FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記
1.フォーカスとは?
2.5つのテンノ道と最初のおすすめ
3.育成に必要なもの
4.フォーカス稼ぎの方法


1.フォーカスとは?

結論から言えばフォーカス(FOCUS)とは、「テンノ自身を強化するためのスキル群」である。
おそらくこの記事を読んでいる多くの人は、メインクエストである
「二番目の夢」をクリアし、突然フォーカス画面が表示されて困惑していたり、
「後々のコンテンツの為にフォーカスを育成しろ」と言われたものの
5キーを押すと飛び出してくるガキの弱さに困惑しているのではないかと思われる。
事実、私も初期状態のテンノのあまりの弱さと面倒な育成仕様により、
非常に長いあいだ放置していたものである。

しかし、フォーカス育成をしっかり行う事でテンノは未育成の人が考える以上に強くなるし、
テンノによる戦闘以外の面でも大きな恩恵を得る事ができるようになる。
例えば、初心者のうちはオーラMODで
「高レベル帯ではCorrosive ProjectionかShield Disruptionをつけろ」と言われても
実際にはエネルギー欲しさにEnergy Siphonをつけっぱなしだったり、
フレームに付けるMODもエネルギー効率などをガチガチに盛っている為に枠が足りないという事がありがちである。
そこでZENURIK(後述)のEnergizing Dashを習得すれば、ほぼ何時でも自分に
5エネルギー/秒のエネルギー回復Buffをかける事ができるようになり、
エネルギー問題が解決するばかりか、そのぶんフレームに違うMODを盛る事ができるので
フレームの戦闘力も大幅に上昇させてくれるのである。

ここまで読んでもらっただけでも、フォーカスの育成が非常に有益である事はおわかりいただけたかと思う。
さて早速各フォーカスを見ていきたいところだが、その前に大前提としてフォーカスの
基本的な仕様とアクティブの切り替え方についての補足を入れる。

テンノ道は5つあるが、有効にできるテンノ道は1つだけである。
他のテンノ道4つはアンロック・育成していても自動的に無効になってしまい、
アンロックしたスキルも効果を発動しなくなる。
この法則の例外にあたるのが各テンノ道に2つずつあるクロスフォーカス対応スキルで、
これらのスキルは最大ランクまで育成した後開放する事で他のテンノ道の画面にも
現れ、有効可する事で他のテンノ道を有効化している間でも効果を得る事ができる
つまり5つのテンノ道全てのクロスフォーカスを開放したテンノは常に10個の
クロスフォーカス効果を得る事ができるようになり、基礎能力が大幅に向上するのである。

また、もう一点注意が必要な点として、各テンノ道のスキルにはコストの概念があり、
このコストが上限容量以下に収まるようにしなければならない(超えた場合は有効にできない)。
言ってみれば武器やフレームにおける収容量とMODコストのような関係だが、
武器やフレームがランクアップやリアクター・カタリストで上限容量を上げていくのに対し、
フォーカスではフォーカス経験値を注ぎ込む事で上限を拡張していく事ができる。
この上限容量は各テンノ道に使い回せるが、一度拡張する毎に拡張に要する経験値が増えていく。


2.5つのテンノ道と最初のおすすめ

・ZENURIK
圧倒的オススメ道。
強力なエネルギー回復系のBuff、パッシブスキルを持つだけでなく、
オペレーターのVoid Blast(手からなんか波動みたいなやつを出す近接攻撃)に
ヒットした敵の動きを遅くするめちゃくちゃ強い効果を付与してくれる有能すぎるテンノ道。
前項でちらっと書いたが、このテンノ道にあるEnergizing Dashは
オペレーターがVoid Dashをするとその場にバブルを生成し、それに入った
プレイヤーにエネルギーが持続的に回復する効果を付与するため
フレームのアビリティを使い放題になり、もはや説明不要の強さを誇る。

クロスフォーカス
・Void Siphon:オペレーターのエネルギー回復率を向上。
・Void Flow:オペレーターのエネルギー上限を向上。

・NARAMON
ZENURIKより優先度は下がるがそこそこオススメされるテンノ道。
近接キルで得られる経験値が40%増加する、敵を近接フィニッシャー待機状態にするなど
近接による近接のためのスキルが揃う。
Void Dashの攻撃判定自体を超巨大化かつ障害物無視にするスキルもあるため、
通常ミッションでの使い勝手が非常に良い。

