やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「俺はMUGENキャラを作ってみたい!」でも一切絵とか描いたこと無い!
そういう無謀な人に送る作画メモだ!

世の中こういうことを言うとすぐ「デッサンを勉強しろ」で丸投げされるぜ!
でも「俺がやりたいのはデッサンの勉強じゃなくてMUGENキャラの制作活動なんだ!!」っていう
熱い思いからいきなり実践に挑む人のための作画のメモなんだ!
3年間で得た薄っぺらい知識と小手先の技を詰め込んだぜ!参考にならないかもしれない!




【MUGENの作画メモ第1回:棒人間から踏み出そう】

まずは棒人間を適当に描いてみてくれ!

…頭は丸いな!?ちゃんと丸いな!?丸くない場合はちょっとアレだから丸くしてくれ!

そしたら次は顔に十字の線を引いてみよう!
なんかうまい人が描くときにサラサラッとやってるアレだ!マネしてくれ!
ここでコツは「十字の線を適当に描く」んじゃなくて「球面に貼り付いたように描く」ことなんだ!
絵は平面だけど立体を表現しないといけないからな!

かけたら次は「アゴ」をつける!自分のアゴを触ってみて欲しい!
まんまるではなくてアゴの骨があると思う!(なかったらごめん!)一般的にはある!
とにかくVの字とUの字の間ぐらいのアゴをくっつけてみて欲しい!(中段ひだり)

アゴをくっつけるときのコツは「アゴの先端は中心線の先端と合う」こと!
まんまるの頭に粘土で作ったアゴをぺたっとくっつける感覚でつけてみて欲しい!
このアゴの印象は後々響いてくるので次回細かく書こうと思う!
あまり尖らせすぎると学園ハンサムみたいになるぞ!
イメージとしてはホームベースをちょっとなめらかにした感じだ!

とりあえずアゴをつけたら微調整してキレイな頭の形を作れる!
人間の頭は構造的に後頭部の方がほんの少し長いのと、頬のラインを少し膨らませてみてほしい!
どうしても難しければここでフィギュアとかを眺めて確認してみよう

1頭を描いてみよう
こんな感じだ!(クリックで拡大します)

下段は蛇足としてとりあえず最初に棒人間から踏み出す人に覚えて欲しいのは
人間の頭にはアゴがあり頬の膨らみがあり後頭部がある」ってことと
「それっぽい顔を描くには基準になる立体感が大事」ってことだけ!

第一回はこの2点だけ覚えてくれればOKです!
まずこの概念を覚えてるか覚えてないかで全然違う!ヤジロベエとヤムチャぐらい違う!
少なくとも「前髪の間によくわかってないけど顔を描いてて頭の形がぐちゃぐちゃに歪む」状態よりはマシ!

とりあえず覚えたら次回はこれを記号化してドット絵にするぜ!というところで第2回へ続く!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。