やってるゲームとかの雑記
20160912232201_1.jpg
DLCのリソースをフル活用してMOD家造りの練習をしてます。

20160912232217_1.jpg
入り口は除染アーチ+スイッチ式のドアを付けてみました。
どちらも親オブジェクトにスイッチを指定するだけで、
スイッチを入れると自動的に電源が入ります。
(つまり中に居る間は電源が入りっぱなしってことなんですが…)

20160912232228_1.jpg 20160912232233_1.jpg
室内はまだライティングをしっかりやってないのでちょっと暗いです。
棚にはヌカワールドの色とりどりのコーラを並べてみました。

20160912232245_1.jpg 20160912232251_1.jpg
室内空間はかなり無理矢理なスペースの使い方になっちゃってます。
とりあえず家には収納とベッドがあれば大丈夫かなというガバ判断。

20160913103627_1.jpg 
建物の裏手にはパワーアーマーの収納ケージがあります。
これもスイッチ式でセキュリティドアが開くようになっています。
(こんな所にスイッチついてたら意味ないだろ!とかはおいといて)

20160911142424_1_2016091414570841f.jpg 20160911102910_1_20160914145705006.jpg
これもヌカワールドのリソースを流用して、名前と役割だけ変えたカウボーイプロテクトロン。
昔Geckいじってた頃は商人との取引させかたがイマイチよくわからなかったので
商人NPCの実装を断念してましたが、会話の反応がちょっとおかしいものの
なんとか取引可能な状態にできました。

スポンサーサイト
ニュートラル 
こんな感じで、サンクチュアリから出た所、
レッドロケットの目の前にある空き地にロードを挟まないタイプの自宅を作る実験をしています。

Fallout3やNVでは自宅といえば一度はロードを挟むものが主流でしたが、
本作では「居住地」と呼ばれる場所に自宅を作るのが主流となりました。
一部ロードを挟む居住地がありますが、基本的にはどれも屋外にあり、
自分でオブジェクトを設置して家の外形を作っていきます。

まず最初に自宅を作るうえで重要な要素を2つ挙げるとすれば、
・アイテムを保管しておけるコンテナ(中身がリスポンで消えないこと)
・休める(休んだボーナスがもらえる)ベッド
が最重要な機能ですね。

まず最初にアイテムを保管しておけるコンテナについてですが、
これはオブジェクトウィンドウで適当なコンテナをダブルクリックして
FormIDを変更して自宅専用のコンテナを作り、そのコンテナの
リスポン属性を消せばOK。

今回の本題であるベッドについて。
Fallout4ではベッドに関連する仕様が変更されていて、よく休んだボーナスは
「自宅のベッド」ではなく「所有権の指定されていないベッド」で休んだ時、になったと
ゲーム中では説明されています。
これをもっと言うと、所有者が「Player Faction」になっているもので
休んだ場合にこの効果が発生するように変更されたようです。

今までのFOやTESでは「よく休んだ」用のスクリプトが存在していて、
そのスクリプトが指定されているベッドで休んだ時に効果が発生するという
仕掛けだったのでそのつもりでやり方を探していたのですが、結局見つからず。
最終的にバニラで唯一の「自宅」として用意されている
ダイヤモンドシティのベッドを見てみると、所有権がPlayer Factionになっているので
真似して設定してみたら無事、よく休んだボーナスが出たのでした。

ニュートラル 
つまり、こういうこと。レンダーウィンドウ内でダブクリして出るやつから、
タブでOwnershipを選んで右上の所有者を「Player Faction」に設定しておくと、
これだけで寝れば勝手にボーナスがつくようになるみたいです。
(もしかしてわざわざForm IDを別に作る必要すらなかった・・・?)


