やってるゲームとかの雑記
2.jpg新規キャンバス

test_2016082318502157d.gif 


Character: Pinkiepie(EqG)

スポンサーサイト
20160723090856_1_20160817204743397.jpg
宇宙には6つの種族(Human,Apex,Hylotl,Floran,Avian,Glitch)が存在した。
(本当はゲーム的にはNovakidという7つめの種族が居るがストーリーでは一切無視されている)
地球ではそれぞれの種族が平和と保ち、アカデミーでは未来を担う人材たちが
育成されていた。そのアカデミーの卒業式当日、式典中に突如として巨大な触手が
地球各地を襲い、この大破壊によって地球は壊滅。
アカデミーの卒業生であったプレイヤーキャラクターは試作品のマターマニュピレータ一つを
抱え、宇宙船でなんとか地球圏を離脱することに成功する。

しかし、地球圏を離脱した際に船のFTLドライブ(銀河系を移動するために必要な装備)が
破損し、プレイヤーは未知の惑星でのサバイバル生活を余儀なくされる。

20160725160810_1.jpg 
不時着した惑星で見つけた謎のゲートを惑星の核付近に見られる結晶、
コアフラグメントで復元したプレイヤーキャラクターは無事に多くの人々が集う
「アウトポスト」へとたどり着く。

20160725190255_1.jpg 
アウトポストの奥には更に「Ark」と呼ばれる遺跡があり、
そこではEstherというHumanの女性がプレイヤーを待っていた。
彼女がプレイヤーに聞かせたのは、この宇宙にはるか昔から伝わる伝説と
先の触手による大破壊の関連性であった。

かつて宇宙では大破壊を起こす触手状の生物が存在しており、それを
守護者(Protector)が打倒し、このArkを通して別の次元へと追放した。
しかし、その生物が放った最後の一撃によって守護者もまた倒れ、今や
その生物は守護者なき宇宙に解き放たれようとしていたのである。
その生物を食い止めるには、6つの種族がそれぞれ持つという
アーティファクトを合わせてこのArkに持ってくるよりほかにない。

20160725192521_1.jpg 
奇怪な肉モンスターが蠢く採掘基地でFTLドライブ修理のためのクリスタルを
手に入れたプレイヤーは、宇宙に散らばる各種族の集落をめぐり、
それぞれの種族が持つアーティファクトを集めて回る旅に出発。

20160729103247_1.jpg 20160729103254_1.jpg20160729103321_1.jpg
原始的な狩猟生活を送ることを好み、高い学習能力と戦闘能力、
食人の習慣がある事で知られるFloranの怪しいパーティーで罠にかけられ、
大グモへの生贄にされそうになったプレイヤーはNuruというFloranと協力し
この大グモを退治、Floranのアーティファクトを入手する。

20160801163935_1.jpg 20160801163957_1.jpg20160801164110_1.jpg
戦いを嫌い、知識と伝統を重んじる種族Hylotlの海底図書館に
侵入したカルティストたちを退治し、中枢部に押し入ろうとしていた
カルティストのリーダー格Asra Noxとの死闘を制したプレイヤーは
Hylotlの学者、KOICHIを仲間にしHylotlのアーティファクトも入手する。

20160805140151_1.jpg 20160805141714_1.jpg20160805141820_1.jpg
厳しい環境で信仰を持って生きる種族、Avianの古代遺跡に
侵入していたカルティストたちを倒し、最奥部で遺跡を守るガーディアンである
Kluex Avatarを破壊したプレイヤーはAvianのアーティファクトを発見し、
遺跡の管理人であるTonauacを仲間にする。

20160807183929_1.jpg 20160807185128_1.jpg20160807185802_1.jpg
独裁政治が敷かれ、生物実験や人体実験に精を出す研究所が点在し
それに対するゲリラ組織が各地で抗戦している種族、Apexの独裁者であるMiniKnogの
邸宅に反政府軍と協力して乗り込んだプレイヤーは、コンピュータ上に存在する
仮想の独裁者であるMiniKnogを破壊。反政府軍のリーダーであるLanaを仲間に加え、
Apexの持つアーティファクトを手に入れる。

