やってるゲームとかの雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日届いたTABMATEが全然使えなかった~という話は昨日のエントリに書いた通り。
今日はなんとかして解決できないか、という事で色々と試してみたメモとその解決。

A:Bluetoothアダプタをかえる: →効果なし

私のPCはデスクトップなので元々Bluetoothがついておらず、後付けでアダプタを付けていた。
最初からついていたアダプタはクラス2対応製品だったため、こちらのアダプタがダメなのかと思い
アダプタをクラス1対応、100mまで接続可能を謳っているものに変更した。

この対応は全く効果が無かった。
同じく、通常使用するスタイルで使おうとすると頻繁に操作が拾われず、絵を描くどころではない。


B:Bluetoothアダプタと自分、マシンの物理的な位置の検討: →効果あり

先に結論から言うとどうやら私の環境で起こっている問題はこっちのようである。
そもそも我が家は住宅地の只中、無線LAN電波が飛びまくっているという
ネオサイタマ並の電波汚染地域のため、そもそも2.4GHz帯がかなり混線している。

加えて、私はデスクの下、右側にPCを置いて使用している。
右利きのため、当然右手でペンタブを持って左手にTABMATEを持つ形になるが、
そうすると必然的にPC本体とTABMATEの間に私が遮蔽物として入り込む格好になる。
本来であればクラス2のBluetoothでもちょっとした遮蔽物であれば
問題なくつながるように思うが、我が家の電波環境があまりに悪いからか、
間に体やデスクの天板が入ると極端に通信がつながらないようになり、昨日の
エントリで書いていたような頻繁に操作が反映されない、されたかと思えば
特定の操作がされっぱなしになるといった事態が起こるようである。

ではこれを解決するにはどうすればいいか?というと、TABMATEとBluetoothレシーバーの
間に遮蔽物が入らないようにすれば良い。TABMATEを持っていってもいいが、
それは左手デバイスの本来の使用用途を考えると本末転倒であろう。

まずその場で出来る対応として、ケース裏のUSBポートに挿しているなら表へ、
表に挿しているなら裏へ移動させてみるというのが考えられる。
微々たる差だが、これでTABMATEとBluetoothレシーバーを結ぶ直線状に
遮蔽物が入りにくくなれば多少の改善が見込めるようだ。
(実際、私の環境でもこれは有効であった)

もう一つ、最も有効な対策を考えるとすればUSBポートにUSB延長ケーブルをつなげ、
Bluetoothレシーバーを受信可能な位置まで移動させてしまう事だろう。
見た目が壮絶にダサい、コードが鬱陶しいというリスクは伴うが、
私のような利用環境で言えば体の左側までBluetoothレシーバーを引っ張ってくれば
まず間違いなく受信するはずである(残念な事にUSB延長ケーブルが手元に一本もないので
まだこれは試していない。後日試して追記予定)。

[追記]
USB延長ケーブルを買ってきてレシーバーをTABMATE本体と近いところまで移動させた所、
これらの問題はほぼ起きなくなった。もしTABMATEを購入する人で床置している
デスクトップマシンを使っている人はBluetoothレシーバーだけでなく、
USB延長ケーブルも確保しておいたほうが良いのかもしれない・・・。


他にもクラス2相当のBluetooth製品自体は持っているが、このような事態になったことが
なかったので自分が原因というのはかなりの盲点だった。
スポンサーサイト
以前から欲しい欲しいと思っていたペンタブ用の左手デバイスが発売されたので、
喜んで買ったんですがその使い勝手や機能面がちょっとアレだったので率直な感想。

・デザイン(レイアウト)の問題
左手デバイスとしてはごく一般的なサイズ感だと想うんですが、ダイヤル部分とボタン、
十字に配置されているボタン部分がすごく使いづらく感じます。

ダイヤルの真下にABボタン、及びCDボタンがハの字型に設置されているのですが、
特にAボタンとCボタンからダイヤルまでの距離が7-8mm程度しか開いていないので
意図しない時に操作されてキャンバスが勝手に縮小されてイラッとする事があります。

また、十字に配置されているボタン部分に関してもデザインを重視した円形のボタンで
どこを触っているかが非常にわかりづらく、ある1方向に指定した機能を使おうとして
誤爆しまくるうえ、BボタンとDボタン操作時に左、上、右ボタンと干渉しやすいです。

一応ボタンの高さをかえるなどの工夫はしてあるよづえすが、
総合するとデザイン性やコンパクト性を重視した結果、機能面が深刻に
損なわれているのではないかという感想を抱きます。

・チャタリング(?)問題
これに関しては私の環境側の問題かもしれませんが、使っているとすごく頻繁に
入力落ちや遅延、チャタリングが生じています。入力が落ちたり遅延するだけならいいのですが、
問題はチャタリングっぽい症状が起こった時に「連打した」扱いになって
そのコマンドが何度も実行され続けるというのが非常に困ります。

例えばミスってCtrl+zを連打するという事はよくあると思いますが、ここで下手に連打すると
Ctrl+Zが大量に押された扱いになって今までに描いた部分が全部Ctrl+zで消されてしまったり、
慌てて元に戻そうと思っても他のショトカも連打された扱いになっているのか、
途中までしか戻せず結局描いた部分が全部消えてしまった事も数回程度起こりました。
拡大縮小時やブラシサイズの変更時にもこれが起こり、キャンバスが無限に縮小されたり
ブラシサイズが最大まで大きくされる→戻そうと思ったら今度は最小まで・・・と、
とてもまともに絵がかける状態ではないな、というのが率直な感想。