20160911142424_1.jpg 20160911102910_1.jpg
自宅に併設でこんなものも作ってみました。
ヌカワールドのリソースを流用して、カウボーイハットプロテクトロンを
コピってトレーダーのセリフを言わせるようにし、
専用のコンテナから商品を取り扱わせるという処理。

これはSkyrimのCKでのやり方と同じで、
・商人用のコンテナを新しく作る
・商人用のFactionを新しく作る
・Factionにコンテナを設定し、NPCにそのFactionを設定する
・NPCにトレーダーのセリフを喋らせるスクリプトを入れる
という方法でなんとか取引出来るようになりました。
(Skyrimの講座を公開されている方のやり方ほぼそのままで行けました。
 一部スクリプト名などが違うだけで同じ手順で大丈夫みたいです)

しかし、無理矢理ロボットにトレーダーのセリフを喋らせてるせいなのか、
妙に会話の反応が鈍く、メッセージが表示されてから少し置いて2、3回
↓キーを押さないと取引ウィンドウが出なかったりします。
まあ自分用のMODなのでそれでいいと言えばいいのですが・・・。

とりあえずこれで家としての最低限の機能はできた形になりますが、
拠点内にあるワークベンチに入れたものが共有される機能が便利そうなので
似たような形に実装できないかやってみることにしたいと思います。

また、今後NPCの編集も出来るようになったらコンパニオンも
ここのサルーンに配置してみたいですね。
8月30日にシーズンパスに含まれる最後のDLC、Nuka Worldが配信され、
一通りプレイしたのでその内容のあらすじと感想とかのまとめ。

前おきとして、私はシーズンパスが$30の時に購入したためしばしば話題にあがる
「DLCが割高である」という点に関しては一切感じてませんので価格については触れません
それぞれ内容のみの記述になりますので、購入の参考にする方はご留意の程をお願い致します。

『Automatron』
コモンウェルズに突如として現れ、トレーダーや人々を襲い始めた謎のロボット軍団。
111はそのトレーダーが出した救難信号をキャッチし、破壊されずに残っていたロボット、
「エイダ」と共に殺されたトレーダーたちの無念を晴らすべく、
ロボット軍団がどこからやってきたのかを調べる。
ロボット軍団を追っていくうちに明らかになる「メカニスト」と名乗る人間の存在。
メカニストは「コモンウェルズの人々を救う」と言い張っているが、
実際に行われているのは虐殺。
その原因は、メカニストが中間管理に使ったロボブレインが
曖昧な自己判断を元にした命令の変更を行っており、
「ウェイストランドで生きている人間を救うには殺すのが最速」として、
メカニストのロボット軍団に抹殺命令を出していた事。
その事実をつきつけられたメカニストは111に説得されるか殺されるかする。

[追加コンテンツ]
・ロボット作業台を使ったロボット組み立て、カスタマイズの追加
・ロケーション(ラストデビルの本拠地、メカニストの拠点など)の追加
・新規エネミー(ハイテクレイダー、ロボット系の敵)の追加
・新規コンパニオン「エイダ」
・新規装備(ロボット部品を使った装備、テスラガンなど)の追加

[感想]
FO3をプレイした人にはお馴染みの大迷惑系ヒーロー「メカニスト」の再来。
と言ってもFO3に登場したメカニストとは中の人が違い、メカニストの絵から
着想を得て同じくメカニストになった別人が正体。
ロボブレインの工場探索など中々ブラックなネタも。
目玉要素はロボットを自作出来るようになることで、
ロボットコンパニオンを自作したり、拠点警備用ロボットを設置出来るため、
ロボをいじりまわすのが好きならかなり楽しめる内容です。
コズワース、キュリーなどのバニラにいるコンパニオンもいじって強化できますが、
強化してしまうと帽子スロットが失われる点には注意が必要。
FO4のDLCをどうしても絞って買いたい人にオススメする3本のうち1本がこれ。


『Wasteland Workshop』
シナリオ・ロケーションの追加は一切なし。
純粋なワークショップ設置物の追加のみ。1と2がある。

[追加コンテンツ]
・ワークショップからの設置物の追加
・アリーナ機能

[感想]
追加設置物だけでもかなり遊べたので、それで満足には満足なんですが
アリーナ関係はかなりバギーな挙動でまともに遊べた試しが数えるほどしかありません。
建築が好きなら楽しめますが、FO4発売当時からアンチ建築要素な人には無用。

『Far Harbor』
ヴァレンタイン探偵事務所に舞い込んだ依頼。
それは行方不明になった娘を探してほしいというものだった。
111はコモンウェルズよりはるか北に位置する島、Far Harborに乗り込むが
その島は奇妙な霧に覆い尽くされ、霧の中には奇妙なクリーチャーが蠢く土地だった。
島には漁民・アトム教徒・Synthの3つのコミュニティが存在しており、
プレイヤーは島の未来を誰の手に委ねるかを選ぶ事になる。