20160816221430_1.jpg 20160816221713_1.jpg20160816222237_1.jpg
何者かによって社会シミュレーションのために創造されるも、その後その何者かが
干渉しなくなったため中世ヨーロッパ風の文明を維持し続けるロボット種族Glitchの
アーティファクトを所蔵しているTHE BARON(男爵)の元を訪れたプレイヤーだったが、
アーティファクトを狙ったカルティストの軍団たちとAsura Noxが再び攻撃を仕掛けてくる。
仲間たちと協力してこれを退けたプレイヤーは、THE BARONを仲間に加え、
5種族の持つアーティファクトを入手した。

20160816222405_1.jpg 
残る最後のアーティファクトはHumanが持っていたもの。
Estherが取り出したのは、プレイヤーが持つマターマニュピレータのオリジナルである
「マスターマニュピレータ」だった。
マスターマニュピレータをアーティファクトとしてArkの台座にはめ込むと、
遺跡(Ruin)へのゲートが開き、いよいよ先の大破壊を起こした触手生物との
決戦に挑むことになる。

20160816222455_1.jpg 20160816223647_1.jpg
異様な光景がどこまでも広がり、異形のモンスターが次々と襲い掛かってくるRuinの
コアまで掘り進めたプレイヤーは、そこに眠る怪物との戦いに突入する。

20160816223754_1.jpg 
最深部で今まさに目覚めようとしていたのはHeart of Ruin。
次々と今までの惑星で見た怪物を召喚し、巨大な触手と光線で攻撃してくる
Heart of Ruinとの死闘を制したプレイヤーだったが、
Heart of Ruinは惑星ごとすさまじい爆発を起こしてしまう。

20160816224341_1.jpg 20160816224510_1.jpg
Ruinもろともに死亡したかと思われたプレイヤー。
しかし、その耳には何者かの囁き声が届いていた。

「守護者よ、よくぞアーティファクトを集めてくれました。
 今や6つの種族は手を取り合い、1つとなりました。
 そしてRuinは粉々に打ち砕かれ、宇宙は救われたのです。
 しかし、まだやる事は終わりではありません。皆で協力し、
 解決するべき課題は山積みです。
 ―私からの最後のプレゼントです、守護者よ。
 生き返るのです。」

20160816224705_1.jpg

おしまい。

 20160816224801_1.jpg
先の参院選の前後、Twitter上であるやり取りが話題になった。
そのやり取りというのは、

「あるTwitterユーザーが政治的主張に関して発言した所、それが気に入らない複数の
 アニメアイコンのオタクから脅迫された」
という内容である。
(偶然にもその「アニメアイコン」の1つが私の知っているアカウントであった)

実際の所、その「証拠SS」に写っていたのは複数ジャンルに跨った2,3個のbotアカウントだった。
この時点でお察しの事とは思うが、このユーザーは自分のアカウント名を普段使うものから
「(普段の名前)死ね」といったものに変更した上でbotにリプライを送り、
botからの返信で記載されている自分の名前を証拠SSとして「脅迫された」という狂言を
仕込むのに利用していたわけである。

botの仕組みを知る人からすればこれは「取るに足らない狂言未遂」で終わる話だが、
上述したように私の知るアカウントが1つ含まれていた事から、そのbotのリプライ欄を
何の気なしに除いてとんでもないものを見てしまったのである。