クロスフォーカス
・Mind Step:オペレーターの移動速度を上昇。
・Mind Sprint:Void Dashの速度(移動力)を上昇。

・MADURAI
攻撃力重視の炎の脳筋テンノ道。
武器攻撃力アップ!アンプ性能アップ!追加攻撃!攻撃力Buff!と非常に
わかりやすい性能をしているが、逆にそこ以外の点は全くノーサポートと言っても良い。
現状ではエイドロンテラリスト狩りに使われるテンノ道であり、上2つと比べると
汎用性には欠くがいつかは上げる事になるテンノ道という立ち位置。

クロスフォーカス
・Inner Gaze:アンプのエネルギー容量を上昇。
・Eternal Gaze:アンプのエネルギー回復速度を上昇。

・UNAIRU
支援・防御に特化したテンノ道。
自分や味方の装甲値を増やし、敵の装甲値を下げる、攻撃を反射するなど
味方の被ダメージは減らし、敵へ与えるダメージを増やすのが得意技。
取得すると火力BuffのかかるUnairu Wisp、味方の被ダメージを減らすVoid Chrysalisなど
エイドロンテラリスト狩りで役立つスキルがある事から、MADURAIに次いで使われる。

クロスフォーカス
・Basilisk Scales:オペレーターの装甲値を上昇。
・Basilisk Gaze:Void Blastの範囲を拡大。

・VAZARIN
回復・味方の保護に特化したテンノ道。
最大の特徴はVoid Dashによって味方・同盟のプレイヤー/NPCを5秒間無敵にできる事や、
倒れた瞬間に蘇生させる事ができる点で、防衛系のミッションなどではめっぽう強い。
使い所が限られるため、育成の優先度は低くなりがちだが決して弱くはないテンノ道。

クロスフォーカス
・Enduring Tides:オペレーターのヘルスを上昇。
・Rejuvenating Tides:オペレーターのヘルスに自然回復を追加。


結局どの順番に上げるのがオススメかというと、真っ先にZENURIKを上げ、
次にNARAMONを上げてから残りの3つを上げていくのがオススメ。
もし「二番目の夢」のクエスト中で他のテンノ道をアンロックしてしまった場合いでも
後述する育成開始後に経験値を使ってアンロックできるので心配はない。

各クロスフォーカスを開放して他のフォーカスでも使えるようにするには、
鮮明なエイドロンの欠片と経験値が必要になる。鮮明なエイドロンの欠片は
エイドロンテラリストから入手可能なアイテム。
エイドロンテラリストを狩るには最低限何かしらのアンプが必要になるが、
このアンプの製作が中々面倒くさい…というのが現状、オペ要素に手を付けていない人にとっての
ハードルとなっている面がある。


3.育成に必要なもの

フォーカスを育成するには、対応するテンノ道のレンズが必要になる。
テンノ道が取り付けられたフレーム・武器などがランク30になった後、
余剰経験値が振り込まれるとその余剰経験値がレンズに対応した割合でフォーカス経験値に変換される。
細かい仕様の話をし始めると長くなるが、「ランク30の装備とレンズがあれば良い」と思えば良い。

レンズはシータスかフォーチュナーの依頼報酬として入手可能であり(日替わり)、
入手したレンズはアーセナルの各装備画面でアクション→取り付け可能。
注意点として、取り付けたレンズは上書きは出来ても取り外しはできない

レンズには等級があり、上位のレンズであればあるほど変換効率が高く、
効率よくフォーカスを育成できるようになる。
レンズの等級は

通常レンズ<グレイターレンズ<エイドロンレンズ<ルアレンズ

となっており、グレイターレンズの設計図は「二番目の夢」をクリアすると
ひっそりとマーケットから購入可能(もしくは40ptで現物を購入できる)になる。
エイドロンレンズはシータス依頼報酬に設計図が、ルアレンズはルアの分裂報酬として設計図が入手できる。


