やってるゲームとかの雑記
28日に今年の更新は最後だと言ったな。あれはウソだ





ギリギリ終わらないだろうなーと思っていた、絢の地上通常技の

スプライト製作作業がなんとか大晦日ギリギリヘッドスライディングセーフで

完了いたしました!



今回完成したモーションはしゃがみ強K。

元はダッドリーのカニパンみたいな扱いの技を実装したかったんですが、

モーション的にははぁとの打ち上げっぽくもなりつつ・・・











































ただの地面から離れない昇竜拳や

というかgifアニメ見たら分かるけど、このまま前に進ませたら完璧に昇龍裂破です。

ただし発生は15Fなので咄嗟の対空には使い辛い感じに。

ヒット時効果としては打ち上げ。必殺技で追撃一発のみ可能、って感じですかね。

リーチは極端に短いですが、上方向に判定が強め・・・というか

























めくりすら落としそうですけど大丈夫ですかこの判定。













それはそうとコレにて今年のMUGEN活動はキリのいいところで終了!

地上攻撃も全て完成しまして、新年からは空中通常技と特殊技のスプライトを

じゃんじゃん元気に描いていきたいと思います!



今年も一年お世話になりっぱなしで申し訳ない限りなのですが、

もしよろしければ来年からもよろしくお願いいたします!



春ぐらいにβ版が配布できる体勢になってればいいなぁという希望的観測。

スポンサーサイト
今回配布を開始したエフェクトはダッシュ時などに足元から巻き起こるホコリと、

着地時などに足元で巻き起こるホコリのエフェクト素材です!





結構大きめに作ったので縮小して表示してやるとちょうどいいかと思います。







ごめんなさい、今回ぼーっと作業してたらミスをやらかしまして、

元ファイルを上書きして作業してしまったために動画サンプルもなければ

サンプル画像もありません


うっかりしちゃいましたテヘペロ

興味のある方はダウンロードしてがっかりしていってね



チッうっせーな反省してまーす



たぶん年内の更新は今日で終わりだと思います!それでは皆様良いお年を!


先週から引き続いている感のあるタイトルの第36話。



世界中で起こる異変の調査の為に、地熱研究所へ向かうヤマトネ博士とタケル。

留守番をしていたダレオとマリーですが、マリーが「嫌な予感がするから」という理由で

黄金バットを予約派遣しはじめるという冒頭からカオス全開。



一方、地熱研究所ではナゾー様の指示の元マゾが研究員たちを脅しに掛かっている最中に

なんと黄金バットが影から現れるという飛ばしっぷりで開幕5分程度で

黄金バットが大立ち回りを繰り広げます。

黄金バットが暴れまわったせいで研究所の被害が拡大しているのは最早言うまでもありません。



さて、シーンは変わりナゾー様とマゾのシーンになりますが、

なんとここで先週ボッシュートされたはずのウルフ博士が生きています

先週のボッシュートは罰ゲーム的なサムシングだったのでしょうか?

ナゾー様は「失敗したらお前の命を貰う」と脅かしますが、二回目です。

既に先週失敗しているというのは視聴者の皆様もツッコんだところでしょう。



そして地底へ向かうヤマトネ一行。光を見つけ、近づいてみるとなんと

地底には草も木も太陽もある地下世界が存在する、つまり地球空洞説状態。

そしてヤマトネ博士がもっともらしい知識を披露します。



そしてナゾー様謹製の恐竜が登場しますが、何故かセンター分け風の髪型をしております。

追いかける恐竜、逃げるヤマトネ一行。そして登場するもう一匹の怪獣・・・と、

ここで本日二回目の黄金バット登場。一匹目の怪獣を圧倒し、

ハリケーンバット(※)で風を起こし崖から落として退治。

二匹目は良く分からない動きをして崖から落ちていきました。



 ※名称は漫画版黄金バットより。



そして問題のウルフ博士ですが、なんと地球を爆破するための装置のスイッチを

ごく軽いノリ何の迷いも無く押してしまい、しかもタイムリミットは5分後と無茶をし始めます。

良いのでしょうか、地球を破壊する大層な作戦のノリがこんなに軽くて・・・

あと、演出的な意味でも。普通のアニメなら何話かける内容だよという感じです。



そしてヤマトネ一味はナゾーの手下たちを追って基地へと潜入。

あっさりと装置を見つけ、スイッチを切ってしまいます。

本当にコレでいいのでしょうか。

重ねがさね言いますが、これだけ壮大な作戦ならもっと引っ張ってもいいのよ?という感じです。



逃げるマゾたちの掘った穴を辿り、地上へ向かうヤマトネ一行。

そして登場するやけにデザインのかっこいい怪獣。

この怪獣のソフビかなんかがあったら欲しいです。

そしてやっぱり二匹セットでの登場。最近では二匹セット販売なのでしょうか?