以前は無理やりNintendo Switchのジョイコンを左手デバイス化して使っていたのですが、
そっちの方がまだ(数分すると勝手にスリープになる以外)快適だったかなぁ・・・。
どうせなら有線の左手デバイス多少高くても買ったほうがよかったかも。

とりあえず買った以上は何か対策が出来ないか試して見つかり次第またエントリ描こうと思います。

今回のキャラは暇つぶしで作ってたキャラなんですけど、モチベ消失気味で作りあぐねたので
公開しないままになるよりはとりあえず公開しとくって形で公開しちゃいます。
バグ取り・性能面でのアレな所が多い、MUGEN1.1以外でテストしてない等の
アレ案件がありますのでご了承ください。

そんなような状況ですので性能調整・改変パッチなどは
(チープキャラ化を目的とした物以外は)ご自由に製作・公開していただいて構いません。

https://t.co/FBRHzxrlvH
20180128221646_1.jpg
マップのどこかに炭鉱のようなダンジョンっぽいものが生成されるようです。
内部は迷路のようになっていますが、最初から松明が設置されている事と
マイクラの廃坑のように重なり合ったり空洞と交差しながら延々続くという感じではありません。

20180128221756_1.jpg 
最奥部まで潜ると、青白く発光しているキノコが生えている洞窟があります。

現状のStaxelには敵や空腹要素などが一切ないため、危険は特にありません。
また、それ以前に鉱石の概念もない(原石しかない)ため、地中深くの
原石を掘れる事以外に特にメリットはなさそうです。

大量の木箱などが置かれているのを破壊→持ち帰り、まとめて換金するという金策もできるようですが
今後どういった影響が出るか不明です(まあどうせ新バージョンでワイプは必須になるでしょうが)。
話題になっていたのを買ってやったので早速。
序盤には各種作業台を買うのにかなりのお金がいりますが、そのお金を手に入れる方法について
特にチュートリアルなどでも説明されないのでそのメモ。

・金策その1:虫取り
虫あみをスーパーマーケットで購入し、ひたすら森の中を歩き回って蝶などを捕まえまくります。
たまに女王蜂や働き蜂が飛んでいるので、見かけたら必ず確保したほうが良いです(あとで使います)。
捕まえた虫は街の中央の屋台の横にある納品箱の上に置き、箱自体を右クリックすると売れます。

捕まえた蜂が荷物圧迫するかと思いますが、普通に棚に置けますので棚にでも置いときましょう。
ちなみに女王蜂が大量に余った場合は女王蜂自体も180ペタル/個で売れるので、
見つけたら絶対に確保しておくようにしたいです。
20180128215055_1.jpg 

・金策その2:海岸線をひたすら歩いて貝殻・サンゴをひろう
島の外周をひたすら歩き回ってサンゴや貝殻を拾いまくり、売りまくります。
非常にシンプルです。遠出する事になりますが、現状のStaxelにはモンスターなどの
脅威は存在しませんし、更に外で眠くなって寝てしまってもペナルティはありません。
スタミナなどもありませんので思う存分徘徊しましょう。

・金策その3:王道を往く農業
チュートリアルでビートの種を貰ったと思いますが、それと同じで農業で稼げます。
作物は雨の日以外毎日お水をあげないと成長しないので、1と2と合わせて出かける前に
じょうろで水をあげてから出かけるといいでしょう。

ちなみに野菜の種はお店でも買えますが、鎌で雑草や花を刈り取っていると
ミックスシード(何が出るかわからない種)を入手する事もできます。
ただし、季節によっては育たない植物の芽が出てしまう場合もあるようです。

20180128232350_1_20180128234937ad4.jpg 

できたお野菜は同じく納品ボックスから売る事になりますが、
ある程度お金に余裕が出てきたら料理用のクラフト台を購入してきて加工する事で
売価を飛躍的に高める事ができるのである程度軌道に乗ったらやりましょう。

例えばカッティングステーションとボイリングステーション(合計1500ペタル?)を
購入する事が出来れば、チュートリアルで貰えるビートを収穫後一旦スライスし、
空き瓶(10ペタル/個)に家の水道で水を入れ(右クリック押しっぱなし)
スライスしたビート+水でビートのスープを作れます。

20180128211501_1.jpg 20180128220113_1.jpg

できたビートのスープは同じようにお店で売ればOK。値段が飛躍的に上がります。
他のお野菜も調理してから売ると高くなるのでできればやっていきたいところ。
20180128232901_1.jpg 


・金策その4:養蜂
20180129134922_1.jpg 20180129135019_1.jpg
養蜂箱を設置し、養蜂箱に女王蜂を入れる事で働き蜂のチャージが始まります。
働き蜂は1匹/1日ペースで増えていき、働き蜂が10匹になると3日毎にはちみつを取れるようになります。
放っておくと最初に設置してからはちみつが取れるまで13日かかりますが、
拾った働き蜂があれば自分で詰める事で短縮する事ができます。

はちみつを取るにはまずスモーカーで蜂をおとなしくさせてから
空き瓶(10ペタル)で取るという手順が必要になります。差額の350ペタルが収益。
ただし大量に売りすぎると供給過多になって売値が下がってしまうというシステムがあるようです。
しばらく放置すれば戻るらしいので、ストックしておいて
定期的に売りに出したほうが良さそうですね。

養蜂箱は設置してから壊すと蜂が居なくなってしまうのでまた13日間取れなくなります
養蜂箱を置く場所をミスった状態で養蜂を始めないように気をつけましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。