4.フォーカス稼ぎの方法

上述したように、ランク30の装備にレンズを取り付けてひたすら経験値を入れる事が
フォーカス経験値を稼ぐ方法となるが、闇雲に稼いでいるだけでは到底育成を進めきれない。
現時点(2019年9月時点)では以下のような方法で膨大な経験値を稼いで
ゴリ押しする事が主流となっている。

注:フォーカス稼ぎ中に知っておきたい事として、コンバージェンス球の存在がある。
ミッション中に金色に光る球体が出現した場合、それを取ると45秒間、得られる
フォーカス経験値が8倍になるというBuffが付与される。
ミッション中にこの球が出現したら拾っておこう。

・方法1:ステルス掃滅
warframeを普通にプレイしていると気づきづらい仕様だが、
実は非警戒状態の敵を倒すとステルスキルボーナスが付与される。
普通プレイでは偶然ついても100%程度にとどまる事が多いが、実はこのボーナス、
連続で敵をステルスキルしていくと100%→200%→300%→400%→500%…と上昇していき、
5体目以後もステルスキルを維持し続ければずっと5倍の経験値を得る事ができる。
この仕様を利用して、掃滅系のミッションなどで敵をステルスキルし続けて
そこそこの量のフォーカス経験値を稼ぐのがステルス掃滅法である。

ステルス維持と言っても、普通にプレイするとおそらくステルスを維持し続けるのは無理である。
そこで、多くのプレイヤーに採用されているのが「敵を眠らせるアビリティ」を使って
先制して敵を眠らせておき、眠っている間に倒していくという方法である。
現時点で敵を眠らせる使い勝手の良いアビリティを持つフレームは以下の2体がある。

・EQUINOX:陰2番のRest & Rageに睡眠効果。
・IVARA:1番のQuiverにある「影縫いの矢」に睡眠効果。

どちらも制作に少々手間がかかるフレームだが、睡眠アビは他の場所でも使えるために
どちらかは入手しておきたい。

フレーム側の準備が出来たら後はフレームと武器にレンズを取り付けて掃滅を回るだけだが、
この際の注意点として「単発大威力の武器を消音する」か、近接武器を使用するのを推奨。
というのは、このゲームのステルスキルを連続して取る上で連射型の武器は
単発で仕留められないとステルスキルにならない事が多かったりするためである。
また、いかにも無音武器でございという顔をしている弓・クロスボウなども曲者で、
矢やボルトで敵をキルすると死体が吹っ飛んで磔になるせいで非常に敵を警戒させやすく、
ステルスキルには向かない武器になっている点に気をつけたい。

この稼ぎを行う際に人気のマップナンバーワンはおそらくセドナのADARO(グリニア掃滅)。
理由として、比較的走りやすいアステロイドタイルであるだけでなく、
水星などのようにシールドランサー(近接で倒しづらい)が出現しないこと、
土星などのようにアークトラップが置かれていないこと、
非警戒状態であればノックスがほとんど出現しないことなどが挙げられる。

・方法2:エリートサンクチュアリ交戦
クエスト「新たな怪奇」クリア後にプレイできるようになるミッション。
次々と敵が出現するので倒しながら効率を下げないように維持し、次のエリアへと進んでいく。

詳細についてはwikiでも読んでもらったほうがおそらく速いと思われるが、
このESOがフォーカス経験値稼ぎに良いのは各ウェーブの開始毎にコンバージェンス球
取得状態になるうえ、普通では考えられない頻度とレベルの敵が次々出現する点。
敵をバシバシ倒せるフレームと装備であれば、かなりのペースでフォーカス経験値を稼げる。

ただし注意点として、ESOでは同じアビリティを連続で使用する事にペナルティがあり、
4番の範囲攻撃を連打していると最終的に使用不能になる。
これを回避するため、1番と4番を交互に使うなどしてこの制約に引っかからないようにするのが主流。
現状ESOで特によく見るフレームはおそらく

・SARYN:1番3番4番による広範囲への攻撃力が高い。2番はデコイ代わりにもなる。
・VOLT:電気状態異常による敵の足止め。

の2つ。
特にSARYNの広範囲殲滅ビルドはおそらく最適解レベルで稼ぎ効率が良い。



2つの方法を比較すると、装備が整っていれば後者の方がおそらく効率は良く、
副産物として精錬済みのレリックが手に入るというメリットがある。
しかし、その装備のハードルがけっこう高い(~レベル100程度の敵を倒せないといけない)ため、
初心者がフォーカスを上げるのであれば方法1を検討した方が良いかもしれない。
EQUINOXもIVARAもそれなりに作るのがめんどくさいフレームである事は事実だが、
この2つのフレームはシータスやフォーチュナーでの地位稼ぎにも大活躍するため、
初心者から中級者へのステップアップを目指す上ではあったほうが有利だろう。