[追加コンテンツ]
・新ロケーション:Far Harbor(島全体)、ダンジョン多数
・新エネミー(島のアボミネーション類、レイダーの亜種)追加
・新武器・装備など追加
・新コンパニオン「オールド・ロングフェロー」

[感想]
RAD汚染を伴う霧に包まれた謎の島を舞台に依頼人の娘を探す一連のクエストが追加されます。
島のロケーションが結構広く、かつロケーションを制圧した時に
霧が晴れて太陽の光が差し込むなど演出が秀逸。
霧の中に居るレイダーは狂気に蝕まれたトラッパーと呼ばれる亜種だったり、
独特の水生生物系クリーチャーなどが居たりして良い意味での気持ち悪さを味わえます。
一連のクエストも作りこまれていて、島の未来を託す団体を選べますし、
Synthの団体が提案するように衝突寸前の漁民の代表者とアトム教徒の代表者を
必要な犠牲とし、Synthに入れ替えて衝突を回避させるといった選択肢もあります。
本編のコンパニオンであるニックの兄弟機に当たるDiMAというSynthが登場し、
ニックが「忘れてしまった」過去の事を明らかにするなど本編の拡張として秀逸な出来。
FO3プレイヤーにはお馴染みのアトム教徒も登場し、懐かしの人物の名前も出てきます。
サブクエも面白いものが多く。
これもどうしても絞って買いたい人にオススメする3本の中に入る1つ。

『Contraptions Workshop』
これもストーリー、ロケーションの追加などはなく
ワークショップに無造作にボンと工場系のパーツが追加される。

[追加コンテンツ]
・製造工場系のワークショップ設置物
・新規建造物パーツ
・展示台系の設置物

[感想]
居住地に工場を作れる。そんだけ。
この一言に魅力を感じる人なら買えばいいしそうでないならやめたほうが良いと思います。
工場系パーツは使いこなせばそこそこ便利で、自動で材料を振り分けたりできます。
展示系のアイテムがあるのも嬉しいところで、マネキンに装備を着せたり
武器の展示台に武器を飾ったりできます。

ピタゴラ装置系の設置物や複雑な挙動を可能にする論理回路部品などもありますが、
正直言って時間空間の最小単位が定義されていないFallout4でそういうものを
作ろうとするのが無謀というもので、微妙にズレたりということがありますし、
レールの上をボールが転がるという設置物も角で引っかかったり継ぎ目のところで脱落したりと
ちょっとそういうことをやるのは無謀なのでは?という感じがあります。

『Vault-Tec Workshop』
Vault建設予定地からのSOS信号をキャッチした111はその建設予定地へ向かう。
レイダーを倒した後、そこに待っていたのは未建造のまま終わったVaultの
監督官と広大な建設予定地だった。
監督官とともになされなかった実験を行い、データを収集する。

[追加コンテンツ]
・Vault系のワークショップ設置物
・Vault系の家具類
・ロケーション(Vault建築予定地)

[感想]
監督官とVaultを設営し、データをとって…という内容だが
実際にはクエスト自体はVaultを作る必要もなければ、
広大なVault建築予定地がVault建築用に(内部的に)整備されているというわけでもないので
例によって微妙な段差とかに苦しめられたりするのがちょっとうーんという感じ。
Vault系の建築物が非常にお手軽な事、綺麗な家具類がおける点は非常に良いですね。

Vault建築予定地も、ただ無駄に広大な居住地が連なっているというだけで
例によって襲撃は内部に湧いてくるのでトレーラーのようにVaultへの
侵入者に対して住民が迎え撃つというような光景は特に見られず、
いきなり中に湧いてきます。ここらへんすげー雑だなって思いました。
これも建築に興味ない人はスルーでOK。

『Nuka-World』
「Nuka-World」なる遊園地の宣伝放送をキャッチした111は、
遊園地に向かうモノレールの駅へと向かう。そこで倒れていた男は
遊園地はレイダーに制圧され、家族が残っているという。