ご存知のように、一部のbotにはフォロー中のユーザーに対して、
特定の単語をツイートした時に「botの側から」リプライを飛ばすという機能を持ったものがある。
通常はこの機能は例えば挨拶ツイートに対して挨拶を返させるとか、
特定の関連ワードに対して反応を示させるといった用途に使わせる。

ex)
利用者:おはよう
bot:おはよう、@利用者 今日もいい天気だね

しかし、その仕様が以下にあるような嫌がらせを目的とするユーザーに悪用され、
「嫌がらせのために」使われてしまっているbotが少なからず見受けられた。

手口としては以下の通りである。

1:まず自分のアカウント名を(おそらく大半は捨て垢)
 「適当な文字列@(嫌がらせを行いたいユーザーID)死ね」
 といった形式に変更する。
2:自動返信機能を持ったbotをそのアカウントで手当たり次第にフォロー
3:botが反応するワードを手当たり次第に並べたツイートを連呼する
 (このためにbotから送信している例も見受けられた)

こうすると何が起こるのか?
お察しの通り、嫌がらせをするために用意されたアカウントにリプライが行くと同時に
@以下に記載されたIDに対してもリプライが飛び、不特定多数のbotアカウントから
被害者に「死ね」「殺す」などといった攻撃的なリプライが飛んでくる事になるのである。
1つや2つのアカウントであればブロックして終了になるが、加害者はいくつでも
攻撃的なツイートの発信元を確保することができる。
理由は言うまでもなくこうした機能を持つ、管理放棄されたbotアカウントは
星の数ほど現存しているからである。
こうした嫌がらせ行為に利用されているbotアカウントはアニメ・ゲームキャラクターの
botアカウントが中心だが、そのジャンルは非常に幅広く見受けられた。

こうした悪用に対してこちらができる事は何か?という話である。
一つ一つ手動でそうした嫌がらせ目的のアカウントをブロックしていく手もあるが、
常時botのリプライ欄を把握しておくのは難しい話だ。
もしかつて遊んでいたが今はもう飽きたbotがあるのなら、
アカウントを削除してしまうかbotとしての機能を一部停止するのが最善だろう。
もしくは、できるのであれば返信を行う際にユーザー名を呼ばないようにする、
@以下IDとしてみなされる文字列を弾く等の処理を行うか。
自分以外が管理しているアカウントがそうした用途に使われているのを見た場合は
管理者にそれを伝えて対処してもらう、というのも重要である。
管理者も既にtwitter上からアカウントを削除しており、botだけが生き続けている場合は
最悪スパム報告などを通してアカウントを停止してもらう他ない。

皆が愛したキャラクターのbotがこうして悪用されるというのも胸糞の悪い話なら、
管理放棄されていてかつ管理者も不明の場合は息の根まで止めないといけなくなるというのは
中々に嫌なものである。
できる事なら、自分が管理しているbotアカウントは不必要になったり、
管理しきれなくなったら一部または全部の機能を停止するようにしたいものだ。
もしこれを読んだ人で、身に覚えがあるのなら今一度確認してみてほしい。
初代『DOOM』をやったことはあったものの、クリアしたわけでもなければ
やりこんだわけでもなかった人間ですがこの度『DOOM』のリブート作品にあたる
『DOOM』をプレイしました。

20160809201940_1.jpg 20160809222403_1.jpg
人類のエネルギー問題を解決すべく、火星に建造された先進技術研究所では
デーモンたちが住まう「地獄」のエネルギーを取り出して利用する方法が実用化されていたものの
何らかの事故によりその地獄と人間の世界の境界線が著しく曖昧になり、
研究施設にいた人間たちは死亡するかデーモンとなってしまったさなか、
封印されていた一人の男が封印の鎖を引きちぎり暴れ始めます。
この主人公がDOOMシリーズの主人公である通称DOOM GUY。
名前も一切出ませんし、声なども一切ありません。

この研究施設の責任者であるサミュエル・ハイデン博士(右のサイボーグ)の指示に導かれるまま
エリアを突破していき、最終的にはこの地獄と人間界のポータルを閉じるのが主な筋書き。
複雑なクエスト要素などはなく、マップ内の探索要素はあるもののシナリオは完全に一本です。
行く先々で次々と現れるデーモンたちをなぎ倒し、パワーアップし、進む!という
非常にシンプルな初代『DOOM』を彷彿とさせるようなゲーム構成に
現代ゲームの良さだけを加えたような非常に贅沢な作りになっています。