ちなみにこれ以外の方法として、エイドロンテラリスト(三兄弟)狩りで得られる
欠片を変換するという手もあるのだが、このエイドロン狩りに参加する為には
フォーカスの育成が必要なため、フォーカス未育成の人の参考にはならないと考えてここでは紹介しない。
スポンサーサイト



現在進行中の埋もれた負債作戦の概要と報酬に関するメモ。

このイベントミッションでやることは概ね
・オーブエクスプロイターの所にいき、足元に居る子蜘蛛から冷却セルを拾う
・冷却セルを亀裂に入れ、200秒ほど防衛
・防衛完了したら次の亀裂を探し、セルに4つのエネルギーを貯めるとボーナス(希釈サーミアと進行度+3)
の繰り返しとなります。

オーブエクスプロイターは開始時点では利益の寺院の北に固定で居るので、
ミッション開始したらソッコーでAWを展開して直行して冷却セルを入手します。
マルチの場合、誰か一人が確保に行ったのが明確であれば他の面子も亀裂探しをしても良いでしょう。

防衛開始したら中々ヒマですが、一人で任せても大丈夫そうな人が付いているのであれば
他の分隊員は次の亀裂を探しに行くのもアリかもしれません。
1つのセルに4つ貯まる毎にボーナスなので、セルを無駄にたくさん持ってきて
バラバラに貯めるのはやめましょう。時間がもったいないです。
この4つボーナスのため、野良では4抜けが最も多いようです。
良い面子を引いたら8抜けの時とかもありますが、200×8=1600秒なので
1回30分ぐらいの長丁場になるので結構ダルいはダルいです(4個ボーナスはちゃんともらえますが)。


無題
今回の景品MODはド定番MODの変化版。それぞれ元のMODとは同時に付けられません。
メイン効果が弱化した代わりに2つめの効果が付与された複合MODになっています。

・Amalgam Serration:威力+155%、ダッシュ速度+25%
・Amalgam Shotgun Spazz:攻撃速度+85%、蘇生速度+45%
・Amalgam Barrel Diffusion:マルチショット+110%、ドッジ速度+60%
・Amalgam Organ Shatter:クリティカルダメージ+85%、チャージアタック速度+60%

どれも通常版と比べると10%ほど弱体化していますが、使いようによっては
中々面白そうなMODになっています。Amalgamは(水銀の)合金という意味ですが、
今後登場予定の複合MOD群だそうです。この名称は今後登場するコーパスの
新ユニットにも使われ、モアとセンティエントの合体した代物との事なので
もしかするとそれらからのドロップ(もしくはそれを使って得られる)かもしれません。
warframeには様々なMODがありますが、その中でも遺跡船(Orokin Derelict)に眠る
Vaultから獲得できるコラプトMOD(ODから掘れるMODなのでODMOD)ともについて。


・コラプト(OD)MODって?
かつてはコラプト(OD)を揃えて強化しきる事がエンドコンテンツ扱いされていた、
大きなプラス効果とデメリット効果を併せ持った癖の強いMOD群です。
コラプト(OD)を使うことで通常のビルドではありえない大きな効果を発揮する事や、
弱点を補う(または必要ない物を捨ててしまう)事でメリットだけを享受する事もできます。


・コラプト(OD)を獲得するには?
遺跡船のミッションに対応するDragon key(後述)を持ち込み、対応する鍵を消費して
Vaultの扉を開け、中にある報酬を獲得してミッションをクリアすると1枚獲得できます(種類ランダム)


・コラプト(OD)を得るために必要なDragon key
Vaultの扉を開けるために必要な鍵は4種類からランダムで選ばれ、防衛と抹殺を除く
ODミッション中にVaultが1つ配置される可能性があります。
合致した鍵を持った状態で扉を調べると鍵が開き、中の報酬を獲得可能。

