる行動を繰り返しております。

今日強化するのは∀。
月光蝶が武装にないけどどうせフル改造で出・・・出る・・・出ねぇ!(;゚A゚)
え・・・っていうことは・・・破界編だと完全に援護専機体!?
フル改造ボーナスでHP回復(中)とEN回復(中)が付いたので
ガンダム系とは思えないしぶとさにはなってますけど・・・。
援護攻撃を生かして、連携攻撃を習得させようかと思ってます。

後は、ガイウェン(ゼロ)が無強化・レベル26と出撃させていたにも
かかわらずマトモに使えない状態(戦術指揮ばっかりしてたから)なので
こっちもフル改造&レベル40台まで上げる&AB取得したいところです。

平行して、ゲッター1ばっかり使ってたのでとってないゲッターチームのABも取得を目指して的を潰しつつ。

全滅プレイをしてこれってことは全滅プレイしないでやったら
フル強化できるのは数機程度なのでは・・・?という気もします。

延々ひとつのマップで連続して全滅プレイしてるのは
作業的になりすぎてあまり長時間やっていると飽きてくるというデメリットもありますね。

ラスボスに向けて色々戦力を整えてるんですが、
フル改造したWが想像以上に戦力になるというか、ボスや戦艦が相手でも
相手の射程外から魂で20000以上ダメージを与えられるのがいいですね。
色々改造してるんですけど、スーパー系は最強武器の射程が1~2とか
短い機体が多いので長射程が今の面子には必要なところですね。
デスサイズとかも便利そうなので入れたいところなのですが・・・。
blade2.png


とりあえず現状。
刀構え→ダッシュ開始の2枚。
あと足一枚描けば3枚できるのでスカートだけ書き換えて入れ替えでサクッとできるので
割とすぐに完成しそうです。

ブレイドのイメージというか、モロなんですがハクレンさんだったりします。
(イメージ原案も松梅魂さんだったりするんですが。)

なんだか同名ファイルをうpするとアップロードがおかしくなるみたいですね・・・。
なんでかしらないですけど画像サイズだけ新しいほうのサイズが適用されて
画像内容は古いまま→結果として妙に引き伸ばされた画像になるって現象が起こりました。
今日は偶々渋谷で用事があったので、渋谷に行くついでに原宿へ。
原宿にある東急プラザで何かイベントやってるっぽかったので行ってきました。

行ってきたイベントは、DZ40
デビルマンとマジンガーZの40周年記念イベントで、
さまざまなアーティストの描いたイラストレーション原画を展示するというイベント。

DZ40公式サイト

場所は「とりあえず原宿の東急プラザ」ってことだけ調べて行ったんですが、
5FにあるTokyo's Tokyoという店でやってます。

正面エスカレーターから服屋の前を通り過ぎて5回まで上がると、
看板に漫画の名セリフが表示されている店があり、そこがTokyo's Tokyoです。
ショップとしてはなんとなくオシャレ系の漫画・ホビーショップって感じ。

展示はその店の正面から入って奥にパネルがぶら下がっていて、
そのぶら下がっているパネルが原画展示になっていました。
周辺には実際に買えるマジンガーZ、デビルマングッズなども売っていて、
コレジャナイマジンガーZソフビとかデビルマンソフビとかお土産に買っていこうかと思ったんですが、
コレジャナイ(ryは3000円、デビルマンは5000円と高かったので思わず元に戻しました。
展示物は原画パネルのほかに、巨大デビルマンフィギュアや
アレンジが施されたマジンガーZフィギュア、マジンガー・デビルマン眼鏡などが展示されていました。
(ちなみに受注生産で手に入れることが出来るグッズもあるようでした)
一風変わったものとして、マジンガーZ風キャンドルスタンドなどもあり。

お店の一角でやっているので、入場料とかは無料です。


DZ40を見にいった帰りに、渋谷でハンズ・メイト・まんだらけをぶらぶら覗いたあと、
twitterでフォロワーさんに教えて貰った渋谷駅の北北西ぐらいにある
ハワイアンハンバーガーショップ、クアアイナで昼ごはんを食べました。
注文したあと15分ぐらい待たされるけど、肉が肉らしい味と食感で美味しかったです(小学生並の感想)。
基本的にあんまり影響力の無いいちMUGEN関連のブログなんですが、
最近マジメにエントリを書くようになって若干思ったこととか色々。

前は暇つぶし程度にしかチェックしてなかったアクセス解析とかを
ちゃんとチェックするようになりました。
まず、この時点で大きな進歩ですが。
これが何の意味があるかというと、「どのワードで検索されていることが多いか」というのを
調べることが出来るようになります。

最近書いたエントリの中で一番検索ワードに多かったのが、「シャカパチ」に関するもの。
(ちなみに、それについて触れたエントリはこれです。)

シャカパチっていうのはハンドシャッフルの時にカードを曲げる様にして
他の手札に打ち付けてパチンと音を出す行為
を断続的にやるってことですね。

これがヴァンガード(ブシロード)のフロアルールに記述されて禁止行為になった、
っていうのはやっぱりみんな気になって検索してたみたいで、
「シャカパチ 規制」だとか「シャカパチ 禁止」「シャカパチとは」みたいな
ワードでブログにたどり着いている人がとても多かったです。

