FC2ブログ
やってるゲームとかの雑記
先日、Gyaoで『ラ・ラ・ランド』を見て、
公開当初非常に評価の高かった作品だけに期待値はかなり高かったんですが、
実際に見てみると「さっぱり理解できなかった」という感想だったのでその話。

最早説明するまでもないかもしれないですけど、『ラ・ラ・ランド』は
女優を目指すミアとジャズを愛する偏屈なピアニストのセバスチャンが出会い、
なんやかんやあって付き合い始めて、なんやかんやあって揉めて、なんやかんやあって別れて
お互いの道を歩むけどこんな未来もあったかもね~…みたいな話。

…なんですが。
最後まで見ても登場人物の思考や行動パターンがさっぱり頭に入ってこず、
Z級映画の口論シーン(Z級映画ではしばしば無意味な口論で尺を稼ぎます)を
延々見せられているようなテンションになってしまったんですよね。
自分でもなんでそうなったのか疑問に思い、その理由についての考察。

最も大きな要因として考えられるのは、作中で描かれる偏った価値観を全く理解できなかった事。
前述の通り、セバスチャンは往年のジャズを愛する男で、その愛情は最早
奇人変人の域…という事が登場人物の口からとても説明的に語られるものの、
実際はこいつ、本当にジャズが好きなの?ジャズが好きな自分ではなく?という疑問を持ってしまう場面が非常に多く感じました。
セバスチャンは電子楽器や大衆音楽を目の敵みたいに嫌ってるけどそもそも
ジャズだって自分でうんちく語ってるように大衆酒場から始まった大衆音楽じゃんとか、
ジャズの中でだっていろんなスタイルが模索されて参加する楽器も進化してきてるじゃんとか、
近年ではエレクトロ・スウィングっていう形でめちゃくちゃリミックスされてるじゃんとか。
そろそろ100年に達するジャズの歴史を無視しまくって大衆化・商業化した音楽はクソで
往年のジャズこそが至高なんじゃい!!ケニーGもくそったれなんじゃい!(突然のdis)とか
言われてもぜーんぜんピンと来ませんでした。
私だって懐古趣味の1つや2つや3つや4つはあるし、リミックス作品に対して
オリジナルやクラシックの方が良かったんじゃぁ…と思う事は無くもないですけど、
ジャズに全く明るいわけでもない私ですら知ってるような話を一切けとばして
妙な原理主義的な価値観を叩きつけられるとまず困惑が先立ちます。

そこでセバスチャンがミュージカル仕立てで「この時代のジャズはこんなに良いんだよ!」と
力説して観客に教えてくれるシーンの一つもあればふーんそうなんだ(素直)と納得しそうだし、
(少なくとも登場人物がそう考えてる事はそうなんだ、という事で納得できる)
実際に作中にはそんなシーンが無いどころか、ジャズを復古する運動を頑張るわけでもなく
自分の考えるジャズをやらせてもらえないから仕事として受けたピアノ演奏中にふてくされて
ふざけ始めたり、勝手に演奏して即日クビになったり…と、
その愛情が大体全て破壊的な八つ当たり行動として示されるのもかなりの困惑ポイント。
このあたりの描写のせいで、率直な印象としてセバスチャンはこういう筋書きで出てくる、
「不器用な厄介者ではあるけど、何かがほんとに大好きな愛すべき所もあるやつ」ではなく
偏執老人のような自分の中でだけ完結した価値観と誰彼構わず当たり散らす幼児のような乱暴さを併せ持つ男に見えてしまい、
全く共感や理解ができないどころかただただ怖い、身近に居たら嫌だろうなと感じてしまった点が大きいのだと思います
(厄介オタク特有の同族嫌悪かもしれませんが)。