そして本日三度目の黄金バット登場・・・と、今週も盛りだくさんです。



地上へたどりついたヤマトネ一行を追って怪獣が地下から出現したり、

マゾたちが先に逃げていたはずなのに後から出てきて挟み撃ちにしてきたり、

そこから銃撃戦へと発展してヤマトネ一味のアクションシーン、

そして爆発する火山・・・と、もうヤケクソで詰め込んできています。

ここまでヤケクソで色々詰め込んでくる話は久々ではないでしょうか。



そして逃げるマゾのドリルカーを黄金バットは追い討ち!

山に激突して爆発四散!イヤーッ!





と、今週の見所をそれっぽく書き連ねてみましたが今週一番視聴者の

腹筋を破壊したのはウルフ博士が発した

地球が爆発するときの擬音、「ボイン」ではないでしょうか






















立ち強Kのモーションが完成。

立ち通常技は全て揃いました。



















ついでにダッシュのモーションにエフェクトをつける。

ダッシュ開始時に砂埃が立って一歩ごとに小さい砂埃が立つ感じ。

結局買うかどうか迷ってたんですが買っちゃいましたー



18日にポチったら「発送は24日以降」「入荷25日」とか出てたんですが

予定よりも早く入荷されたようで本日突然到着してびっくりしました。



既にモックアップを触っててある程度は知ってたんですが

私が今まで使っていたPSPの1000番代に比べると

若干薄くて画面が大きい感じがします。

そして、画面が大きい&発色がPSPよりも良いですね。

スティックが左右両方についてるので人によっては若干ボタンを押しづらく感じるかも?