キー4種類の効果は以下の通りで、装備しているだけで凄まじいデメリット効果をもたらします。
また、キーを消費してVaultを開けた場合、ランダムで他のデメリット効果が発動し
敵としてコラプト系が湧いてくるようになります。
・Bleeding dragon key:ヘルス1/3
・Decaying dragon key:シールド1/3
・Extinguished dragon key:与ダメージ1/4
・Hobbeled dragon key:移動速度大幅低下
材料はいずれも少額のクレジットとVOIDトレース10になっています。
昔は1つ作るのにVault keyを1つ消費していたため、だいぶコストが軽くなりました。


・具体的な掘り方
[グループ]
4人の面子を募集して行う場合、4人がそれぞれ違うキーを装備して手分けしてマップ内を探し、
見つけ次第ウェイポイントを設置して集合、キーを持っている人が解錠した後ゴールします。
昔はこのやり方がVault Runと呼ばれており、非常に周回している人も多かったのですが
最近ではリクルートチャットを見ていてもあまり募集している人が見受けられません。
ので、後述するソロ向けの方法を紹介しておきます。

[ソロ]
前提として、充分な武器を確保した状態で行います。
(具体的にはExtinguished dragon keyを装備した状態の1/4ダメージでも確保対象を楽に倒せる程度)
おすすめのフレームは透明化でき、戦闘を全スキップ出来るLOKIのようなフレームや
RHINO(できればPRIME)のような無敵化が簡単なもの。

方法としては非常にシンプルで、Bleeding、Decaying、Extinguishedの3つの
キーを付けたまま確保に潜り、マップ内で確保対象を撃破後じっくりVaultを探し、
Vaultを見つけたらそのまま開けてクリア、見つからなかったらミッション中止。
この繰り返しでそこそこの確率でコラプト(OD)MODを1枚手に入れる事ができます。

古くは掃滅や耐久がおすすめされていたのですが、現在の環境でやった場合以下の点で
微妙かなと思う点があったりなかったりなので好みに応じて行ってください。

・掃滅
敵を倒す手間がありますが、マップが確保よりも狭めなため探しやすいは探しやすい。
ただし、感染体を倒し続けるとUpdate 16.8にて追加された敵であるJuggernautが
出現するフラグが立ち、一旦敵を倒す手を止めてやり過ごすか、問答無用で
倒し続けてJuggernautも倒してしまうかのどちらかになります。
通常であればJuggernautは倒せない相手ではないですが、キーをいくつも身に着けている場合
非常に鬱陶しい相手になる+探索中に出られると割とイラッとします。

・耐久
こちらもマップは狭く、無理に敵を倒す必要はなし(酸素カプセルで5分までならしのぎやすい)。
ただし、足切りラインとして10分でVaultの中身は消滅します。
私も昔はこちらでやっていたのですが、耐久のネックである5分は脱出できないという点が
移動速度系MODの充実などで確保のマップタイル次第で1分台~5分で1周に
若干見劣りしてくる感が出てきました。もちろん確保で毎周必ずコラプト(OD)MODを
獲得できるわけではないため、この時間ごとに1枚手に入るという単純計算ではありませんが…


・おまけ
コラプト(OD)MODの中でも特に人気が高い6枚。
いずれも未強化なら20ptとかで安く出回ってるので、ここに書いたような
堀り周回をするのがめんどくさいという人は買ってしまってもいいかもしれません。

・Blind Rage:アビリティ威力+、アビリティ効率-
・Fleeting Expertise:アビリティ効率+、アビリティ効果時間-
・Narrow Minded:アビリティ効果時間+、アビリティ効果範囲-
・Overextended:アビリティ効果範囲+、アビリティ威力-
・Transient Fortitude:アビリティ威力+、アビリティ効果時間-
この5枚はフレーム向けのMODで、それぞれアビリティ関連の能力1つを
大きく伸ばす変わりに別の能力を下げてしまう効果を持っています。
育成に必要なコストもMODとしてのコストも非常に重いですが、様々なビルドで
大きな効果を発揮するため非常に人気があります。