この点と若干被る部分もありますが、困惑してしまった2点めは賢者の贈り物が非常に強引に感じた点。
作中で大きなテーマとして描かれているのが、ミアとセバスチャンの夢はお互い付き合っている限り実現しないという事ですが、
なにかのっぴきならない理由があるというよりは、脚本を書いた人がそう決めたからそうなっているという印象が非常に強かったです。
先にセバスチャンがジャズを捨ててあれだけバカにしていた大衆音楽のバンドに入って世界ツアーをやる事になり、
ミアがセバスチャンがジャズバーを経営する夢を捨てた事をなじるシーンがありますが、
前述のように大前提となる価値観やバンドに参加すると永久にジャズバーを持てないという条件が理解できてない
私の第一印象は「え、なんでセバスチャンこんな怒られてるの?」という感じ。
見終わって、この文章を下記始めてからやっと、ああ、あれは賢者の贈り物みたいな話の構造だったんだ…と
理解の方が小走りで追いついてきたような格好で、視聴中~直後はずっと首をかしげていました。
その後2人が別れる事になりトントン拍子に2人は夢を叶えますが、この部分に関しても
お互いの存在がお互いの夢にとっての害になっていたという描写があまりないので唐突という印象が拭えない。




なんか公開直後からずっと「映画好きならこれを面白いと思わないなんてとんでもない!」とか
「これを面白いと思わないやつは人生経験が薄っぺらいのでは?」みたいな人格否定的論調が
一部界隈で噴き上がっていた本作ですが、見た率直な印象としては
こいつらは一生懸命夢を追っかけてんだよ!!ドリーマーなんだよ!!という描写のフックがめちゃくちゃ乱暴なせいで
その時点で脱落してる人はその後を見ても「???」のままになるんじゃないかなという気がしました。
少なくとも私的にはうん…まあ、いつも見てるクソ映画よりは面白いんじゃないかな…?(全然理解はしなかったけど)という。
映像はきれいだし、長回しのシーンはすごいと思いました(小学生並の感想)。

私の感性がとか人間性が安っぽいというのであればそれは全くその通りですし、
お前は映画ファンじゃない!!と言われたらまあそうなんでしょうが、
普通に賛否が分かれる理由がある作品だと思いました。
まあこういう賛否が分かれたり色々言わせるのも作品性とかメッセージ性とか言うんじゃないんですかね、知らんけど。
スポンサーサイト
現在進行中の埋もれた負債作戦の概要と報酬に関するメモ。

このイベントミッションでやることは概ね
・オーブエクスプロイターの所にいき、足元に居る子蜘蛛から冷却セルを拾う
・冷却セルを亀裂に入れ、200秒ほど防衛
・防衛完了したら次の亀裂を探し、セルに4つのエネルギーを貯めるとボーナス(希釈サーミアと進行度+3)
の繰り返しとなります。

オーブエクスプロイターは開始時点では利益の寺院の北に固定で居るので、
ミッション開始したらソッコーでAWを展開して直行して冷却セルを入手します。
マルチの場合、誰か一人が確保に行ったのが明確であれば他の面子も亀裂探しをしても良いでしょう。

防衛開始したら中々ヒマですが、一人で任せても大丈夫そうな人が付いているのであれば
他の分隊員は次の亀裂を探しに行くのもアリかもしれません。
1つのセルに4つ貯まる毎にボーナスなので、セルを無駄にたくさん持ってきて
バラバラに貯めるのはやめましょう。時間がもったいないです。
この4つボーナスのため、野良では4抜けが最も多いようです。
良い面子を引いたら8抜けの時とかもありますが、200×8=1600秒なので
1回30分ぐらいの長丁場になるので結構ダルいはダルいです(4個ボーナスはちゃんともらえますが)。


無題
今回の景品MODはド定番MODの変化版。それぞれ元のMODとは同時に付けられません。
メイン効果が弱化した代わりに2つめの効果が付与された複合MODになっています。

・Amalgam Serration:威力+155%、ダッシュ速度+25%
・Amalgam Shotgun Spazz:攻撃速度+85%、蘇生速度+45%
・Amalgam Barrel Diffusion:マルチショット+110%、ドッジ速度+60%
・Amalgam Organ Shatter:クリティカルダメージ+85%、チャージアタック速度+60%