同時購入したソフトは、前から楽しみにしていた「塊魂 ノ・ビ~タ」です。

以前から何度かPSP番塊魂については語っていたんですが、

とうとう携帯機で塊魂の新作が出るということで当然我慢できるわけもなく購入。



今作では塊を背面タッチで引っ張って伸ばしたり縮めたりすることが出来て

これがまた直感的で楽しい。

旧作ではいちいち塊をとめて回収しなければいけなかった配置も今回は

一気にビローンと伸ばして巻き込み、縮めてすり抜け可能。

この操作のおかげでかなり快適に転がすことが出来ます。



グラフィックの面もかなり進化しており、結構粗かったPSPの王様の顔に対して

今作では王様がグネグネ動く上に顔のポリゴンモデルもかなりリアルに。

テクスチャの解像度もかなり上がっているのが目に見えます。

ステージによっては難易度が結構高いところがあるんですが、

低いスコアでも一応次にはいけるので初心者でもある程度安心。



塊魂らしいお約束のステージや、新要素を取り入れたステージがいくつもあるので

またこのタイトルで暫く遊べそうです。
相変わらず飽きもせずにスト4を続けてるんですが

自己ベストPP800を最高に相変わらず500とかで停滞しています



理由は先日のエントリでも申し上げたとおりなのですが

もっと上までさっさといける実力があればそもそも起こらない問題なので

なんというか自分の実力の無さにイライラする感じですね。



そして、低PP帯で圧倒的に多いのが

・誰かを倒す



・再びその相手とマッチング



・殺意リュウあるいは豪鬼にキャラ替えして灼熱ばっかり撃ってくる

というパターンだったりしてなんというかアレです



そしてこの殺意リュウあるいは豪鬼もやることがワンパな方が多いので

なんとか倒せないことも無い感じなのですが、倒すと次マッチングしたときに

即退出される・・・という感じで非常になんというか

殺意の波動に対する殺意の波動が目覚めそうになります。
「地底怪獣モグラー」・・・もう、名前からしてオチてます

モグラの怪獣なのは想像に難くないです。



それはそうと、冒頭からゴルフを楽しむヤマトネ一味。

お約束のダレオがボケる流れになったと思ったら、なんと温泉が噴き出ます。

ゴルフ場に突如として次々と温泉が噴出し、逃げ惑う人々・・・

という描写なのですが、何故かギャグ走りをしたりバイクに乗ったおじさんが

ギャグマンガのような動きで跳ね回ったりしています。

もしかして、今回はギャグ回なのでしょうか。



そして火山が噴火!普段ならここでヤマトネ博士がナゾーの陰謀を暴くどころですが、



「誰があの火山を爆発させろと言ったんだ、馬鹿者!」

「ウルフ博士が間違えて火山を爆発させまして・・・」というとんでもない展開。

要するにうっかり間違えて違う火山を爆発させただけであって

特に火山を爆発させたこと自体には重要な意味は無いという斬新すぎる展開。

この時点で普通のアニメには絶対できません。流石黄金バット!



そして今週の怪獣・モグラーが登場し、またもスーパーカーのエンジンがやられます。

最早スーパーカーがエンジンをやられるのも様式美と化してきた感がありますね。



そして今週登場の新マシン、ドリルカーは前後にドリルが付いた攻撃的デザイン。

男のロマン!ドリルです!

しかもこのドリルカーも飛行能力があるという素敵仕様。



例によって登場した二匹目のモグラーにドリルを壊されて窮地に陥るも

登場した黄金バットさんの活躍により一瞬でモグラーは退治され。

そして今週の戦犯であるウルフ博士が「それにしても黄金バットは強すぎますな」と

まさかの正論を吐いてボッシュートされるというシュールギャグ。



基地ごとヤマトネ一味を爆破する計画も、

黄金バットが手押しでドリルカーを地上まで押し戻すというファインプレーにより阻まれます。

そして安定のダレオオチ・・・と、いろんな意味で黄金バットらしい要素が詰まった第35回。

途中の回では怪獣が残り5分で登場したりして不安になる回もありましたが、

ここ暫くのところは怪獣の出現頻度も適正で見せ場もあるので安心します。



ところで、先週のミサイルカーに引き続き今週はドリルカーが登場しました。

基本的にもう乗り物の名称が"カー"であることについては特に疑問はないのですが、

何故第35回付近になって唐突に新ビークルが登場したのでしょうか。

(予告編からの情報だと来週もドリルカーは登場するようです)

番組のテコ入れ、或いは玩具展開の事を考えてのことなのでしょうか・・・?
・・・というような記事を死ぬほど見た。



ブログのヒット数を増やしてみたくてググってみるも

そういう感じで結局何も書いてない釣り記事みたいなブログが引っかかるばかり

つまりこれはどういうことなのかというと

要するに

「ブログのアクセスアップをする一番の手は『ブログアクセスアップ』という記事を書く」

ことであって、細かいほかの作業をすることではないということなのではないだろうか。



実際コレでブログのアクセス数がアップしたところで

結局見た人は「釣られた!」感が増えるだけなので

別に普段見てくれる人が増えるわけではないのは分かり切っているのだが。

普通のブログだと特に何の意味もなさない行為なわけだけど、

アフィ広告をベタベタ貼ってて本文読んでるかどうでもいいような人だとどうでもいいのかな。

間違えてでもクリックしてくれて金になれば。



それはそうとやっぱり一番ブログを見て欲しい人はMUGEN関係だったりしますが

私のような製作者のブログなんかだとまず需要が無いんですね!

何せキャラ紹介サイトにも全くキャラ公開した情報とか補足されてませんしね!