やっぱりこのシャカパチ行為はやってる方は手癖というか
やって気持ちよくなりたいというだけの行為なのに対して、
相手に絶大な不快感を与えることもあるので
マナー面に訴えかけてやめてもらうという形式にしているところがほとんどでした。

が、実際に精力的にTCGをやっている人のブログなんかをシャカパチで検索かけて読ませてもらうと
「カードゲームの予選会に行ったら10回ぐらいプレイして相手が全てシャカパチ&筆記用具なし小中学生だった」
ですとか、
「相手が常にシャカパチ&舌打ちで気分を悪くした」
というような内容が散見される現状もあり、まったくマナーに訴えかける作戦は効いていない感

身内でやってるうちならまだ「やめろよ~w」とか言えば済むレベルですけど、
大会で対面でシャカパチ行為をやられた場合にやめさせることが出来るルールも無いわけで、
多くのプレイヤーは我慢を強いられているという現状は少なからずあると思います。
そういった面から、皆さんが「シャカパチが規制された」って報で
検索をかけた結果ヒット数が増えたのかな、と思います。


次。
「黄金バット 弱点」
これは黄金バットの弱点を知りたいナゾー一派の皆様によるものでしょうか。
弱点は乾燥です。乾燥させれば行動不能にできますよ!

ただ、乾燥で行動不能になっても結局黄金バットの肉体は壊せませんでしたし、
死んだと思っていても「黄金バットは不死身だ!」とか言いながら復活するので
結局弱点というほどの弱点なのかは謎です。


次。
「mugen1.0 画面サイズ」
これ、ほんとに多いんですけど私も最初よくわかりませんでした。
結局dataフォルダの中にあるmugen.cfgの中のサイズ指定を弄ることで解決するんですが。

あとキャラセレクト枠を増やしたいときに弄らなきゃいけないファイルが
mugen1フォルダの中に入っているというのも中々のわかりづらさ。

これに関しては本格的に困ってしまってググる人が多いんじゃないでしょうかね。
上位ブログにはイマイチそれらしい手順が引っかかりませんし。


なんか所感っていうよりもアクセス解析で面白かったワードを
いじるみたいなエントリになってますが、まあそういうことで。
毎日多くのアクセスをいただいており、感謝しております。
今日はちょっと寄り道して48話で全滅プレイレベル上げ。

まずは普通に48話をプレイ。
前半は特に難しい要素も無く、イベントを起こして後半へ。

後半マップでは刹那(エクシア)の強化がフル強化状態かつ
AB(太陽炉搭載機、ガンダム系ユニットへの与ダメージ1.5倍)習得状態にして
魂を使用→南に移動して攻撃で1Tでサーシェスを潰せる上に
その後はそのまま東側に移動してGN-Xを反撃も入れつつサクサク撃破。
北側の敵は主力ユニット到着後連続行動などを生かして撃破、西側は
加速持ちユニットなどで南に突っ込んでおびき出しつつ撃破。
その間に、戦艦でアルヴァトーレに突っ込んで反撃を貰って撃破されて全滅。

3T程度で全滅プレイできるので割とサクサクと可能な上に、
4回ほど全滅すればスーパー系1機ぶんぐらいの改造費になるので
ラストに向けてここで出撃枠を埋められる程度に戦力を整えるべきですかね。


とりあえずここで全滅プレイをした結果、ガイヤー、トライダーの解像度を100%に。
今まで自爆プレイ要員に使っていたガイヤー(タケル)ですが、
ABと六神アタックの性能のよさ、さらに習得する愛の強力さに加えて
ボーナスでいつでも合体可能なので体力減ったら合体で回復・・・というマネも出来るようになったので
主力ユニットとして大活躍しております。
あと、SP増やして愛使える回数増やせば愛使って六神アタックで殴るマンになれそう。

トライダーのほうは主力として使っていたにもかかわらず、
ほとんど強化していなかったので一気に100%まで強化。
100%まで強化してみると、典型的なスーパー系と言った感じで使い勝手がいいですね。
スーパー系にしてはEN消費が激しくないのでさらにそこを伸ばすためにENセーブを習得。
社長の効果もABでPP+10になったので地味においしいところ。

後は育成したいユニットはダイターン、ザンボット、デスサイズ、∀とかでしょうかね。
(ダイターンは70%ぐらい改造終わってるんですけど)

いよいよストーリーも終盤で敵も手ごわくなってきているので、
ここでキッチリ出撃枠を埋められるぐらいに埋めておきたいですね。
blade.png

とりあえず出現した刀を掴んで構えるカットまで。
この後走っていって攻撃演出に行きます。
走るカットは相変わらず6枚(片側3枚→反転で6枚)にしようと思ってるので
1日二日あればできるはず(自分を信じる)。

色々カッコイイポーズで刀持たせようとか、色々考えたんですけど、
色々錯誤した結果、色々無理があるとわかったので、結局普通に持たせました。

ブレイドのスペシャルアタック(仮)の素材が終わったら1/2完成ってことなので
精神的にも楽になる感じですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。