どれも通常版と比べると10%ほど弱体化していますが、使いようによっては
中々面白そうなMODになっています。Amalgamは(水銀の)合金という意味ですが、
今後登場予定の複合MOD群だそうです。この名称は今後登場するコーパスの
新ユニットにも使われ、モアとセンティエントの合体した代物との事なので
もしかするとそれらからのドロップ(もしくはそれを使って得られる)かもしれません。
『Splatoon2』もなんかいまいちモチベが上がらず、ずっとSwitchが空いた状態だったので
なんとなーく買った『ドラゴンクエストビルダーズ2』なんですが、これが思っていたよりも、
というよりは今までやったサンドボックスゲーの中でもトップクラスに入るぐらい面白かったので
今日はその話をしようと思います。


私はかねてより『Minecraft』が死ぬほど好きで、βの黎明期に購入して以来
ずっとプレイし続けてきました。また、そこから派生してサンドボックスゲーも
とりあえず買ってみるという非常に無謀な行為を繰り返しており、その結果として
「やっぱりマイクラが一番面白いじゃん」と思う事が多々ありました。

そんな人間なので、サンドボックスゲーを見境なしに買うくせに平均的な期待値が低いという
(このあたりの事情はSteam民ならばわかるかと思いますが、マイクラ以後に
 雨後の竹の子ウゴウゴルーガしたサンドボックスゲーはただなんとなくクラフト要素入れただけとか
 マイクラっぽい世界観なだけで別にそれがゲーム的には機能してないとか、微妙な物も多数あります)
全くもって奇妙な人間であったために、前作の『ドラゴンクエストビルダーズ』に関しても
失礼ながら「世界観がドラクエなだけで適当にサンドボックス要素入れただけなんでしょ?」という
先入観で全くスルーしておりました。

が、しかし。
実際に『ドラゴンクエストビルダーズ2』を触ってみるとこの評価は180度手のひらドリルして
「これはサンドボックスゲーの中でも最高傑作クラスのゲームなのではないか」という考えに至ります。
何がそんなに良かったのか?というと、その理由は大きく3つ存在します。

まず第一に、ドラクエという膨大な文脈を持っている事を大いに生かしている点。
大抵、サンドボックスゲーというのはストーリー要素が希薄で、キャラクターについても
あまり重視されず変なおっさんだったりする事も多いのですが、DQB2の場合は
登場するキャラクターだけでなくストーリーもDQの世界観をきちんと踏襲しています。
DQB2のストーリーはDQ2でハーゴンが倒された後の世界という事になっているので、
DQ2の世界から地続きでストーリーが展開し、かつどちらの整合性も損なう事なく展開されるので
非常に冒険する目的がわかりやすい。加えて、冒険する先々で出会う人々、場所、敵、アイテムも
今まで数十年に渡ってつみかさねられてきたDQの文脈が存在しているため、
プレイヤー側からすると初めてやるゲームなのに馴染みのある展開というとっつきやすさがあります。

第二に、不要な要素やプレイテンポを損なう要素はごっそりと省き、
便利な機能を実装するという非常に勇気のある決断をしている所が非常に印象的。
例えばブロックを壊すための道具は複数あったりするのが通例なところを
ハンマーという1つの道具に集約していたり、いちいちブロックを壊さずに置き換えたり
塗り替えが出来る手袋やコテ、一度汲んだらその液体がずっと出せるバケツの乾きの壺、
作ったものを設計図としてコピーできるビルダーペンシル…など、ともすれば
チート要素になりかねない道具を躊躇なく投入しており、サンドボックスゲーを
PC以外でやるとどうしても操作のしづらさから凝った建築がしにくいという問題点を解決しています。
また、これ以外の面でも設計図と材料を用意すれば住人が建物を自動で組み立てるオートビルドや
特定条件での中間素材の無限化など、今までのサンドボックスゲーではチートやMOD以外の
手段ではできなかった事を堂々とゲームの仕様として組み込んでしまう事で、
プレイヤーはサンドボックスゲーの面倒な所を省いて、好きな所だけ遊ぶという事が出来るようになっています。