と、自虐したところで一二三の合計DL数が1万超えてたりして意味がわかりません。

一体どういうことなのでしょうか。



それでは皆様、寒すぎて死にそうな気温ですがお体にはくれぐれもお気をつけて。

かしこ。
ちょっと気を抜くと以上にスパムコメントが飛んでくるようになった

(オマケに送信元が毎回違うからすごくウザい)んですが、

なんなんでしょうかね、これ!もう、困っちゃいますよ



それはそうと最近のスパムメッセージは本文の頭の悪さに加えて

いちいちタイトルを微妙に変えてくるのが小ざかしいですね。

昔は無題とかアホみたいな直球タイトルだったので

NGワード設定しておいてブロックしていけばいいんですが、

最近だとさもブログの読者の送信したコメントのように書き込んできたり

人気作品を連想させるワードで釣ってきたりするので

中々一律で送られてこないようにし辛いというのがあります。

URLの書き込みをそもそもブロックしてしまえばいいんだとは思いますが、

URLを書き込めなくなったらそれはそれで(自分も)不便なので中々迷うところ。


通常技進捗状況

・弱P

・中P

・強P

・弱K

・中K

各しゃがみ動作まで実装済み



とりあえず実装してみた動画はこちらから~。

あとは強Kを実装すれば地上通常技完成ですね。





キャラを作っているときは前もそうだったのですが、

ある程度「作業」感のある部分(特に必須スプライトとかね)を抜けてくると

段々作るのが楽しみになってきて、早く完成したそのキャラに会いたくなります。
ヒマな時を見つけてちびちび5戦ずつとかでやってたりします。



一番最初はとにかく勝てない!勝ちにくい!という時期から始まって

(自分と同じ強さにすると~800PPぐらいまでと0PPでマッチングするため)

段々勝てるようになり、現在のPPは800ぐらいです。



やってる時間帯が悪いのかもしれませんが、中々マッチングしないのと

マッチングしてもPP300~400帯ぐらいの人が多く、

勝ってもPPが上昇し辛いのに加えて時々スパ4PC版を始めたばかりの

経験者とマッチングしまくってボロボロに負けてPPだだ下がりしたりもするので

中々どうしてPPが目標である1000に近づきません。

PP400ぐらいの人に負け続けると

「ああ、もしかして自分の実力って実はPP400相当なんじゃ・・・」と思うこともしばしば。

不思議なことに、PP500~PP1000の人とはほとんどマッチングしません。

(自分よりも強いにするとPP1500ぐらいの人とはマッチングするんですが)

このレベル帯ってやっぱり上手い人はどんどん上に行ってしまうので

人が少ないんですかねーと思いつつ今日もちょこちょこやってたりしました。


今日のお絵かき


今日のお絵かき






















きょうのらくがき。

結構気に入ったので後でもう少し仕上げてペン入れする























うろおぼえジュリ

何故かセルフイメージ検索縛りしてしまった

意味?無い!

全く無い!

気分で替えた!