遊園地に到着した111はガントレットと呼ばれる試練に無理矢理挑戦させられ、
そのさなか「ゲイジ」と名乗る男からガントレットの最後で戦うレイダーのボスは
イカサマをしているという事を告げられる。
ゲイジの知恵により遊園地を牛耳るボスを殺した111は新たなボスとなり、
遊園地内のアトラクションを制圧し、そこに存在する3つのレイダーギャング団体に
シマとして与えることになる。
全ての施設を制圧した時、レイダーギャングたちが内輪の争いをこれ以上繰り広げないために
ゲイジらが提案したのはコモンウェルズ本土への侵攻であった。

[追加コンテンツ]
・新ロケーション:Nuka-World
・新装備・武器
・新コンパニオン「ゲイジ」
・新エネミー

[感想]
広大な新ロケーションが追加されるため、探索が楽しい。
遊園地というテーマを使うことで、様々な仕掛けや敵が登場する。
一連のクエストをクリアしていくと、最後にはレイダーギャング団体のうち
1つが自分たちのシマだけ少ないことに不服を持ち造反、それを始末した後
コモンウェルズ本土へと侵攻することになる。

レイダー団体のリーダーになれる、という点では悪人プレイを可能にする、という
格好にも思えるが、結局の所レイダー団体はコモンウェルズに進出したが最後
プレストンよろしく適当な無限クエストを発注してくるだけになり、
特に肩入れした団体らしい商売が出来るわけでもないというのがネック。
単体のコンテンツとして見ると面白いが、今までのFO4で展開されてきたコンテンツとは
全く噛み合っていないというか、レイダールートでエンディングを見る手段がないのは
やや片手落ちに思える内容です。

とはいえ、新規ロケーションが広大であることや新装備が面白い事、
一応ストーリー系のクエストがあることなどから絞って買いたい人向けの3本の1つに入ります。


まとめるととにかく最低限でいいって人は
・Automatron
・Far Harbor
・Nuka World
の3本買って終わりでいいんじゃない?(適当)
建築好きならワークショップ系が追加されることを考えるとズンパスでいいんじゃない?(適当)
20160622231140_1.jpg 
20160622231153_1.jpg 20160622231202_1.jpg20160622231207_1.jpg20160622231212_1.jpg20160622231227_1.jpg20160622231247_1.jpg
20160622231242_1.jpg 20160622231254_1.jpg20160622231301_1.jpg
20160622231325_1.jpg 
20160621101504_1.jpg20160621101705_1.jpg
追加オブジェクトのシャッターと「倉庫」系の建築。
「倉庫」は納屋とほぼおなじで、スナップ式の組み立てパーツ。

シャッターは電動扉系と同じで通電すると開き、非通電時は閉まる仕掛けです。
パワーアーマーガレージなんかの扉に良いかもしれませんね。
電動扉系と同じく、片側のコネクタの真裏あたりにコネクタを貼り付けて配線すると
オブジェクト自体を貫通してオモテウラがつながるので両開きにしやすくなります。

20160621102115_1.jpg 
新要素「パワーアーマー展示台」。
パワーアーマーハンガーを使って展示している人は多かったかと思われますが、
パワーアーマーを展示するための台が専用に追加されました。
ライトが内蔵されており、照明をいちいち配置する手間がなくなりました。
ただし、電力の供給が必要となっていますので引き込み線が必要になります。

20160621104615_1.jpg 20160621103548_1.jpg
武器ラック、ディスプレイケース、マネキン類。
武器を展示しておくことが出来ます。服や装備類はマネキンに着せる事が出来ます。
マネキンは2種類あり、男性体型と女性体型で選べます。
誰でも取れるただのコンテナという扱いなので、戦闘になった場合などに
入植者などが取ってしまうという可能性があるようです。

20160621104949_1.jpg 20160621110249_1.jpg
製造機械。材料を放り込んでおくとターミナルで指定したものを製造してくれるようです。
ちょっとコンソール使って色々試してやってみたんですが、
製造機械の中に材料を直接投げ込んでターミナルで指定→自動製造される以外に
チュートリアルで表示される「材料を自動で入れられます」というのが
何のことかわかりませんでした。多分真空ホッパーという設置物で
入れるんだと思いますが、真空ホッパーで「隣のコンテナから吸い出す」がうまく出来ず・・・。
まだちょっと触っただけなのでもうちょっと実験してみようと思います。