第三に、プレイヤーが作る部屋や街が脳内設定のみならず、きちんと
住人が暮らすものとして機能するという点。
DQB2の住人たちはそれぞれ1日の過ごし方があり、例えば農民であれば
畑仕事を、兵士であれば警備を、商人であればお店へ…というふうに、それぞれの周期で生活しています。
プレイヤーが部屋や建物を作ればこの生活周期にその存在が組み込まれるようになるというのが
物を作る動機として非常によく作用しています。

例えば、ある住人のために家を作ってあげれば住人は夜はその部屋にかえって寝ますし、
食事をする為の場所として食堂やレストランを用意すればそこで食事を取ります。
トイレに行きたくなった時にトイレがあれば利用し、夕方にはお風呂に入り…と、
住人たちが施設を利用する事で従来のサンドボックスゲーでは中々得られなかった
「街」を作っているという感覚が得られます。


…実際の所、個々の要素を見れば他のゲームでも存在していたもののばかりなのです。
住人の存在に付いてもStarboundなどで回収されていますし、建物ごとのコピーも
LEGO World(残念ながらおま国されました)でありましたし、
便利なツール群に関してもマイクラのMODなどで存在していました。
ではDQB2の何が偉大だったかというと、これらのプレイヤーの「あったらいいな」と
思うものをバニラとして全て組み込んだうえでリリースした所と
サンドボックスゲーを楽しむ上で不必要な部分は躊躇なくカットした所だと思うのです。
制作陣がサンドボックスゲームをよく触ったうえでなければ到底出てこない発想でしょう。

そんなわけで、DQB2は今までのサンドボックスゲーを投げてしまった人や
初めてプレイするという人にも非常におすすめ出来るタイトルだと個人的に思います。

モンゾーラ島


・ドラキートーテム:青
・ドラキートーテム:黄
・ドラキートーテム:赤

モンゾーラ島の湿地帯(湿地帯入り口)付近に3つの洞窟が存在し、
洞窟の中でザコ敵を倒しながら進んでいくと最奥に安置されています。
壊して入手するとレシピも同時に獲得可能。

青は湿地帯入り口にワープした後、ほぼ真南の位置。
黄色は湿地帯南西側、赤は高台のハーゴン教施設から真西に行った所に位置しています。

重ねる順番は問われませんが、ドラキートーテム系の設置物を3個重ねると
カタマリ「ドラキートーテム」を形成します。また、いずれも作成に必要なコストが
軽い割に系統:おたから なため、部屋レシピ埋めでも活躍します。

・とおせんぼねずみ

モンゾーラ島のシナリオ序盤で行く小麦のタネがある廃倉庫(ジバコと合う場所)の
奥にある洞窟で入手可能です。
シナリオではジバコと出会った後、アイアンアントの群れが襲ってきて戦った後は
そのまま帰る事になりますが、左手側から倉庫の奥に入っていくと洞窟があります。

看板扱いで、設置すると看板と同じく文字を書く事ができます。


オッカムル島


・ドキドキベッド

鉱山上層、みちびきの玉のワープ地点:銅の採掘所と鉄の採掘所の間にある隠し部屋にあります。
銅の採掘所から鉄の採掘所方面に向かっていくと、南側に湾曲した通路を通っていく事になりますが
V字の先端部分にいかにも壊してくださいと言わんばかりのくぼみがあり、
そこをハンマーでもまほうの玉でも良いので破壊して奥に進むと置いてあります。

家具扱いで、寝ることができます。

・とさかのふんすい

鉱山上層、地底湖の離れ小島の上部に隠されています。
ストーリー進行で通った端から見ると、意味深な柱とかがり火が置かれている場所があるので、
その真上に滝を登っていくと設置されています。

かざり家具扱いで、噴水系としては珍しい真上ではなく横向きに
水を飛ばすというユニークな仕様のものです。


ムーンブルク島


・アルミラージ人形
ストーリー進行で行くことになる大灯台の内部、トランポリン・ルーランポリンを使って
登っていく場所で行き止まり部屋に隠されています。
別の行き止まり部屋には世界に1体しか居ないミミックも配置されているので、
見落としがちですが図鑑が埋まっていない場合はこちらも回収すると良いでしょう。