気分で替えるといえばPS3のカスタムテーマが配信されているらしいので替えたい

と言ってもカスタムテーマまで使うほどハマってるPS3のゲームが無い

最近やったのはダークソウルだけどダークソウルは全然クリアできなくて放置気味だ

何でクリアできないかって言うとすぐ死ぬからなんだけどなんで直ぐ死ぬかっていうと操作がヘタだから

操作がヘタならヘタなりに注ぎ火をしてエスト瓶を増やすなり何なりあるんだろうけど

その人間性が無いからどうにもこうにも先に進めない



それはそうとPS VITAが発売されるのが目前に迫っているので欲しい

お金もないし予約もしてないけど欲しい

初期不良にも目をつぶって許そうと思うから欲しい



そういえば初期にPSPを煽るのに所謂ゲハなんかで

「フライングUMD」なんてぇネタがあったけどどこにいったんだろう

UMDが飛び出すのは初期型のPSPに限ったことらしいが

私の初期型のPSPはUMDが飛び出したことが無い

というかそもそもUMDが飛び出すほど元気のあるアレじゃない気がする



話は戻る。

それはそうとVITAではUMDは一切つかえないらしい。

UMDはPSP一代限りで終わりの記録メディアってことになる。

Uこれに関してもいろいろ言われてるみたいだけどゲームソフトの

記録媒体が次のハードでつかえないのなんて別に珍しくないと思う。

ファミコンのソフトはスーパーファミコンでつかえないし、

スーパーファミコンのソフトは64で、64のソフトはGCでつかえない。

別に言うほど珍しいこっちゃない。そもそもPSのソフトが使えたPS2とかが

珍しい一部の例なんじゃないだろうか。



そんなことはどうでも良くて、私は新しい塊魂がやりたい。

塊魂の新作がやりたい。

PSP版の塊魂はかれこれ二年以上遊んでいる。

電車の中で遊んでいて酔ったこともあった。

家で何時間も遊んでいたこともあった。

地震が来て、停電して真っ暗な中でも遊んでいた。

自分の中で、塊魂というタイトルはなんとなく特別感がある。

その塊魂の新作が携帯機で出るのだ。本体ごと欲しい。

でも予約してない。ウボァ




















「何描く」

「うにゅほ」

「なにそれしらない」

ググる

出てくる

それはまぎれもなくやつさ

























gif版



忍者ブログはマトモにgifをプレビューできない機能どうにかならないんですかねー

無駄に縮小サムネだからgifを表示すると乱れるなんてもんじゃない

前のペンタブは二時間も作業してると手が痛くなってもうだめ死ぬって感じだったんですが

新しいペンタブはぶっつづけで作業しても絵描いても全然手痛くないすごーい







ペンタブの性能が上がっても絵が上手くなるわけではない。忘れてはいけない。

つい上手くなったような錯覚に陥ったりするが気のせいであり願望である。





最近は落書きするときに教えてもらったSAIのシャーペン風ペン先設定が気にいってますだ

紙に落書きしてるみたいで楽しい

プリントの裏に落書きするあの感じ

ついにペンタブが届きました!

なんとinutos3です!高級品です!



まず何よりペンが持ちやすい!前使ってた安物の玩具みたいなペンとは全く違う!

更に付属品にマウスまで付いてる!すごい!前のは付いてなかった!

そして入力面が広い!今までの二倍近く入力面がある!

と感動しっぱなしであります。

更になんか便利なボタンっぽいものまで付いており、

いよいよこれは私のようなものがお宝を手に入れてしまった感があったりなかったり。

宝の持ち腐れにならないように頑張りたいと思います。



ペンタブが無事手に入りましたので、作業のほうも再開出来ることとなりました。

ご心配をおかけしまして申し訳ございません。


予告編で世界滅亡クラスの大洪水が起こっていた問題の回、34話。

のっけから行方不明になった船を捜す捜索隊が怪しいものを見つけて

「もっと降りて確かめよう」という死亡フラグを立て、一瞬で回収したかと思えば

次の瞬間には何故か攻撃を開始していたりというカオスな展開。



「世界大洪水です 世界の破滅 人類の滅亡です」と過剰に煽りを入れるテレビ番組、

頼りにならない科学者たち・・・という定例の流れからヤマトネ博士が超推理力を発揮、

南極の調査へ向かう・・・というお約束の展開。



向かった先の南極ではナゾーが用意した怪獣が一行を襲うのですが、

この怪獣が腕の生えた赤や黒のぶつぶつのあるクラゲと言ったビジュアルで形容しがたいです。

とにかくビジュアルの気持ち悪さが異常で正直人によっては受け付けないかと思います。

漫画版黄金バットに出てきた人間を一瞬でミイラにする胞子みたいな感じもします。



怪獣の正体は結局+に帯電したクラゲと-に帯電したクラゲのようですが、

最初に近づいたときに熱さを感じていたりヤマトネの解説を聞くに

こいつらが南極の氷を電熱の要領で溶かしていたようです(要するにヒーターと同じですね。)



怪物に対抗するために「ミサイルカー」なる新マシンが登場したにもかかわらず

結局強いのは黄金バットのおじさまだったりするあたりも実に黄金バットらしいエピソードです。

黄金バットは相変わらず序盤からクラゲを一方的に腕を切断して倒しまくるわ、

ナゾータワーから発射される爆弾をノーダメで受け止めて見せたり

シルバーバトンですべて叩き落して見せたりと、パフォーマンス性も充分です。

もちろんバットさんが負けるわけも無いので安心して見られますね。



そして今回何よりも衝撃的なのがマリーちゃんの最後のセリフだったと思います。

「黄金バットのおじさん、本当は誰なの?どこから来るの?どうして私とだけお話できるの?

 わからないことだらけ。でもひとつだけわかるの。それはバットのおじさんは正しいお方。

 正義の味方黄金バットよ!」

い、今まで散々助けてもらっておいて34話で今更!?









ところで、この「バットのおじさん」という呼び方は基本的にマリーちゃんが使いますが

全く関係ない紙芝居に黄金バットが登場する際も「バットのおじさま」名義だったりするようですね。

言ってみればクロスオーバーモノの祖先みたいなものですが、

自分の読んでる作品にいきなり黄金バットが出てきたらと思うとつい笑いそうになってしまいます。

更にもう少し調べると黄金バットが「ドクロの眼」として悪役で登場する紙芝居もあるようなのですが、

一体どうやってこの反則級に強い黄金バットをやっつけるのでしょうか、気になります。
正直スマンカッタという状態になってたので直しました
ヤフオクしてたら未開封のintuos3が一万円で買えたんで、