この行く手を阻むデーモンたちとの大乱闘が本作の目玉と言っても過言ではない要素ですが、
昨今流行りのカバーポジションをとって攻撃してきたり、遮蔽物に隠れてグレネードを
投げてくる・・・などと言った要素は皆無で猛ダッシュで突っ込んで攻撃してくる、
搭載している武器で只管攻撃してくるなど暴力的な戦法と数で押してくるタイプ。
対するプレイヤーも、ちまちま隠れたりカバーして戦うよりは敵に肉薄して
ショットガンで倒したり、よろけた敵が居ればグローリーキルと呼ばれる特殊キルで
アイテムを落とさせながら倒していく方がダメージを受けづらいです。

この敵の個性付けが非常に明確になっており、例えば一番弱いクラスの
アンウィリングやインプであれば何の武器でも倒せるものの
突っ込んでくる大型敵のヘルナイトやピンキーはスーパーショットガンで、
高い火力を持つ(サイバー)マンキュバスやカコデーモンといった敵は
遠距離から攻撃できて攻撃力が高いガウスキャノンやロケットランチャーで
早めに倒す・・・など、明白に「どの武器で攻撃すればいいか」が
低難易度で一回プレイするだけでも把握できる作りになっています。
暴力的な見た目から「ただ突っ込んでいって敵を倒す」ゲームと思われる事もあるものの、
その実プレイすると「どの敵をどの武器で倒すか」「パワーアップはどのタイミングで取るか」
「チェーンソーはどのタイミングで使うべきか」など、頭を使って考え、
それを着実に実行していく…というのが本筋である事が体験できました。

20160812094319_1.jpg 20160810184842_1.jpg
それからこれが収集要素。マップ内に隠されているアイテムを見つけることで
戦闘終了でもらえるアップグレードポイントに加えておまけでポイントを貰えるので、
しっかり探索をしておけば中盤~終盤が多少楽になるのも嬉しい所。
ルーンの刻まれた石版から挑戦できるチャレンジも達成すると「ルーン」がもらえ、
これを装備すると様々な有利になる特典がつきます。

頭を使い戦略を考え、敵をなぎ倒して進み、ボスの攻略パターンを編み出して
見つける…という原初のゲームの楽しみがある本作。
FPSを全くやったことがない場合は難しいかもしれませんが、
ある程度プレイした事があれば自然にクリアできる難易度もあるので
デーモンたちと大乱闘を楽しみたい人はオススメかもしれません(今更感)。


(以下ネタバレあり/考察という程でもない)
「ストーリーはほぼ無い」と言われている本作ですが、
ざっとプレイした限りでも結構背景設定は練りこんであるのかな、という感じがしました。

まず主人公であるDOOM GUYですが、ゲーム開始時には拘束された状態になっています。
この拘束されている場所が火星基地内である事やその際見える腕が傷だらけな事などから見て
一応DOOM(初代)の後の時系列に当たるのではないかな?という気がします。
(今作のスーツでは腕まで隠れていますが、過去作では腕はむき出しになっています)

上でも少し触れたように、サミュエル・ハイデン博士の話の中でサラッと
「地獄のエネルギーを得なければ人類は危機に陥っていた」と触れられています。
要するに、人類は危険なエネルギーに手をつけないといけないところまで
エネルギー問題が深刻化し、もはや待ったなしの状態で地獄のエネルギー研究に手をつけたと。
(作中ではアージャントエネルギーという名称で呼ばれています)
その研究中、地獄のエネルギーに魅入られてしまったのが本作の
ババアインパクト枠であるオリビア・ピアス。
火星での地獄エネルギー研究に並々ならぬ熱意を示し、今回の「大事故」に乗じて
地獄へのポータルを開き、人間の世界と地獄をつなげてしまいます。