・Heavy Caliber:ライフル基礎ダメージ+、射撃精度-
あまり人気のない武器系のコラプト(OD)MODの中では珍しく人気の高い、
ライフルの基礎威力をアップさせ、射撃精度を犠牲として低下させるMOD。
これもコストは重いですが、最大育成時の効果料は+165%のため
擬似的にSerrationを2枚刺ししているような状況(合計で+330%計算)。
英語圏のプレイヤーは特に昔からこのMODが大好きで、
精度が下がると扱いづらくなる武器にもおかまいなしで入れていたりする程です。
(IGNISなど、一部の武器は精度マイナスのデメリット効果がほとんど効果がないため
入れ得な事もあり、とりあえず1枚持っておくべきMODなのは確かなのですが…)
20160409175016_1.jpg
とりあえずアークウィング本体のMOD。
コモン~レアの中でも低レベル帯で取れるやつだけ。
Jordas Golem戦中は4回まで復活できると言っても、数分も生き残れない装備だと流石にきつい。
パワー持続時間とかよりもヘルスシールド増加、装甲値増加、リチャージ高速化とかの方が重要。

20160409175035_1.jpg
武器。Rubedo-Lined Barrelが出るまで粘るのがやや面倒だったほかはこれも低レベルで手に入るMODばっかり。
属性は比較的入手しやすい冷気単。

・・・というのは、Jordas GolemのヘルスはInfested Sinewなので冷気が+25%、放射線が+50%なんですよね。
そこに250というガチガチのフェライトアーマー装甲値がついてるので、放射線+冷気構成にするか腐食が
理屈の上では有用な選択肢みたいなんです。しかし、実際やってみるとわかりますがAWのプライマリ武器の
属性MODが出ないのなんの。仕方ないので、低レベルのミッションでも手に入る氷単で+25%を狙っていきます。
意外と重要なのがMagazine Extensionでこれは表記が「マガジンサイズ」とわかりづらいですが
AW銃の場合はそのまま弾数に直結しています。250→400ぐらいまでアップするので、
それだけ攻撃チャンスが来たらトリガーひきっぱなしで撃ち続けられるようになります。

フレームの方につけておくオーラMODは圧倒的にCorrosive Projectionがオススメだと思いました。
というのは-25%されると62程度の現象になり、装甲値が200を切るんですね。
英wikiの装甲値計算を参照すると結構違うかな?とかそんな感じ。
パーツ集めのために周回するのは中々キツい感もありますが、一応これで5周程度で運良く集まりました。
一番速いのはリクルートとかで「手伝って!」とか言って見ることだと思いますが・・・。
20160402174733_1.jpg
エクスカリバーの4番の効率を強化して遠距離からステルスキルしまくる作戦。
やりやすいセドナ掃滅で大体4k~7kぐらい。ケレスとかで上手いことやれば10k行くかいかないかぐらい。
ソロでサクッとやれるのが利点ながら、フォーカスの上限である10万集めるのは結構ホネ。

やっぱりそういうことを考えるとケレス傍受、つまりドラコに行くことになってしまう・・・っていうのも
現状のフォーカスシステムの問題点だと思います。EXP稼ぎは結局のところ「稼げるミッション」に
「稼ぎに来てる人」と行くのが一番ラク、かつ正解という格好になってしまっているので、
一種の聖地みたいになってしまっているんですよね。
devストにてドラコ以外の選択肢も増やしたいみたいな発言があったそうですが、実際
今のwarframeの仕様で上手いこと噛み合った分隊員が居た時のドラコ以上に稼げる所があるのか?っていうと
うーん微妙だな・・・っていう気がしてしまいます。
単純にEXPを見るんじゃなくてミッションの成果に応じてフォーカス値を貰えれば良いと思うんですけどね。

なんだかこればっかりやってると飽きてくるというか、要するにただやることはEXP稼ぎで嫌になってくるので
息抜きで他のコンテンツも進めたり。

20160406161653_1.jpg
Jordas Golem戦。これもAWミッションのため苦行の息抜きで苦行みたいな。
プライマリ武器の属性がしっかり噛み合ってればイージモードだと思うんですが、現在の仕様だと
そもそもプライマリの属性MODを掘るのがしんどい!一応氷MODと基礎威力しか刺してなくても15分ぐらい
頑張ってなんとか倒しました。

20160406163607_1.jpg
アッハイ

20160407172016_1.jpg
脱出してから出現するストーカーさん。