近いうちに復帰します。ご心配をおかけしましてまこともうしわけございませ。せ。



それはそうと前から欲しい欲しいとは思ってたintuos3なのですが、

正直オーバースペック気味だとは思いますし、

なんでそんなプロ仕様なモノを買ってるんだよと思うんですが

なんたって一万円が予算でしたし、買えるならそれに越したことは無い・・・って事で。

intuos3が良いのは現物を触って知ってるんでラッキーな買い物したーって感じですかね。



形から入るのもいいところですが、これからは宝の持ち腐れにならないように

地道に絵の練習も続けていきたいと思います。
先日から不調が続く旨を複数エントリに渡ってお伝えしてておりましたペンタブに関しまして、

とうとう本日リカバリ不能と言っても過言ではない状態に達しましたことをお知らせいたします。

現在の症状としては、

・ドライバを再インストールしても再起動するとドライバが認識されない。

・ドライバを再インストールすると一時的に動くようになるが、右クリックが効かない、筆圧が効かない

・ドライバを再インストール操作を何度行っても復活しない

という状態となりまして、正常に作業を行うことが困難な状態となっております。

最悪、右クリックだけでも効いてくれればドット絵は描くことが出来るのですが

その右クリックも効かないという状況と相成りましたので、

MUGEN関係の作業を続けることが著しく困難となりました。



そのため、新しいペンタブが手に入り作業環境が復活するまでの間

(どれぐらいの期間になるか見当がつきませんが)MUGEN関係の作業は休止とさせていただきます。

今まで応援してくださった方、楽しみにしてくださっていた方、本当に申し訳ございません。
今朝起きてPCを起動したらまた動かなくなったペンタブ。

先日のエントリに書いたとおり、ドライバを一旦削除して入れなおしたら

また動くようになったんですが、私のそもそもの疑問としては

何故何も弄ってないのに勝手にドライバが異常を起こして動かなくなるのかという話でして、

ググって見るとwindows7では割とよく発生する現象のようです。



とりあえず、私としてはここをどうにか改善して欲しいのと、

いちいちサービスを切らないと無効化できない波紋のエフェクトを

どこかのオプションから無効化できるようにして欲しいところです。
キャラ製作する上で、誰しも一度は通る道だと思うんですが

KFMことカンフーマンをベースにしてキャラを作ることってあると思うんです。



で、今回はそのカンフーマンを弄る上で謎過ぎるKFM小技の仕様について。



まずカンフーマンの屈弱P。これなんですが、cnsを読むと流れとしては



・ステート開始



・hitdef発生



ctrlsetで何故か先にctrlを返す



・changestateで11番(しゃがみ)へ



というハイパー謎の行動をしてたりします。

このctrlset、連打キャンセルでもさせたいからここにあるかと思いきや、

普通にctrlsetなので実行された瞬間に自由に動けるようになりますので、

KFMのしゃがみ弱Pと発生が同じあるいは近いキャラはこの時点で

この記述を弄らないと屈弱P>前歩き>屈弱Pという永久を持つことになります。

(難易度は高いですが、できることに変わりはありません)



何を考えてこんな仕様にしたのでしょうか。私にはさっぱりわかりません。

更に加えて言うなら、この項目のcns難易度はeasyと書いてありますが

このctrlsetが記述されているがためなのかchangestateにctrl=1が記述されていません。

そのため、とりあえず消すと屈弱P後コントロール不能なります。



なんでこんな初心者が詰みかねない仕様を搭載しているのでしょう。謎です。





それから、もう一つカンフーマンの通常技には謎の要素があります。

屈弱Kのhitdefを見てもらうと分かると思いますが、何故かhitflagに余計な記述があり

ダウン中の相手を小足でガシガシ蹴れる様になっています。



・・・ダウン中の相手を小足で蹴りまくれる格ゲーってあるんでしょうか?