・あおむしソファ・頭
・あおむしソファ・胴
・あおむしソファ・尾
こちらもストーリー上必ず行くことになるロンダルキア洞窟を抜けた先、
幻のローレシア城付近の草原地帯に隠されています。
緑の草原の木の下に保護色になっているので見つけづらいですが、
よく目を凝らして探すとそれぞれ1つずつ隠れています。

椅子・高級椅子・ぬいぐるみの3系統に分類されるナイスな家具で、座る事ができます。
胴体の個数を調整すれば好きなだけ長くできる楽しい家具。


その他

・マンドラ草
隠し家具?というかどうかはわかりませんが生育条件が限られている隠し植物。
一定範囲内に白、黒、紫、桃、赤、緑、黄色、青などの花を複数種類寄せ植えにしていると
空いているスペースに一定確率で発生します。
見た目が黒っぽいスライムみたいで愛らしい(他に使い道は特にないですが)。

自分の場合はメルキドガーデンに適当に花を散らしたりしていますが、
数回は収穫できているので条件が整っていれば何度でも発生するようです。

・ボールサボテン
これもマンドラ草と同じく、生育条件が限られている隠し植物。
一定範囲内に柱サボテン、柱サボテンの頭、花サボテンすべてを寄せ植えにしていると
空いているスペースに一定確率で発生します。
見た目はほぼほぼサボテンボールそのもの。こちらもコレクション以外に使い道は無し。

自分の場合は地面に直接上記のアイテムを寄せ植えにしていた所、発生を確認できました。

・しろい花(蝶付き)
フサフサ島で極稀に普通のしろい花に混じって生成されています。
通常版との違いは2匹の蝶が飛んでいる事で、ビルダーハンマーで壊すと通常版とは
別にスタックされ、そのままどこかに植える事ができます。

・花咲くしげみ
くすりの葉のタネを植えた時に一定確率で出現するとありますが、非常に低確率で
一番速い入手方法は大量に草原だんごを作ってみみずんにあたり一面草原にさせること。
この方法だと割と高確率で混じります。
こだわり「島にえっちなライトを50個設置する」
赤い宝石が1つにつき5個必要
=赤 い 宝 石 2 5 0 個



・ピカピカ島か、ザブザブ島か

ピカピカ島でやるメリット
1つの岩山で採掘出来る個数は平均して5~6個×生成数次第で最終的には多く取れやすい

ピカピカ島のデメリット
高所にあるかつマグマのせいで風のマントが使えないのでキメラ・キラーパンサー必須
宝石がポロポロ下に落ちる

ザブザブ島でやるメリット
運がいいとたまにサンゴの根本とかにごっそり埋まってるので一撃でそこそこ取れる

ザブザブ島のデメリット
マーマンが鬱陶しい、水底にあるので探すのに時間がかかる、無い時もある、
一箇所取ったら一旦島に戻ってまた来ないといけない


とまあ、一見一長一短に見えるものの、実際にはピカピカ島の黒岩山頂上は
表面だけでなく内部にも普通に赤い宝石が埋まっているため、1つ見たら適当に
さくれつハンマーして大雑把に削り取れば内部から倍ぐらい出てきたりする。
横幅の広い平べったい黒岩山を弾いたときはボーナスチャンス、さくれつハンマーで
ガンガン削り取れば1岩山で一気に10個ぐらい取れたり(これだけで1/25終わる)するので、
総合的にロード時間なども踏まえてみると実はピカピカ島の方が有利なのかも。
(もしかするとPS4で遊んでいる人だとロード時間が短く済んでザブザブでも早い可能性が微レ存)

どっちにしろ移動に難がある状態だと面倒なのでキラーパンサーは必須。
キラーパンサーに乗ってると水中での移動速度もあがるし、乗り降りするとスタミナが
全回復して泡を慌てて探したり(げきうまギャグ)しなくてよくなるので。