サミュエル博士もクリーンとは言いがたい研究に手を染めてきたようですが、
この事態の収集のために闘犬を放ちます。それがプレイヤーが操作するDOOMGUYです。
DOOMGUYは大筋では博士の指示に従いながら、次々とデーモンを殺戮していき
最終的には火星基地を管理するAIであるVEGAをメルトダウンさせたエネルギーで
地獄へ乗り込み、オリビア・ピアスと融合したスパイダーマスターマインドを倒します。
そして最終的に現れたサミュエル博士に拘束されるDOOMGUY。
博士曰く、「また必要になる時があるかもしれない」。
特に抵抗する素振りもなく、DOOMGUYは拘束されてエンディングに入ります。

まずいちばんの謎とされているのはDOOMGUYの行動原理ですが、
プレイヤーがデーモンとの戦闘を戦うのを楽しんでいるようにDOOMGUYが何よりも
重視しているのがデーモンと戦い、殺す事なのではないかと思われます。
その為であればわざわざ博士の指示に従ってあちこちに行ったりするのも
吝かではない、と(細かい指示までは聞かないようで機械はぶっ壊しますが)。
そしてエンディングでもDOOMGUYはサミュエル博士の「拘束」に対して
特に抵抗する素振りも見せないのは、次に目覚める時もまた
デーモンと戦う事ができる事を知っているからのように思われます。

そして、地獄で戦うDOOMGUYの目の前に現れる幻影。
20160812222449_1.jpg 
騎士のような格好をしていますが、本作でのDOOMGUYのデザインに近く見えなくもありません。
彼らはおそらく各地の碑文にある「ドゥームスレイヤー」と呼ばれる存在です。
かつて果てしない憎悪を持って剣をふるったドゥームスレイヤーたちは
そのすさまじいパワーとスピード、暴力性によって次々とデーモンたちを殺戮し、
彼らを恐怖させ「闇の支配する時代」を終わらせたとされています。
(かつてデーモンたちが人類を支配する時代があった?)
デーモンたちを暗く深い穴へと追いつめデーモンの首魁であったタイタンすら
打ち倒したドゥームスレイヤーたちですが、デーモンの司祭たちにより
デーモンたちもろとも罠にかけられ、崩れた神殿に永遠の苦痛と共に捉えられます。
おそらくそれから長い間、ドゥームスレイヤーたちは不在であり、
そもそもデーモンたちが人間に干渉することもなかったものと思われます。

ところが人類がエネルギー問題に直面した今、再び地獄へのポータルが開いてしまいます。
そこでデーモンを殺すべく再び地上に現れたドゥームスレイヤーの再来が
DOOMGUY…ということであると思われます。
DOOMGUYはデーモンたちに憎悪と殺意を持ち、その身をデーモンを
殺すことのみに捧げているため前述のようにあっさりとサミュエル博士に拘束されたり、
ドローンをぶん殴ってパーツを強奪したりする割に操作盤などはしっかりと操作するといった
一見矛盾しているような行動を取る事があるのでしょう。

彼がそこまでしてデーモンを憎むのか?過去に何かあったのか?などは一切わかりませんが、
そういうドラマを想像させるのもまた「語らない」という事による効果でしょうね。
昨今ではたいていのことは語って聴かせるのが基本になったので、逆にこういう
「一切語らない」事によってかえって想像がかきたてられるのは新鮮に感じます。

余談ではありますが、
DOOMGUYやドゥームスレイヤーたちが緑色、というのはやはり
制御の効かない憤怒のイメージからなんでしょうかね。
tumblr_oba7kiPVvu1tr2vrro1_540.jpgtumblr_oba7kiPVvu1tr2vrro2_540.jpg

tumblr_obc0mgByZf1tr2vrro1_540.jpg tumblr_obc22bH9bF1tr2vrro1_540.jpg
tumblr_obdxfyB6TC1tr2vrro1_540.jpg tumblr_objeo1V7mO1tr2vrro1_540.jpg
tumblr_obmsd4J7361tr2vrro1_540.jpg 

tumblr_obhemin8aK1tr2vrro1_540.gif 
tumblr_obp6ukh1oB1tr2vrro1_540.gif