少なくとも私は聞いたことないですし(起き攻めに小足重ねるとかではなくて)、

これがあるがためにダウンした相手を小足で蹴りまくることでコンボの基礎火力を

小足3,4発ぶんは引き伸ばすことにもなります。



かく言う私も一二三を作ったときには気付いておらず、

これらをそのまま実装してしまってえらいことになったので

これからキャラを作る皆様はお気をつけくださいね、という。話。でした。
遅ればせながら、先日steamでスパ4を購入いたしました。

PC版をsteam購入で約3000円。(価格はドルなので正確な価格は時期によって異なります)

最初は全キャラのウルコン演出みたいなーぐらいの気持ちで購入したんですが、

なんやかんやでランクマをやったりしてます。



格ゲーはやったことが無いわけではないのですが、どうもストシリーズには苦手意識がありました。

スト3rdなんかでも周りは中級者~しか居なかったので絶対勝てませんでしたし、

その流れでスト4もあんまりなー、っという感じで敬遠してきたのですが、

スパ4のランクマを始めてやってみて似た実力の相手と対戦するのが非常に楽しいです。



とりあえずコマンド技が出せるようになれば気軽に対戦を楽しめ、

なおかつ同じレベルの相手と対戦が出来て自室のモニタの前に座ったまま全国の相手と対戦可能。

30回対戦すれば元も取れますし、格ゲー初心者にもオススメだと思います。



ただ、これだけ便利だと明らかにゲームセンターでの格ゲーの場を食ってる感があったり。

態々ゲームセンターまで行かなくてもコレだけのことが出来てしまってなおかつ

いくら対戦してもタダ(アーケードゲームと違って対戦すればするほど一回当たりの価格が下がる)という。

ゲームセンターにも違う実力の相手と顔つき合わせて対戦できるメリットはあるんですけどね。
windows7にしてから久しいわけですが、WACOMのペンタブのドライバをダウンロードして使っていると

突然動かなくなることがあります。文字通り、昨日まで動いていたのに

今日朝起きて作業しようと思ったら動かないなんてことがザラにあり、これの解決方法を

いくつか探しながら作業することがそこそこにあったので適当に書いておきます。



まず具体的な症状はというと、

・ペンタブが動かなくなる。

・前日(前回のシャットダウン時)までは何の問題もなく動作していた

・ログオン画面では動くが、実際にログオンして作業を開始しようとすると動かない

・再起動をかけても動かない(それだけで動く時もある)

というもの。



これの対処法なのですが、強硬手段がやはり一番です。

スタートボタン→コンピュータのプロパティを開く→タスクマネージャを開き

入力デバイスの項目内にあるWACOMの入力デバイスのプロパティを開いて

ドライバの削除にチェックを入れてOKとすることでまず一旦ドライバを削除。

次に公式サイトからドライバをダウンロードしてきて当てなおすわけですが、

ここで落とし穴があることに気付かず今日は二時間無駄にするハメになりました。



その落とし穴というのは、製品別のドライバのほかに「複数の製品で使える汎用ドライバ」があり、

この汎用ドライバをインストールして使おうとするとペンタブが数十秒間の間は動くものの

途中から動かなくなり、その後も反応しなくなる、というもの。

何故そんな罠にハマったかというと、「[ペンタブの型番] ドライバ」でググると

後者の方が検索の優先順位上にあるため、上に出たほうをダウンロードして使うと

かえってドツボにハマってしまうというのが原因でした。

皆様におかれましては、もしペンタブのドライバを再インストールする段になりましても

間違ってこの汎用ドライバを使わずに機種ごとの専用ページから機種にあった

ドライバをインストールすることをオススメいたします。

(後から調べたことなのですが、この汎用ドライバでは筆圧感知機能の段階が減ったり

 一部のペンタブについている機能が使えなくなることがあるようです。)



機器が古いのもありますが、どうもwindows7とペンタブの相性が悪いみたいで苦労します。

まず何よりタブレットで右クリックした際に波紋とかいう要らないものが出る機能があったり、

PC標準のタブレットサービスと干渉して動きが悪くなったりするので困ってしまいますね。



更に言うと今使ってるペンタブは修理してだましだまし使っている状態なので

そろそろ新しいペンタブが欲しいなぁなんて思うんですが、お金も無いですし・・・。

ちゅーか、ペンタブって高いんですよね。平気でn万円しますし、

低価格のペンタブが出たと思ったらかなり残念な仕様で論外だったり。

そのうち低価格でそれなりの品質のペンタブが出たりWACOM以外のメーカーが

出てきて低価格化が起こったりしないかなーとひそかに期待してたりします。

あるいは誰か譲ってください




















なんと角度ごとにヒットエフェクトが付いているという超豪華仕様!ミヤビ!




これで弱P、弱K、中P、中Kは完成。あと強Pと強K描けば地上通常技完成ー。