FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記
20180128221646_1.jpg
マップのどこかに炭鉱のようなダンジョンっぽいものが生成されるようです。
内部は迷路のようになっていますが、最初から松明が設置されている事と
マイクラの廃坑のように重なり合ったり空洞と交差しながら延々続くという感じではありません。

20180128221756_1.jpg 
最奥部まで潜ると、青白く発光しているキノコが生えている洞窟があります。

現状のStaxelには敵や空腹要素などが一切ないため、危険は特にありません。
また、それ以前に鉱石の概念もない(原石しかない)ため、地中深くの
原石を掘れる事以外に特にメリットはなさそうです。

大量の木箱などが置かれているのを破壊→持ち帰り、まとめて換金するという金策もできるようですが
今後どういった影響が出るか不明です(まあどうせ新バージョンでワイプは必須になるでしょうが)。
スポンサーサイト
話題になっていたのを買ってやったので早速。
序盤には各種作業台を買うのにかなりのお金がいりますが、そのお金を手に入れる方法について
特にチュートリアルなどでも説明されないのでそのメモ。

・金策その1:虫取り
虫あみをスーパーマーケットで購入し、ひたすら森の中を歩き回って蝶などを捕まえまくります。
たまに女王蜂や働き蜂が飛んでいるので、見かけたら必ず確保したほうが良いです(あとで使います)。
捕まえた虫は街の中央の屋台の横にある納品箱の上に置き、箱自体を右クリックすると売れます。

捕まえた蜂が荷物圧迫するかと思いますが、普通に棚に置けますので棚にでも置いときましょう。
ちなみに女王蜂が大量に余った場合は女王蜂自体も180ペタル/個で売れるので、
見つけたら絶対に確保しておくようにしたいです。
20180128215055_1.jpg 

・金策その2:海岸線をひたすら歩いて貝殻・サンゴをひろう
島の外周をひたすら歩き回ってサンゴや貝殻を拾いまくり、売りまくります。
非常にシンプルです。遠出する事になりますが、現状のStaxelにはモンスターなどの
脅威は存在しませんし、更に外で眠くなって寝てしまってもペナルティはありません。
スタミナなどもありませんので思う存分徘徊しましょう。

・金策その3:王道を往く農業
チュートリアルでビートの種を貰ったと思いますが、それと同じで農業で稼げます。
作物は雨の日以外毎日お水をあげないと成長しないので、1と2と合わせて出かける前に
じょうろで水をあげてから出かけるといいでしょう。

ちなみに野菜の種はお店でも買えますが、鎌で雑草や花を刈り取っていると
ミックスシード(何が出るかわからない種)を入手する事もできます。
ただし、季節によっては育たない植物の芽が出てしまう場合もあるようです。

20180128232350_1_20180128234937ad4.jpg 

できたお野菜は同じく納品ボックスから売る事になりますが、
ある程度お金に余裕が出てきたら料理用のクラフト台を購入してきて加工する事で
売価を飛躍的に高める事ができるのである程度軌道に乗ったらやりましょう。

例えばカッティングステーションとボイリングステーション(合計1500ペタル?)を
購入する事が出来れば、チュートリアルで貰えるビートを収穫後一旦スライスし、
空き瓶(10ペタル/個)に家の水道で水を入れ(右クリック押しっぱなし)
スライスしたビート+水でビートのスープを作れます。

20180128211501_1.jpg 20180128220113_1.jpg

できたビートのスープは同じようにお店で売ればOK。値段が飛躍的に上がります。
他のお野菜も調理してから売ると高くなるのでできればやっていきたいところ。
20180128232901_1.jpg 


・金策その4:養蜂
20180129134922_1.jpg 20180129135019_1.jpg
養蜂箱を設置し、養蜂箱に女王蜂を入れる事で働き蜂のチャージが始まります。
働き蜂は1匹/1日ペースで増えていき、働き蜂が10匹になると3日毎にはちみつを取れるようになります。
放っておくと最初に設置してからはちみつが取れるまで13日かかりますが、
拾った働き蜂があれば自分で詰める事で短縮する事ができます。

はちみつを取るにはまずスモーカーで蜂をおとなしくさせてから
空き瓶(10ペタル)で取るという手順が必要になります。差額の350ペタルが収益。
ただし大量に売りすぎると供給過多になって売値が下がってしまうというシステムがあるようです。
しばらく放置すれば戻るらしいので、ストックしておいて
定期的に売りに出したほうが良さそうですね。

養蜂箱は設置してから壊すと蜂が居なくなってしまうのでまた13日間取れなくなります
養蜂箱を置く場所をミスった状態で養蜂を始めないように気をつけましょう。